映画「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」今年の代表作は、内容的には華々しさから遠く

2015年04月14日(火) 19時09分
映画「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」★★★★
マイケル・キートン、ザック・ガリフィアナキス、
エドワード・ノートン、アンドレア・ライズボロー、
エイミー・ライアン出演


アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督、
120分、2015年4月10日公開
2014,アメリカ,20世紀フォックス映画
(原題/原作:BIRDMAN OR(THE UNEXPECTED VIRTUE OF IGNORANCE))



<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

先日行われた第87回アカデミー賞で
「作品賞」「監督賞」「撮影賞」「脚本賞」の
最多4部門を獲得した、
今回の映画祭の顔。


「『バベル』のアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督が、
レイモンド・カーヴァーの短編
『愛について語るときに我々の語ること』をモチーフに
撮り上げたブラック・コメディ。
若くして成功を収め、
今は失意の日々を送る俳優を主人公に、
幻想と現実の狭間を揺らめく悲喜劇が展開する。
全編ワンカットとみまがう
驚異的なカメラワークが圧巻!」

ぴあ映画生活 HPより


バードマンというアクションものの
ヒット映画の主役の男の
再起の物語、
アカデミーの主要賞を獲得した作品なので
楽しみに見た。



映画評なんかでは
全編が1カットのような映像の
表現にも注目が集まってるようだが
自分にはそんなの
何も気にならなかった、
見たいのはドラマだからだ。


ジョン・アービングの作品を
舞台化しようと、脚本を書いて
自分を主役で上演まで
こぎつけたが
主要な役者がケガで降板し
代わりに演技に評価は高いが
型破りな俳優を起用したことから
彼の目論見が狂い始める。


アクション俳優で有名になると
多くが演技派に転向しようと
やっきになる、
気持ちは分かる
売れていても、演技派と比べると
格下な感じがするからだ、
やはり名声があっても
その内容まで気にするものなのだろう。



アービングは例えるなら
日本の村上春樹のように
知名度も高く、人気作家だけど
ちょっと他の作家とは
一線を画しているような存在。
だと思う、違うかもしれないが。


主人公が大切に保管している
作家本人が書いてくれた
激励の言葉は、
彼を励ますが
他人が見たら酔った勢いで書いた
単なるメッセージ。


それでもそんな僅かな言葉を
頼りに、舞台で成功し
もう一度名声を獲得しようとするが
思いつめいているところに
色んな問題が降り掛かって
現実と妄想が交差し始める。



この映画のどこがそれ程
評価されたのだろう、
もしかしたら
酒場で有名な批評家に
辛辣な言葉を投げつけたあたりか、
業界の人なら拍手喝采のシーンかも。


でももうひとつ心に響いて
来なかったな、
業界受けはするかもしれないが
一般人には理解できない。

精神的なもの
その一端はバードマンとなって
彼に囁きかけることで
わかり易かったが
それでももうひとつ
彼の心情に踏み込むところは
物足りなさが残った。



結局は彼の選択が
批評家の評価も高いものとなり
今後彼はもう一度
名声を得るのだろうが
そんな終わりで良いのかな、
まあ、それを望んでいたのだから
これでハッピーエンドってことで。

でも彼のハッピーエンドは
それでは終わらない、
そのあたりは好き嫌いが
分かれるところだけど

結局彼は、演技と言うものに対して
努力したのだろうか?
才能は?

やはり特別な人にしか
分からない部分のようだ。


主演の男優の地でいくような
役と評されているが
結局彼の演技はどうだったのか?
その内容がスキャンダラスだっただけで
本質が分からないままだ。


ただ、アカデミー賞受賞の
高いハードルを越えて見ると
厳しいところも言いたくなるが
結局映画としてどうだったかと言うと
面白かった。


★100点満点で85点

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove
  • URL:https://yaplog.jp/sora2001/archive/2330
トラックバック
トラックバックURL:
映画「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」は、オスカー受賞もうな
大江戸時夫の東京温度  2015年10月09日(金) 11時16分
【概略】
映画シリーズ4作目を断って20年、今も世界中で愛されているスーパーヒーロー“バードマン”。だが、バードマン役でスターになったリーガンは、その後のヒット作に恵まれず、私生活でも結婚に失敗し、失意の日々を送っていた。再起を決意したリーガンは、ブロードウェイの舞台に立とうとしていた。ところが大ケガをした共演者の代役として現れた実力派俳優のマイクに脅かされ、アシスタントに付けた娘のサムとは溝が深まるばかり。しかも決別したはずの“バードマン”が現れ、彼を責め立てる。果たしてリーガンは、再び成功を手にし、家族との絆を取り戻すことができるのか?
ドラマ



かつてハリウッドで大衆ウケしたバードマンというヒーローが、明らかにバットマンを彷彿させる映画であるという事、BGMであるドラム音の心地よさ、ワンカットに見えるような撮影方法で表現などは、映画としてはなかなか面白い試み。
そして主人公をマイケル・キートンが演じ、かつて演じた過去の栄光である「バードマン」がしばしば彼の背後に現われ、おそらくは自身の心の中の迷いや葛藤の声を囁くんですね。

妄想・幻覚めいた映像も入り込んでおり、そのまま受け止...
いやいやえん  2015年09月11日(金) 7時08分
13日のことですが、映画「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」を鑑賞しました。

かつてヒーロー映画『バードマン』で一世を風靡した俳優リーガン・トムソンは落ちぶれた今、自分が脚色・演出・主演の舞台に再起を懸けていた。
しかし、降板した俳優の代...
笑う社会人の生活  2015年05月14日(木) 20時15分
 『バードマンあるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』を渋谷シネマライズで見ました。

(1)本作(注1)は、本年度のアカデミー賞作品賞を獲得した作品ということで、映画館に行ってきました。

 本作の冒頭では、レイモンド・カーヴァーの詩が掲げられ、そしてタイト...
映画的・絵画的・音楽的  2015年05月01日(金) 21時51分
男性版「ブラック・スワン」というべきか。
常に極限に居ることを強いられる人たちにとって、一部の癒しもないヒリヒリした日常から、遂に到達した念願の高みと究極の安らぎの世界。
「ブラック・スワン」はハッピーエンドと感じた私がやや戸惑うラストも、もしかすると役者が望む最高のエンディングを自ら歴史に刻んだという意味でハッピーエンドなのかもしれない。
ノルウェー暮らし・イン・原宿  2015年04月23日(木) 14時59分
 グッとくる題名だ。
 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』。原題は"Birdman: Or (The Unexpected Virtue of Ignorance)"。
 映画監督に限らない。創作に携わる人は誰もが「予期せぬ奇跡」を目指していよう。それをもたらすのが無知であることに気づいている人も多い。しかし、それはなかなか手に入らない。だからこそ奇跡なのだ。
 そ...
映画のブログ  2015年04月21日(火) 0時34分





 BIRDMAN OR
 (THE UNEXPECTED VIRTUE OF
                   IGNORANCE)


 かつてアメコミヒーロー映画 『バードマン』 に主演し、一世を風靡したもの
の、今は落ちぶれつつある俳優のリーガン(マイケル・キートン)は、再起を
かけてブロードウェイの舞台に打って出る。しかし演出・脚本・主演で臨...
真紅のthinkingdays  2015年04月15日(水) 20時30分

ヒーロー映画「バードマン」で一世を風靡したリーガン・トムソン(マイケル・キートン)は、そのイメージが払拭できず、鳴かず飛ばずの俳優人生を送っていた。
自分が脚色を手掛けた「愛について語るときに我々の語ること」で再起を懸けようと、ブロードウェイの舞台に立つが、降板した俳優の代役マイク・シャイナー(エドワード・ノートン)に振り回され、薬物リハビリ中の娘サム(エマ・ストーン)とは溝が深まるば...
心のままに映画の風景  2015年04月15日(水) 14時52分
超長回し風の撮影と編集半端ない。
2時間のほぼ全てが1カット(に見える)って凄いよね。
舞台が変わろうが時間が変わろうがカメラが追い続けるのなんの。
繋いでいる素材自体が ...
時間の無駄と言わないで  2015年04月14日(火) 23時11分
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)@TOHOシネマズ六本木ヒルズ
あーうぃ だにぇっと  2015年04月14日(火) 22時21分
『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』 をジャパンプレミアで鑑賞しました。

ジャパンプレミアとうことで別居問題で騒がれている、米倉涼子と小芝風花が登壇しました。
米倉涼子は好きであるが、あまり喋らない方が良いかもw

【ストーリー】
 かつてヒーロー映画『バードマン』で一世を風靡(ふうび)した俳優リーガン・トムソン(マイケル・キートン)は、落ちぶれた今、自分が脚色を手掛けた舞台「愛について語るときに我々の語ること」に再起を懸けていた。しかし、降板した俳優の代役としてやって来たマイク・シャイナー(エドワード・ノートン)の才能がリーガンを追い込む。さらに娘サム(エマ・ストーン)との不仲に苦しみ、リーガンは舞台の役柄に自分自身を投影し始め……。


3月に改装していたTOHO六本木ヒルズであるが、スクリーン2は全然変化なしであった。
(BOXシートの導入のみ)
一般の席は古いままであった。(意味のある改装なのか疑問)

映画の中身は面白い脚本である。
扉の先に繋がる話が・・・
この映画は話すとネタばれに繋がりそうなので多くも語れない。


究極のネタばれであるが、彼は鳥の鼻を手にする。(いわゆる...
彼は、本物のバードマンになれたのか…



詳細レビューはφ(.. )
http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201504100001/


【楽天ブックスならいつでも送料無料】【輸入盤】Birdman [ バードマン あるいは(無知がもたら...価格:2,285円(税込、送料込)

【楽天ブックスならいつでも送料無料】D...
日々“是”精進! ver.F  2015年04月14日(火) 22時14分
 今回私は「ジャパンプレミア試写会」に招かれた。上映前にクリス・ペプラー司会、米倉涼子、小芝風花の舞台挨拶があり、本編上映前からシーンを再現した寸劇やネタバレ的な会話が多く、困ったイベントである。客入りは満席、客層は大人ばかりであるが、一人だけ5歳位の女児が居た事に驚いた。ちなみに本作は鑑賞年齢制限はPG-12だ。
新・辛口映画館  2015年04月14日(火) 22時14分
ハリウッドの栄光は死んだ時に決まる、あるいは・・・
公式サイト。原題:Birdman: Or (The Unexpected Virtue of Ignorance) 。アレハンドロ・G・イニャリトゥ監督。マイケル・キートン、エドワー ...
佐藤秀の徒然幻視録  2015年04月14日(火) 20時23分
2015年04月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf