映画「フューリー」激しい戦闘シーンの間に語られる人間というもの

2014年12月19日(金) 19時09分
映画「フューリー」★★★★
ブラッド・ピット、シャイア・ラブーフ、
ローガン・ラーマン、マイケル・ペーニャ、
ジョン・バーンサル出演

デヴィッド・エアー 監督、
135分 2014年11月28日公開
2014,アメリカ,KADOKAWA
(原題/原作:FURY)



<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


「第二次世界大戦末期のドイツを
舞台にした戦争アクション。
ブラッド・ピットが、
カリスマ的なリーダーシップを
備えた米軍兵士を熱演。
戦車部隊に特化したリアルかつ
激しいバトル・シーンに加え、
戦場の生と死を鮮烈に描くヒューマンドラマも
観る者の心を揺さぶる大作だ。」

ぴあ HPより


1945年4月第二次世界大戦末期。
最後の抵抗を必死に繰り広げるドイツ軍に、
“フューリー”(激しい怒り)と命名された
戦車で立ち向かった5人の米軍兵士。


戦闘シーンの生々しさや
リアルな映像は、かつて
「プライベート・ライアン」の衝撃で
もう頭に刷りこまれているのか
どれ程激しい銭湯シーンが展開されても
新鮮な驚きは無い、

けれどどれも事実と考えると
実際は驚きなんて必要無いのだろうが。


彼らは皆、どこかの瞬間に
自らの「死」を
はっきりと自覚する


その時、人間は何を考えるのだろう、
どう、自分の中で
向きあうのだろうか?



そんなことを考えながら見た、
戦場の勇士も
人の居ないところでひとりで震えている。


歴史から学ぶ、言い古された言葉だけど
とても学んでいるとは思えない事も
今も世界で起こっている
そう思うと、人間って・・・
もうどーしようもない、
先日もパキスタンで100人を超える
学生が殺されたと聞いたばかり。


何してるんだろ、と。

一台の戦車とともに
命を懸けて、自らの使命を全うした男たち、
自分なら闇に紛れて
こそこそと逃げてしまいそうだ。

でも苦労を共にし
まさに生死を懸けて戦った同士がいれば
逃げだすなんて
やはり出来ないのだろうな。

激しい戦闘シーンと重なるように
人間味溢れた行動を見るにつけ
命と言うものの
不思議さを思わずにいられない。



たった70数年年前には
本当にあった事だ、
それは遠い出来ごとの様でもあり
しかし日本人もその真っただ中で
その瞬間を生きていたのだ。


映画が終わると
フッと息を吐く

言葉にならない。

★100点満点で80点

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove
  • URL:https://yaplog.jp/sora2001/archive/2313
トラックバック
トラックバックURL:
1日のことですが、映画「フューリー」 を鑑賞しました。

1945年4月、ナチスドイツに総攻撃を仕掛ける連合軍にアメリカ人のベテラン兵士 ウォーダディーがいた
彼は 自らフューリーと名付けた中戦車シャーマンM4に3人の兵士と一緒に戦っていた そんなある日 新兵ノーマ...
笑う社会人の生活  2015年03月25日(水) 7時52分
【概略】
1945年4月、戦車“フューリー"を駆るウォーダディーのチームに、戦闘経験の一切ない新兵ノーマンが配置された。新人のノーマンは、想像をはるかに超えた戦場の凄惨な現実を目の当たりにしていく。やがて行く先々に隠れ潜むドイツ軍の奇襲を切り抜け進軍する“フューリー"の乗員たちは、世界最強の独・ティーガー戦車との死闘、さらには敵の精鋭部隊300人をたった5人で迎え撃つという、絶望的なミッションに身を投じていく。たった一輌の戦車でドイツの大軍と戦った5人の男達は、なぜ自ら死を意味する任務に挑んだのか―。
アクション



戦車!戦車といえばドイツ軍。現存するティーガー戦車が出てきます。それだけで燃える。
どうやら胸滾!(むねたぎ)といわせたいらしいが、そこまでの滾るものはなかったように思う…戦争ものがあまり好きじゃないせいか?
ブラッド・ピット、シャイア・ラブーフ、ローガン・ラーマン、マイケル・ペーニャと俳優は豪華ですが、戦車と戦車兵に焦点を当てたという新鮮さはあるものの、「戦争映画」以外のなにものでもなかった、当たり前だけど。つまりは多くの戦争映画の特徴でもある、犠牲を強いた戦いの後...
いやいやえん  2015年03月12日(木) 8時14分



☆☆☆−− (10段階評価で 6)
12月6日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 15:35の回を鑑賞。
みはいる・BのB  2014年12月29日(月) 21時59分
ブラッド・ピットの主演、製作総指揮による戦争映画であり、第2次世界大戦時のドイツにて、”FURY(激しい怒り)”と命名された戦車と5人の兵士たちの生き様が描かれた物語。とにかく、戦争の何たるかがかなり
たいむのひとりごと  2014年12月25日(木) 9時05分
第二次大戦モノ。
全年齢向けとは思えない描写満載だから
小さい子供とかにうっかり観せちゃうとトラウマになるんでない?

戦車のドンパチシーンが満載だから劇場の音響だと迫 ...
時間の無駄と言わないで  2014年12月25日(木) 2時03分
フューリー (2014)


 
【FURY】
 

1945年4月。
ドイツ軍が文字通りの総力戦で最後の徹底抗戦を繰り広げていたヨーロッパ戦線。
戦況を優位に進める連合軍も、ドイツ軍の捨身の反転攻勢に苦しめられていた。
そんな中、勇敢な3人の部下とともにシャーマン戦車“フューリー号”を駆る歴戦の猛者ウォーダディー( ブラッド・ピット )のもとに、戦闘経験ゼロの新兵ノーマン( ローガン・ラーマン )が配属されてくる。
...
じゅり好み☆  2014年12月24日(水) 23時12分






 FURY

 1945年4月、第二次大戦末期。ヨーロッパ戦線では、連合軍がドイツ軍を追
いつめていた。戦車 「フューリー号」 には、ウォーダディー(ブラッド・ピット)
を中心として兵士たちが乗り込んでいたが、副操縦士の戦死により、新兵の
ノーマン(ローガン・ラーマン)が配属されて来る。

 戦争映画は苦手なので、好んでは観ない。ブラッド・ピットも、特に...
真紅のthinkingdays  2014年12月24日(水) 13時36分

1945年4月、ドイツ軍が最後の徹底抗戦を繰り広げていたヨーロッパ戦線で、戦況を優位に進める連合軍も、ドイツ軍の捨身の反転攻勢に苦しめられていた。
アメリカ製の中戦車シャーマンM4“フューリー号”を指揮する、ウォーダディーと呼ばれるベテラン兵士ドン・コリアー(ブラッド・ピット)は、戦死した仲間の代わりに、新兵ノーマン(ローガン・ラーマン)を引き受けることになる。
戦闘経験ゼロのノーマ...
心のままに映画の風景  2014年12月24日(水) 0時30分
フューリー
'14:米




◆原題:FURY
◆監督:デヴィッド・エアー「サボタージュ」「エンド・オブ・ウォッチ」
◆出演:ブラッド・ピット、シャイア・ラブーフ、ローガン・ラーマン、マイケル・ペーニャ、ジョン・バーンサル、スコット・イーストウッド、ゼイヴィア・サミ...
予告を見る限りでは、今までの戦争映画とさほど変わらなそうにみえるのだけど、とても深いとかアカデミー賞有力候補などと言われると、やはり気になってしまう。
さてさて、どこがそんなにに違うのかな??♪
ノルウェー暮らし・イン・原宿  2014年12月21日(日) 23時25分
2014年・アメリカ/Grisbi Productions, QED International配給:KADOKAWA 原題:Fury 監督:デビッド・エアー脚本:デビッド・エアー製作:デビッド・エア



 

 
作品について   http://cinema.pia.co.jp/title/165414/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。
 
 
予告編の戦車を見たときに、思い出したのは
映画『 ライフ・イズ・ビューティフル 』 のラストシーン。
ユダヤ人収容所に、連合軍の戦車が入ってきて、第二次大戦の終結と解放を告げました。
そのときの戦車には、終戦と平和の象徴のように見...
**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**  2014年12月20日(土) 22時08分
残酷な戦場を、垣間見る…



詳細レビューはφ(.. )
http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201411280001/


【楽天ブックスならいつでも送料無料】オリジナル・サウンドトラック フューリー [ スティーヴ...価格:2,592円(税込、送料込)

【送料無料】【smtb-u】【新品】プラモデル 1/35 ...
日々“是”精進! ver.F  2014年12月20日(土) 20時44分
公式サイト。原題:Fury。デヴィッド・エアー監督。ブラッド・ピット、シャイア・ラブーフ、ローガン・ラーマン、マイケル・ペーニャ、ジョン・バーンサル、アリシア・フォン・リッ ...
佐藤秀の徒然幻視録  2014年12月20日(土) 20時42分
『フューリー』 をジャパンプレミアで鑑賞しました。(本日の2本目)

相変わらずのブラッド・ピットのファンサービスは素晴らしい!
それに倣ってのローガン・ラーマンも素晴らしかった

【ストーリー】
 1945年4月、ナチスがはびこるドイツに総攻撃を仕掛ける連合軍に、ウォーダディーというニックネームのアメリカ人兵士(ブラッド・ピット)がいた。カリスマ性のあるベテラン兵士である彼は、自らフューリーと名付けたアメリカ製の中戦車シャーマンM4に3人の兵士と一緒に乗っていた。そんなある日、ウォーダディーの部隊に新兵ノーマン(ローガン・ラーマン)が加わることになり……。

日劇はすごい盛り上がりだった。
写真撮影NGだったので撮れなかったけど、満員御礼でみんな手を振っていた
それに応える、ブラピにローガン・ラーマンは良い感じで、ブラピはローガンのコメント中に
寝るしぐさをしたりして愛嬌たっぷりのファンサービスだった。

肝心の映画は、凄い出来で見応え満点である
ある1日(1945年4月)を描いているが、戦争中の1日は現代の100年分の長い1日である。
寝る間もなく、朝から出発して、戦って、束の間の休息をして、また、移動して、戦う...
 悔しいなぁ。
 『フューリー』を上映している135分間、私は歯軋りしたいくらいだった。
 これは日本じゃ撮れない映画だ。

 デヴィッド・エアー監督・脚本の『フューリー』は、ナチス・ドイツ崩壊目前の1945年4月における、戦車フューリー(憤激)号に乗り込む5人の男たちの物語である。敵地ドイツの奥深く進撃する彼らは、友軍を次々に失い孤立していく。その戦いの酷さをこれでもかと描くのが本...
映画のブログ  2014年12月20日(土) 15時52分
ブラッド・ピットが主演・製作総指揮を務め、『サボタージュ』のデヴィッド・エアー監督とタッグを組んで贈る戦争映画。第二次世界大戦末期にたった一両の戦車で300人のドイツ兵と戦った男たちの姿を描く。共演に『トランスフォーマー ダークサイド・ムーン』のシャイア・ラブーフ、『ノア約束の舟』のローガン・ラーマン、『グッド・ドクター 禁断のカルテ』のマイケル・ペーニャ、『オーバードライヴ』のジョン・バー...
MOVIE BOYS  2014年12月20日(土) 0時02分
2014年12月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf