映画「私だけのハッピー・エンディング」それぞれのハッピーエンディング

2011年12月20日(火) 7時34分
「私だけのハッピー・エンディング」★★★☆
ケイト・ハドソン、ガエル・ガルシア・ベルナル、
キャシー・ベイツ、ウーピー・ゴールドバーグ出演

ニコール・カッセル監督、
107分、 2011年12月17日公開
2011,アメリカ,ファントム・フィルム
(原題:A LITTLE BIT OF HEAVEN )







<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


「タイトルと出演者を見て
軽めのラブ&コメかなと勝手に思って鑑賞、
主人公が死んでしまう映画とすぐに分かって
なんだか複雑な気分になったが
ことさら泣かせようとする映画じゃなく
笑いも多く
それでも徐々に『死んでしまう』ということを
考えずにはいられなかった、
人はどうやってその時を受け入れるのだろう」



30歳のキャリアウーマンのマーリー(ケイト・ハドソン)は
突然末期ガンの宣告を受ける

ズバリ末期と宣告する医師に
そんな直接的じゃなく
もっとダメージの少ない言い方を次の人にはしてあげて。


そんなふうに自分の気持ちをすり替えるも
彼女の目を通して
今までと同じものが同じように見えない事が伝わる、

周囲の友人も同様で
突然の彼女の言葉にどう付き合うのか
戸惑いながらも言葉をかけるが
マーリーはいら立ち
少し距離を置いてしまうことになる。


彼女を支えるのは主治医でありながら
彼女と恋に落ちるジュリアン(ガエル・ガルシア・ベルナル)、
彼の優しい気持ちは十分伝わったが
彼が病気の進行時に何を考えたか
そして彼女の死のあとをどう考えているか
そのあたりは全く描かれず

タイトルの通り全ては
主人公の目を通して描かれていることに
もどかしい気持ちになった。


人はいつか死んでしまう
だからどうやってその日を迎えるか
それはひとりひとり違うだろう
その時、自分だったらどうするだろう
そんなことを考えても仕方ない
ただ毎日を自分らしく過ごすことだけしか
思いつかない。



穏やかなラスト
そして故人を偲ぶ華やかなパーティー
残されたものは
別に誰に何かを示すでもなく
ひっそりとその気持ちと自分なりに向き合うだけだ


こんな内容の映画を見るはずじゃなかったが
不思議と爽やかな気分で映画館を出た、

街は何も変わらない
人の気持ちもそんな中で
ゆっくりとゆっくりと形を変えて
そんな哀しみもまた自分自身を形作る
大切なものになっていくのだろう。



★100点満点で75点



★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

ケイト・ハドソン作品
1998年 ウェルカム・バクスター (Desert Blue)
1999年 200本のたばこ (200 Cigarettes)
2000年 アバウト・アダム アダムにも秘密がある (About Adam)
2000年 ゴシップ (Gossip)
2000年 Dr.Tと女たち (Dr. T and the Women)
2000年 あの頃ペニー・レインと (Almost Famous)
2002年 サハラに舞う羽根 (The Four Feathers)
2003年 10日間で男を上手にフル方法 (How to Lose a Guy in 10 Days)
2003年 ル・ディヴォース/パリに恋して (Le Divorce)
2003年 あなたにも書ける恋愛小説 (Alex & Emma)
2004年 プリティ・ヘレン (Raising Helen)
2005年 スケルトン・キー (The Skeleton Key)
2006年 トラブル・マリッジ カレと私とデュプリーの場合 (You, Me and Dupree)
2008年 フールズ・ゴールド/カリブ海に沈んだ恋の宝石 (Fool's Gold)
2009年 NINE(Nine)
2010年  キラー・インサイド・ミー(The Killer Inside Me)
★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
  • URL:https://yaplog.jp/sora2001/archive/1890
トラックバック
トラックバックURL:


「ハッピーウェディング」と誤解。癌ものかぁ…。
まあ、ありえないわな、と患者と医者のラブストーリーを冷静に判断しちゃいました。医者側は彼女がどんなに魅力的であろうと、癌であり余命わずかということを知っているのだし、癌の患者の対応には慣れているのではとさえ思う。
その医者にガエル・ガルシア・ベルナルさん、主人公のマーリーをケイト・ハドソンさん。
自分が突然、あと余命どれだけだって言われたら、まずはショックを受けるのは勿論のこと、自分のことだけで精一杯で周りが見えず、煩わしくなるかも。そして残された時間で何がしたいのだろうかと考えますよね。彼女にとっても同じこと。彼女の場合は真実の愛さえあったのだから、生かしてあげたかったなぁと切に思います。
既視感があったのは、友達たちに癌だと(病気だと)打ち明けるところ。この構図どこかで見たなと考えたら、数年前に同じ事を私が友達にしていたのでした。彼女のように溌剌とはしていませんでしたが。
自分の葬式の準備をはじめちゃうのも、最近の映画でよく見る光景。マーリーは自分のことでいっぱいで酷い態度をとっていたのを改め、自分がいなくなってしまっても周囲...
いやいやえん  2012年06月28日(木) 10時26分
11-87.私だけのハッピー・エンディング■原題:A Little Bit Of Heaven■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:107分■字幕:伊原奈津子■料金:1,800円■鑑賞日:12月17日、新宿ピカデリー(新宿)□監督:ニコール・カッセル□脚本:グレン・ウェルズ□撮影...
kintyre's Diary 新館  2012年02月05日(日) 18時59分
 『私だけのハッピー・エンディング』を吉祥寺バウスシアターで見ました。

(1)これは、前に見た『50/50』の女性版といったらいいでしょうか、大層元気溌剌で明るい性格の30歳の女性マーリー(ケイト・ハドソン)が、検診で、大腸ガンを患っていて、それも余命半年であ...
映画的・絵画的・音楽的  2012年01月12日(木) 5時25分
私だけのハッピー・エンディング ★★★★ 30歳のキャリア・ウーマンが がんを通じて見つけた “私らしい人生”=“私らしいハッピー・エンディング” 父と母は離婚し、父とは疎遠、母との関係もうまくいっていない。 そんな両親に反発して、どこか突っ張って、 自分はそうはならないと、誰も本気で好きにならないって、 仕事をがんばって、 友達とただ楽しんで生きていくの、
Healing   2012年01月08日(日) 11時51分








 A LITTLE BIT OF HEAVEN

 シングル生活を謳歌する広告代理店のやり手社員・マーリー(ケイト・ハドソ
ン)は、ある日突然末期ガンを告知される。ボーイフレンドたちとのステディな
関...
真紅のthinkingdays  2011年12月26日(月) 14時35分


 
広告代理店に勤務する30歳のマーリー・コベット(ケイト・ハドソン)は、大好きな仲間たちに囲まれ、仕事も順調、恋も気ままに楽しんでいる。ただし、真剣な恋はお断り。物事が深刻になってもユーモアで交わし、独身生活を満喫するキャリアウーマンだ。ところがある日の検診で、医師ジュリアン・ゴールドスタイン(ガエル・ガルシア・ベルナル)から、突然の“がん”の宣告を受ける。                       gooより
突然“がん”を宣告されたキャリアウーマンと、彼...
Cartouche  2011年12月23日(金) 17時28分
突然“がん”を宣告されたキャリアウーマンと、彼女を不器用ながら温かく見守る主治医の姿を描くラブストーリー。出演は「キラー・インサイド・ミー」のケイト・ハドソン、「ジュ ...
パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ  2011年12月20日(火) 11時17分
ある日突然末期がんを宣告された女性が、残された時間の中で家族・恋人・友人たちとの距離感に戸惑い、苛立ちながらもやがては自らの死を受け入れてゆくラブストーリー。主演は『キラー・インサイド・ミー』のケイト・ハドソン。共演にガエル・ガルシア・ベルナル、ウーピー・ゴールドバーグ、キャシー・ベイツといった演技派が揃う。監督はニコール・カッセル。
LOVE Cinemas 調布  2011年12月20日(火) 8時37分
『私だけのハッピー・エンディング』 を試写会で鑑賞です。

なぜか、ガンがテーマの映画を立て続けに観ています。
この間の『50/50』に分があるかな・・・
脚本が面白かったし。

【ストーリー】
 恋に仕事に順調な日々を過ごす30歳のキャリアウーマン、マーリー(ケイト・ハドソン)は、ある日突然ガンを宣告される。友人や両親の前ではいつも通りの笑顔で明るく振舞っていたが、刻々と進行していく病状に動揺を隠すことができない。死の予感におびえる中、主治医のジュリアン(ガエル・ガルシア・ベルナル)との出会いが彼女の心を癒やしていく。


ガンを突然宣告されたら、気が動転して神経がおかしくなりそうですね。
この映画もやっぱり、心情を乱されてしまいます。
そして、恋に走る・・・
この間の50/50とそっくりだけど、大きく違うのは
男と女
生と死
正反対で描いています。
でも、明るく生きようとする主人公、心が乱され、そして、人にやさしくなる・・・
病気になって入院したり、刑務所に入ったりすると人が変わるといいますよね。
それは、一人になって考えるからです。
どれだけ、人に支えられてきたかを
私の場合は、入院経験も刑務所もあ...
2011年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf