映画「J.エドガー」正義に取りつかれた男の物語

2012年02月11日(土) 16時33分
「J.エドガー」★★★★
レオナルド・ディカプリオ、ナオミ・ワッツ、
ジョシュ・ルーカス、ジェフリー・ドノヴァン、
リー・トンプソン、ジュディ・デンチ出演

クリント・イーストウッド 監督、
137分、2012年1月28日公開
2011,アメリカ, ワーナー・ブラザース
(原題:J. Edgar






<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


「クリント・イーストウッド監督と
レオナルド・ディカプリオで
どんな映画が出来あがったのか
すごく期待して劇場へ、
8代の米国大統領たちに仕え、FBI初代長官から48年も
その任期を務めた実在の人物を描いた作品、
J・エドガーの功績よりも
その人物に焦点をあてた作品となっていた」



FBIといえばドラマや映画の題材の宝庫、
これまでは捜査官が犯罪に
いかに立ち向かったかが描かれてきたが
この映画はその組織そのものを創設し
以後半世紀にもわたってとのトップに君臨した男の一代記、

クライマックスといえるような
盛り上がるシーンはないが
過ごした時代とその中で
いかに自分の理想を実現させたか
とても静かな映画だったが
主題は誰もが自分の生きる道を模索する時代に
とてもずっしりと響く映画となっていた。



映画は彼がこれまでを振り返り
自伝を書くため口述することから始まる、
駆け出しの頃の「正義」を胸に秘めた頃から
FBIという組織を作り上げ
いかに強大な組織に育てたかを
いくつかのエピソードとともに
現在と過去を行ったり来たりする。


人生の中で何を優先して生きるか
これは人間ひとりひとりに与えられた命題だ、

フーヴァーはどちらかというと
FBIという組織に生涯をささげ
恋愛においては自らの同性愛というセクシャリティーを
ひた隠しに隠し
死ぬまでFBI長官の座を譲らなかった、
ここまで仕事にのめり込むことは
普通の人間には出来ないことだけれど
出来ないことを続けたからこそ
唯一無二の存在となりえたのだろう、

常人には真似できないなと思いつつも
羨ましくもある。


彼はハードな仕事については
文句は言わない

関わる人々にはそれぞれ意見を持ちつつも
体を壊してまでも仕事にのめり込む、
今はそういう考えは少数派だろう
仕事より自分の個人生活を誰もが優先する。


けれどその仕事で自分の目標とすべきものが
実現できるなら
その喜びもまた大きいもので
その達成感を味わってしまうと
仕事人間という存在もあり得るなと賛同できるのだ。



大きな感動!というシーンは無いが
脳溢血で倒れた生涯の片腕クライド・トルソンに
グチグチ文句を言いながら
朝の食卓で卵を割っているシーンなど
さりげない心遣いを見事に表現していた、

果たしてイーストウッドはこの映画で
何を一番に描きたかったのか
そんなことを考えた
きっと彼の頭の中にはまだまだアイデアが溢れ
とにかく自分の国アメリカの色んな事を
出来る限り記録し映像に残したいのだろうなと
そんな結論。


★100点満点で75点



★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←



soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

レオナルド・ディカプリオ主演作品
J・エドガー(2011)
ポール・マッカートニー THE LOVE WE MAKE 9.11からコンサート・フォー・ニューヨーク・シティへの軌跡(2011)
インセプション(2010)
シャッター アイランド(2009)
レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで(2008)
ワールド・オブ・ライズ(2008)
ディパーテッド(2006)
ブラッド・ダイヤモンド(2006)
アビエイター(2004)
キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002)
ギャング・オブ・ニューヨーク(2002)
あのころ僕らは(2000)
ザ・ビーチ(2000)
仮面の男(1998)
仮面の男(1998)
セレブリティ(1998)
タイタニック(1997)
マイ・ルーム(1996)
ロミオ&ジュリエット(1996)
バスケットボール・ダイアリーズ(1995)
クイック&デッド(1995)
太陽と月に背いて(1995)
百一夜「短い友情出演」(1994)
ギルバート・グレイプ(1993)
ボーイズ・ライフ(1993)

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
  • URL:https://yaplog.jp/sora2001/archive/1912
トラックバック
トラックバックURL:
一昨日、帰省する息子を小倉駅まで迎えに行った足で、そのまま「アイアンマン3」を観てきました
感想文は後日…といっても、まだ「アベンジャーズ」のもアップしていない私でした



早速ですが、以下は映画観賞記録です(もうすぐ1年遅れに)



「J・エドガー」
(監督...
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画  2013年04月29日(月) 21時24分
日本滞在の実質的最終日(明日は移動日)。横浜まで行って佃煮と漬物をゲットしてから
極光の女神  2012年11月10日(土) 22時04分
監督:クリント・イーストウッド出演:レオナルド・ディカプリオ、ナオミ・ワッツ、アーミー・ハマー、ジュディ・デンチアメリカ映画 2011年 ・・・・・・ 6点
映画部族 a tribe called movie  2012年06月22日(金) 13時09分


これイーストウッド監督作品だったんですねぇ。
ジョン・エドガー・フーバーといえばFBI。アメリカ犯罪史にとって重要な科学捜査を確立させ、指紋管理システムを作り大組織へと変貌させた男。実に48年もの間長官を勤め上げ、その正義感と悪の部分が両立した複雑な人物をレオナルド・ディカプリオさんが演じています。
護国信念の先にあるものは、手段を選ばない非情さもあわせもつ曲者。右腕でもあったトルソンとの関係など、彼の人生は、切なさだけでは括れない哀しみとなって描かれる。
老年期から始まり過去の回想と現在を行き来しながら見せていく構成。亡くなるまで個人秘書を務めた、ナオミ・ワッツさん演じるヘレン・ガンディとの出会いや、昇格しながら、やがて生涯の右腕となるアーミー・ハマーさん演じるクライド・トルソンとの出会いが描かれる前半部、「リンドバーグ愛児誘拐事件」など権力を握り組織を編纂していく中盤部、その後が描かれる後半部となかなか見ごたえがありかつ興味深かったです。
悪のイメージがどうしてもつきまとうのですが、でもそれくらいのやり手じゃないと勤まらなかった時代なんでしょうね。物語としては伝記ドラマの形式を...
いやいやえん  2012年06月08日(金) 9時57分
33点

2011年のアメリカ映画で、
監督はクリント・イーストウッド、
主演はレオナルド・ディカプリオです。

FBIの初代長官である、ジョン・エドガー・フーバーの
生涯を描いた作品です。

う〜ん...
我が頭に巣くう映画達  2012年04月01日(日) 21時57分
昨日の日曜日もがっちり昼間仕事して、深夜も仕事をしたのですが
今日も普通に朝から仕事って事で寝不足気味だったので
レッドブル、リポD、コーヒーがぶ飲みで眠気を飛ばしました。
気を抜いてランチを腹一杯に食べてしまうと
飛ばした眠気が復活するので軽めを心がけま
映画批評_気ままにツラツラと・・  2012年03月06日(火) 10時39分
’11年、アメリカ 原題:J.Edgar 監督: クリント・イーストウッド 脚本: ダスティン・ランス・ブラック 製作: クリント・イーストウッド、ブライアン・グレイザー、ロバート・ローレンツ 製作総指揮: ティム・ムーア、エリカ・ハギンズ 撮影: トム・スターン キャスト: レオナルド・ディカプリオ、ナオミ・ワッツ、アーミー・ハマー、ジョシュ・ルーカス、ジュディ・デンチ、ジェフリー・ピアソン、ジェフリー・ドノバン   これはまたまた賛否両論になりそうな、思い切った作品だ。珍作...
レザボアCATs  2012年03月02日(金) 14時13分
 ジョン・エドガー・フーバー。FBI初代長官。  20代にしてFBI前身組織の長
Roko's Favorite Things  2012年02月28日(火) 21時51分
■ ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞J・エドガー/J. EDGAR
2011年/アメリカ/137分
監督: クリント・イーストウッド
出演: レオナルド・ディカプリオ/ナオミ・ワッツ/アーミー・ハマー/ジョ...
映画三昧、活字中毒  2012年02月27日(月) 10時03分
J.Edgar2011年/アメリカ (監)クリント・イーストウッド(演)レオナル
ごみつ通信  2012年02月26日(日) 21時43分
 『J・エドガー』を渋谷シネパレスで見ました。

(1)こうした実在の人物を描く作品はあまり好みませんが、クリント・イーストウッド監督(注1)が制作し、L・ディカプリオ(注2)の主演ということであれば、何はともあれ見ざるを得ないところです(同監督の『インビクタ...
映画的・絵画的・音楽的  2012年02月24日(金) 6時17分
2011年・アメリカ/配給:ワーナー原題:J. Edgar 監督:クリント・イーストウッド 脚本:ダスティン・ランス・ブラック 撮影:トム・スターン 美術:ジェームズ・J・ムラカミ製作:クリント・イー
J. Edgar アメリカ 2011 2012年1月公開 劇場鑑賞 イーストウッド監督の新作ということで楽しみにしていた1本です。 主人公はFBI長官フーヴァー(レオナルド・ディカプリオ)。 1919年、米国内でも共産主義が高まっていくなか、司法長官宅が過激派に襲撃され、24歳のエドガー・フーヴァーは司法省に新たな作られた捜査チームのリーダーに任命される。 やがてエドガーは秘書のヘレン(ナオミ・ワッツ)や右腕のクライド(アーミー・ハマー)らの助けを得ながら、成果を上げていくのだが・・・。 うーん
Andre's Review  2012年02月20日(月) 23時41分

クリント・イーストウッド監督作品、レオナルド・ディカプリオ主演映画
「J・エドガー」を試写会で観てきました。
映画の公開日は1月28日です。

J・エドガーと言われると「誰?」って感じですが、
これが「フーバー長官」と言われると
なんか聞いたことがある感じです。
そう、これはFBI初代長官にして死ぬまで長官で有り続けた
J・エドガー・フーバーの物語なのです。

実在の人物を演じるディカプリオという事で
「アビエイター」を連想し
20代半ばから77才までを一人の俳優が演じるという事で
「ベンジャミン・バトン」を連想し
一連のイーストウッド映画の重々しさを思い出して
気楽に観る映画じゃあないよなあ、と思い
ある種の覚悟を決めて観にいったわけですが。

もー、予想の斜め上を行かれてしまった。
参ったなあ。
まさかの「爺×爺」愛映画だったよ。

色々事件の描写はあったけど、
ラスト近くの展開のせいで
それしか記憶に残ってないです。ええ。

題材が題材だけに、日本では当たらないと予想。
私も積極的に周りに広めようとは思わ...
ほぼ映画感想、ときどき舞台レビュー  2012年02月15日(水) 22時45分
正直、クリント・イーストウッド作品と
しては、ちょっと物足りない感じが
しましたが、FBI初代長官フーバーの
裏の部分を赤裸裸に描いた作品でした。
いろんな映画に登場するFBIが
こうして築き上げられた上にあると
いうのは、なかなか面白いし、
考えさせられますよね。

1924年にFBI初代長官に任命されたジョン・エドガー・フーバー
(レオナルド・ディカプリオ)は、歴代の大統領に仕え、
数々の戦争をくぐり抜け、半世紀にわたって法の番人として
アメリカをコントロールしてきた。
しかし、フーバーには絶対に人に知られてはならない秘密があった・・・・。

それぞれの...
ルナのシネマ缶  2012年02月14日(火) 23時39分
権力の裏側で、男が守ろうとした“正義”の根にあったのは何か。

実に48年間に渡ってFBI長官としてアメリカの司法の世界に君臨し、クーリッジからニクソンまで8人の大統領に仕えた男、ジョン・エドガー・フー...
ノラネコの呑んで観るシネマ  2012年02月14日(火) 22時15分
20代でFBI前身組織の長となった男フーバーには、常に黒い疑惑やスキャンダラスな噂がつきまとう。 国家を守ると言う大義名分によって、大統領をはじめとする要人たちの秘密を調べ上げ、その極秘ファイルをもとに彼が行った正義とは何だったのか…。 実話に基づくFBI初代長官ジョン・エドガー・フーバーの半生。
象のロケット  2012年02月14日(火) 21時49分
50年にわたりアメリカの秘密を握り続けた、FBI初代長官のジョン・エドガー・フーバーの半生を描いた映画『J・エドガー』。

クリント・イーストウッド監督は、アメリカ大統領たちすらも恐れた男を、強烈な母の呪縛のもと、本当の自分を偽り“男として”パワーをもつことにこだわ
FBIを築き上げた初代長官のフーバー。





ちょっと気になる人物だし、クリント・イーストウッド監督、レオナルド・ディカプリオ主演ということで、観たいと思ってた作品。





「オフィシャルサイト








【ストーリー】


FBI初代長官とし
いい加減社長の日記  2012年02月14日(火) 13時21分

1919年、司法省に勤務していた・ジョン・エドガー・フーバー(レオナルド・ディカプリオ)は、新設された急進派対策課を任され、その後、FBIの前身である司法省捜査局の長官代行となる。
片腕となるクライ...
心のままに映画の風景  2012年02月13日(月) 11時16分






 J. EDGAR

 初代FBI長官J・エドガー・フーバー(レオナルド・ディカプリオ)は、老境に
差し掛かってもその地位に君臨していた。彼は、半世紀近くに渡るFBIでの
出来事を、自らの回想録と...
真紅のthinkingdays  2012年02月13日(月) 9時11分
●「J・エドガー J・Edgar」
2011 アメリカ Warner Bors.Pictures,Imagine Entertainment,
Malpaso Production,137min.
監督:クリント・イーストウッド
出演:レオナルド・ディカプリオ、ナオミ・ワッツ、アーミー・ハマー、ジョシュ・ルーカス、
ジュディ・デンチ他

<評価:★★★★★★★☆☆☆>
<感想>
去年も今ごろイーストウッド作品を見ていた。彼のファンとしては★9つ位は取って
貰いたかったが、今回も、ちょっとできとしては残念だった。まあ、彼としては
ハードルが相当上がっちゃっているので、...
映画!That' s Entertainment  2012年02月12日(日) 20時10分
1日のこと、映画「J・エドガー」を鑑賞しました。

イーストウッド監督、ディカプリオ主演
期待は高まるわけですが

50年もの間 権力を手にしたFBI初代長官
J・エドガー・フーバーの話

ストーリーは淡々と語られていき
伝記のようですね

ちょっと 盛り上がりに欠けたか...
笑う学生の生活  2012年02月12日(日) 17時31分
原題:J. Edgar監督:クリント・イーストウッド出演:レオナルド・ディカプリオ、ナオミ・ワッツ、アーミー・ハマー、ジョシュ・ルーカス、ジュディ・デンチetc・・・まだまだ若い!ディカプリオ。
ハリウッド映画 LOVE  2012年02月12日(日) 17時23分

だれよりも恐れられ、だれよりも崇められた男。
原題 J. EDGAR
製作年度 2011年
上映時間 137分
脚本 ダスティン・ランス・ブラック
監督 クリント・イーストウッド
出演 レオナルド・ディカプリオ/ナオミ・ワッツ/アーミー・ハマー/ジョシュ・ルーカス/ジュディ・デン...
to Heart  2012年02月12日(日) 11時43分
 映画業界で最も元気な年寄りといえば、日本だったら新藤兼人、アメリカだったらクリ
みんなシネマいいのに!  2012年02月12日(日) 11時05分
 【ネタバレ注意】

 クリント・イーストウッド監督がJ・エドガー・フーバーの映画を撮る!
 その報に接したとき、あまりにも上手い組み合わせに驚くとともに、傑作になることを予感してワクワクした。
...
映画のブログ  2012年02月12日(日) 10時09分
クリント・イーストウッド監督最新作。FBI初代長官ジョン・エドガー・フーバーの半生を描いた伝記物語だ。大統領ですら手が出せないほどの権勢を誇った男の人生の裏側を赤裸々に映し出す。主演は『インセプション』のレオナルド・ディカプリオ。共演に『愛する人』のナオミ・ワッツ、アーミー・ハマーらが出演している。
LOVE Cinemas 調布  2012年02月12日(日) 5時59分
J・エドガー? J.EDGAR ?

監督: クリント・イーストウッド

  
出演: レオナルド・ディカプリオ、アーミー・ハマー、ナオミ・ワッツ、ジョシュ・ルーカス、ジェフリー・ドノヴァン、リー・トンプソ...
映画@見取り八段  2012年02月12日(日) 3時43分
試写会で観ました。【予告orチラシの印象】実話っぽくてワンマンなFBI長官のお話
うろうろ日記  2012年02月12日(日) 0時24分
★ネタバレ注意★


 クリント・イーストウッド監督が、レオナルド・ディカプリオを主演に、初代FBI長官ジョン・エドガー・フーヴァーの生涯を描いた映画。

 フーヴァー長官と言えば、巨大な権力を背景に政治家や社会活動家やその他有名人に対して諜報活動だの恐喝だの迫害だのを行い、マイ・ルールを貫くためにはいかなる横車も辞さず、汚い事件の背後には大抵この男の名前ありといった印象の、概ねワルモノ認識なんじゃないかと思うわけですが、この映画を観てもその印象が揺らぐことはなかったです。そっか、やっぱり、そういうヤツであったか。ふむふむ。つまりは、決して魅力的な人物ではない主人公を、一切美化...
キノ2  2012年02月11日(土) 21時55分
ジョン・エドガー・フーヴァー、彼はFBI初代長官にして、48年もの長期にわたりそ
はらやんの映画徒然草  2012年02月11日(土) 21時42分
『J・エドガー』 を試写会で鑑賞です。

フーバー長官って言う方が、日本では分かりやすいよね・・・

【ストーリー】
 1924年にFBI初代長官に任命されたジョン・エドガー・フーバー(レオナルド・ディカプリオ)は、歴代の大統領に仕え、数々の戦争をくぐり抜け、半世紀にわたって法の番人としてアメリカをコントロールしてきた。しかし、フーバーには絶対に人に知られてはならない秘密があった……。


私は歴史を全然知りませんので、新鮮に見て楽しめてしまいました。
でも、歴史を知っているとより楽しめるんでしょうね
一体、どんな悪いことをのしあがったのか、何が秘密なのか見てください。

今回の映画でディカプリオは20代〜70代のフーバー長官を演じています。
オスカーは厳しそうですね。
そして、イーストウッド監督作にしては、あまり人情味がないというか
希薄な描かれ方のような気がしました。
もちろん、2時間強で50年近くを描くので仕方ないことではあるんでしょうが・・・
そういう面...
アメリカでFBI初代長官として、科学捜査の基礎を確立し、大統領や有名人の秘密を知り尽くして恐れられていた人物の隠された本質とは・・・
彼が徹底した人種差別は、何から来るものだったのか・・・?
ノルウェー暮らし・イン・原宿  2012年02月11日(土) 19時25分
2012年02月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf