映画「タクシー運転手 〜約束は海を越えて〜」ソン・ガンホのリアル

2018年05月10日(木) 1時09分
映画「タクシー運転手 〜約束は海を越えて〜」★★★★
製作年/国、2017年/韓国
配給:クロックワークス
時間:137分
公開日:2018年4月21日(土)
監督:チャン・フン

ソン・ガンホ、トーマス・クレッチマン
ユ・ヘジン、リュ・ジュンヨル 出演



      →★映画のブログ     
どんなブログが人気なのか知りたい



「実在の人物をモチーフに、
韓国現代史最大の悲劇とも言われる
光州事件のもうひとつの真実を紐解くドラマ。
『高地戦』のチャン・フンが監督を務め、
事件の実情を伝えようとするドイツ人記者と、
彼を乗せ、光州の中心部に入った
韓国のタクシー運転手の物語を描く。」

(ぴあHPより)

チャン・フン監督は、
かつて熱くなった「映画は映画だ」←過去記事へ
の監督なので楽しみに劇場へ。


韓国という国は若い、
国の歴史は古いが、
現在の様な民主的な国家となるまでは
急激な変化がいくつかあり、
この映画が描く「光州事件」も
何度か映画化されている。


ソン・ガンホ演じるタクシー運転手が
光州事件の真っただ中に
放り込まれるが、
歴史を変える様な人じゃなく
ソウルのそれも成績の良くない
運転手が見た真実に
リアルな恐怖を感じた。



主人公のマンソプはタクシー運転手
家賃を4か月滞納し、
11歳の娘をひとり育てている、
家計は苦しいが、いい加減さと明るさで
悲惨な感じはしないのが救いだ。


ソウルから光州に外国人記者を
乗せていけば高額は報酬を
もらえるということで
他のドライバーが受けた仕事を
強引に自分のものにして
光州に向かうが、そこには
想像してなかった悲惨な事件が起こっていた。

当時、報道も政府に統制されていたため
少し離れた隣町では
光州で何が起こっているか知らされず
普段の生活を送っていたが
光州でデモを行う学生に向かって
発砲や暴行が行われていた。

タクシー運転手は、
自分の仕事をしているだけなのに
いつものタクシーのフロントガラスから
見える光景は
報道で知らされていることとかけ離れ
何が起こっているか知ることになる。



ソウルでは、学生が勉強そっちのけで
デモをしているのを
批判的にさえ見ているが、
彼らの考えがどうこうじゃなく
一般民衆に向けられた軍隊の砲火が
「これは違う」と肌で教える。

見てるこっちも
主人公と一緒にその渦中に居て
何か尋常じゃないことが
政府によって行われていることを知る。



今ならスマホですぐに誰かが
発信出来るかもしれないが
新しい時代には
違った形の大きな力の制御が
働いているのかもしれないなと思うと
ちょっと怖くもなる


官僚が誰かと会ったことを
「思い出した」と言って
証人喚問に応じると
ニュースで言う、
誰がどんな力で
記憶を「覚えがない」とか
「思い出した」とか言わせてるのだろう?

本当の恐怖は身近なところにも
あるのかもしれない。


★オススメ度合い★
起こっている事件は悲惨だが
ソン・ガンホが時にコミカルに
飽きさせないので見て損なし。

★100点満点で85点

soramove                    →  ★映画のブログ
                     どんなブログが人気なのか知りたい

  • URL:https://yaplog.jp/sora2001/archive/2524
トラックバック
トラックバックURL:
2018年05月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf