映画「川の底からこんにちは」私ドーセ、中の下ですから

2011年08月31日(水) 19時09分
「川の底からこんにちは」★★★☆WOWOWで鑑賞
満島ひかり、遠藤雅、相原綺羅、
志賀廣太郎、岩松了出演

石井裕也監督
112分、2010年5月1日公開
2009,日本,ユーロスペース
(原作:原題:川の底からこんにちは )








<リンク:人気ブログランキングへ>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


「全身真っ白の姿で何かを歌ってる、
そのポスターやチラシの姿が強烈に印象に残り
気になっていた映画をやっと見た。
主演の満島ひかりも最近気になる女優
彼女の何に惹かれるのか
それも確かめたいと思った」



駆け落ちのように上京して5年、
仕事も恋愛にも行き詰っている日々、
佐和子(満島ひかり)は、
父親が病に倒れたことで田舎に帰り
家業のしじみ工場で後継ぎ見習いとして
働き始める。


そこにはくせ者揃いのオバチャンたちが
やる気のない佐和子を迎え撃つわけで
「男と逃げたくせに、急に帰ってきて
後継ぎですって言われたってねぇ」
佐和子に聞こえるように話す彼女達。


最初はそんな反発にも
「しょうがない」と無気力だったが
東京から一緒に帰って来た男を
同級生に取られたところから
彼女は開き直り
「中の下でもやるしかないじゃん!」と
傍目で見ると空回りのような
やる気を発揮し始める。



何事も悪い事は自分じゃなく
周囲の人間や不況という社会が悪いと
その傷を舐め合うような人間関係
顔を合わせれば誰かの噂話と
「あーあ、何か面白い事ないかな」と。

笑って見てるけど
どこかに自分のやってることを
誰もが見つけるんじゃないかな、
で、思うのは
「ここまでじゃないよな」と。



どーせ中の下、
こうなったらやってやろうじゃんか!
佐和子が気合を入れると
それさえも脱力感に満ちていて
大丈夫かよ!と突っ込みを入れたくなるが

笑っているうちに
なんかこっちも励まされてる気がしてくる
まだまだ頑張りが足りないんじゃないかと。


感違いな方向への努力だって
しないよりはマシ

「ドーセ」なんて言ってないで
しじみ会社の社歌を一緒に歌って
自分らしい自分になるために
やれること、やりたいこと
何でもやってやろうじゃないか
そんな気分にさせてくれる映画だった。



主演の満島ひかりの棒読みのような
セリフと不幸そうな表情、
とても主役を張るような女優さんに見えないが
後半の輝きを見ると
やはりなにか持ってるんだなと感じた。


もうレンタルになってるハズ
期待なんかしないで見ると
結構元気をもらえる映画。


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

★100点満点で70点★




soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

満島ひかりの仕事
少林少女(2008年4月26日公開、監督:本広克行) - 高橋ひかり 役
プライド(2009年1月17日公開、監督:金子修介) - 緑川萌 役
愛のむきだし(2009年1月31日公開、監督:園子温) - ヨーコ 役
ちゃんと伝える(2009年8月22日公開、監督:園子温 )- 女子高生 役
クヒオ大佐(2009年10月10日公開、監督:吉田大八) - 浅岡春 役
食堂かたつむり(2010年2月6日公開、監督:富永まい) - ミドリ 役
カケラ(2010年4月3日公開、監督:安藤モモ子) - 主演・北川はる 役
川の底からこんにちは(2010年5月1日公開、監督:石井裕也)- 主演・佐和子 役
悪人(2010年9月11日公開、監督:李相日)- 石橋佳乃 役
ラビット・ホラー3D(2011年9月17日公開、監督:清水崇)- 主演・今里キリコ 役
一命(2011年10月15日公開、監督:三池崇史)- 美穂 役
スマグラー -おまえの未来を運べ-(2011年10月22日公開、監督:石井克人)- 田沼ちはる 役

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
  • URL:https://yaplog.jp/sora2001/archive/1844
トラックバック
トラックバックURL:
満島ひかりさんがあまり好きではないのですが、
この映画、評判が高いので観てみることにしました。

上京して5年目のOL・木村佐和子は、
目的がないまま、だらだらと毎日を送り、
バツイチで加代子という小さい娘がいる上司・新井健一と付き合っていた。
ある日、佐和子の
映画、言いたい放題!  2011年12月02日(金) 14時39分


満島ひかりさん主演。「愛のむきだし」で強烈なインパクトを残した彼女ですが、ヒューマンコメディも結構いけますね!
父親の変わりにしじみ工場を継ぐことになったOL佐和子。何でも「しょうがない」で世間を渡ってきた彼女の自分卑下は結構みんな思ってることじゃないかな。どうせ私は中の下ですよ、って。でも開き直った彼女がしじみ工場のおばさんたちの前で自分の過去(かけおちとか)を披露していくシーンはさすがに見事。
強烈インパクトの社歌も笑える。政府倒してどうするのさ(笑)ダメ彼氏との結婚だとかも、もうとにかく開き直っちゃって頑張るしかない、みたいなこんな開き直り主人公は初めてです。なんだかここまで潔いと逆に気持ちがいいくらい。
一生懸命生きてる人はそれだけで滑稽にみえる、だとか、ああーわかるなぁと思う台詞を入れながら、どこまでも滑稽に映された主人公の足掻きは素晴らしく格好よくて面白かった。

【概略】
ダラダラと“妥協”した日常を送っていた派遣OLの佐和子は、ある日突然、病に倒れた父親の代わりに実家のしじみ工場を継ぐことに…。

ヒューマン・コメディ








いやいやえん  2011年10月25日(火) 9時37分
川の底からこんにちは
上京して5年、仕事も恋愛もうまくいかず妥協した日々を送っていたOLの佐和子。そんな彼女の元に、父が末期がんで倒れたという知らせが届いた。佐和子は田舎に戻り、実家のしじみ工場を継ぐことに。しかし工場は倒産寸前で、パートで働くおばちゃんたちから...
...
シネマDVD・映画情報館  2011年09月11日(日) 12時00分
監督・脚本:石井裕也映画 日 09☆☆ しじみが暮らす のどかな水辺の町でどん底
TRUTH?ブログエリア  2011年09月07日(水) 6時34分
現在公開中の邦画、「川の底からこんにちは」(監督:石井裕也)です。ユーロスペースで鑑賞しました。 月曜日(仕事は休みでした)の午後、「オーケストラ!」に続いてその日2本目の映画として鑑賞した作品です。「2本目は疲れて寝ちゃうかも….」などと思いつつチケットを買ったのですが、いやぁ、面白すぎて全く眠くなりませんでした! 昨今、「不況だ、不況だ」と騒がれていますが、私は今は「不況」なんかじゃないんじゃないか、と思っています。「不況」じゃなくて、「普通」。むしろ良すぎた今までの時代が終わってベ...
Men @ Work  2011年09月07日(水) 2時35分
2009年。PFFパートナーズ。

  石井裕也監督・脚本。

 ぴあフィルムフェスティバルや文化芸術振興補助金によって製作された新人監督の商業映画デビュー作品。

 デビュー作らしいみずみずしさが、すべての欠点を補って余りある、といった印象のさわやかなコメディ映
映画の感想文日記  2011年09月03日(土) 6時02分
2010年5月6日(木) 18:40〜 ユーロスペース2 料金:1200円(会員料金) パンフレット:未確認 『川の底からこんにちは』公式サイト 脱力系コメディ。 「しょうがない。」で、何もかもやる気なしで生きてきた娘。父親が危篤となり、駆け落ちで出てきた実家に戻ることになる。バツイチ子持ちの駄目元課長(変な商品作って事実上解雇)の恋人にそそのかされて。 駆け落ち、失敗、出戻りの状態なので、周囲の見る目は厳しい。父親の会社木村水産(しじみ加工業)で働くのだが、従業員のおばさんからは、コテンパン。 高校の同級生に駄目元課長を取られて、逆に駆け落ちされる始末。 そこで、何かが吹っ切れたのか、本音丸出しで行動開始。潰れそうな木村水産を立て直すべく奮闘する。 やる気になれば、何でも出来る。と、脱力系ながら元気を貰える映画だ。 木村水産の社歌が素晴らしい。 勿論、初代の社歌のほうが、一層素晴らしい。ありゃ、誰も歌いたくないよな。 「愛のむきだし」は観ていないのだが、「プライド」での狂気を宿した目力の演技が印象に残った満島ひかり、本作でも仰天な演技をみせる。本当に面白い役者だ。 駄目元課長、「エコを理由に逃げてい...
ダイターンクラッシュ!!  2011年09月02日(金) 13時51分
♪かーわーの中っから〜ぁ、こーんにちわぁ〜♪
ICA(Institute of Contemporary Arts)の企画で行われた90年代後半日本映画特集で、かねてから観たかったこの映画「川の底からこんにちは」を観てきた。
泣きながら笑った!
今までこんな映画あった?
ノルウェー暮らし・イン・原宿  2011年09月02日(金) 10時00分

<川の底からこんにちは を観ました>

製作:2009年日本



とっても評判がよかった映画で、ツイッターなんかでも人気があった。
気になっていた作品だったけど、DVDになってからやっと鑑賞。一応、コメディなんだけど、一見そんな風には見えない感じが逆に好き。
私はあまり邦画を見ないんだけど、邦画はこういう雰囲気を作り出すのが本当に上手だと思う。
こういうのの良さは日本人だから分かるのかなぁ?

上京して5年のOL、佐和子は人生の目標もなく、なんとなく人生を諦めた感じで生きていた。
職場恋愛をしているが、相手は子持ちのバツイチ。しかし結婚とかそういうのも考えられない…
ある日、父親が病気で倒れ、余命わずかという知らせが入り、佐和子は実家のしじみ工場を継ぐことになってしまう。しかし、工場は倒産寸前で、労働者のおばさんたちからはいびられる毎日…
無理やり一緒にやってきた子持ちの男は、子供を残して佐和子の同級生と失踪し…

「しょうがないですよ、だって私、中の下ですもん!」

それが口癖だった佐和子だが、追い詰められ始めて自分の人生を見つめなおすことに…



主演は「悪人」でも素晴らしい演技をしていた満島ひかり...
★紅茶屋ロンド★  2011年09月01日(木) 23時04分
上京して5年、仕事も恋愛もうまくいかず妥協した日々を送っていたOLの佐和子。そんな彼女の元に、父が末期がんで倒れたという知らせが届いた。佐和子は田舎に戻り、実家のしじみ工場を継ぐことに。

満島ひ...
単館系  2011年09月01日(木) 22時27分



☆☆☆★− (10段階評価で 7)
8月14日(日) WOWOWのHV放送を録画で鑑賞。
みはいる・BのB  2011年09月01日(木) 20時05分
川の底からこんにちは [DVD]/満島ひかり,遠藤雅,相原綺羅


¥3,990
Amazon.co.jp

監督:石井裕也
出演:満島ひかり、遠藤雅、志賀廣太郎、岩松了

人生・・・もうがんばるしかない。

「東京に出てきて5年、恋人も仕事もそこそこと全てに妥協してOLをしていた佐
日々のつぶやき  2011年09月01日(木) 16時15分
☆☆☆(6点/10点満点中)
2009年日本映画 監督・石井裕也
ネタバレあり
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]  2011年09月01日(木) 9時26分
監督・脚本、石井裕也。2009年日本。人生コメディ映画。出演、満島ひかり(木村佐
erabu  2011年09月01日(木) 8時45分
 シジミのパック詰めをする工場で、どうして政府を倒せ!なんて叫ぶのだろうか?
 『川の底からこんにちは』の予告編を見るたびに、従業員が揃って歌い上げる「倒せ倒せ政府!」というシュプレヒコールのよ...
映画のブログ  2011年08月31日(水) 23時43分
2011年08月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf