書籍「烙印(上・下)/パトリシア・コーンウェル(著)」冗長で説明過多、ファンでも辛い

2018年12月27日(木) 14時00分
書籍「烙印(上・下)/パトリシア・コーンウェル((著)」★★
文庫: 320ページ
出版社: 講談社 (2018/12/14)



      →★映画のブログ     
どんなブログが人気なのか知りたい



「ボストン郊外の静かな夕暮れ
チャールズ川沿いに自転車を走らせていた、
23歳のエリサ・ヴァンダースティールの死体が
あたかも雷に打たれたかのような状態で発見された。
検屍局長ケイ・スカーペッタは
これが神の偶然の行為ではないことを
事件現場で直観し、何の痕跡もない謎の
感電死の真相に迫ろうとする!。」

(出版社HPより)


このシリーズは欠かさずに読んでいるので
このところの不出来は了解しつつも
少しは期待して読んだ。

前作と同様に、上下巻320ページなので
是非1冊にまとめてほしいものだ、
2冊で2.592円と、文庫とは思えない価格。


同じ日に2度あった女性の死体が
発見されて、さっそく現場に向かう主人公、
ただ検死が始まったのは
下巻の80ページあたりから、
状況説明にあれこれ妄想は飛んで
上巻のほとんどは、膠着状態という
惨憺たるありさま、
もったいぶるのも度を越してる。



最大の敵、キャリーが現れ
その意味をくどくどと説明してくれるが
この作品から読み始める人は少ないから
不要なんだけどね。

スカーペッタの年齢も
随分いってると思うけど
この作品ではあいまいな感じ、
日本のサザエさんかちびまる子ちゃん化してる、
しかももっと颯爽として
かっこよかった主人公は
なんだか自信を無くしておどおどしてる感じだ。

人物のそれぞれの描写も甘く
うわっ滑りな感じで

最高潮の頃の様な
生き生きとした登場人物の動きは
何処かへ行ってしまったようだ。

どこかでケリをつけてもらいたいが
このままのらりくらりと
続いていくのかもしれないが
それでも新作が出たらまた文句言いながら
読むのだろうな。そんなとこ。



★オススメ度★、
初めてシリーズを読む人は
この新作は新刊で買うと高いので
初期の頃の作品をブックオクフとかで
まずは読むことを勧めたい、すごく面白い。

★100点満点で45点

soramove                    →  ★映画のブログ
                     どんなブログが人気なのか知りたい

  • URL:https://yaplog.jp/sora2001/archive/2546
トラックバック
トラックバックURL:
2018年12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf