映画「47RONIN」どっちつかずの失敗作だった

2013年12月31日(火) 19時53分
映画「47RONIN」★★☆
キアヌ・リーブス、真田広之、
柴咲コウ、浅野忠信、
菊地凛子、赤西仁出演

カール・リンシュ監督
121分、2013年12月6日より公開
2013,アメリカ,東宝東和
(原題/原作:47 RON)



<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


「ハリウッドで新たな世界観によって描いた
『忠臣蔵』が、この作品、
別物と思って見た方が良い、
でも何度も描かれた武士の本懐は
日本人にはよく知られているので
よく似た設定が常に鑑賞の邪魔をしてしまうのは
仕方ない事だ、
だからやはりファンタジーとしては
単純に受け止められない」



ハリウッド作品ながら
日本が先行公開、
ただし初登場6位、2週目には
圏外と言う思わぬ低調な興行となった、
これではハリウッドの宣伝は
どうするんだろう?
本国でコケたとは言えないからな。


なんとも勿体ない映画だ、
城に集まった夥しい武将や
城中の女性たちも
東洋のどこかの衣装を着け
背景には水墨画の山々をイメージさせる
日本の山とは違うとがった山が映る。


これはもう古の日本を描いた映画じゃない、
だったら「四十七士」はモチーフとして
もっと全く別のタイトルにすれば
これほど先入観なく見られたのに






のっけからCGの極彩色の怪獣が登場するし、
菊地凛子に至っては人間でさえない、
そんな魑魅魍魎の世界を描く事に
重点を置けばそれはそれで
面白かっただろうに

そこに武士の魂を描く事も
こだわったことが
実に奇妙な映画を作り上げてしまった。


耐えて耐えて
それでも耐えかねて
松の廊下での刃傷沙汰から
討ち入りまでの心の動き、
武士と言う生きものの常識、
そんなすでに定型化されたものを
大胆にぶっ壊して
どこかの国のファンタジーまで
昇華させられていたら
この作品はどんでもない傑作になったかも、
しかしこのどっちつかずなストーリーが
たぶん、日本人には違和感しか
もたらさないんじゃないかな。






巨大な予算が投入された事は分かる
だから余計に何とも勿体ないと
思えてならない、

しかし映画って難しいね
このさじ加減ひとつで
楽しい時間を提供してくれたり
居心地の悪いだけの時間が過ぎていったり。


でも日本人なら
せっかくのハリウッド大作を
お金を払ってみてもらいたいものだ、

こんな散々な結果になったことを
しっかりと認識して
世界に発信できるような
日本発の「忠臣蔵」を作らないとと
思ったなら最高だ、
これじゃない
こんじゃない

そんな事ばかりが頭に浮かび
全く楽しめなかった、
非常に勿体ない映画だった。



★100点満点で60点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove
  • URL:https://yaplog.jp/sora2001/archive/2213
トラックバック
トラックバックURL:


もう設定からして「忠臣蔵妖魔伝」という感じですよね。日本人なら違和感を感じずにはいられない。
日本人の美徳もごっちゃ煮中国と一緒にされて、涙涙です。どうも中国っぽいのが否めないんだよね。
いやー別にいいんですよ、今更この全く違う設定を「忠臣蔵を大幅アレンジ」とかいわれても。あのラストサムライだって色々変なところあったけど、なんか役者演技でカバーされた部分がかなりあったし。しかしこの奇天烈な世界観は、そう「SAYURI」に似ている、アメリカ人独自の解釈。
ハリウッド作品を日本人キャストで撮ったという部分に関しては良かったと思う。天狗に育てられた主人公のキアヌ・リーヴスが、愛する姫を助けるため、赤穂浪士たちと手を組み、妖魔の菊地凜子&吉良を倒すというのがおおまかなあらすじ。
もともとフィクションだから、ある程度の改変はあってもよかろとは思うけれども、忠臣蔵である必要性がほとんどないのがなあ…。
とはいえそのやり放題ぶりに潔さを感じてしまったりなんかもして、チャンバラ・ファンタジーとして面白い部分もありましたよ。まあ最初から全く期待していない&設定でがっかりだったので、そういう映画としてみ...
いやいやえん  2014年04月10日(木) 9時03分
五つ星評価で【★★忠臣蔵でない事に関してはどうでもいいんだけど、単純にテンポ悪くて見せ場の見せ方が悪いので映画としては残念。皆で見終わった後、話が弾みそうだからつまん ...
ふじき78の死屍累々映画日記  2014年01月02日(木) 21時53分
ついこの前に公開開始だと思っていたら、来週くらいから上映されない映画館も出てきて
はらやんの映画徒然草  2014年01月02日(木) 19時09分
江戸時代の日本。 播州赤穂(現在の兵庫県の一部)に流れてきた異国の少年カイは、領主浅野内匠頭の温情で助けられ大きくなった。 しかし、赤穂藩を乗っ取りやがては天下を取ろうと目論む吉良上野介の罠にかかり、内匠頭は切腹を命じられ、赤穂は吉良の領地となってしまう。 奴隷にさせられたカイと、浪人となった家老・大石内蔵助ら家臣たちは、主君の仇討ちと、吉良との婚儀が迫った浅野家のミカ姫を救うため立ち上がる…。 忠臣蔵ファンタジー・アクション。
象のロケット  2014年01月02日(木) 18時29分
ファンタジー忠臣蔵、コレはコレで面白かった。
だらだら無気力ブログ!  2014年01月01日(水) 22時27分
中途半端な武士道、執念も計画性もない復讐劇。でも愛さえあればアメリカ流「忠臣蔵」は成り立つのだ。
これは日本人から見ればマトモに作られたバカ映画です。アメリカ人が「忠 ...
こねたみっくす  2013年12月31日(火) 23時26分
 『47RONIN(フォーティーセブン・ローニン)』のビジュアル――特に城と城下町が一体になって広がる光景が気に入ったので、翌日小田原城を歩きながら『47RONIN』のことを考えていた。
 北条氏が豊臣軍と戦うために籠った小田原城は首都圏から気軽に足を延ばせる距離にあり、復元事業のおかげもあって往時の姿を楽しむことができる。近隣の学校や店舗も小田原城にならってデザインされている上、鎧兜の貸...
映画のブログ  2013年12月31日(火) 22時26分
ドラマや映画になってきた忠臣蔵とは全然味付けが違うけど、武士としての生き方だけは伝統のままだった。もっと奇想天外なとんでも物語を予想していたけど、案外受け入れられる内容だった。仇を討っても命がないことを知っていて、困難に挑戦する姿は侍そのものだった。
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver  2013年12月31日(火) 21時44分
公式サイト。カール・リンシュ監督、キアヌ・リーヴス、真田広之、浅野忠信、菊地凛子、柴咲コウ、赤西仁、田中泯、ケイリー=ヒロユキ・タガワ、羽田昌義、曽我部洋士、米本学仁、 ...
佐藤秀の徒然幻視録  2013年12月31日(火) 20時59分
1000回生まれ変わっても…



詳細レビューはφ(.. )
http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201312060002/


【送料無料】47 Ronin [ Joan D. Vinge ]価格:977円(税込、送料込)

【送料無料】最後の忠臣蔵 [ 役所広司 ]価格:2,901円(税込、送料込)

【送料無...
日々“是”精進! ver.F  2013年12月31日(火) 20時55分
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf