映画「クリード チャンプを継ぐ男 」この手があったか!見ごたえあり

2016年01月24日(日) 14時22分
映画「クリード チャンプを継ぐ男 」★★★★☆


アドニス・ジョンソン: マイケル・B・ジョーダン
ロッキー・バルボア: シルヴェスター・スタローン
ビアンカ: テッサ・トンプソン
メアリー・アン・クリード: フィリシア・ラシャド
リッキー・コンラン: アンソニー・ベリュー
ミー・ホリデイ: グレアム・マクタヴィッシュ

ライアン・クーグラー監督、
133分、2015年12月23日公開
2015,ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
(原題/原作:CREED)



<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

「シルベスター・スタローンが
伝説的なキャラクター、ロッキー・バルボアを
演じる大ヒットシリーズの新たな物語を描く注目作。
ロッキーの永遠のライバル、
アポロ・クリードの息子アドニス・ジョンソンが、
ロッキーをトレーナーにつけ
最強のボクサーへと成長していく様を描く」

ぴあHPより


予備知識なしに見に行ったが
かつてのライバルの息子の
トレーナーとなって
彼をチャンプに育てると共に
失いかけていた
かつて自らの「情熱」を思い出し
それをチャンピオン戦にぶつけるという
「こういう続編があったか!」と
うまい映画作りに拍手。



以前クレジットカードのCMで
子供が父親に
「お父さんの夢って何?」と聞くと
「お父さんは、もう・・・」
そんな会話があったが
人はいつ頃から「夢」を
見なくなるのだろう、
もしくは、夢を語らなくなるのか。


そんなCMがふっと思い浮かんだ、
この映画のロッキーは
前作では復帰を果たしたが
同じドジョウは居ないということで
戦う主役を選ばずに、
レストランの経営に
満足しているわけだけど、
そこに目をギラギラさせた
若者がトレーナーを依頼する。

割とすんなり受け入れるが
マスコミはかつてのライバルの
息子との師弟関係を
面白おかしく報道する、
まあ分かりきった展開だ。


それでも色々ありながら
まだ早すぎる世界戦の挑戦者となり
リングにあがるというストーリーも
ひねり無しでかえって気持ち良い



ラストの戦いでは
ロッキーは当然脇に寄り
叶えられなかった自分の息子との絆を
その激しい戦いの中に
見出していく。

つくりものと分かっていても
やはり心が熱くなる


何もかもを犠牲にして
たった一つのことに力を注ぐ、
それは誰もが出来ることじゃない

相当の覚悟が必要だ
自分達は主人公のどこかに
自分のかつての日々のかけらを重ね
届かなかった夢の実現に
熱くなるのだ。


スタローンは良い映画を選択した、
主役でありながら
少し脇に寄って
新しい挑戦者を引きたてながらも
普遍的な感情を映画に見せてくれた。

★100点満点で85点

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove
  • URL:https://yaplog.jp/sora2001/archive/2366
トラックバック
トラックバックURL:
まさかの「ロッキー」の続編、というか、どちらかと言えばスピンオフかな。 タイトル
はらやんの映画徒然草  2016年03月21日(月) 22時31分
いや?年の瀬に泣いた泣いた。
ありゃ泣くって。
後半泣きっぱなしだったよ。

基本的には最初の「ロッキー」をやり直しているような感じだけど、やっぱり長年の積み重ねがある ...
時間の無駄と言わないで  2016年02月11日(木) 13時29分





 CREED

 伝説のボクサー、アポロの愛人の子であるドニー(マイケル・B・ジョーダン)
は児童養護施設で生活していたが、アポロの妻に引き取られ育てられた。成
人し、就職もしたドニーだったが、ボクシングへの思い断ち難く、亡き父のライ
バルであり親友だったロッキー(シルヴェスター・スタローン)の住むフィラデル
フィアへと向かう。

 伝説の地に、伝説の男が...
真紅のthinkingdays  2016年01月27日(水) 11時45分
スタローンにオスカーを!

今年は、「マッドマックス」に「スター・ウォーズ」という、7〜80年代を代表するヒットシリーズがオリジナルを凌駕するクオリティで鮮やかな復活を果たしたが、年の瀬にさらに一本、同時代の名作が見事にカムバック。
丸腰の黒人青年が白人警官に射殺された実話を映画化した、「フルートベール駅で」が記憶に新しい、ライアン・クーグラー監督と主演のマイケル・B・ジョーダンのコン...
ノラネコの呑んで観るシネマ  2016年01月26日(火) 23時19分
ロッキー・バルボアの魂が、アポロ・クリードの血が、再びリングに舞い戻る!
こんなにも心が熱くなる映画を見たのはいつ以来だろうか。こんなにも拳で愛を語る映画に出逢ったの ...
こねたみっくす  2016年01月26日(火) 22時55分
若い時のスタローンはあまり好きじゃなかった。
だけど「ロッキー」だけは別格!!!
シリーズを通しても、最初は弱くて負けて、だけど不屈の精神でトレーニングを積み、負けそうになりながらも最後は勝つ!という、スポ根の王道をただ繰り返すばかりなのに、こんなにも熱く燃える映画は他はない。
いや、いくらでもあるんだけど、こと「ロッキー」だけは特別なのだ。
ノルウェー暮らし・イン・原宿  2016年01月26日(火) 0時14分
ボクシングのヘビー級チャンピオンだったアポロ・クリードと愛人の間に生まれた息子アドニス・ジョンソン。 彼は義母メアリー・アンに引き取られ何不自由なく育ったが、ボクシングへの情熱を抑えきれずにいた。 義母の猛反対を押し切って家を飛び出したアドニスは、かつて父親と死闘を繰り広げたロッキーをフィラデルフィアに訪ね、自分のコーチになって欲しいと頼み込む…。 ヒューマンドラマ。
象のロケット  2016年01月25日(月) 15時11分
映画『クリード チャンプを継ぐ男』は、いわば『ロッキー7』。昨年のスタローン&デ
大江戸時夫の東京温度  2016年01月24日(日) 22時03分

ボクシングのヘビー級チャンピオンであったアポロ・クリードの息子、アドニス・ジョンソン(マイケル・B・ジョーダン)は、アポロが亡くなった後に生まれたため父の偉業を知らない上、父との思い出もなかった。
それでもアポロから受け継ぐ才能あるアドニスは、父のライバルで親友だったロッキー(シルヴェスター・スタローン)を訪ねてトレーナーになってほしいと申し出る。

トレーナーとして再びボクシング...
心のままに映画の風景  2016年01月24日(日) 21時10分

1976年製作の『ロッキー』から約40年、『ロッキー・ザ・ファイナル』から9年。
「新章、始まる」と銘打ったスピンオフ作品『クリード チャンプを継ぐ男』、試写会で鑑賞しました。
「クリードって誰?」という若い映画ファンもいるかもしれない。
第1作で、ロッキー・バルボアが戦った世界チャンピオンだ。
ロッキーは、その映画で彼の存在意義を証明した、最後まで、リングに立ちつづけることで・・・
さて、映画。
クリード チャンプを継ぐ男@ワーナーブラザース映画試写室
あーうぃ だにぇっと  2016年01月24日(日) 15時17分
公式サイト。原題:Creed。ライアン・クーグラー監督。シルヴェスター・スタローン、マイケル・B・ジョーダン、テッサ・トンプソン、フィリシア・ラッシャッド、アンソニー・ベリュー ...
佐藤秀の徒然幻視録  2016年01月24日(日) 15時13分
自分の伝説を、作る…



詳細レビューはφ(.. )
http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201512230000/


【送料無料】 クリード チャンプを継ぐ男 / Creed 輸入盤 【CD】価格:2,236円(税込、送料込)

【楽天ブックスならいつでも送料無料】【デジトク対象:デジタル動画1本プレゼント】ロッキ...
日々“是”精進! ver.F  2016年01月24日(日) 14時41分
2016年01月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf