映画「屋根裏部屋のマリアたち」楽しく生きる姿がまぶしい

2012年08月07日(火) 9時52分
「屋根裏部屋のマリアたち」★★★★
ファブリス・ルキーニ、サンドリーヌ・キベルラン、
ナタリア・ベルベケ、カルメン・マウラ出演

フィリップ・ル・ゲイ監督、
106分、2012年7月21日公開
2010,フランス,アルバトロス・フィルム
(原題/原作:LES FEMMES DU 6EME ETAGE)






<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


「1962年のパリの片隅、
シュベール家のアパルトマンが舞台、
その家の主人とそこでメイドとして働く
スペイン人のマリア、
贅沢な暮しに潜む空虚さと
重労働にも生き生きと暮らすメイド達
肩の力を抜いて生活を楽しむヒントを
押しつけがましく無く教えてくれる」



パリの住居は構造が変わっている
道路からの入り口は狭いが
中に入ると中庭をぐるりと囲んで
アパートが建っていて
狭い敷地をうまく利用している、
そんな建物のひとつが舞台。


下の階はシュベール家が優雅に暮らし
その最上階の屋根裏には
同郷出身のスペイン人メイド達が
湯が出ない、トイレが詰まる
そんな決して快適とは言えない状況で
肩を寄せ合って暮らしていた。



彼女たちの漫才のような会話
それぞれの主人の悪口を言いつつも
決して卑屈な感じは無く
なんだか楽しそうにも感じる、

下の階の主人たちは満足な暮らしを送りながらも
その生活を維持するために汲汲として
なんだか息苦しい。


誰だって優雅な生活を願う
明るく働くマリア達だって
いつか国に戻って暮らしたと思っている、

金持ちは→不幸せ
貧乏人は→生活を楽しんいる
そんな図式は短絡的とも思えるが
この映画に描かれている彼女たちを見ると
逞しくも実に楽しそうで
やはり色々あってもそんなふうに
前向きにプラスに考えていけたらいいなと
自然に思ってしまうのだ。



後半になってアパルトマンの主人と
マリアの恋愛模様に発展し始めると
「こんなおっさんで良いのかいな」
そんなふうにも感じて
妙な雲行きに楽しさは半減したが
楽しい映画で
こんなふうに軽やかに
地道な毎日を巧みに描くって
実はかなりうまい演出、脚本なのだと実感。



★100点満点で75点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove
  • URL:https://yaplog.jp/sora2001/archive/2002
トラックバック
トラックバックURL:


1960年代のパリブルジョワなフランス人夫婦と、屋根裏部屋に暮らすスペイン人のメイドたち。彼女達の作る“完璧なゆで卵”が、主人に至福の歓びをもたらし、退屈で味気なかった男のモノクロームな日々を変えていく。
パリで証券会社を経営するジャン=ルイはスペイン人のマリアをメイドとして雇う。ある日、マリアたちスペイン人メイドの住居である屋根裏部屋のトイレを修理してやったのがきっかけで、ジャン=ルイはメイドたちと仲良くなっていく。
映画は主人公の実業家が、まだ戦争の傷跡消えないスペインからの出稼ぎ家政婦たちと触れ合ううちに、新しい自分を発見していく過程を描いたもの。やってることはちょっとした親切なんだけれど、その親切によって彼女たちからの信頼を得て、人間関係が豊かになっていく。本当に豊かな生活とはお金では買えない、信じあえる人間関係なのだと気づかされる。
そのモノクロな日々が、マリアの存在によって輝きを取り戻していく。マリアに年甲斐もなく惹かれてしまったジャン=ルイ、妻の誤解で家を追い出された彼は6Fの家政婦たちの部屋へ混じって暮らす事に。それがまあ活き活きとしてること!エリート人生を歩んできた...
いやいやえん  2013年10月16日(水) 9時17分
「Les femmes du 6?me stage」…「The Women on the 6th Floor」2010 フランス/スペイン

ムッシュ・ジュベール(ジャン・ルイ)に「親密すぎるうちあけ話/2004」「モリエール 恋こそ喜劇/2007」「PARIS (パリ)/2008」「しあわせの雨傘/2010」のファブリス・ルキーニ。
マダム・ジュベール(シュザンヌ)に「プチ・ニコラ/2009」 「プレイヤー/2012」のサンドリーヌ・キベルラン。
マリアにナタリア・ベルベケ。
コンセプシオンに「ボルベール/帰郷/2006」のカルメン・マウラ。
カルメンに「靴に恋して/200...
ヨーロッパ映画を観よう!  2012年08月17日(金) 22時00分
1962年、フランス・パリ。 証券会社の経営者ジュベールの家ではメイドが出て行ってしまい、困り果てたジュベールの妻シュザンヌは、「メイドならスペイン人。」と勧められ、叔母を頼ってスペインからやって来たばかりの若い女性マリアを雇う。 妻から顧客の未亡人との浮気を疑われたジュベールは家を追い出され、メイドたちが住む屋根裏部屋で、一人暮らしを始めることになったのだが…。 コメディ。
象のロケット  2012年08月08日(水) 8時12分
『屋根裏部屋のマリアたち』 を試写会で鑑賞しました。

屋根裏に何人が住める大豪邸に住みたいな・・・なんてアホな思ったw

【ストーリー】
 1962年、マリア(ナタリア・ベルベケ)は軍事政権下にある祖国スペインを離れ、パリに逃れて来る。彼女は叔母(カルメン・マウラ)らと共にアパートの屋根裏部屋で共同生活を送っていた。そんなある日、マリアは同じアパートに住む株式仲買人ジャン=ルイ(ファブリス・ルキーニ)の家に、メイドとして迎えられることになる。その後ジャン=ルイは、妻がいるにもかかわらず少しずつマリアに心惹(ひ)かれていき……。


今日の試写のフィルムが悪かったのか、それとも、演出なのか、キズが目立ちました。
でも、それが結果的に味が出て良かったと思います

ブルジョアとメイドってヘルプなどでも観られた関係ですが、
今回の映画は面白かった
まったく、嫌味が無く、綺麗な町並みでテンポよく見せてくれたので、
至福の時間を過ごせた気がしました。
久しぶりに良作に巡り合えた感じです

機会がありましたら、是非、観てくださいね〜


 ↓良かったら押してください




...
生き生きとしたスペイン女性達が魅力的。 いい加減あらすじ 証券会社を継いだジャン
映画感想メモ  2012年08月07日(火) 20時53分
2012年08月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf