映画「アーティスト」これぞ、映画だ! アカデミー賞独占も納得の作品

2012年04月13日(金) 0時09分
「アーティスト」★★★★★満点!
ジャン・デュジャルダン、ベレニス・ベジョ出演

ミシェル・アザナヴィシウス監督、
101分、2012年4月7日公開
2011,フランス,ギャガ
(原題:The Artist )






<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

第84回アカデミー賞の作品賞、監督賞、
主演男優賞、脚本賞、音楽賞、撮影賞、衣裳デザイン賞受賞の
この一年の代表作品がいよいよ公開された。



「舞台は1927年から30年台初頭のハリウッド。
サイレント映画界屈指の大スターのジョージ・バレンティンは、
新人女優のペピーを女優へと導いていく。
時はサイレントからトーキーへの移行期にあたり
サイレントに固執するジョージは自ら監督を務めるも
人々の関心は無声映画から声の出る新しい技術へと
移っていくのだった」



白黒&サイレントを劇場で見るのは初めて
昔は大劇場で生演奏が付き
人々は好きなシーンでは拍手し
画面に繰り広げられる映像に
驚き笑い考えさせられ
「映画に行く」ことがハレの出来事だったようだ。


映画の冒頭はたぶん最初の上映会か
今でいう試写会のようだったが
上映終了後の会場中の拍手に気を良くした
主演俳優が舞台に上がって
おどけた様子で挨拶をする、
その時の人々の喜びに満ちた顔が
なんとも羨ましい気さえした。



今では試写会へ行くことは無いが
通常は上映前に「よろしく!」って感じの
熱の入らない挨拶があって
出演者や監督は別の会場へ、
そりゃあそうだろう
上映終了後に舞台に上がれるような自信作って
わずかだからね。


4/11の朝日新聞では映画評論家が
「映画技術の進化では
得たものより、失ったもの方が多い」と
コメントしていたが

無声映画の頃を知らない今の世代は
その頃とは比較は出来ないわけで
マスコミ試写で無料で映画を見ておきながら
そんなくだらないコメントしかできない
批評家がただ昔を懐かしむような
「昔は良かった」「昔は良かった」って
じゃあ古い映画でも見とけよと言いたくなる。


この映画はモノクロの無声映画だけれど
かなり考え尽くされた現代の映画となっている、

リアルには当時を知らない世代も
なんとなく分かっている雰囲気を
うまく映画の中にすくい取って
「そんな感じ」の映像を見せつつも
その映像の中で観客にしっかりと
セリフ以外のストーリーを考えさせてくれる。



ストーリーは単純なメロドラマと言ってもいい、
没落するスターと
駆け上がる新星の輝き
そしてロマンス
それから希望
出演者の顔の表情の豊かさに目を奪われ
声の出ない動く唇は
自分達の言葉が頭の中で喋り出す。



自分達が映画に求めるものは
本来はすごくシンプルなものだったのだ

でもそれだけじゃぁ
今の観客は満足出来ない、
映画「ヒューゴ」を見た時も感じた
ただ映像を見るだけから
観客はもっと見たことのないものを要求し始める。


この作品はCGの代りに
モノクロ無声映画という大胆な仕掛けを用意し
それで全編を乗り切ったことが成功している、

じゃあ次もあるかといえば
次は同じ様なことをしても
心躍る時間は持てないだろう。

自分達は映画館に何を見に行くのだろう


そんなことを考えさせられた
そして映画館の暗闇の中で
映画の魔法をこれからも
何度も何度も見たいと思った、
この映画が多くの賞を獲得したのは
ホント納得できる出来上がりだった。


★100点満点で100点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

最新映画ランキング(4/8)

公開最初の週は7位とさびしい登場、
主演に有名俳優がいないことや
アカデミー頼みの宣伝だけじゃぁ
メインの若者層を呼べそうもないか。

@(初)劇場版 SPEC 天
A(@)映画ドラえもん のび太と奇跡の島 アニマルアドベンチャー
B(A)僕等がいた 前篇
C(初)タイタニック(3D版)
D(B)シャーロック・ホームズ シャドウゲーム
E(D)映画 プリキュアオールスターズ NewStage みらいのともだち
F(初)アーティスト
G(F)ウルトラマンサーガ
H(C)長ぐつをはいたネコ
I(E)ライアーゲーム 再生(リボーン)

 

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
  • URL:https://yaplog.jp/sora2001/archive/1944
トラックバック
トラックバックURL:
サイレント期の映画製作現場、とりわけ映画俳優たちへのリスペクトを表したモノクロのサイレント映画『アーティスト』。

モノクロの美しい映像の中、セリフは最低限がインタータイトル(中間字幕)で表現されるだけなのに、主人公たちの気持ちが鮮やかに伝わってきます。
俳優

<<ストーリー>>
1927年のハリウッドで、サイレント映画のスターとして君臨していた
ジョージ・ヴァレンティン(ジャン・デュジャルダン)は、
新作の舞台あいさつで新人女優ペピー(ベレニス・ベジョ...
ゴリラも寄り道  2012年04月30日(月) 4時36分
ハリウッドが失った、
art muetな価値観への郷愁と感嘆、温故知新。
映画が映画だった頃、音のないざわめきがあった。
映画が映画だった頃、色のない情感が満ちていた。
美しと麗しのサイレントなモノクロームに何想う。




『アーティスト』
2011年/フランス/101min
シネマな時間に考察を。  2012年04月27日(金) 15時51分

<アーティスト を観て来ました>

原題:The Artist
製作:2011年フランス

人気ブログランキングへ

やっと観られた…!
一人でなかなか見に行けるチャンスが無くて、やっと見に行けた。ちょうど良い時間にやっててよかった。
第84回アカデミー賞で、作品賞、監督賞、主演男優賞他5部門を受賞し、話題となった作品。さらに第64回カンヌ国際映画祭では主演男優賞を受賞しています。

しかし、この作品、今では”ちょっと変わった”手法で描かれている作品でもあります…



1927年のハリウッド。
時代はまさに、白黒フィルム&サイレントムービーが主流で、スクリーンの下には生オーケストラが。
そんな時代のスター俳優、ジョージ・バレンタイン(ジャン・デュジャルダン)は、人気の的だった。ある日、彼を尊敬する駆け出し女優のぺピーと共演し、彼女は確実に実力をつけていった。
しかし、この時期映画産業は無声映画からトーキーへの移行が始まり、まだまだ無声で頑張れると固執していたジョージは次第に落ちぶれ、一方ぺピーはスターの階段を一気に登りつめていくのだった…




画像をみればわかりますが、この作品は白黒です。
そして、無声です。
...
★紅茶屋ロンド★  2012年04月22日(日) 23時18分
犬の演技が芸術的過ぎる[E:dog] いい加減あらすじ サイレント映画全盛期。主
映画感想メモ  2012年04月22日(日) 21時09分
13日のことですが、映画「アーティスト」を鑑賞しました。

サイレント映画スター ジョージと新人女優ペピー
時代はトーキーへと移り、ペピーはスターへ
しかし ジョージはサイレントにこだわり続けて・・・

アカデミー賞作品賞、監督賞、主演男優賞など
5部門受賞した...
笑う学生の生活  2012年04月21日(土) 18時53分
 「OSS 117 私を愛したカフェオーレ」のミシェル・アザナヴィシウス監督、ジャン・デュジャルダン&ベレニス・ベジョ主演。1920年代のハリウッドを舞台に、世間から忘れ去られた無声映画のスター男優と、トーキー映画時代のスター女優の深い愛情を描く、ロマンチックラブス
新・狂人ブログ〜暁は燃えているか!〜  2012年04月20日(金) 19時02分

1927年、ハリウッド。
サイレント映画の大スター、ジョージ・ヴァレンティン(ジャン・デュジャルダン)は、新作のオーディションで新人女優ペピー(ベレニス・ベジョ)と出会う。
ジョージの何げないア...
心のままに映画の風景  2012年04月20日(金) 0時54分
 『アーティスト/ The Artist 』









今年のアカデミーで作品賞、監督賞、主演男優賞、他5部門を受賞。

オスカー授賞式で見たジャン・デュジャルダンが素敵だったし、
期待は高まる。


    1927年のハリウッドで、サイレ
まいふぇいばりっと ゆる日記  2012年04月16日(月) 21時08分
第84回アカデミー賞の主要3部門を独占した作品ですが、私には少し物足りない作品でした。 この映画のファンの方にはお詫びします。 私は絵画にしろ小説にしろ音楽にしろスポーツにしろ一点だけの譲れないのは、自分がどう感じたか、ということなんです。 どんなに世評が高くても、権威ある賞を獲っても、人気爆発でも自分がピンとこなかった作品は褒められない。 こういう作品がアカデミー賞を獲るというのは、アメリカという国がいかに映画という表現形式を愛しているか、ということの証
雨の日の日曜日は・・・  2012年04月16日(月) 20時43分






 THE ARTIST

 1927年、ハリウッド・キノグラフ撮影所。サイレント映画の大スター、ジョー
ジ・ヴァレンティン(ジャン・デュジャルダン)と、彼に憧れて女優を夢見るペピー
・ミラー(ベレ...
真紅のthinkingdays  2012年04月16日(月) 8時36分
アーティスト [2011年フランス / 日本上映2012年4月7日] 「最高!」:☆☆☆☆☆ 人生これまで観てきた映画のなかで、最高の作品に出会いました。 映画「アーティスト(The Artist)」は、今年2012年4月7日より公開になったばかりの、モノクロ&サイレント映画。 同じ劇場で、立体メガネでみる「タイタニック」も上映されていて、CGや3Dなどテクノロジーを駆使した現代の主流とは、すごい勢いで真逆を行ってます。白黒&無声映画なんて初めてみました。   ?■寸分の隙もないほどの面白...
SwinginThinkin  2012年04月16日(月) 1時46分
映画という芸術。腹心の友。口元のほくろ。
悠雅的生活  2012年04月16日(月) 0時22分
2012年4月15日(日)








 葉桜になりつつある中で、今日も残っていた桜の花

*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     
      にほんブログ村
...
観劇レビュー&旅行記  2012年04月15日(日) 22時39分
なんと優しさに満ちた映画なのだろう。
ストーリーの進行上必要最低限のセリフのみが字幕という形で提示され、シーンごとに状況を的確に表すBGMが時に優雅に、時に切なく、時に激しく作品世界を包み込む。それ以外の音声や効果音は観客それぞれが思いに沿って頭の中で独自に重ねて合わせていく・・・。
SOARのパストラーレ♪  2012年04月15日(日) 7時33分


ランキングクリックしてね &larr;please click



第84回アカデミー賞にて作品賞、主演男優賞、衣装デザイン賞、作曲賞最多5部門受賞

試写にて鑑賞。
監督はミシェル・アザナヴィシウス

サイレント映画時代のスター、ジョージを演じたフランスの俳優...
我想一個人映画美的女人blog  2012年04月14日(土) 23時11分
★★★★★“シンプルだからこそ伝わる情感の豊かさ”この映画、第84回アカデミー賞の作品賞など5部門を受賞し話題になっているのでご存じの方も多いかと思います。この作品はモノクロでサイレントということでも注目を集めていましたね。 ストーリーは、大きな転換の波に乗れずスターの座から転げ落ち絶望する男、その男に思いを抱きながらスターダムに駆け上がった女。そして男の再起とロマンスといういたってシンプルです。 冒頭のジョージ・ヴァレンティン(=ジョン・デュジャルダン)の映画の上映ですが、小編成のオーケストラが劇...
映画とライトノベルな日常自販機  2012年04月14日(土) 22時59分
原題:The Artist監督:ミシェル・アザナビシウス出演:ジャン・デュジャルダン、ベレニス・ベジョ、ジョン・グッドマン、ジェームズ・クロムウェル、ペネロープ・アン・ミラー、マルコム・マクダウェル・・・サイレント映画って・・・まるで魔法だわ!
ハリウッド映画 LOVE  2012年04月14日(土) 20時58分
第84回アカデミー作品賞受賞作品です。 サイレント映画からトーキー映画に移行する
はらやんの映画徒然草  2012年04月14日(土) 10時59分

噂に上がっているこの映画、実はかなり懐疑的な気分だった。
「いまさら白黒サイレント映画で勝負なんて、恐ろしくノスタルジーなのでは?!」
そんな批判的気分が頭の中を満載だった。
ならば早々に見定めようということで、NY滞在中近くのParis theater に駆け込んだ。...
日々 是 変化ナリ ? DAYS OF STRUGGLE ?  2012年04月14日(土) 1時07分



1回めは、NY滞在中、近くのParis theater に駆け込んでの鑑賞。
その時の感想は=「ノスタルジーというより 時代の変化に立ち向かう姿が、実に現代的」(2012-02-03)

2回めに足を運ぶことはそうしない私だが(3ヶ月たったとはいえ)
=この特殊なジャンルならでは...
日々 是 変化ナリ ? DAYS OF STRUGGLE ?  2012年04月14日(土) 1時06分
試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】時代の変化についていけない主人公が犬
うろうろ日記  2012年04月13日(金) 23時30分
無声映画といっても音楽や効果音はしっかり入っている。登場人物の考えていることもしゃべっていることも全部わかる。これほど映画の表現の豊かさを体感できるのは本当に楽しい。一番の名シーンは、ぺピーがジョージの楽屋に入って彼の上着に片腕を通した一人抱擁だろう。傑
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver  2012年04月13日(金) 19時48分
この世は、音で溢れている…



詳細レビューはφ(.. )
http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201204110002/



アーティスト オリジナル・サウンドトラック




サントラ ローズ・マーフィー

SMJ 2012-04-11
売り上げランキング : 58450


Am
日々“是”精進! ver.A  2012年04月13日(金) 15時40分
 こんな映画を観たかった!

 映画は、技術の進展とともに様々な要素を付け加えていった。トーキー(音声)もカラー(総天然色)も、後から加わった要素である。
 けれども現代の映画の作り手たちが、それら...
映画のブログ  2012年04月13日(金) 14時00分
2012年04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf