書籍「人質の朗読会/小川 洋子著」もう今はここに居ない人達のお話を読む

2012年04月12日(木) 0時36分
書書籍「人質の朗読会/小川 洋子著」★★★★
小川 洋子著 ,
中央公論新社、2011/02
( 247ページ , 1,470円)



<リンク:【送料無料】 人質の朗読会 / 小川洋子 【単行本】>



                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい


「隔絶された場所から、彼らの声は届いた。
紙をめくる音、咳払い、慎み深い拍手で朗読会が始まる。
祈りにも似たその行為に耳を澄ませるのは
人質たちと見張り役の犯人、
そして…しみじみと深く胸を打つ、
小川洋子ならではの小説世界。 」

(「BOOK」データベースより)


小川洋子の小説はすでにひとつの世界を持っている、
読み始めると、しんとした小説世界に
ストンと落ち込み
しばし現実から離れて
まるでその場所にいるように
息をひそめて読み進んで行く。



本書の舞台は地球の裏側
しかも人質に取られた人達が
せっかくの時間なので
ひとりずつ記憶の中の物語を
語り合おうというもので
そんなどこから設定を考えつくのだろうと思いながら
ひとりひとりの物語に
彼らと一緒に耳を澄ませるように
読み進める
頭の中にはその状況がほんやりと浮かぶ。



冒頭に彼ら人質は死んでしまった事実が
知らされるからか
彼らの確実に生きていた時の記憶が
なんとも残酷で無残な気持ちにさせる

彼らはその時確かに生きて
何気ない日常を送っていた
将来自分達は地球の反対側で
ちょっと考えられない状況で
死んでしまうことなんか知らずに。


人は必ず死んでしまう
そのことを考えだしたら何も手につかないが
どうしてだかそんな事実を
じつにうまくやり過ごして
自分達は毎日を平穏に過ごしている
その一分一秒が愛しく感じられる
そんな小説だった、
とても不思議で
だけどとても身近に感じた。



こんなふうに小説はひととき
自分をどこか別の場所に連れ去り
その時間全く異質な世界にひととき遊ぶ
そんな時間をくれる。
本を閉じた時
最後に「何か」一呼吸あるような小説
そんな小説を求めて
本を読み続けるのだろう、
この本にはそんな「何か」が感じられた。



★100点満点で80点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

オリコンの本の総合ランキング(2012/4/1)
@ナミヤ雑貨店の奇蹟/東野圭吾
A天使たちの課外活動 2 ライジャの靴下/茅田砂胡
B大往生したけりゃ医療とかかわるな 「自然死」のすすめ/中村仁一
C日本人の知らない日本語(3)祝!卒業編/蛇蔵/海野凪子
DDVD付き 樫木裕実カーヴィーダンスで楽やせ!/樫木裕実
Eモーターファン別冊・ニューモデル速報 トヨタ86のすべて
F心霊探偵八雲 9 救いの魂/(著)神永学/(イラスト)加藤アカツキ
Gムチャチャ←→あちゃちゅむ しんやまさこのつくる世界 2012 Spring&Summer
H三匹のおっさん ふたたび/有川浩
I前田敦子写真集 『不器用』/中村和孝/小学館

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
  • URL:https://yaplog.jp/sora2001/archive/1943
トラックバック
トラックバックURL:
小川洋子 『人質の朗読会』(中公文庫)、読了。

地球の裏側で開催された辺鄙な場所での観光遺跡バスツアー。
反政府ゲリラの襲撃を受け、日本人7名が人質となる・・・・。

サスペンスにも、スリルにも、アクションにもなりそうな設定なのに、
あえて「朗読会」という設定に持ち込む力技(笑)。
普通、そんな展開を考えないですわよ。

人質になってから数か月が経過し、
膠着した状況に...
観・読・聴・験 備忘録  2018年11月01日(木) 3時12分
小説「人質の朗読会」を読みました。

著者は 小川 洋子

ゲリラの人質となり亡くなった日本人達
囚われの日々の中でそれぞれ印象に残った思い出を書き それを朗読しあっていた

その9つの話 朗読話
ある意味 短編として読める感も

なんといえばよいか・・・
どれも日常...
笑う社会人の生活  2013年03月03日(日) 7時53分
人質の朗読会posted with amazlet at 11.06.12 小川
Roko's Favorite Things  2012年04月15日(日) 11時01分
遠く隔絶された場所から、彼らの声は届いた。紙をめくる音、咳払い、慎み深い拍手で朗読会が始まる。祈りにも似たその行為に耳を澄ませるのは人質たちと見張り役の犯人、そして…しみじみと深く胸を打つ、小川洋子ならではの小説世界。 (「BOOK」データベースより)2012年本屋大賞ノミネート作。穏やかならぬタイトルであります。冒頭に旅行社が企画したツアーの参加者達が、反政府ゲリラの襲撃を受け拉致されるという事件があったという説明がなされて、この事件の経過やどういう結末を迎えたのかも分かった状態で、読者は読むことになります。彼らはその人質生活の中で、自分の中にしまわれている過去を語っていきます。その様子が録音テープに残されており、『人質の朗読会』と題されたラジオ番組が毎晩放送されたという9話からなる短編集。『博士の愛した数式』とか『猫を抱いて象と泳ぐ』のような表作品?というよりは、初期の頃の少し病んでいるような雰囲気の濃い作品だったように感じ、この小川さん独特の感性と世界が私はたまらなく好みなので、どんどん引きつけられていきました。いつもと同じ場所に佇んでいるとか、規則正しい毎日で同じ時間に出勤するとか、...
マロンカフェ ?のんびり読書?  2012年04月15日(日) 10時21分
地球の裏側にある村の山岳地帯で、反政府ゲリラに拉致され人質となった、日本人ツアー客と添乗員の8人。百日以上が過ぎた後、人質が拘束されているアジトへ特殊部隊が強行突入。結果、犯人グループは全員射殺、同時に人質8人も全員、犯人の仕掛けたダイナマイトで爆死した。
本読みな暮らし  2012年04月14日(土) 19時13分
小川洋子の作品、「人質の朗読会」を読みました。

最初から脱線ですが、印象的なこの表紙、土屋仁応(よしまさ)の「子鹿」(2010年)という、木彫・彩色の作品です。土屋は、1977年横須賀市生まれ。2001年東京芸大芸術学部彫刻科卒業。2003年東京芸大大学院研究科文化
とんとん・にっき  2012年04月14日(土) 0時50分
2012年04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf