映画「県庁おもてなし課」映画は直球すぎるけど、高知県には行きたい

2013年05月30日(木) 19時31分
映画「県庁おもてなし課」★★★☆
錦戸亮、堀北真希、高良健吾、関めぐみ出演

三宅喜重監督、
120分、2013年5月11日より全国公開
2013,日本,東宝
(原題/原作:県庁おもてなし課/有川 浩)





<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


原作は発売時に買って読んでいる。↓クリックすると書評記事に飛びます。
書籍「県庁おもてなし課」うまくいかなくても、その方向さえ向いていればいつか。←クリック


「高知県庁・観光部に
観光促進を目的とする
「おもてなし課」が発足した。
ネーミングは結構イケてる、
でも決まっていたのは名前だけ
高知県を愛する著者の原作を
全くそのまま映画化した作品。
せっかくの映画なので
映画的な世界を見せて欲しかったので
映画の出来は悪くは無いが
原作のまんますぎてビックリ」



高知県について知っている事は
少ない
原作本を読んだけれども
山や海、一級河川
手つかずの自然という
キーワードとして舞台を理解しだけで
あとは頭で想像していたが
この映画でそれらのキーワードと
実際の風景が重なった、
それはすぐにでも行って見たくなるような
豊富な資源を秘めた土地と分かるのは
やはり映像の力だろう。



おもてなし課の若き職員の掛水(錦戸亮)は、
絵に書いた様な好青年で
空気が読めない天然キャラ
それにアルバイトの明神多紀(堀北真希)も
かなり分かりやすい性格で
まるでマンガのような主人公達

でも原作もこんな感じだったので
違和感はないけど
どこかでお互いの背景を
ひとつエピソードでも入れて
深みが欲しかったな。

ただ単調になりそうなシーンを
救っているのは高知弁の
やわらかいイントネーション、
なんか笑っちゃう
良い雰囲気だ。



主人公達が子供の頃から知っている
街のイベントや
いつも側に在る美しい海など、
そこに価値を見出すのは
あまりに近すぎて難しいのも
なんか分かる、そういうものだ、
でもそのままでは提供できない、
そこに人を呼ぶ工夫が必要だ。

この映画は「県おこし」をテーマにしてるが
その方法を提示しているわけではない、

やはり県民全体で問題意識をもって
どう対処すべきか
そのあたりのヒントを与えてくれる。

少しくらいの何かで
画期的に世の中が変わる事は無い、
でも何もしなければ
そのスタートもきれない

単純なくらいのストーリー展開で
映画にするほどの
何かは無かったのが残念。
でもまだ行った事のない高知県に
一度は行って見たいと思った。

FDAで検索してみると
名古屋→高知は片道8.800円から
これなら行けそうだ。

★100点満点で70点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove
  • URL:https://yaplog.jp/sora2001/archive/2130
トラックバック
トラックバックURL:
県庁おもてなし課 TOHOシネマズ渋谷 2013/5/11公開

観光の促進を円滑にするために高知県庁は「おもてなし課」を設立。
若手職員・掛水(錦戸亮)を中心としたメンバーたちが何をすべきかわからず
困惑...
単館系  2013年07月30日(火) 22時46分
 高知県の県庁に新設されたおもてなし課は、高知県の観光の振興を目指すために新設さ
みんなシネマいいのに!  2013年06月09日(日) 22時39分
[県庁おもてなし課] ブログ村キーワード
 “春の有川浩 祭”(勝手に命名(^^;)。TVドラマ「空飛ぶ広報室」、映画「図書館戦争」に続いて、祭の〆を務めるのは本作。「県庁おもてなし課」(東宝)。自衛隊も銃撃戦も出てこない、ほのぼのとしたお話でございます。


 高知県が、観光促進のために新設した“おもてなし課”。そこへ配属された県庁職員・掛水(錦戸亮)は、何から手を着ければいいかわからないまま、とりあえず高知出身の人気作家・吉門喬介(高良健吾)に“観光特使”就任のオファーを出し、あっさり了承される。しかしそれ以降、何の音沙汰も無いことに立腹した喬介から、『スピード感のないお役所...
シネマ親父の“日々是妄言”  2013年06月03日(月) 2時10分
映画「県庁おもてなし課」を鑑賞しました。
FREE TIME  2013年06月01日(土) 23時21分


【監督】三宅喜重
【出演】錦戸亮/掘北真希/関めぐみ/甲本雅裕/松尾諭/高良健吾/船越英一郎
【公開日】2013年 5月11日
【製作】日本

【ストーリー】
全国が観光ブームに沸く中、高知県庁は...
シネマをぶった斬りっ!!  2013年06月01日(土) 20時13分
原作を先日読んだばかり。そして予告編もなかなかいい感じに出来てるし、
そりゃ、期待しないほうがおかしいよね。

しかし、期待し過ぎは良くなかったかな。

高知県を舞台に、県庁に新設された「おもて...
よくばりアンテナ  2013年05月31日(金) 9時29分
『県庁おもてなし課』 を鑑賞しました。

あれれ、この結末って中途半端じゃない

【ストーリー】
 観光の促進を円滑にするために高知県庁は「おもてなし課」を設立。若手職員・掛水(錦戸亮)を中心としたメンバーたちが何をすべきかわからず困惑していると、地元出身の作家・吉門(高良健吾)から役所気質と民間感覚のズレを痛烈に批判される。発奮した掛水は柔軟な発想力を持つアルバイトの多紀(堀北真希)と共に、本当のおもてなしを見つけ出すべく奔走する。


この映画は堀北真希が出てなかったら間違いなくスルーしていた
でも、堀北真希が出てたし、丁度、早く仕事も切り上げてしまったので
TOHOで鑑賞した。
堀北真希が可愛かったので映画の批判は避けたいのだけど
錦戸亮の演技は勘弁ならなかった(笑)
そして、ここに円熟味に磨きがかかった伝説の役人船越英一郎が光ってた。
関めぐみって知らなかったけど、良いんじゃないという映画だった。
内容はご当地ムービーだから高知県を魅力的に紹介している。
だから、高知に行きたくなるというありふれた内容である。
で、最大の見どころは主役2人にはあまり共感できないんだけど
高良健吾と関めぐみのエピソ...

 東京の大学を卒業し、郷里の高知で県庁職員として働き始めた掛水(錦戸亮)
は、「おもてなし課」 に配属される。彼は、高知出身の小説家・吉門喬介(高良
健吾)に 「観光特使」 就任を打診するのだ...
真紅のthinkingdays  2013年05月30日(木) 21時46分





 
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/160602/
↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。
 
 
原作者の 有川浩 さんが、ふるさとの高知県を舞台にした作品です。
 
 
観光促進して、地域の活性化を図りたい。
 
“おもてなし課“と言うネーミングを、まずは、バッチリ決め
地元出身の著名人...
**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**  2013年05月30日(木) 21時29分
ゴールデンウィーク明けから、仕事がかなり忙しい状態・・・。 忙しいだけでなく、い
はらやんの映画徒然草  2013年05月30日(木) 20時59分
2013年05月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf