映画「ジュピター」大味な大作、大画面じゃないと意味ない

2015年04月20日(月) 12時43分
映画「ジュピター」★★★
チャニング・テイタム、ミラ・クニス、
ショーン・ビーン、エディ・レッドメイン、
ダグラス・ブース出演


アンディ・ウォシャウスキー、
ラナ・ウォシャウスキー 監督、
127分、2015年3月28日公開
2015,アメリカ,ワーナー・ブラザース映画
(原題/原作:JUPITER ASCENDING)



<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

「『マトリックス』『クラウド・アトラス』の
ラナ&アンディ・ウォシャウスキー監督の最新作。
清掃員として平凡に暮していた女性ジュピターが、
突如現れた強靭な戦士・ケインに出会い、
自身が宇宙最大の王朝の王族だと
知らされたことから、
自らの運命に身を投じていくドラマを描く。
チャニング・テイタムが戦士を、
ミラ・クニスがヒロインを演じる。」

ぴあ映画生活 HPより


予告編で面白そうと感じ、
前売券を買って楽しみにしていたが
なかなか劇場へ行けず
公開終了間際になんとか。


映像は美しいが
ストーリーがゴチャゴチャ、

遺伝子操作された元兵士役の
ケイン(チャニング・テイタム)の
濃いアイラインも気になるし
テンポも早かったり
もたついたりで
大画面で美しい映像を見るのはいいが、
ただそれだけのウスッペらな印象で
とにかく残念。



宇宙を支配する一族という割には
その壮大さが
もうひつ伝わらない。

でっかい宇宙船や
トゲトゲの宇宙都市は
ひとつのシーンごとには
目を見張るものがあるが

そういう手の込んだ映像の合間の
ストーリーが伝わらないので
CG技術の素晴らしさはわかるけど
映画としての魅力は
それだけじゃないからね。


もう一人の主役のジュピター(ミラ・クニス)が
王女のDNAをもつ生まれ変わりと分かり
証明するべく役所に行くが
ここも現実世界と同様に
たらい回しなんですよって映像は
「こんなの要る?」って
脱力してしまう



少しは笑えるシーンを入れようと
思ったのだろうが
こんな大作にこんなバカバカしい
シーンはホント不要だ。


人間界は飽和状態に近く
充分成熟したので
刈り取られる時期というのは
面白いし、ぞっとするが
なんだか伝えたいものが
色々あり過ぎて
却って伝わらないという出来。

くっだらない大作を大画面で

これはこれで悪くない、
そういう気分で映画を見る事っだって
あるからね

でも酷かったな。


人には進めないが
映像は楽しめた、そんな作品。

レンタルなんかで見ても
たぶん全く面白くないと思う。
やはりせめて劇場でという映画。


★100点満点で65点

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←


soramove
  • URL:https://yaplog.jp/sora2001/archive/2336
トラックバック
トラックバックURL:
6日のことですが、映画「ジュピター」を鑑賞しました。

家政婦として働くジュピターは何者かに襲われたところを戦士ケイン・ワイズに助けられ、その理由を知らされる。
なんと宇宙最大王朝の王族がジュピターであり 王朝ではアブラサクス3兄妹が権力争いから、それぞれ...
笑う社会人の生活  2015年05月13日(水) 23時31分


ウォシャウスキー兄弟 もとい!(汗...)、 ウォシャウスキー姉弟の新作オリジナルとなれば、これは劇場で観ないわけにはいかない。
何たって、あの「マトリックス」を生み出したコンビ、だからして。
なんとか公開中に滑り込み(?4/30終了)
危ない危ない…



今回の...
日々 是 変化ナリ ? DAYS OF STRUGGLE ?  2015年04月26日(日) 19時10分






 

 

作品について http://cinema.pia.co.jp/title/164565/

↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

 

物語は、突拍子もなく、かつ壮大です。

 



宇宙の女王様と、それを守る青年――というのは

スターウォーズのオマージュ?のようでもあります。

 

...
**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**  2015年04月20日(月) 20時22分
2015年04月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf