映画「1911」ジャッキー・チェン出演作100作記念作品

2011年11月13日(日) 19時09分
「1911」★★★
ジャッキー・チェン、ウインストン・チャオ、
リー・ビンビン、フー・ゴー、ジェイシー・チェン、
ユィ・シャオチュン、ジョアン・チェン 出演

チャン・リー 監督、
122分、 2011年11月5日公開
2011,中国,東映
(原題:辛亥革命1911 )







<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


ジャッキー・チェンの出演作100本目の記念作品


「今年は辛亥革命から100周年、
そしてジャッキー自身の100作目ということで
彼の祖国への想いや自身のキャリア等々
相当思いこみが入った映画だと感じた、
なんとか高い評価を得たいと思ったのか
史実に忠実という点に重点を置いたため
映画のエンタメの部分では不満が残った、
しかしお隣の中国という大きな国を
改めてその歴史について考えてしまった」



孫文という名は知っているが
ジャッキー演じる黄興という人物は知らなかった、

台湾へ逃げてその後海外を拠点に
活動を続けた孫文(ウィンストン・チャオ )と
国内で実際の蜂起の先導を担った黄興、
特に前半は主要人物の紹介ばかりで
整理なんか全くつかない状態。



もっとどこかに重点をおいて整理して
作品に仕上げた方が分かり易いのになぁと思ったが
いやいやジャッキーの真意はそこじゃなく
この映画では皆を楽しませるというより
過去の事実をジャッキー自らの手で
映像に残したかったのだろうな、そんな
熱意はガンガン感じた作品、
でもそれと面白かったどうかは別。



歴史の事実に忠実に描いていけば
見る側の「面白さ」はやはり二の次になってしまう、
そう思うとこの映画って
やはり難しい立場というか
その熱意と製作のむずかしさが
両方色濃く出たような作品となっていた。


見たことある顔がそこここに出てきて
ジャッキーの顔の広さを示しているみたいで
ラスト近くにちょっとだけ
付け加えたようなジャッキーのアクションの御愛嬌。


大きな大きな中国は
10年20年なんて短いスパンじゃなく
1000年規模の大きな川の流れのように
ゆったりと川幅を大きくし
ときに激しく曲がりくねりながらも
どこか大きな海まで民衆を連れ去る
国を変えたい、
庶民の生活を良くしたい
そんな熱くほとばしる国を思う感情も
ゆっくりと飲み込んで
なにもなかったように流れていくのだ。



これはこれでいいから
次は真の100作記念で
スクリーン狭しと動き回るジャッキーを見たい!



★100点満点で70点




★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

最近ジャッキーの昔の作品がwowowで放送されてて
一応録画するけどなんでだか前ほど
夢中になれない、
アクションのスピードとか
ジャッキー特有の情けないような笑いが
ツボじゃなくなったようだ、
ちょっと寂しい

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
  • URL:https://yaplog.jp/sora2001/archive/1876
トラックバック
トラックバックURL:
» 1911


辛亥革命の話ですが近代史に疎い私にはちょっと難しかったかな。駆け足感は若干あります。ジャッキー・チェン出演100作品目の作品(凄いね!)。
革命の父といわれる孫文、彼の腹心である黄興、二人の革命の姿を描いた作品ですね。ジャッキーがその黄興を演じていました。
ジャッキー・チェンが100作品目に選んだという事で、かなり気合が入っているように思えます。現在の中国は、少なくとも孫文の目指した中国とはちょっと違うものに思える。そう考えると彼の革命の意義や結果には感慨深いものがありますが…中国の方はこの作品を見てどう思ったのだろうか、そちらのほうが気になる作品になっていました。
激しい戦闘に参加する者や自分の財産を全て捧げる者など、自らの命すら懸ける若き革命家たちの姿には感動するものがありましたが、実際に彼らのポケットの中には遺書や手紙が入ってたんだそうですね。記念館に展示されているものもあるそうなので、そういうのを聞くと彼らの姿がリアルに迫ってきますね。
革命軍のただひたすら国の未来のために激しく戦う彼らの姿には、やはり現代にはない逞しい生命力のようなものを感じましたし、正直歴史的単語としてで...
いやいやえん  2012年06月19日(火) 9時34分
仕事がバタバタしててここ最近頭が休んでる日が無い気がします。
でも映画を見ている時は別!ってなわけでルミネ開店で沸く有楽町で
仕事帰りに試写会でジャッキー・チェンの最新作
『1911』を鑑賞してきました。

あらすじ:
20世紀初頭の中国。
清王朝は日清戦争を契
映画批評_気ままにツラツラと・・  2011年12月07日(水) 16時35分
あの大アクション・スター、ジャッキー・チェンの出演第100作目、そしてジャッキーが総監督を務めている映画『1911』。

この映画は今からちょうど100年前、1911年に始まった辛亥革命の模様を、その立役者である孫文と黄興の姿を通して描く歴史大作。

ジャッキーは辛亥革命を
今更ながら…先々週、辛亥革命をテーマにした『1911』を観賞。 さすがジャッキー・チェン。中国建国60周年の時観た『建国大業』よりも、 はるかにエンタテインメントとして楽しめました。 袁世凱に政権を譲らなければ、今の中国は違う形をしていたかも… そんでせっかく作った“国家”が初っ端から混乱してしまって、 だから共産党なんかが出てきて、なんだかわからないうちに 今の、結局王朝時代と変わらないような独裁体制の国家になって、 でもその近くに複数の党にできる可能性を残した島があって、 という、微妙に複雑な中国になってしまったのかと思うと、 孫さん、ちょっと残念!という気分。 ... という後味が残った
» 1911
★ネタバレ注意★


 ジャッキー・チェン生誕100周年記念、じゃなくて、出演100本目映画。100周年なのは辛亥革命。原題もズバリ、「辛亥革命」です。監督は、これが映画監督デビューとなったチャン・リー、ジャッキーは総監督も務めています。

 ジャッキー・チェンだし、『孫文の義士団』の例もあるし、アクションに特化したエンタメ作品に仕立ててあるのかと思いきや、真正面から歴史の一幕を描いた堂々たる歴史大作でした。内戦とは言っても、所が中国、一個の王朝にとどめを刺すおおいくさです。戦闘シーンはかなりの迫力。人民解放軍の協力による人海戦術を得て映像にも厚みがあります。

 なんとい...
キノ2  2011年12月02日(金) 20時37分
 原題に『辛亥革命』とあるとおり、西暦1911年は中国で辛亥革命が勃発した年。この年武昌で蜂起した革命軍はあえなく無惨にも清朝政府に弾圧される。この革命の首謀者は孫文であり、黄興である。この映画は辛亥革命の中で倒れ、血を流した犠牲者たちへの鎮魂歌である。
 この映画は孫文の『三民主義』などの講釈はしない。清朝や諸外国にいかに民衆が苛まれているかも映像には出てこない。清の愚鈍な宮廷政治を暴露して、若々しい孫文たちの台頭を浮き彫りにする。しかし、熟した果実は袁世凱に横取りされる。1925年孫文が亡くなるとき吐いた「いまだ革命ならず」のこの混沌とした政治状況は、彼の死の後さらに25年近く続く。
 私は若い時、なぜあそこで孫文は袁世凱と妥協してしまうのだと歯噛みした。もうひと押しだったのではないか。袁世凱をすぐに押しつぶさなかった孫文を残念がった。革命を徹底しなかったために、あと少しの流血を避けようとしたために、その後なんと大きな災難が中国国民の上に降りかかったことか。(しかし、清朝の後裔たちを年金を払って後々まで大事に保護したことは、共産党政権になってからも引き継がれたようだ。)
 古狸の袁世凱は...
After the Pleistocene  2011年12月02日(金) 8時29分
 ジャッキー・チェンが13年ぶりに監督業に復帰してまでやりたかったことはなんだろう?

 2011年は辛亥革命から100周年を記念する年である。
 この年に、ジャッキー・チェンにとっても記念となる出演映...
映画のブログ  2011年11月29日(火) 20時15分

辛亥革命をジャッキー・チェン成龍が総監督として描く近代史大作。共演は孫文俳優のウィンストン・チャオ趙文宣、リー・ビンビン李冰冰、ジェイシー・チャン房祖名、ユイ・シャオチュン余少群など。

孫文は、黄興(成龍)ら同盟会の仲間とともにマレーシア・ペナン島に...
まてぃの徒然映画+雑記  2011年11月24日(木) 23時41分

【=60 -10-】 前売り券を買っていたのに、先週は唯一の鑑賞のチャンスを強引に飲みに連れて行かれて潰してしまい、今週も観に行ける日がない、と困っていたが、昨日、波乗りから帰ってきた時間が、ちょうどTOHOシネマズ伊丹の上映時間とぴったんこかんかんっ!
初めてイ...
労組書記長社労士のブログ  2011年11月21日(月) 9時29分
 辛亥革命100周年記念にして、ジャッキー・チェン映画出演100本記念作。


 二百年以上に及ぶ君主政権により、腐敗しきった清朝を打破し、欧米列強に対等に渡り合える真の共和国家を樹立すべく戦った、のちに「中国の父」と呼ばれる革命家・孫文をはじめとした勇士達
新・狂人ブログ〜暁は燃えているか!〜  2011年11月19日(土) 18時54分
» 1911
1911年10月10日、辛亥革命。
歴史に残らなかった「命」の物語。
原題 辛亥革命/1911
製作年度 2011年
製作国・地域 中国
上映時間 122分
監督 チャン・リー
出演 ジャッキー・チェン/リー・ビンビン/ウィンストン・チャオ/ジョアン・チェン/フー・ゴー/ジェイシー・チェ...
to Heart  2011年11月17日(木) 21時02分
» 1911
 『1911』を渋谷TOEIで見ました。

(1)この映画は、『桜田門外ノ変』と類似の歴史物だから、きっと同じ感じになるのではないか、と見る前から危惧していたものです。ただ、大層面白かった『孫文の義士団』の流れがあることや(その映画のラストに、孫文が登場します)、...
映画的・絵画的・音楽的  2011年11月17日(木) 5時22分
ジャッキー・チェンの映画出演100作目、かつ辛亥革命100周年を記念して作られた
はらやんの映画徒然草  2011年11月16日(水) 22時26分
清朝末期の中国。
王制を倒し中華民国建国のきっかけとなった辛亥革命からちょうど100年。
ジャッキー・チェン100作品目として選んだにしては、ジャッキー自身が控えめで・・・・
ノルウェー暮らし・イン・原宿  2011年11月16日(水) 9時29分
 最初に言っておくと、ジョン・ベルーシが出演しているとか、スピルバーグの初黒星と
みんなシネマいいのに!  2011年11月15日(火) 0時03分


 
清朝末期の中国。ホノルル留学中に近代思想を学んだ孫文(ウィンストン・チャオ)は、衰退する祖国の現状を憂い、革命を志すが、武装蜂起に失敗して日本に亡命。そこで義に厚く実直な黄興(ジャッキー・チェン)や張振武(ジェイシー・チェン)と出会い、同志の絆を結ぶ。1908年に溥儀が宣統帝として即位すると、1911年に張振武らの指導によって武昌で武装蜂起が発生。やがて各地に飛び火し、全土規模の辛亥革命へと発展してゆく。                              ...
Cartouche  2011年11月14日(月) 22時42分



☆☆☆−− (10段階評価で 6)
11月5日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター6にて 13:35の回を鑑賞。
みはいる・BのB  2011年11月14日(月) 20時10分
1911年の「辛亥革命」前後の激動の中国を描いた映画であり、ジャッキー・チェン映画出演100本目となる映画。中国史として辛亥革命や孫文・袁世凱のところは学校の授業で一度は習っており、少しは知っているつ
たいむのひとりごと  2011年11月14日(月) 16時34分
「1911」
監督
チャン・リー
出演
ジャッキー・チェン(黄興)
リー・ビンビン(徐宗漢)
ウィンストン・チャオ(孫文)
ジョアン・チェン(隆裕皇太后)
ジェイシー・チェン(張振武)
フー・ゴー(林覚民)
ニン・チン(秋瑾)
だめ男のだめブログ  2011年11月14日(月) 11時09分
   歴史に残らなかった「命」の物語。
☆お気楽♪電影生活☆  2011年11月14日(月) 9時54分
» 1911
私利私欲のない孫文の言葉に嘘はなく、若者たちがついていく理由がはっきりと描かれている。革命から100年経過しても大陸中国では理想が現実になっていないと考えるのは、深読みしすぎだろうか。日本との関係を描かないで欧米だけとの関係しか登場しないのは、中国国内への配
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver  2011年11月14日(月) 8時25分
革命とは・・・



詳細レビューはφ(.. )
http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201111050002/





辛亥革命100年と日本

posted with amazlet
at 11.11.02


早稲田出版
売り上げランキング: 343909

Amazon.co.jp で詳細を見る
日々“是”精進! ver.A  2011年11月14日(月) 8時25分
今日は、『1911』 を試写会で鑑賞です。

昼間の仕事がハードだったので行けないと思いましたが
何とか早く終わってくれたので、行けましたが・・・
やっぱり、疲れてましたね。
映画もつまらないし、眠かった
しかし、朝日ホールは久しぶりな気がしたな・・・やっぱり、7月17日が直近でしたので3ヶ月ぶり(笑)

【ストーリー】
 1911年、中国は欧米列強の脅威にさらされ、清王朝は衰退する一方だったが、業(ごう)を煮やした民衆たちが立ち上がる。革命軍を束ねる孫文の参謀・黄興(ジャッキー・チェン)は一気に総督府に攻め込むが、情報が漏れていたため失敗に終わる。この戦いで多くの尊い命が奪われ、敗残兵となった彼らは次第に戦意を失っていき……。


歴史も知らない私が観なきゃ良かったと後悔しています。
また、日本語吹き替えが酷い。
なんだあれ、全然声あって無いじゃん
ジャッキーも記念作と騒がれて、確かに大作っぽいですが・・・
ストーリーも分かり辛いし、登場人物多いし、なにより構成が酷いので
戦争シーンは意味なく割り込んでるような感じで、人間物語は軽く描かれ
そして分かりづらいことこの上なし。
もう1回観る気も起こらないや

 ↓...
辛亥革命100周年、そしてジャッキー・チェンの映画出演100本目となる記念作品。欧米列強に国を蝕まれることを憂えて立ち上がった孫文たち革命の闘士たちを描いた歴史大作だ。ジャッキー自身が総監督と共に孫文の右腕・黄興を演じる。共演にウィンストン・チャオ、ジャン・ウー、リー・ビンビンらが中国映画界のスターが出演。監督は『レッドクリフ』の撮影監督チャン・リーが務める。
LOVE Cinemas 調布  2011年11月13日(日) 23時13分
2011年11月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf