映画「マジック・マイク」チャニング・テイタムの自伝的映画

2013年08月24日(土) 17時41分
映画「マジック・マイク」★★★
チャニング・テイタム、アレックス・ペティファー、
マット・ボマー、マシュー・マコノヒー出演

スティーヴン・ソダーバーグ監督、
110分、2013年8月3日より全国公開
2012,アメリカ,カルチュア・パブリッシャーズ、ブロードメディア・スタジオ
(原題/原作:MAGIC MIKE )



<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

「チャニング・テイタムの自伝的映画、
そのあたりから企画が生まれたのだろう、
日本でも一時話題となったが
男性ストリッパーというのは
日本にはなじまなかったのか
最近は聞かないな、
ともあれ題材は下世話だけど
意外と綺麗にまとまった映画だった」



オリジナル家具を製作・販売することを
夢見ている主人公は
現在は家の修理や清掃のバイトをし、
週に数回、“マジック・マイク”と呼ばれる
ストリップダンサーとなって
事業資金を貯めていた。



他人の夢の話を聞くのが好きだ、
ただしなかなか話してはくれない。
だいたい「夢」って何歳くらいまで
持ってていいのだろう?
そんなリミットみたいなものを
誰もがいつしか自分の中で見つけて
大人は次第に「夢」なんて
語らなくなるのだろう



だから映画の主人公の夢は
その意味で「夢」なんだけれど
自分の目からは実現可能な
「目標」のように感じた

だから事業ローンが借りられないことに
焦り、怒りさえ感じる主人公が
とても子供っぽく感じた。


短絡的に経営者と衝突して
怒りにまかせて飛び出す主人公、
美しい肉体をもっていて
それで金を稼いでいながら
オツムは子供のままだ、
このあたりのアンバランスが
もどかしい気もした。



チャニング・テイタムはダンサー経験を経て
今はハリウッドスターだ、
彼の事業計画は順調だろうか?
言ってることと
やってることに隔たりがあって
映画の内容になかなかノレなかったが
ストリッパーを見て歓声を上げる
観客達の熱狂は
この映画の中で唯一ホンモノだった気がする。



★100点満点で70点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove
  • URL:https://yaplog.jp/sora2001/archive/2169
トラックバック
トラックバックURL:


チャニング・テイタム、アレックス・ぺティファー、マシュー・マコノヒー共演。
実際にチャニング・テイタムさんが10代後半の一時期ストリッパーをしていた過去に想を得、メンズ・ストリップの世界とその裏側を活写した作品。「ステップ・アップ」でブレイクする前ですかね??
でも、ごめん…ファンなのでチャニングさん目当てだったのですが、マシュー・マコノヒーさんが目立ってしょうがない(笑)いやーこのマコノヒーさんはいいですよ。枯れた哀愁も醸し出してる。
自分(チャニング)に投影するのは、アレックス・ペティファー君の役柄なのでしょうね。男性は年をとっても渋みがでて円熟されていくけど女性は美貌が損なわれるだけ、と思っていたのですが、こういったショービジネスの世界では男性も女性も変わらないんだなと思いました。

ところでそのショーなんですが、これ…行ってみたい!(笑)チャニング・テイタムさんが踊ってたらアータ通うわよ通うわよ。ショーは見ごたえがあって良かった?!あの振り腰とか回転が凄かったよね。黄色い声援送っちゃうよ。
正直ストーリーはそう面白いものではありません。(見たかったのはショーだし、そこはまあ...
いやいやえん  2013年12月26日(木) 8時53分
「Magic Mike」 2012 USA

製作、出演(マジック・マイク)に「パブリック・エネミーズ/2009」「陰謀の代償/2010」「親愛なるきみへ/2010」「エージェント・マロリー/2011」のチャニング・テイタム。
ダラスに「バーニー/みんなが愛した殺人者/2011」「ペーパーボーイ 真夏の引力/2012」のマシュー・マコノヒー。
アダムに「アレックス・ライダー/2006」「TIME/タイム/2011」のアレックス・ペティファー。
ケンに「TIME/タイム/2011」のマット・ボマー。
ティトにアダム・ロドリゲス。
ビッグ・ディック・リッチーにジョー・マンガニエ...
ヨーロッパ映画を観よう!  2013年09月04日(水) 22時19分

久し振りのブログ再開を男性ストリッパーの話で幕開けするのは如何なものか?という気はしましたが、「マジック・マイク」。
いや、本当に面白かった。もう一度観たい程。
その昔、バブリーな時代に会社の先輩、同僚達と行った事がある、今はなき「JーMENS」。西麻布の交差点に程近い、あそこ。あの時もなんだかんだ言って、みんなものすごく楽しんだ。だから、作中、ショーの度に顔をキラキラさせてはしゃぐ観客女性達は、あれは演技だけではないような気がする。だって本当に楽しいんだもの!


この作品は、特筆すべきは何と言ってもチャニング・テイタムで、彼がお仕事として経験した男性ストリッパーの実体験...
ここなつ映画レビュー  2013年09月02日(月) 18時04分







 MAGIC MIKE

 フロリダ州タンパ。人気ストリップダンサーのマイク(チャニング・テイタム)
は、昼間の外仕事で19歳のフリーター、アダム(アレックス・ペティファー)と
知り合い、店に...
真紅のthinkingdays  2013年09月02日(月) 6時08分

チャニング・テイタム主演で男性ストリッパーの世界を描いた映画
「マジック・マイク」を観てきました。
監督はスティーヴン・ソダーバーグです。

男性ストリッパーというと、
アンディ・ラウが「マッスルモンク」冒頭でやってた
パンツに札束はさんで踊る姿だったり
男性ストリッパー映画と言えば!の「フル・モンティ」だったりを
思い出すのですが、
こちらのダンスシーンは、よりスタイリッシュ路線でしたね〜。

映画内では最後のパンツ1枚は残したまま
鍛え上げたマッチョボディが格好良く踊る姿が楽しめますので
ダンスシーンが好きな人にはおすすめです。

ただ、そんなにやって大丈夫か?と心配したくなるくらい
激しく腰をふっておりますので
そりゃまR15+指定ですわなー。

主演のチャニング・テイタムはさすがのダンスなんですが、
脇にいるマシュー・マコノヒーがいい感じに
枯れ気味のマッチョ中年になってまして
観てて楽しかったですねー。
昔のさわやか路線よりこっちのが好きだな。
マシュー・マコノヒーが助演男優賞を複数取っているのも
納得の出来。

あらすじはざっとこんな感じ。

「マイク(チャニング・テイタム)は
 働きに出た建設現場で
...
ほぼ映画感想、ときどき舞台レビュー  2013年08月25日(日) 21時52分
アメリカ・フロリダ州タンパ。 自称・青年実業家のマイクは、ストリップダンサーとしてクラブ“エクスクイジット”のトップに君臨してきた。 19歳の青年アダムは、マイクに誘われてクラブの舞台に上がりたちまち人気者となるが、アダムの真面目な姉ブルックは弟がストリッパーになると知り衝撃を受ける。 マイクはそれまで付き合ったことのないタイプのブルックに惹かれていくのだが…。 セクシー・コメディ。 
象のロケット  2013年08月25日(日) 9時38分
2013年08月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf