映画「ヒミズ」住田ガンバレ!住田ガンバレ!住田ガンバレ!

2012年01月19日(木) 7時26分
「ヒミズ」★★★★
染谷将太、二階堂ふみ、窪塚洋介、
吹越満、でんでん、黒沢あすか出演

園子温監督、
129分、 2012年1月14日公開
日本,ギャガ
(原題:古谷実「ヒミズ」 )







<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


「昨年公開された2作品
『冷たい熱帯魚』『恋の罪』がどちらも
興味深い作品だったので今回も劇場へ、
今までと同様に「洗練」からは遠いが
その分感じるヒリヒリするような
画面から伝わる緊張感は良かったな」



セリフが恥ずかしく
居心地が悪くなる、

特に茶沢景子(二階堂ふみ)は頑張り過ぎで
こっちが疲れてしまう、
対照的に住田祐一(染谷将太)は脱力系で
その対比に慣れるまでは
主人公二人の振り幅が大きすぎて
これで大丈夫なのか?と感じながら見た。



「皆さんは一人ひとり特別です、
夢を持ちましょう」という教師に
「普通サイコー!」と拳を突き上げる住田祐一だけど
自分がどう思おうと周囲が
彼を普通に暮らすことを許さない。



映画の冒頭に大震災のがれきの映像が
何の解説もなく流れる

そしてその映像は映画の途中でも使われる
今の日本人にはこの映像に開設は不要だ
そして自分達は色んなことを考えるのだ。



だからこそ「普通に生きたい」という
あまりにささやかな願いが
実はどれだけ大切なことか
今、自分達は身を持って感じている。


普通の暮らしが何かによって壊されていく、
なんとか抵抗しようとしても
それを守ろうとするには
個人の力はあまりに無力だ。


かなり暴力的なシーンが多く
その表現する意味には
首をかしげる部分もあるが
ラストのささやかな「希望」が
全てを昇華させてくれる



タイトルの「ヒミズ」はモグラ科の哺乳類を指している。


★100点満点で80点



★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←



soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

園子温監督作品
『俺は園子温だ!』(1985年)ぴあフィルムフェスティバル入選
『男の花道』(1987年)ぴあフィルムフェスティバルグランプリ受賞
『自転車吐息』(1990年)ぴあフィルムフェスティバルスカラシップ作品、ベルリン映画祭正式招待作品
『部屋 THE ROOM』(1994年)サンダンス映画祭審査員特別賞受賞
『BAD FILM』(1995年)
『桂子ですけど』(1997年)
『男痕 -THE MAN-』(1998年)
『0cm4』(1999年)
『うつしみ』(1999年)
『性戯の達人 女体壺さぐり』(2000年)
『自殺サークル』(2001年)新宿武蔵野館における過去最高の観客動員数を記録
『ノーパンツ・ガールズ 大人になったら』(2004年)
『夢の中へ』(2005年)
『Strange Circus 奇妙なサーカス』(2005年)、第56回ベルリン国際映画祭フォーラム部門にて観客の人気投票によって選ばれる「ベルリン新聞・読者審査賞」 (The "Berliner Zeitung" Reader's Jury Award) を受賞
『紀子の食卓』(2006年)第40回カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭 特別表彰&国際シネマクラブ連盟ドンキホーテ賞
『気球クラブ、その後』(2006年)
『ハザード』(2006年)
『エクステ』(2007年)
『愛のむきだし』(2008年) ベルリン国際映画祭で、「国際批評家連盟賞」「カリガリ賞」を受賞
『ちゃんと伝える』(2009年)
『冷たい熱帯魚』(2011年)
『恋の罪』(2011年)
『ヒミズ』(2012年)
★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
  • URL:https://yaplog.jp/sora2001/archive/1904
トラックバック
トラックバックURL:


古谷実さんの同名コミックを実写映画化。原作は未読ですがかなり暗い内容らしい。当然かなり暗い映画だとは知っていましたが、評判良さそうなので借りてみました、園子温監督ですしね。
しかし私には微妙に合わなかった。ぐっとくるところもあったが手放しで受容できない所もあった。それがラストシーンの希望ともとれる「住田、頑張れ!」のエールである。精神衛生的に落ち込んでいる人には「頑張れ」というのは相手を追い込むだけでよくないと言われています。本当にあれが希望なのかどうか、私にはわかりませんでした。ああ何度もいわれるとイラッとしてしまった、観た時の私の気分が良くなかっただけかな。
最初の15分で合わないなと感じたのは、やけに震災を前面にもってきているから。年上の大人が中学生相手に住田さんとかなんだかとってつけたような台詞回しや演出にげんなりしちゃった。
とはいえ面白かったし良くできてると思う。圧倒されたし、何かヒリヒリするようなものにあてられたような、口の中がじゃりじゃりしてものを上手く言えないようなもどかしい感じが前面に出ていました。
しかし失礼だけどあんな所でボートに乗りたいと思うかどうか。...
いやいやえん  2012年07月20日(金) 9時41分
11年/日本/129分/青春ドラマ/PG12/劇場公開(2012/01/14)
?監督?
園子温
過去監督作:『恋の罪』
?アクション監督?
坂口拓
?原作?
古谷実
?脚本?
園子温

?出演?
*染谷将太…住田祐一
過去出演作:『フレフレ少女』
*二階堂ふみ…茶沢景子
*渡辺哲…夜野正造
...
銀幕大帝α  2012年07月04日(水) 2時55分



 かなり暗いとは知ってはいたが…。と言うわけで、ヒミズを見てきました。
よしなしごと  2012年04月15日(日) 12時11分
★★★★“絶望に追い込まれながらも生きようとするパワーそして映画のパワーにやられました”映画は、震災で被災しがれきだらけとなった街で住田が洗濯機の中から見つけたピストルを使って自殺する夢の場面から始まります。ゴミ処理場なのかなと思ったら実際に被災した場所ということでした。この場面は住田の心の状態や、物語が進む中でいかに絶望的な状況であるかを分からせるための伏線にもなっているように感じます。 住田は大きな幸せもなければその分大きな不幸もないという、いたって“普通”であることに憧れます。しかし、母親の失...
映画とライトノベルな日常自販機  2012年03月13日(火) 9時01分
親に愛されずに育った孤独な少年・住田。彼の夢は普通の平凡な大人になる事だった。ある日、母親が愛人に走り家出したかと思うと、今度は借金を抱えて蒸発していた父親が戻って来てしまう。
rambling rose  2012年03月04日(日) 16時12分
『ヒミズ』





(C) 2011「ヒミズ」フィルムパートナーズ

園子温監督には、『愛のむきだし』、『冷たい熱帯魚』、『恋の罪』と、作品が発表される度に驚かされてきた。
もちろん、これらは全て映画館で観てきた。
映画とは、お金を払ってチケットを購入し、映画館へ
ketchup 36oz. on the table 〜新作映画レビュー  2012年02月19日(日) 11時32分
12/26 ヒミズ試写 一ツ橋ホール

古谷実による漫画で商業誌連載第四弾目の作品である。
今までのギャグマンガ路線から一線を画した作品で、人間のより暗い部分を見せる作品に仕上がっている。
全4巻。
2...
単館系  2012年02月12日(日) 2時42分
 『ヒミズ』を吉祥寺バウスシアターで見ました。

(1)本作は、昨年、『冷たい熱帯魚』と『恋の罪』で鮮烈な印象を残した園子温監督の作品ですから、やはり大いなる期待を持って映画館に出向きました。
 園監督は、このところ随分と短いインターバルで衝撃作を次々に公開...
映画的・絵画的・音楽的  2012年02月08日(水) 4時39分

【=4 -0-】 特に注目していなかったけど友人からのお奨めだったし、主人公の2人がヴェネチア国際映画祭では最優秀新人俳優賞にあたるマルチェロ・マストロヤンニ賞のW受賞したというのも話題だったので、観ようかなと思いだした。
今日、東京に中途半端な時間に到着して...
労組書記長社労士のブログ  2012年02月03日(金) 10時55分
■ ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞ヒミズ
2011年/日本/129分
監督: 園子温
出演: 染谷将太/二階堂ふみ/渡辺哲/諏訪太朗/川屋せっちん
公開: 2012年01月14日
公式サイト
母親と2人で貸...
映画三昧、活字中毒  2012年02月02日(木) 0時19分
Himizu(film review) 才能あふれてるけど作品に出来不出来の落差
Days of Books, Films   2012年02月01日(水) 22時17分

<<ストーリー>>
どこにでもいる中学3年生の祐一(染谷将太)の夢は、
成長してごく当たり前のまっとうな大人になること。
一方、同い年の景子(二階堂ふみ)の夢は、自分が愛する人と支え合いながら
...
ゴリラも寄り道  2012年02月01日(水) 8時00分
20日のことですが、映画「ヒミズ」を鑑賞しました。

普通に生きることが夢の中学3年生の祐一
彼のことが好きな同じクラスの景子

この2人に起きる事件・・・

うーん 強烈!
パンチの効いた作品といいますか

ストーリー展開はどこにいくか わからなく
最後まで見れまし...
笑う学生の生活  2012年01月30日(月) 12時12分

「生きろ」と、君が言った。
製作年度 2011年
上映時間 129分 映倫 PG12
原作 古谷実
脚本/監督 園子温
音楽 原田智英
出演 染谷将太/二階堂ふみ/渡辺哲/光石研/吹越満/渡辺真起子/神楽坂恵/でんでん/村上淳/窪塚洋介

15歳の孤独な少年、住田祐一の夢は、誰にも迷惑...
to Heart  2012年01月29日(日) 16時38分
劇場にて鑑賞

こちらには来ないとあきらめていた映画だったが、ネットで観ると

近くの劇場でやっていた。

ずっと観たかった映画である。



解説
『恋の罪』などの鬼才園子温が監督を務め、古谷実原作の人気漫画を
映画化した衝撃作。
ごく平凡な15歳の少年と少女
A Day In The Life  2012年01月28日(土) 2時12分
ヒミズ


監督: 園子温

  
出演: 染谷将太、二階堂ふみ、渡辺哲、吹越満、神楽坂恵、光石研、渡辺真起子、黒沢あすか、でんでん、村上淳、窪塚洋介、吉高由里子、西島隆弘、鈴木杏
公開: 2012年...
映画@見取り八段  2012年01月28日(土) 2時01分

 15歳、中学三年生の住田(染谷将太)は、震災で家を失った大人たちが集う、
湖の畔の貸しボート屋で暮らしていた。住田のクラスメイト・茶沢(二階堂ふみ)
は、「普通最高!」と叫ぶ住田を神格化し、憧...
真紅のthinkingdays  2012年01月23日(月) 10時33分
「行け!稲中卓球部」の古谷実が、若者の心の暗部を浮き彫りにしたコミック「ヒミズ」を、「冷たい熱帯魚」「恋の罪」の鬼才・園子温監督が実写映画化。ごく普通に生きることを願 ...
気ままな映画生活  2012年01月23日(月) 0時07分
ヒミズ
★★★☆☆(★3つ)



「生きろ」と、君が言った。

主演の二人染谷将太、二階堂ふみが
第68回ヴェネチア映画祭マルチェロ・マストロヤンニ賞(新人賞)

「普通万歳」をモットーに生きる住田祐一は、衝動的に父親を殺してしまったことから、
残りの人生を「オマケ人生」と名付け、悪党を殺そうと決めた。

住田も同級生、茶沢景子も親から「お前なんかいらない。死んでほしい」と言われ続けた15歳。
絶望の果てに彼らがみつけたものとは・・・?


すっごい、すっごい楽しみにしていた作品!!!

ですが、被災地の映像いらなくないっすか????
絶望も希望の映像も被災地映像って、何の相乗効果ですか?
ヴェネチア映画祭の上映後はスタンディングオベーション。「がんばれ住田」は「がんばれ日本」を投影させているのかと。話に関係ないだけに、使われていることが気分悪かったです。。。
海外評価は被災地(=日本)に向けたものか??
もう今年は日本=震災=がんばる姿に感動、になるんだな、と。


そこを除けば・・・
主演二人の演技はよかったと思います。
ちなみに、染谷君(住田)は普通だけど、茶沢(二階堂ふみ)が普通ではない!!
まあ・・・...
食はすべての源なり。  2012年01月22日(日) 20時04分
久しぶりの映画鑑賞.作品は「ヒミズ」.
冒頭からいきなりの津波被災地の映像に圧倒される.まだこれだけ生々しい時期に,劇映画のロケとしてよく使ったものだと思う.テレビでは何度も見たような風景だが,...
ペガサス・ミラー  2012年01月22日(日) 14時41分
試写会で見ました。【予告orパンフの印象】暗い感じ。中学生の思春期で思うようにな
うろうろ日記  2012年01月21日(土) 13時40分
牛乳の中にいるハエ

その白と黒はよくわかる



こんな感じの詩だったかな?

公開初日に映画『ヒミズ』を観てきました。



ヒミズとは"もぐら"のことです。



震災後の風景から始まるこの映画は
震災によって見方がかわったと思います。


やはり、震災は心が痛みます。



でも、話の軸は中学生の主人公"住田"なんです。


震災があってもなくても
こういう環境の子っているんだな…と思いました。

複雑です。


暴力的なことも。


自分もこんな環境だったらこうなるのだろうかと…。


"普通"が好きな住田は"ある事件"からそれを諦めます。



そのとき、

私は

"普通ってなんだろう?"と思いました。

自分にとってのそれは人によっては違ったり、また、その逆もあったりで…



なにげに使う"普通"って意外と難しいものかもしれません。





住田がんばれ
ε=ε=ε=(ノ`ω´)ノ







キャストは園子温監督ファミリーが全員出てたんじゃないでしょうか?(笑)

『ロボジー』の吉高由里子チャンも出てましたよ。

神楽坂恵ネーサンもちゃんとね♪
(つω`)テヘッ


主役のふたりは
さすが
マルチェロ・マストロヤンニ賞
最優秀新人俳優賞を取っただけの熱演で...
ル・ポネ101  2012年01月21日(土) 0時36分

<ヒミズ を観て来ました>

製作:2011年日本



今年最後の試写会になります。
ヤプログさんのご招待で観て来ました〜
「冷たい熱帯魚」から、園子温監督に惹かれてしまい、この作品も非常に楽しみにしていました。
原作があったんですね。知りませんでした。
しかも、その原作って「行け!稲中卓球部」の古谷実氏だったとは!!!えーっ、稲中ってものすごい酷い(褒めてる)ギャグ漫画じゃないのーっ!園子温監督と、どう結びつくんだろう…



住田祐一(染谷将太)と茶川景子(二階堂ふみ)は共に15歳の中学生。
ごく普通に暮らす事を夢見ている、ごく普通の子供のはずだった…。しかしある事件が起こり、2人の人生は一変する。
どんどん変わって行く住田。茶川は彼を救い、引き戻すことが出来るのか




↑あらすじの最後の部分が、なんかアドベンチャー映画の紹介見たくなっちゃったけど、全然違うよw

”普通”を望む住田だけど、どこか”普通じゃない”雰囲気を感じ、(自分とどこか似ていると感じたのか)茶川は住田に付きまとう。それがウザく思っている住田。2人のやりとりはかみ合っていそうで、かみ合っていなくて、すれ違っているんだけど、と...
★紅茶屋ロンド★  2012年01月20日(金) 23時46分

中学3年生の住田祐一(染谷将太)は、同級生の茶沢景子(二階堂ふみ)に好意を抱かれ、何かと積極的にアプローチされる。
貸ボート屋を営む敷地内には、震災で家を失くした人たちが暮していたが、ある日、...
心のままに映画の風景  2012年01月20日(金) 13時43分
これが、ポスト3.11のリアル。

「ヒミズ」は、昨年「冷たい熱帯魚」「恋の罪」という、人間のダークサイドを描いたパワフルな2作品で気を吐いた、園子温監督による最新作。
原作は古谷実の同名漫画で、今...
ノラネコの呑んで観るシネマ  2012年01月19日(木) 22時04分
『ヒミズ』 を試写会で観てきました。

これは、とーーーっても観たかった映画でした。
園監督だし期待していましてけど、ダメじゃん
若い、染谷将太、二階堂ふみが好演なんですけど、
監督の失敗作に近い出来でした

【ストーリー】
 どこにでもいる中学3年生の祐一(染谷将太)の夢は、成長してごく当たり前のまっとうな大人になること。一方、同い年の景子(二階堂ふみ)の夢は、自分が愛する人と支え合いながら人生を歩んでいくことだった。しかしある日、2人の人生を狂わせる大事件が起き……。


原作があるのでどこまで変えていいのか、そして、撮影時の震災と重なり
脚本を書き変えたとのことであったが、震災の映像や最後の応援はいるのか?
元々はあの前で終わってたんじゃないか・・・(原作未読で分かっていません)
ネグレストは深いテーマですので、オリジナルで勝負しても良かった
のではないかと思った。

かなりの期待感を持っていただけにガッカリ感が大きい。

これでは今年の映画収めには厳しいのでもう1本どうにかしようとおもう(笑)


 ↓良かったら押してください





...
『愛のむきだし』、『冷たい熱帯魚』、『恋の罪』と問題作を世に送り出している鬼才・園子温監督が古谷実原作の人気漫画を映画化。初の原作ものを送り出してきた。主演は『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』の染谷将太と『指輪をはめたい』の二階堂ふみ。2人はベネチア国際映画祭で最優秀新人賞の同時受賞という快挙を成し遂げた。共演にはでんでん、渡辺哲、窪塚洋介らが出演している。
LOVE Cinemas 調布  2012年01月19日(木) 8時43分
2012年01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf