映画「アジョシ」ウォンビンの最高傑作誕生!隣のおじさん

2011年09月28日(水) 0時09分
「アジョシ」★★★★★満点(ちょっと甘い)
ウォンビン、キム・セロン、キム・ヒウォン、
ソン・ヨンチャン、キム・テフン、
タナヨン・グウォングトラクル主演

イ・ジョンボム監督
119分、2011年9月17日公開
2010,韓国,東映
(原作:原題:The Man from Nowhere )







<リンク:人気ブログランキングへ>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

韓国では昨年8月4日に公開され
初登場首位から5週連続の快挙、
最終的に620万人動員し2010年興業成績トップの作品。


「予告は一度も見る機会が無かったが
復帰後最初の怪作『母なる証明』に
意欲的な部分を感じたウォンビンに期待して劇場へ、
社会の底辺でもがく人達
僅かに触れ合った少女を救うため
巻き込まれる形で泥沼にはまっていく主人公に
役者ウォンビンを見た」



髪をボサボサにして
片方の目は完全に隠れてるウォンビンを見て
良い男を隠してるのが分かるが
このあたりの作為的な部分を
差し引いても
この作品はウォンビンの代表作となった.


他人との付き合いを避けて生きて来たのに
近所の孤独な少女のまっすぐな視線が
主人公の魂を揺さぶったのか
悪い方へ悪い方へと転げ落ちていく。



この作品で重要な役を演じるキム・セロンは
「冬の小鳥」←
という作品で今回の難しい役へと
繋がる無垢な心を見せていたが
彼女の真っ直ぐな視線が
何より重要な「孤独の魂」を如実に物語っていた。


子供を使った麻薬密売組織という
驚くべき題材も
この作品の緊張感を増している、
何もかもが全て良い方向へ結実した
そんな映画体験で
心躍る時間を過ごした。



ウォンビンは柔と剛を併せ持って
ラストの冷徹な殺人マシーンとしての
派手な戦いのシーンは
最近見たアクションシーンの中でも秀逸
見せ方に凝った演出で
主役が殺されるわけないのに
手に汗握る時間だった、
悪役の殺し屋ラムの存在も良かった。



やはり役者は代表作が必要だ
ウォンビンはこの作品で
どうやらその代表作を射止めたようだ。
良い作品を選んで欲しいと思った。


最高!


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

★100点満点で95点★




soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

ウォンビン作品
1998
2001
2004
2004
2009
2010 土曜日午後2時 
ガン&トークス 
ブラザーフッド 
マイ・ブラザー
母なる証明 
アジョシ 



★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
  • URL:https://yaplog.jp/sora2001/archive/1855
トラックバック
トラックバックURL:
 広島市内でも、朝方ちらちらと白いものが舞っていました。こんな日は、愛犬とまったりすごすのも良いかもです。では、本日紹介する作品はこちらになります。

【題名】
アジョ
こんな映画観たよ!-あらすじと感想-  2012年11月05日(月) 21時54分
アジョシ
元特殊工作員が犯罪組織に拉致された
隣人の娘を奪回すべく死闘を繰り広げる

【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞)

原題:Ajeossi(おじさん)
cinema-days 映画な日々  2012年09月08日(土) 11時06分
監督:イ・ジョンボム出演:ウォンビン、キム・セロン韓国映画 2010年 ・・・・・・ 7点
映画部族 a tribe called movie  2012年06月03日(日) 2時52分


ウォンビンが激しく格好いい、これには惚れる!
心に闇を抱えた男と、家庭に問題を抱えた少女との交流を軸に、韓国の暗い裏組織との関連性をもバイオレンスに描き出す。
銃撃戦、肉弾戦、ナイフとどれも堪能できて、かつ「生易しさ」というものがない、硬派なバイオレンス・アクションだった。アクションのキレが良かったのですが、どうやらスタントほぼなかったようですよ。
ウォンビンさんは「母なる証明」での印象しかなくて、可愛い顔立ちをした青年という感じでしたが、この作品では、凛々しく精悍でとても格好良かった!肉体美もみれちゃった?(*ノノ) 
テシクは過去に囚われていて本来の自分というものを封印し抜け殻のような生活を送っているのですが、近所の少女ソミからアジョシ(おじさん)と呼ばれ慕われていた。しかし少女の母親が裏組織を裏切ったせいで、母親は臓器を取られた姿で無残に殺され、ソミは誘拐されてしまう。
それまで動かなかったテシクが動くのはこの時。ソミを助けるために単身組織に挑むテシクだけれど、組織は卑劣な手段でテシクを追い詰める。
韓国警察は相変わらず今一歩な扱いをされてますが(それでもかなりマシな方)テシク...
いやいやえん  2012年02月20日(月) 9時17分
昨年度韓国NO.1ヒット作となった 「アジョシ」観ましたよ〜(◎´∀`)ノ 2月
アジョシ '10:韓国◆原題:THE MAN FROM NOWHERE◆監督:イ・ジョンボム「熱血男児」◆出演:ウォンビン、キム・セロン、キム・ヒウォン、ソン・ヨンチャン、キム・テフン◆STORY◆町の片隅で ...
C'est joli?ここちいい毎日を?  2011年12月08日(木) 16時49分
2010年に公開されナンバー1ヒットを記録した作品。主演のウォンビンは韓国のアカデミー賞にあたる大鐘賞で主演男優賞を受賞した。心に深い傷を負った男がとある少女と心を通わせ、その少女がマフィアに浚われると彼女を救うために完全と立ち向かう。少女役は『冬の小鳥』で天才子役と絶賛されたキム・セロン。監督・脚本はイ・ジョンボム。ウォンビンの素晴らしいアクションシーンに目を見張る。
LOVE Cinemas 調布  2011年11月02日(水) 22時20分
作品情報
タイトル:アジョシ
制作:2010年・韓国
監督:イ・ジョンボム
出演:ウォンビン、キム・セロン、キム・ヒウォン、キム・ソンオ、キム・テフン、ソン・ヨンチャン、タナヨン・ウォンタラクン
あらすじ:過去の出来事が原因で心に闇を抱え、街の片隅で質屋を営んで生きる男テシク(ウォンビン)。隣に住む孤独な少女ソミ(キム・セロン)は、テシクをただ一人の友達として慕っていたが、ある日、ソミが麻薬中毒の母親共々犯罪に巻き込まれ、組織に誘拐されてしまう。ソミを救い出すため、立ち上がったテシクは……。
...
★★むらの映画鑑賞メモ★★  2011年10月24日(月) 20時34分
先日韓国へ旅したけど、韓ドラファンではなく好きな歌手、俳優がいる訳でもない。嘘、
徒然なるままに  2011年10月06日(木) 21時47分
ウォンビン主演の韓国映画「アジョシ」を観てきました。 社会の片隅で静かにひっそり
はらやんの映画徒然草  2011年10月01日(土) 7時07分
「アジョシ(아저씨)」とは“おじさん”の意味である。
いかにも訳アリな影のある主人公と、薄幸そうな少女との物語という事で、「レオン」的な作品を想像していたが、全く違っていた。
これ...
ノラネコの呑んで観るシネマ  2011年09月30日(金) 22時26分
昨年、韓国で大ヒットしたウォンビン主演のサスペンスアクションです。 予告編を観た時から、凄そうな映画だな…観たいなと思っていました。 予想以上に凄いアクションと子供たちを取り巻くハードな展開にスクリーンから目が離せませんでした。
とりあえず、コメントです  2011年09月30日(金) 21時52分
2011年9月17日(土) 16:25〜 丸の内TOEIA 料金:1250円(有楽町のチケットフナキで前売り購入) パンフレット:未確認 『アジョシ』公式サイト 「グロリア」みたいに子供と逃避行をしながら守り続けるのかと思っていたのだが、悪の組織に角膜提供要員として攫われた子供を奪還するという話だった。寧ろ「96時間」式。「レオン」は観ていないので知らん。 一方的に弱っちいイメージを抱いていたウォンビンなどだが、特殊部隊出身の設定に恥じない動きを見せる。同じような経歴の筈の先輩の「アイリス」のビョン吉とは大違いだ。ウォン・フェイフォンもトニー・ジャー(トム・ヤン・クン)もジージャー(チョコレート・ファイター)も真っ青の無敵ぶり。 そして、悪役が、近年稀なほどの悪役なので、憎らしくて素晴らしい。 ウォンビンの好敵手でベトナムの軍人という奴が出てくるのだが、こいつとの絡みを強化してくれたら、「男たちの挽歌」級の大傑作になっていただろう。 あれこれ言われている韓国のエンタテイメントだが、こういう物ならいつでも歓迎する。K-POPはいらねぇ。 想像していたより多くの客がいた。150~200人くらい。高齢のマダム多し。高齢マ...
ダイターンクラッシュ!!  2011年09月30日(金) 4時09分
2010年・韓国/配給: 東映TRY△NGLE 原題:???  (英題: The Man from Nowhere)監督:イ・ジョンボム 脚本:イ・ジョンボム 武術監督:パク・ジョンリュル 2010年
日本上映まで待ちきれなかったので、DVD+シナリオをコツコツ翻訳しながら見てしまいました。
ポコアポコヤ 映画倉庫  2011年09月28日(水) 22時12分
ウォンビンが元暗殺専門特殊部隊員で、芸術的といっていいアクションシーンを見せる。物語の内容は非常にハードで、麻薬取引や臓器売買までなんでもありの犯罪組織は冷徹だ。そんな組織にさらわれた少女(キム・セロン)を救うために、とても人間業と思えないウォンビンの殺
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver  2011年09月28日(水) 21時16分




 THE MAN FROM NOWHERE

 ソウルの古いビルで質屋を営むテシク(ウォンビン)は、隣の部屋に住む少女
ソミ(キム・セロン)に「アジョシ(おじさん)」と呼ばれ慕われていた。

 2010年、韓国...
真紅のthinkingdays  2011年09月28日(水) 21時05分



☆☆☆☆− (10段階評価で 8)
9月17日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター6にて 16:30の回を鑑賞。
みはいる・BのB  2011年09月28日(水) 20時17分

孤独な少女ソミ(キム・セロン)は、隣で質屋を営むテシク(ウォンビン)を“アジョシ”と慕い、何かと店に入り浸っていた。
ある日、麻薬中毒の母親とソミが何者かに誘拐されてしまう。
ソミを救い出すた...
心のままに映画の風景  2011年09月28日(水) 12時44分
“おじさん”処刑人の誕生・・・



詳細レビューはφ(.. )
http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201109200003/





アジョシ オリジナル・サウンドトラック

posted with amazlet
at 11.09.13

V.A.
エイベックス・エンタテインメント (2011-09-1
日々“是”精進! ver.A  2011年09月28日(水) 12時29分
公開初日に映画『アジョシ』を観てきました。

年齢層高めでした(笑)











ウォンビンがおじさん!?

「アジョシ」とは日本語で「おじさん」のこと。

そのおじさんこと

チャ・テシクの役をあのウォンビンが!!ってので驚きでしたが、「おじさん」は広い意味でのおじさんなんですねw

少女ソミから見たら男の人はみんな「アジョシ」だもんね。

悪役にも「アジョシ・・・」って言ってました。




この映画は母子家庭の少女ソミの運命がかかっている映画で、

ソミの隣の部屋でひっそりと質屋をやっている「アジョシ」との交流を描いています。

ソミに振りかかる出来事から質屋のアジョシの過去が少しずつ分かっていきます。

麻薬の密売・・・

臓器売買・・・

韓国の世界はこんなに恐ろしいの!?と思わせる映画でした。






ある意味ホラー映画は平和だな〜って思いました。

ホラー映画は笑えるしw・・・・ねっw

だけど、今回の韓国のアクション映画は・・・・・・コワイ><

ホラーよりも私は怖かったです。



あと、今回の映画に出てた悪役のジョンソク(キム・ソンオ)。

もう嫌っ!ってぐらい怖かったし憎らしかった!w

そんだけ演技がうま...
ル・ポネ101  2011年09月28日(水) 11時09分
2011年09月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf