映画「ドライヴ」寡黙な男の最後の決心、まさにクール!

2012年04月15日(日) 0時09分
「ドライヴ」★★★★
ライアン・ゴズリング、キャリー・マリガン、
ブライアン・クランストン、
クリスティナ・ヘンドリックス、ロン・パールマン、
オスカー・アイザック、アルバート・ブルックス出演

ニコラス・ウィンディング・レフン監督、
100分、2012年3月31日公開
2011,アメリカ,クロックワークス
(原題:Drive)





<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


「予告編がすごくクールな作りで
これは絶対面白いに違いないと
前売券を買って楽しみにしていた作品を観た、
主人公の顔がハードな内容と合わないんじゃないか・・・
そんなふうに思っていたが
これがなかなか、その落差がホント怖くて
キャスティングってとても大切だと考えさせられた」



昼はスタントマン、
夜は犯罪の「逃がし屋」
「5分以内に戻れば必ず逃がしてやる」と
車の運転に才能を持つ主人公(ライアン・ゴズリング)は、
映画の冒頭で強盗をした二人組を
冷静なカーチェイスを乗り切って
逃がすことに成功する、
寡黙で表情ひとつ変えずにスリリングな
場面を乗り切る様はまさにクール!



このシーンが無かったら
甘い顔というより抜けた顔に見えるので
愚鈍にさえ感じてしまう、
そして男は最愛の女と出会ってしまう、
子供を育て、刑務所に居る夫をもつ女と。



彼女はアパートの同じ階に住むアイリーン(キャリー・マリガン)、
彼女は傍から見れば不幸せな状況だけれど
その笑顔は様々な事を感じさせる
なんとも魅力的な女性だ、
何がそうさせるのか
彼女の持つ雰囲気としか分からないが
そんな分析は不要だろう
ただ笑ってくれれば
その場がパッと明るくなるからだ



ドライバーはただ純粋に車の運転を楽しんでいる、
それだけで満足していたのに
彼女のダンナが出所して
彼の仕事を手伝ったことから
泥沼に一気に入り込んでいく。


他に何かやりようが無いのか
そんなことを思いながら
彼にとっては幸せな方向から
どんどん離れていく
彼女と子供の幸せだけを考えての行動

それが見てるこっちに分かるから
その背反するものが
うまくいくといいけどなと祈るだけ。


エレベーターでキスするシーンがあるが
このキスのタイミングと音楽
そして緊迫した状況と最高の瞬間だった

そしてその一瞬の後
なんともむごいシーンへと・・・、
そのあたりは好みが分かれるところだけど
自分は好きだったな
期待通りの映画だった。


★100点満点で80点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン
  • URL:https://yaplog.jp/sora2001/archive/1945
トラックバック
トラックバックURL:


ライアン・ゴズリングさんの演技も良いのですが、演出も良かった。監督は「ヴァルハラ・ライジング」の方。同じように少ない台詞からは推し量れない何かが心を抉っていく。台詞のない状態での感情の動きってのが凄く沁み込んで来る作品になっていると思う。静寂が時に緊張感だったり時に優しさであったりもする。
冒頭のシーンからもう「はじまって」います。主人公は自動車修理工場で働きながら映画のカースタントもこなし、夜は犯罪者の逃がし屋として闇稼業に従事する男。同じアパートに住む人妻アイリーン(キャリー・マリガンさん)にほのかな好意をもっている。
主人公はまたも孤独の枷をひきずっていると思われるし、はっきりとした感情を露にしないことから、クールな男なんだなと思わせられるのですが、それでいて好意を寄せる相手の夫の借金のため強盗の逃がし屋をする面もあって単に不器用なのかもしれないと思った。
あのエレベーターのシーンでの、全てを捨ててのたった一度きりの愛情表現が、実にロマンチックだった。ロマンチックといえば御幣があるのかもしれないけれど、ときめいちゃったんだから仕方ない。突然のキスから振り向いて顔がつぶれる...
いやいやえん  2012年09月26日(水) 9時32分
12-35.ドライヴ■原題:Drive■製作国・年:アメリカ、2011年■上映時間:100分■字幕:岡田壮平■観賞日:4月30日、ヒューマントラスト・シネマ渋谷(渋谷)□監督:ニコラス・ウィンディング・レフン◆ライアン・ゴスリング(ドライヴァー)◆キャリー・マリガン(ア...
kintyre's Diary 新館  2012年09月01日(土) 17時50分

見終わってからしばらくして、じわじわと余韻が効いてきた。男は女と子供を守る、という、古き良き映画のスタイルなんだ。そこに男の哀愁が加わって、完璧。冒頭の導入部、ノワールの香り漂い、犯罪者を車で逃がすそのドライビング・テクニックと決断力も男らしくて、いい。但し、前半の1時間はすっごく退屈。この1時間を我慢すれば、めくるめく映画的快楽へ。とはいえ、実際にはあの退屈さ、のんびり、とさえ思える淡々とした進み方が、むしろラストを盛り立ててくれていたのか、とも思う。
ライアン・ゴズリングはすっごくいい役者に育った!とは思うのだけれど、ごめんなさい、本当に私の個人的な趣味で、あの伸び切った顎と、...
ここなつ映画レビュー  2012年05月25日(金) 12時58分


旬の男、ライアン・ゴズリングが主演の フィルムノワール。
L.A.を舞台に、タイトル通り Drive することに才能がある主人公を演じる。

プロットとしてはたいしたことがない犯罪もの(はっきり言って)
のだが、全くそう感じさせない 非常にクールな描写。
ひとつひとつ...
日々 是 変化ナリ ? DAYS OF STRUGGLE ?  2012年05月03日(木) 18時52分
『ドライヴ』は、非常に個性的で稀有な映画だ。
一見、よくありそうな犯罪小説を題材にしたB級アクション作品で、だからこそ「こういう、地味でお金もかかっていないが、かつて60、70年代に多く生産されたような、肩肘張らない滋味
k.onoderaの日記  2012年04月30日(月) 20時14分
《ドライヴ》 2011年 アメリカ映画 − 原題 − DRIVE ドライビングテ
Diarydiary!   2012年04月20日(金) 21時46分

自動車修理工場で働く卓越したドライビング・テクニックのドライバー(ライアン・ゴズリング)は、映画のスタントマンとして活躍する一方、夜は強盗の逃走を手助けする闇の仕事を請け負っていた。
ある日、...
心のままに映画の風景  2012年04月20日(金) 16時42分
その愛は、危険に加速する。

昼はハリウッドのスタントマン、夜は犯罪者の“逃がし屋”として、都市の日陰で生きる孤独な男が、ふとした切っ掛けで知り合った隣家の母子を救うために、裏社会の大物相手に命懸...
ノラネコの呑んで観るシネマ  2012年04月17日(火) 22時38分
緩急が効いたエレベーター


【Story】
天才的なドライブテクを武器に、昼は映画のカースタント、夜は強盗逃し専門の運転手をしているドライバー(ライアン・ゴズリング)。ドライバーはアイリーン(キ...
Memoirs_of_dai  2012年04月17日(火) 0時03分
待ってました〜〜 ライアン・ゴスリング 祭り
祭りと言っても 
この 「ドライヴ」と「スーパー・チューズデー」の2本なんですけど。
201X 映画観てきましたっ!  2012年04月16日(月) 21時29分
勝手にやってます☆
ライアン・ゴズリング第3弾!


機内で観たけどいまいち消化できず、もう一回観たいよ〜
って言ってたら KLYさん から試写のお誘いが♪
嬉しい〜☆ありがとうございます!

















『ドライヴ / Drive』
まいふぇいばりっと ゆる日記  2012年04月16日(月) 21時02分
twitterでお世話になっているcocoさんの試写会で3月31日(土)公開の『ドライヴ』を観てきました。



あらすじ
昼は自動車整備工や映画のカースタント、夜は強盗の逃走を助ける寡黙なドライバー(ライアン・ゴズリング)は、同じアパートに住む子持ちの人妻アイリーン(キャリー・マリガン)に恋をする。しかし、数日後、アイリーンの夫スタンダード(オスカー・アイザック)が刑務所から出所したことから、事態が急変する…。


感想
デンマーク出身の新鋭ニコラス・ウェンディング・レフン監督のクライム・サスペンス。近年大活躍のライアン・ゴズリング(昨年は『ブルー・バレンタイン』、『ラブ・アゲイン』がありました)とキャリー・マリガン(同じく『ウォール・ストリート』、『わたしを離さないで』)の共演ということもあり、とても楽しみにしていました。(しかも監督は第64回カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞!)

私はフィルム・ノワールというジャンルが結構好きなのですが、この映画もそのひとつとして見事お気に入りに入りました。ノワール好きな人は是非観に行ってください!今年観た映画では、同じクロックワークス配給の『哀しき獣』と近いですね。ただ『...
理性と感情の狭間で  2012年04月16日(月) 19時24分
 「プッシャー」のニコラス・ウィンディング・レフン監督、「ラースと、その彼女」のライアン・ゴズリング主演。昼は自動車整備士とスタントマン、夜は強盗の逃がし屋を営む名もなき男が、愛する女のために命がけの戦いを挑むクライム・サスペンス。

 カンヌ国際映画賞監督
新・狂人ブログ〜暁は燃えているか!〜  2012年04月16日(月) 18時56分
冒頭の逃走シーンが素晴らしい。
だらだら無気力ブログ!  2012年04月16日(月) 1時43分
'12.03.24 『ドライヴ』(試写会)@なかのZEROホール

KLYさんのおこぼれにあずかって、総勢4名で見てきたー☆ 見たくて試写会応募しまくってたのでうれしい♪

*ネタバレありです!

「ハリウッドのカースタントマンでもあるドライバーは、犯罪者を現場から逃走させる闇の仕事もしていた。一目惚れした隣人アイリーンの夫の窮地を救うため、強盗計画の逃走を請負ったが・・・」という話。これはおもしろかった。余分な背景というか、説明などは一切排除。その潔さがスタイリッシュな感じを生んでいる。ライアン・ゴズリングを初めとする、出演者たちの魅力と、演技によるところが大きいとは思うけれど、この感じは好き。

ジェイムズ・サリスの人気クライム小説の映画化。この試写見た後、文庫本を購入して今半分くらい・・・ 原作のドライバーの方が、生い立ちなども描かれているし、より感情表現もあって人間的。ただ、個人的には、この辺りのことを一切排除して、あくまで謎の人物のままだったのは、ライアン・ゴズリングの演技と合ってたかなと思う。ライアン・ゴズリングの出演作品って何か見たかな・・・ 何故かいつもジェイク・ギレンホールとごっちゃになってしまう(笑) ...
・*・ etoile ・*・  2012年04月16日(月) 1時04分

<ドライヴ を観て来ました>

原題:Drive
製作:2011年アメリカ

人気ブログランキングへ

前評判がなかなか良かったのと、近所の映画館でがっつり上映していたので見てきました〜
主演のライアン・ゴズリングは、「ラースとその彼女」との草食系男子なイメージがあったんだけど、最近では「ブルーバレンタイン」のダメ男も演じたりしていて、今回はさらに全く別のキャラクターということで、多彩な演技が光ります。



昼はハリウッド映画のカースタントマン、夜は強盗の逃走を助ける運転手として働く天才ドライバー。
彼は、名も無く、家族もなく、孤独な日々を送っていた。
ある日、同じアパートの女性と顔見知りになったのだが、彼女の夫は刑務所に服役していた。

彼女と親しくなっていくが、夫が刑期を終えて出所してくることに。しかし、そこから彼の運命は動き始めた…




うまくあらすじを説明できない(苦笑)。
ライアン・ゴズリング演じる天才ドライバーは、キッドと呼ばれています。正式な名前はないのよね。

気になってた割には、おおまかなあらすじくらいしか知らなくて、主演以外誰が出てるかも知らなかったから(おい笑)、キャリー・マリガン...
★紅茶屋ロンド★  2012年04月15日(日) 23時41分
『ドライヴ』 を試写会で鑑賞してきました。

ドライブじゃないですよ! ドライヴね。間違わないように(笑)

【ストーリー】
 天才的なドライブテクを武器に、昼は映画のカースタント、夜は強盗逃し専門の運転手をしているドライバー(ライアン・ゴズリング)。ドライバーはアイリーン(キャリー・マリガン)にひそかに思いを寄せていたが、彼女には服役中の夫スタンダード(オスカー・アイザック)がいた。ある日、服役から戻ってきたスタンダードがガレージで血まみれで倒れている姿をドライバーが目撃し……。


今年はライアン・ゴズリング日本でもブレークしますかね

かなり期待値高かったので、拍子抜けしました
もっとスリリングな展開を予想してたんだけど、少し緩くない・・・
スリリングでストーリー展開もスピーディーなのだと思ったけど
意外とゆったりとしてました。

魅せる所は幾つかありますが、やっぱり最大の見どころは
車で逃げるところですね。
冒頭のも良いのですが、中盤のカーチェイスは見応えあるし
その辺から一気に話が動いてグイグイと引き込まれていきました。

なんとなく、賛否分かれそうな映画ですね。

期待値を下げてご覧ください...
昼間はハリウッドのスタントドライバーで夜は強盗などの運転担当として稼いでいる孤独な青年が主人公だ。「トランスポーター」と似ているけど、この作品の方が暗くて余計なセリフがなくクールだ。カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞しているだけに、格好いい映画だと感じた。
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver  2012年04月15日(日) 17時16分
主人公ドライバー(劇中で名前が出ない)は昼間は映画のカースタント、及び修理工をし
はらやんの映画徒然草  2012年04月15日(日) 16時56分
 家族も友人もなく孤独に生きる男は、昼はハリウッドのスタントマン、夜は強盗の逃走
みんなシネマいいのに!  2012年04月15日(日) 15時49分
 影響を受けたのは『ハロウィン』と『トランスポーター』。
 オマージュを捧げているのは『タクシードライバー』とアレハンドロ・ホドロフスキーの諸作。
 そうニコラス・ウィンディング・レフン監督は語...
映画のブログ  2012年04月15日(日) 15時00分
Data 原題 DRIVE 監督 ニコラス・ウィンディング・レフン 出演 ライアン・ゴズリング 
キャリー・マリガン 
ブライアン・クランストン 
クリスティナ・ヘンドリックス 
ロン・パールマン 公開 2012年 3月
映画 K'z films 2  2012年04月15日(日) 13時36分
表の顔はスタントマン、裏の顔は逃がし屋という凄腕ドライバーが、偶然知り合った女性を愛してしまったが故に思わぬトラブルに巻き込まれてゆく姿を描いたクライムアクション。主演は『ブルーバレンタイン』のライアン・ゴズリング。共演は『SHAME』のキャリー・マリガンが出演している。監督は本作で第64回カンヌ国際映画祭監督賞を受賞したニコラス・ウィンディング・レフン。
LOVE Cinemas 調布  2012年04月15日(日) 0時24分
2012年04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf