映画「デビルズ・ダブル −ある影武者の物語−」これが事実の物語

2012年01月27日(金) 7時39分
「デビルズ・ダブル −ある影武者の物語−」★★★★
ドミニク・クーパー、リュディヴィーヌ・サニエ出演

カン・ジェギュ監督、
109分、 2012年1月13日公開
2011,ベルギー,ギャガ
(原題:The devil’s double )






<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


影武者だったラティフ・ヤヒアの自伝の映画化。


「イラクのサダム・フセインを知らない人はいないが、
その息子ウダイを覚えている人は少ないだろう、
映画の中盤、彼が直接オリンピック出場選手を
拷問しているシーンで
そういえばそんな報道があったなと
改めて歪んだ人格のその人の映画に見入った」



この映画はフセイン元大統領の息子の話ではなく
中心は彼の影武者となった男、
顔が似ているというだけで
「影武者になることを承知しないと家族を殺すぞ」と脅され
ウダイの声やしぐさを真似ることを強要されつつ
サダムの息子の側で
権力者の息子の持つ強大な権力を
冷めたまなざしで見つめる。



悪戯っ子がそのまま大人になったようなウダイ、
フセイン以外は彼を叱る者もいないわけで
迷惑な話だ。


油田と砂漠くらいしか頭に浮かばないが
映画で見ることが出来る街の様子は
都会そのもので
そこを歩く人達は普通に見える
そんな毎日の土台がとても脆く
こんな不安定な政治と
横暴な権力者に掌握されている事実
そんなことを見ていると
やはり政治って大切なんだと実感する。



自分達の毎日を
目に見えるものや見えないものを
政治が作っていると普段は実感しないから
こんなに無関心なんだろうな。


幸せな結婚式の最中の花嫁を奪い
街を歩く学生を車で連れ去る
父親の友人であろうと気に食わなければ殺害し
ウダイは悪行の限りを尽くすが
彼の存在自体が独裁国家を象徴しているみたいだ。

フセインの息子の存在は
特に気にもならないし
ストーリー自体も目新しさは無い、
こんなことをあるだろうなという
想定の範囲内だけれど
この映画の見どころはウダイと影武者の
一人二役を演じるドミニク・クーパーに尽きる、
きっちり二人の人間がそこにいるのだ。



そしてウダイを真似しつつも
自分を失わない影武者のラティフ・ヤヒアが
ある瞬間、狂気と正気が重なり合う瞬間
人間の狂気を見せつける
怖いと思った、

もしかしたらウダイであったかもしれないのか・・・・、
人間は恐ろしい
けれどしっかりともうひとりのラティフがいて
大丈夫だと言ってくれていた

そんな映画を見終えて映画館を出る
ショッピングセンターの映画館だから
買い物客にまぎれて、また平穏な日常へ。


★100点満点で70点



★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

ドミニク・クーパー出演作品
フロム・ヘル From Hell (2001)
アガサ・クリスティー・コレクション 忘られぬ死 Sparkling Cyanide (2003) テレビ映画
プルートで朝食を Breakfast on Pluto (2005)
ヒストリーボーイズ The History Boys (2006)
ジェーン・オースティンの「分別と多感」 Sense and Sensibility (2008) テレビ映画
マンマ・ミーア! Mamma Mia! (2008)
ある公爵夫人の生涯 The Duchess (2008)
17歳の肖像 An Education (2009)
デビルズ・ダブル -ある影武者の物語- The Devil's Double (2011)
キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー Captain America: The First Avenger (2011)
マリリン 7日間の恋 My Week with Marilyn (2011)

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
  • URL:https://yaplog.jp/sora2001/archive/1907
トラックバック
トラックバックURL:
12-5.デビルズ・ダブルズ■原題:The Devil's Double■製作年・国:2011年、ベルギー■上映時間:109分■字幕:林完治■観賞日:1月14日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木)□監督:リー・タマホリ□脚本:マイケル・トーマス□原作:ラティフ・ヤヒア□撮影:サ...
kintyre's Diary 新館  2012年03月11日(日) 21時45分
ある日突然、ある豪邸に連れて来られた青年ラティフ。そこで彼は、サダム・フセインの長男にして狂気のプリンスと恐れられるウダイの影武者になる事を命じられる。
rambling rose  2012年02月21日(火) 9時56分
’11年、ベルギー 原題:the Devil’s Double 監督: リー・タマホリ 原作: ラティフ・ヤヒア 脚本: マイケル・トーマス 撮影: サム・マッカーディ キャスト: ドミニク・クーパー、リュディビーヌ・サニエ   「これ面白そうだよね?」とRoseさんに言われ、「でも、リー・タマホリですよ」と答えた約2週間後に、ノラネコさんに「これ面白そうですよね!」と言ってみたら「でも、リー・タマホリですよ」と返答されてしまった。 ラストの展開を見て、てっきりアメリカが作った...
レザボアCATs  2012年02月09日(木) 21時28分
デビルス・ダブル〜ある影武者の物語〜
★★★★☆(★4つ)



狂気のプリンス フセインの息子の影武者が語る衝撃の真実

今年、楽しみにしていた作品です

話はもっと狂気のプリンスを想像してましたが、ま〜想像の範疇でした。
やっていることは確かにひどいですが、プリンスだしね。

ドミニカ・クーパーの2役はなかなか楽しめましたよ♪
イケメンだし(笑)

原作のほうが面白そうですね。...
食はすべての源なり。  2012年02月05日(日) 13時29分
JUGEMテーマ:映画一応、一人二役で、ドミニク・クーパーが演じていますが、完全に、別人な演技をしていました。 これを観るだけで、一見の価値有りかと。アカデミー賞主演男優賞物の演技でした。サ
ダム・フセインの息子、ウダイ・フセインを演じるのと、彼の影武者役に選ばれてしまった不幸な人、ラティフ・ヤヒアを演じるのですが、狂気なウダイの目
と、理性的なラティフの目が明らかに違うのが、演技していても大変だろうなぁと、しかし、見事に使い分けている、ドミニク・クーパーの役者根性を見る事が
出来ます。勿論映画ですから、フィクションも多分に加味されているでしょうけど、それでも、イラク戦争に関しては映画「グリーン・ゾーン」
で語られている通り、強引なアメリカの辻褄合わせが理由でしたが、イラクと言う、サダム・フセインが支配する世界でも北朝鮮などの不幸な国に数えられてい
た国を解放したのは、それでも、たとえ、大量破壊兵器が見つからなくても、意義があったと実感させられます。ま、実際の
ラティフはアイルランドで現在は亡命生活を過ごしているとの事、CIAに協力してくれと頼まれているらしいですが断っているので、未だ...
空虚な空模様  2012年02月03日(金) 8時04分
サダム・フセインの息子、ウダイ・サダム・フセインとその影武者とされたラティフとい
はらやんの映画徒然草  2012年02月02日(木) 23時32分
1987年、イラク。 イラク軍中尉で、戦争後はバグダッド有数の実業家である父の跡を継ぐ予定でいた青年ラティフ・ヤヒアは、前線から呼び戻される。 高校の同級生だったイラク共和国大統領フセインの長男ウダイから、彼の影武者になることを強制されたラティフは顔の一部を整形。 暴力とセックスに明け暮れるウダイの側で毎日を過ごすことになったのだが…。 実話から生まれた影武者の真実。 R-18。
象のロケット  2012年02月01日(水) 16時33分
★ネタバレ注意★


 元イラク大統領、サダム・フセインの長男ウダイ・フセインの影武者になった男の物語ですが、監督はニュージーランド人のリー・タマホリ、主人公ウダイとその影武者ラティフを一人二役で演じたのがイギリス人のドミニク・クーパー、ヒロインであるウダイの愛人サラブ役はフランス人のリュディヴィーヌ・サニエ、製作はベルギー、という映画です。ややこしいね。

 ごく普通のイラク人青年ラティフ・ヤヒアが、高校の同級生であるウダイ・フセインにたまたま容貌が似ていたがために目をつけられ、1987年から91年までの4年間、その影武者として生活を共にすることになった顛末を描いた、ヤヒア本...
キノ2  2012年01月30日(月) 20時46分
狂気に満ちたドミニク・クーパー


【Story】
家族思いの青年ラティフ(ドミニク・クーパー)は、ある日サダム・フセイン大統領の息子ウダイ(ドミニク・クーパー)に呼び出され、影武者になるよう命じ...
Memoirs_of_dai  2012年01月30日(月) 0時17分
'12.01.06 『デビルズ・ダブル』(試写会)@東商ホール

2012年最初の試写会はこちら!映画ブロガーのrose_chocolatさん、とらねこさん、ノラネコさん、まっつあんこさんが集う試写会にお誘いいただいた。これは気になってた! もちろん鑑賞後の新年会もお目当て♪



*ネタバレありです!

「サダム・フセインの息子、ウダイ・フセインに似ていたことから、彼の影武者になることを強要されるラティフ。家族の命を引き換えにされ、懸命にウダイになり切ろうとする。しかし、ウダイのあまりの傍若無人ぶりに・・・」という話で、これは実話。実話というのはビックリ! ラティフ氏の手記は読んでいないので、実際はウダイの悪行を暴くことを重視しているのか、ラティフ氏の苦悩に重きを置いているのか不明だけど、この映画はエンタメ作品。せっかくの素材なのに、全体的に掘り下げが足りない気もするけれど、エンタメ作品なのだから、そういう風に見るべき。そういう意味では面白かった。

実際のボディ・ダブルだったラティフ・ヤヒア氏の手記を元に映画化された。あまり話題にならなかったように思うけど、ラティフ・ヤヒア氏は昨年12月20日に来日記者会見を開いてい...
・*・ etoile ・*・  2012年01月28日(土) 5時02分
イラクの独裁者サダム・フセイン。あの独裁者をも呆れさせる息子ウダイの影武者をだった男、ラティフ・ヤヒアの自伝を映画化。ラティフとウダイの一人二役を見事に演じ分けるのは『マンマ・ミーア!』のドミニク・クーパー。共演に『引き裂かれた女』のフランス人女優リュディヴィーヌ・サニエが出演している。監督は『007/ダイ・アナザー・デイ』のリー・タマホリが務める。
LOVE Cinemas 調布  2012年01月27日(金) 8時37分
『デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-』 を試写会で鑑賞です。

観る前からワクワクしてました
かなり楽しみな映画です。

【ストーリー】
 家族思いの青年ラティフ(ドミニク・クーパー)は、ある日サダム・フセイン大統領の息子ウダイ(ドミニク・クーパー)に呼び出され、影武者になるよう命じられる。同級生だった高校時代から2人は似ていると評判で、一度は断るラティフだったが、家族の命と引き換えに強制的に影武者を引き受けることに。理不尽な運命に必死で耐えるラティフは、いつしかウダイの情婦サラブ(リュディヴィーヌ・サニエ)と心を通わせていく。


この映画はR18ですので、どれだけ凄いのだろうかという楽しみありました。
でも、コンナンでR18になってしまうんですね・・・という拍子抜けでした。
サダム・フセインには影武者が18人?(劇中で言ってたけど忘れましたw)いるのに、
息子には1人・・・この違いは
ウダイ・フセインも軍では中枢部の人間なんでしょう。
笑も少し織り交ぜつつ、弟には影武者が戦争に言っているのがバレバレでした。
理由がラリッテないからとは

色々な方がドミニク・クーパーの演技を絶賛していま...
2012年01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf