映画「マリリン 7日間の恋」予告の印象と中身は随分違って見えた

2012年04月04日(水) 19時09分
「マリリン 7日間の恋」★★★★
ミシェル・ウィリアムズ、エディ・レッドメイン、ケネス・ブラナー、
エマ・ワトソン、ジュディ・デンチ出演

サイモン・カーティス監督、
100分、2012年3月24日公開
2011,アメリカ,日活
(原題:MY WEEK WITH MARILYN )






<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

ミシェル・ウィリアムズはこの作品で
アカデミー主演女優賞にノミネートされた。



「実はマリリン・モンローの映画を
1本全部通して見たことがない、
有名なシーンのいくつかで彼女を知ってるに過ぎない、
セクシーさやスキャンダルで有名なだけと
単純に思っていたが
この映画を見て舞台となった「王子と踊り子」という映画が
俄然見たくなった、
映画にはそんな力もあるのだと再認識」



初めてのイギリスでの撮影に緊張気味のマリリン、
共演者であり監督のローレンス・オリヴィエは
最初から彼女を見下したような感じで
芸達者な共演者の中で
マリリンは孤立していく、
そんな中で映画の雑用係のコリン・クラーク(エディ・レッドメイン)と
ほんの短い間だけだか
心を通わせていく、彼女の安心できる場所があった。



軽妙なコメディ映画にマリリンに求められたのは
お色気と美しさだけだった、
そんな中、役作りやストーリーに疑問を持つマリリンに
ローレンス・オリヴィエはいら立つが
マリリンは当時、演技派女優への転身を
模索していた時期であり
そんな違いが現場にも重苦しい影を落とし
そのことがかえってマリリンを追いつめていく。


映画の主演はマリリン演じるミシェル・ウィリアムズだが
映画はコリン・クラークの目線で描かれていく、
実際にも本人の回想録で語られた真実だからだ。


映画を見る前は、有名人にありがちな
ちょっとした真実を「名声」や「本物の恋」なんかに
脚色して描いているのだと思っていたが
見るまでは分からないものだ、
確かに短いひとときの恋を描いているが
この映画ではマリリン・モンローの輝きが溢れ
「才能」という形の無いものを
スクリーンに映し出してくれている。



遅刻して来てはセリフも覚えていない
NGを繰り返すが
OKのカットでは輝きに溢れた表情を見せ
それはその場で見た誰もが
これまでのいら立ちを忘れてしまう程、
自分達も時々スクリーンに目が釘付けなんてことがある
そんな瞬間をまた味わいたくて
劇場へ通っているいようなものだ、
彼女にはそんな「才能」というものがあったのだ。



映画の主題は「7日間の恋」だけれど
それは恋とも言えないようなものだった、
映画が完成して試写室でコリンがひとり
スクリーンに溢れる才能を目に
憧れの表情を浮かべる
そこには女優「マリリン・モンロー」が映っていた。


この映画を見終えてミシェル・ウィリアムズの
演技賞ノミネートにも納得、
不安定な心理状態や
解放された時のはじける様な表情
どれをとっても素晴らしかった、
次はどんな役を案じるのだろう、楽しみだ。


★100点満点で85点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

ミシェル・ウィリアムズ出演作品
マリリン 7日間の恋(2011)
ブルーバレンタイン(2010)
シャッター アイランド(2009)
彼が二度愛したS(2008)
脳内ニューヨーク(2008)
ブローン・アパート(2008)
アイム・ノット・ゼア(2007)
痛いほどきみが好きなのに(2006)
ブロークバック・マウンテン(2005)
ランド・オブ・プレンティ(2004)
16歳の合衆国(2003)
私は「うつ依存症」の女(2001)
ミー・ウィズアウト・ユー(2001)
ハロウィンH20(1998)
スピーシーズ 種の起源(1995)

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
  • URL:https://yaplog.jp/sora2001/archive/1937
トラックバック
トラックバックURL:
12-34.マリリン 7日間の恋■原題:My Week With Marilyn■製作国・年:アメリカ・イギリス、2011年■上映時間:100分■字幕:戸田奈津子■観賞日:4月29日、角川シネマ有楽町(有楽町)□監督:サイモン・カーティス◆ミシェル・ウィリアムズ(マリリン・モンロー)◆ケ...
kintyre's Diary 新館  2012年08月10日(金) 18時53分

稀代の名女優、20世紀のセックス・シンボル、マリリン・モンローの最盛期の頃のラブロマンスを描いた作品である。映画「王と踊り子」の撮影のためにハリウッドを旅立ち、ロンドンを訪れたマリリン・モンローの撮影時のエピソードを、当時のスタッフであったコリン・クラークの回想録を元に描いている。
マリリン・モンローという人は不思議な人で、その外見的な女性としての魅力は勿論のこと、人生に対する真摯な取り組みと、なかなかそれを周囲に理解してもらえない歯痒さとのギャップ、天使のように愛くるしく、悪魔のように妖艶である二面性の魅力、に、当時の市井のファンだけでなく、著名人も彼女に夢中になっていた。

...
ここなつ映画レビュー  2012年06月18日(月) 16時28分
過剰すぎる魅力を持っているが故に、人びとから過剰すぎる愛を向けられた、それにも関わらず自分の持つ過剰すぎる愛を受け止めてくれる人がいないことにに苦しむ女性、マリリン・モンローをミシェル・ウィリアムズが演じた映画『マリリン 7日間の恋』。

決して顔自体が似ている
もし、アカデミー賞にノミネートされなかったら
観なかったかもしれません。

1956年。
コリン・クラークは恵まれた富裕の家に育ったが、
映画業界への憧れを捨てられないでいた。
機転のきく性格をかわれ、
ローレンス・オリヴィエが監督と主演を務める「王子と踊り子
映画、言いたい放題!  2012年04月26日(木) 12時52分
《マリリン 7日間の恋》 2011年 イギリス/アメリカ映画 − 原題 − MY
Diarydiary!   2012年04月20日(金) 21時33分


これまた「映画愛」に溢れている一作で、「アーティスト」「ヒューゴ」といい勝負(笑)
個人的総合評価では、「アーティスト」>「マリリン」>「ヒューゴ」と強力作に割って入る出来だった。

ただ、
「しみじみ度」でいうと、3つの中でトップかも!
エンドロールの...
日々 是 変化ナリ ? DAYS OF STRUGGLE ?  2012年04月15日(日) 7時18分
マリリン 7日間の恋
★★★☆☆(★3つ)



7日間の恋って・・・、男側からみたらだよね。

目の前に全力投球な恋愛体質な人だと、こんな男日常茶飯事じゃなんじゃない?...
食はすべての源なり。  2012年04月15日(日) 0時51分
2012年3月26日(月)

 原題 【MY WEEK WITH MARILYN 】

 邦題 【マリリン 7日間の恋】 を見ました。

 映画の世界の虚構を自らの理解するレベルに達しないとトレーラーに引き篭って

演技を...
観劇レビュー&旅行記  2012年04月11日(水) 22時52分
 『マリリン 7日間の恋』をTOHOシネマズ六本木ヒルズで見ました。

(1)この映画は、原題が「My Week with Marilyn」であり、邦題だとマリリン・モンローが主体の恋物語のように思われてしまうところ、実は「My」とは、マリリン・モンローが出演する映画の助監督コリン・...
映画的・絵画的・音楽的  2012年04月10日(火) 22時21分



☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10)
3月24日(土) 神戸国際松竹 スクリーン4 にて 16:50の回を鑑賞。
みはいる・BのB  2012年04月09日(月) 20時20分
 世の中には存在そのものがエロい困った女性がいる。 その代表はマリリン・モンロー
みんなシネマいいのに!  2012年04月08日(日) 18時54分

メイクを落として、
ヒールを脱いで、
それから――
秘密の恋におちた。
原題 MY WEEK WITH MARILYN
製作年度 2011年
製作国・地域 イギリス/アメリカ
上映時間 100分
原作 コリン・クラーク『マリリン・モンロー 7日間の恋』(新潮文庫刊)
監督 サイモン・カーティス ...
to Heart  2012年04月07日(土) 21時03分
1956年、イギリス・ロンドン。 名優ローレンス・オリヴィエ監督・主演の映画『王子と踊り子』に出演するため、ハリウッドからマリリン・モンローがやって来た。 彼女は初めての海外撮影でのプレッシャーと、夫アーサー・ミラーとの確執により仕事に集中できず、さらにオリヴィエとは演技法をめぐり対立してしまう。 下っ端の第3助監督になったばかりの青年コリンは、遅刻続きのマリリンの見張り役を命じられるのだが…。 ラブ・ロマンス。
象のロケット  2012年04月07日(土) 8時56分
伝説に恋した七日間。

今年は、ハリウッドが生んだ永遠のセックスシンボル、マリリン・モンローの没後50年にあたる。
これは、モンローが全盛期を迎えつつあった1956年に製作されたロマンチック・コメディ...
ノラネコの呑んで観るシネマ  2012年04月06日(金) 13時27分
試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】マリリンさんと若者が出会って、逃亡し
うろうろ日記  2012年04月06日(金) 0時52分
惜しくもオスカーを逃したミシェル・ウィリアムズがマリリン・モンローを演じる「マリ
はらやんの映画徒然草  2012年04月05日(木) 20時07分
 1957年公開の映画「王子と踊り子」の舞台裏を描いたコリン・クラークの著書を基にした、伝説の大女優マリリン・モンローと著者との淡く短いラブロマンスを映画化。


 コリン氏の体験談が原作という事もあり、主観的過ぎるように思われる部分も多々見受けられるが、そ
新・狂人ブログ〜暁は燃えているか!〜  2012年04月05日(木) 18時34分
不世出のセクシー女優マリリン・モンローが1956年英国に渡り、名優ローレンス・オリヴィエと共演する「王子と踊り子」の撮影の裏話を基本にして新人助監督の男性との短い恋を描いた作品だ。コリン・クラークが経験した実話をもとに、マリリン・モンローの孤独感をミシェル・
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver  2012年04月05日(木) 14時23分
伝説の美女、マリリン・モンローのプライベートの恋・・・









「オフィシャルサイト














【ストーリー】




1956年、新作映画『王子と踊り子』の撮影のために、マリリン・モンローがイギリスにやってきた。




監督&共
いい加減社長の日記  2012年04月04日(水) 23時44分
先週7日(水)に、有楽町よみうりホールで今月24日公開の「マリリン 7日間の恋」試写会、都合も合ったので、「いい加減な・・・」ブログのいい加減人(Yamato)さんとご一緒して見てきました。試写会は久方、一昨年夏頃の「借りぐらしのアリエッティ」以来。

ローレンス・オリヴィエが監督兼主演、マリリン・モンローと共演した「王子と踊り子」の第3助監督だったコリン・クラークの、当時の回顧録が原作、彼女とコリンの、秘められてたラブストーリー。

マリリンについては、私は確かに見た覚えある出演作は、メジャーになる前の「イヴの総て」位。あと大分前に何か見たかもしれないけれどどうも曖昧で、やはり...
Something Impressive(KYOKOV)  2012年04月04日(水) 23時36分

1956年、マリリン・モンロー(ミシェル・ウィリアムズ)は、ローレンス・オリヴィエ(ケネス・ブラナー)が監督と主演を務める映画の撮影のためロンドンに降り立った。
本作に意欲を見せていたマリリンだ...
心のままに映画の風景  2012年04月04日(水) 22時51分
現在に至るまでアメリカのセックスシンボル、永遠のアイドルとして輝くマリリン・モンローがイギリスに渡り、名優ローレンス・オリヴィエが監督・主演する映画『王子と踊り子』に出演した時の逸話を描いた作品。主演はミシェル・ウィリアムズ。共演にケネス・ブラナー、エディ・レッドメイン、ジュディ・デンチ、ドミニク・クーパーといった英国俳優が揃う。監督はサイモン・カーティス。
LOVE Cinemas 調布  2012年04月04日(水) 19時47分
2012年04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf