映画「砂漠でサーモン・フィッシング」発想は面白いし、想像すると楽しい

2012年12月16日(日) 19時36分
映画「砂漠でサーモン・フィッシング」★★★
ユアン・マクレガー、エミリー・ブラント
クリスティン・スコット・トーマス出演

ラッセ・ハルストレム監督、
108分、2012年12月8日より全国にて公開
2012,イギリス,ギャガ
(原題/原作:SALMON FISHING IN TH YEMEN )





<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

第70回ゴールデン・グローブ賞の
最優秀作品賞・ミュージカル/コメディ部門で
ノミネートされていて、さらに主演の二人は
主演男優賞、女優賞の候補にもなった、
発表は2013年1月13日



「乾いた大地と抜けるような青空
渓谷の様な地形の場所に
大量の水が流れ込んでくる、
そしてそこにサーモンが泳ぐ・・・、
劇場で予告編を観たが
自分が想像する方がイメージが広がる、
さて出来はどんなかと、劇場へ」



中東の関係を気にする英国政府は
何か中東との関係で
プラスとなるニュースは無いかと
大勢のスタッフに検索を促すが
どれもキナ臭い情報ばかり
政策の失点を取り戻そうと
あるトンデモナイ計画に白羽の矢が当たる。


イエメンの富豪シャイフ・ムハンマドの
「砂漠の国・イエメンに川を流し、
鮭釣りができるようにして欲しい」という計画だ。



プロジェクトの責任者には
英国立水産研究所の
フレッド(ユアン・マクレガー)が
適任と選出されるが
彼は水産学者として成功し
研究所でいかにも学者然として
仕事を楽しみつつ、
趣味の魚釣りに夢中の日々、
けれど結婚生活は暗雲も。


気乗りはしないが
様々な要因からあれよあれよと巻き込まれ
シャイフ・ムハンマドの代理人である
ハリエット(エミリー・ブラント)とイエメンへ、
大富豪の後ろ盾で、とてつもない予算が付いて
夢が実現へと希望が生まれ
主人公のこの夢のような計画に
いつしかのめり込んでいく。



夢みたいなことをやってみたい、
誰もがバカバカしいと思う様なことを
自分だけが価値を知っていると納得して
夢中になってみたい

誰だってそんなことをふと思うことはある
でもやはり実現することは
夢のまた夢。


この映画を見ていると感じる、
人生何が起こるか分からない

去年の自分は今年の今の自分を知らない
当り前だけど
来年起こる事も全然分からない
それをワクワクと楽しめるかどうかは
本人次第
この映画みたいに
自分の力を尽くせる何かが待っている
そう思うとそう遠くない未来に期待したくなる。



でもそのための準備をしないといけないけれどね。
映画を見ながらそんなことを
あれこれ考えた。

★100点満点で75点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←
  • URL:https://yaplog.jp/sora2001/archive/2058
トラックバック
トラックバックURL:

<砂漠でサーモン・フィッシング を観ました>

無謀な事だと、笑ってしまったらそこで可能性は閉ざされてしまう

原題:Salmon Fishing in the Yemen
製作:2011年イギリス

人気ブログランキングへ

ユアン・マクレガーとエミリー・ブラント共演のちょっと不思議なヒューマンドラマ。
題名からして…砂漠で魚釣り?!どういうこと?

いえ、そのままです(笑)。砂漠の多いイエメンで、川を引きそこに鮭を放ちフィッシングをしようという、なんとも突飛なアイデアを実行しようとする研究者のお話なのです。そしてちょっとラブw



イギリスの水産学者のジョーンズ博士(ユアン・マクレガー)の元に砂漠の国イエメンの大富豪から、”イエメンで鮭釣りがしたい”と依頼がもちかけられる。
そんな事不可能だと一蹴する博士だったが、中東との緊張緩和のために外務省が乗り出し、首相までがこのプロジェクトに巻き込んだ国家プロジェクトが始動することになってしまう…




原作はポール・トーディの小説「イエメンで鮭釣りを」ですが、実際にあった話ではないんですよね。
これ、実際にあったらとんでもないプロジェクトです。
大掛かりな工事や時間も掛かるし、お...
★紅茶屋ロンド★  2013年06月23日(日) 10時50分


ユアン・マクレガーさんとエミリー・ブラントさんです。
砂漠の国・イエメンに鮭を泳がせる、という前代未聞の国家プロジェクト。任されたのは、不器用な水産学者とコンサルタントの女性。
自称変わり者のジョーンズ博士は、砂漠で鮭釣りなどは無理な話と突き放すが、コンサルタントのハリエットは、ことごとく反論する。雨期もあるし、ダムも造ったし、気温も適正。資産家のシャイフ・ムハンマドは理想に満ちた夢想家で、実際彼に会ったことからジョーンズも彼のその理想に惹かれてしまうという始末。
「釣り人たちはテロリスト」の言葉には笑っちゃいました。200万の釣り人達をとり込む政策と脅しの内容も。
国を西欧化するのかとイエメンの一部の人が暗殺や邪魔さえ決行しようとするくらい、このプロジェクトは荒唐無稽なものだったのでしょうね。

シャイフが素晴らしい人物で、彼の夢にみている人も引き込まれる。ラストで生き残った鮭に希望を見いだし、いつの間にか惹かれあっていた主人公たちもハッピーエンドに。
首相広報官役のクリスティン・スコット・トーマスさんが嫌味ながらもコミカルな一面をみせるいいキャラクターでしたね。時折挿入され...
いやいやえん  2013年06月09日(日) 9時16分



 こちらもスルーしようかなと思っていたのですが、ネット上では評判が良いし、他に見たい映画もなかったので見に行くことに。今回の記事は砂漠でサーモン・フィッシングです。
よしなしごと  2013年04月04日(木) 2時02分
ユーモアあって楽しく観られる作品だった。
だらだら無気力ブログ!  2012年12月29日(土) 19時17分
期待せずに見に行ったのだが、思わぬ掘り出し物だった。

理論的に可能であっても、火星に人を送り込むような壮大な計画を推し進めるのは科学か、信念か、宗教か。

シャイフとジョーンズのこの会話にこの映画のテーマが凝縮されているように思う。

大きなプロジェクトを進めるのは科学とお金だと思いがちだが、信念がなければ何も生み出さないということを映画は言っているように思える。

男女の関係も、遠くの公的な関係よりも近くで同じ目標を追って共に汗を流す関係が大事だ。

信念や愛情といったまさに人間的な精神活動が人を人たらしめていることを再認識させられる。


センタのダイアリー  2012年12月23日(日) 9時43分



主人公はユアン・マグレガー。
で、実は彼が主演と知り、期待度は低かった。
彼の最近の映画では「人生はビギナーズ」「パーフェクト・センス」「エージェント・マロリー」とかで、あまりいい印象が久しくなかったから。
だがこの映画の彼は、ジョークも下手な役のせい...
日々 是 変化ナリ ? DAYS OF STRUGGLE ?  2012年12月22日(土) 15時32分
予告を観たときは、ユアン・マクレガーとエイミー・ブラントのラブコメディー的なお話
はらやんの映画徒然草  2012年12月22日(土) 9時05分
 『砂漠でサーモン・フィッシング』をTOHOシネマズシャンテで見てきました。

(1)ユアン・マクレガーが出演するならハズレはないだろうと思って出かけたところです。

 物語は、英国の漁業・農業省に勤務する水産学者・ジョーンズ博士(ユアン・マクレガー)のもとに、...
映画的・絵画的・音楽的  2012年12月20日(木) 5時20分







 SALMON FISHING IN THE YEMEN

 釣りを愛する水産学者、アルフレッド・ジョーンズ博士(ユアン・マクレガー)
のもとに、ハリエット(エミリー・ブラント)という女性からある依頼が舞い...
真紅のthinkingdays  2012年12月17日(月) 22時13分
「砂漠の国イエメンで、鮭釣りがしたい」。 水産学者のジョーンズ博士は、イエメンの大富豪の代理人ハリエットから、そんなバカげた仕事を依頼される。 不可能だと一蹴したものの、英国外務省も中東との緊張緩和のために支援を決定し、荒唐無稽な夢物語は国家プロジェクトへと急展開! 責任者となったジョーンズは大富豪シャイフと面会し、プロジェクトを依頼した彼の本当の気持ちを知るのだが…。 コメディ。
象のロケット  2012年12月17日(月) 8時29分
うん。気持ちいい話だった。巨大プロジェクトと人の繋がりと恋愛……。やっぱりドラマと違ってこのスケールは楽しい。そして、ユアンがカッコカワイイ(*^。^*)★★★☆☆(5点満点)詳し...
見取り八段・実0段  2012年12月17日(月) 2時20分
砂漠でサーモン・フィッシング@よみうりホール
あーうぃ だにぇっと  2012年12月16日(日) 22時36分
試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】イエメンで鮭釣りしたいなんておかしな
うろうろ日記  2012年12月16日(日) 22時27分

イギリスの水産学者ジョーンズ博士(ユアン・マクレガー)のもとに、イエメンの大富豪シャイフ(アムール・ワケド)のコンサルタントであるハリエット(エミリー・ブラント)から、「イエメンで鮭釣りをした...
心のままに映画の風景  2012年12月16日(日) 22時10分
『砂漠でサーモン・フィッシング』 を試写会で鑑賞しました。

なんだかだるかったのでパスしようかと思ったけど、観て良かったなぁと思える映画なんだけど
ハリエット(エミリー・ブラント)の最後の選択は間違っているよね

【ストーリー】
 「イエメンでサケ釣りをしたい」という依頼を受けた水産学者のジョーンズ博士(ユアン・マクレガー)。そんなことは絶対無理だと相手にしなかったものの、何とイギリス外務省後援の国家プロジェクトに発展。ジョーンズは、イエメンの大富豪の代理人ハリエット(エミリー・ブラント)らと共に無謀な計画に着手する。


これは実話じゃないよね
サーモンが陳腐な感じだったけど、まぁいいかって感じです。
男と女が一緒に仕事するとそうなっちゃうよね。。。という展開なんだけど
結構笑えるシーンもあって、楽しめました。
どうしてか会場では笑が少ない感じがした。。。
しかし、あんな引き際のいい男はいないのに、女の見る目もないなぁなんて
野暮なことを思ってしまいました


 ↓良かったら押してください




...
2012年12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf