映画「うさぎドロップ」松山ケンイチと芦田愛菜の芸達者ぶりを見る

2011年08月27日(土) 13時35分
「うさぎドロップ」★★★☆
松山ケンイチ、香里奈、芦田愛菜、
池脇千鶴、木村了、キタキマユ、
風吹ジュン、中村梅雀出演

SABU 監督
114分、2011年8月20日公開
2011,日本,ショウゲート
(原作:原題:うさぎドロップ)






<リンク:人気ブログランキングへ>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


「主人公ダイキチ(松山ケンイチ)は、
祖父の葬儀で祖父に幼い隠し子が居ることを知り、
6歳の少女りん(芦田愛菜)の面倒を
見たがらない親族を見かねて
勢いでダイキチがとりあえず預かることになってしまう、
27歳の独身&彼女なしのダイキチの奮闘が始まる」



ありがちな設定に
名子役の芦田愛菜との共演となれば
なんとなくラストまでのストーリーは
察しがつくというもの、
ウソ臭い泣きの演技なんか見せられたら嫌だなと
ほぼそんな態度で映画に向き合ったが
これがもう彼女の表情や行動に
頬が自然と緩んで
見事に芦田愛菜ちゃんの名演にはまった。



いきなり6歳の女の子の世話をするって言っても
「保育園と幼稚園って何が違うんだろう?」
正直な感想や戸惑い
そして寝顔を見る時の安らいだ表情まで
ストーリーに驚きが無い分
彼らの演技やちょっとした言葉に
ガンバレヨとし自然と応援している。




満員電車で子供を保育園に連れて行くこと、
おねしょを汗と言い張る子供、
「ダイキチも死んじゃうの?」
無邪気にでも真剣に聞く子供


さりげないシーンの連続が
物語をリアルなものに変えていく、

極めつけはダイキチが会社に
「残業のない部署に変えて欲しい」と言うこと、
そうでなければ保育園の送り迎えが
出来ないからだ。


多くの人はどう考えるだろう、
「そうだ、その通り」
「そこまでは出来ない」
子供の為に自分なりに頑張っていた部署を
簡単に諦められるのか。


天秤にはかけられない
聞かれても本当にそうなってみなければ
「もし」という仮定の問には
簡単に答えられない
そのあたりが誰もが考える事じゃないだろうか。


やりがいのある仕事がしたい
そう願いつつ
今自分のしていることが
その目標に近づいているようにと
信じ、願いながら。



そしてある程度そのやりがいという
明確じゃないものを仕事で感じた時、
果たして別の選択が出来るだろうか、
そんなことを考えさせられながら
結構この映画を楽しんで見た。


映画じゃなければ
実現できない大掛かりなシーンはないし
暗闇で大画面と一対一で
向きあわなければ
この映画の言いたい事が伝わらないなんて
そんな映画じゃないが
まだまだ暑い外から逃げて
涼しい劇場で見るのは正解

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

★100点満点で70点★




soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

松山ケンイチの仕事2010-2011ここ2年間
GANTZ PERFECT ANSWER(2011)
マイ・バック・ページ(2011)
GANTZ(2010)
ノルウェイの森(2010)
誰かが私にキスをした MEMOIRS OF A TEENAGE AMNESIAC(2010)
ノルウェイの森 エクステンデッド版(2010)


★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
  • URL:https://yaplog.jp/sora2001/archive/1841
トラックバック
トラックバックURL:
うさぎドロップ
亡き祖父の隠し子の少女を
引き取る事になった独身
サラリーマンの奮闘記

【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞)

原作:宇仁田ゆみの漫画
cinema-days 映画な日々  2012年11月11日(日) 21時45分
うさぎドロップ

監督: SABU

  
出演: 松山ケンイチ、芦田愛菜、香里奈、桐谷美玲、風吹ジュン
公開: 2010年8月



           



ひよこの着ぐるみを着て
チっキンラー...
映画@見取り八段  2011年10月12日(水) 1時29分
松山ケンイチと芦田愛菜が急ごしらえの親子になっていく様子を描く映画、『うさぎドロップ』。

宇仁田ゆみの人気コミックスを映画化した作品ですが、普段はオトコくさい作品ばかりを手がけているSABU監督の作品だけあって、スウィートでキュートなだけではない作品に仕上がって
27歳独身のダイキチ(松山ケンイチ)は、
祖父の葬式に出席するため久しぶりに帰省する。
彼はその席で6歳の少女りん(芦田愛菜)に目を留めるが、
何と彼女は祖父の隠し子だということで
親族一同がパニ...
単館系  2011年08月31日(水) 22時29分
27歳の独身サラリーマン、ダイキチが祖父の葬式で出会った悲しげな6歳の少女・りんは何と祖父の隠し子だった。 引き取り手のない彼女を、つい男気を見せて連れ帰ったものの、慣れない男の子育ては3日で限界! ダイキチは残業のない部署に異動し、りんは近隣の保育園に入所。 少しは楽になったと思った矢先、りんがおねしょをするようになってしまう…。 ハートウォーミング・ストーリー。
象のロケット  2011年08月30日(火) 6時01分
【映画】うさぎドロップ
宇仁田ゆみ原作の人気コミックを、
『蟹工船』のSABU監督が映画化。



【あらすじ】
27歳独身のダイキチ(松山ケンイチ)は、祖父の葬式に出席するため久しぶりに帰省する。彼はその席で6歳の少女りん(芦田愛菜)に目を留めるが、何と彼女は祖父
B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら  2011年08月29日(月) 22時02分
 松山ケンイチ&芦田愛菜主演の「うさぎドロップ」(SABU監督)。原作漫画は未見ですが、フジのノイタミナ枠でやっているアニメ版は見ています。
 感想にはネタバレ入っていますのでご注意を。
日々是雑感ブログ  2011年08月29日(月) 20時02分
うさぎドロップ
★★★☆☆(★3つ)



この作品、何回か試写会の応募に外れてしまっていて諦めていたのですが、滑り込みで当たりました!

そして、事前告知はなかったのですが、松ケンと芦田愛菜ちゃん、SABU監督の舞台挨拶がありました!
はがきの終了予定時刻が遅かったので、なんでだろうと思っていたのですが、会場に沢山のマスコミが来ていて「もしや・・・」と(笑)

愛菜ちゃんの浴衣姿かわいかったです


内容は、気軽に観れる、笑いあり涙ありのドタバタ(?)コメディ。楽しい作品になっています。まぁ「愛菜ちゃんすごいな」っていうのが1番にきちゃうのですが。泣きと笑いと無表情と。

松ケンの「デトロイト・メタル・シティ」ようなコメディ役がなかなかはまってます

ドタバタコメディなので、細かいことはいいんです!!(笑)

何気にPAFFYの主題歌が良いと思ってしまった。
「女の子って強いね だけど時々弱いね〜♪」...
食はすべての源なり。  2011年08月29日(月) 14時21分
 うさぎドロップの映画を見て来ました。
つれづれ  2011年08月29日(月) 6時22分
今日2本目はうさぎドロップです。

祖父が亡くなったことで久しぶりに訪れた実家で、ダイキチ(松山)は、祖父の隠し子のりん(芦田)と出会う。
りんを施設に入れようと話す親族たちに反発したダイキチは、つい、自分がりんを引き取って育てると宣言してしまう。
そしてその日から、27歳独身の不器用な男と6歳のしっかり者の少女とのちょっとちぐはぐな共同生活がスタートする。

この作品、原作は漫画で、現在アニメがテレビで放送中という事だが、いずれも見た事が無いので映画単独でのレビューになります。

ズバリ!とても面白かったです!!

まあベタっちゃあベタだし、芦田愛菜ちゃんという事で、どこかマルモをイメージさせてしまうと言う所もあった。(撮影はこっちの方が早いが)
こういった「ひょんな事から他人の子供を預かる独身男」というのは、例えば「ALWAYS 三丁目の夕日」での茶川と淳之介といったプロットもあった。
だけど、そうと分かっていても面白かったんだから仕方が無い。
ダイキチがりんを預かる事になる動機がちょっと弱い(勢いだけというのも強引だ)し、例えばその後にりんの実の母に会うとか大事なシーンでも、ダイキチ...
燃える映画軍団【ブログ編】  2011年08月29日(月) 0時01分
映画化の話を聞くまで全く知らなかった原作コミックの存在。最近になって映画館配布の小冊子にて試し読みしたその第1話にたちまち惹かれてしまい、気付けば全9巻まとめて大人買いというにわか「うさドロ」ファンの私。
やはり5巻以降で描かれる10年後のストーリー(予備知識ナシで5巻の表紙を見たときはタマゲタ)があってこその「うさドロ」だと思うのだが、本作はその序盤、まずは大吉に引き取られることになったりんの保育園時代のお話。
SOARのパストラーレ♪  2011年08月28日(日) 23時33分
原作は未読。でもノイタミナで放送中のアニメは視聴中のため鑑賞保留も考えたが、松山くんに愛菜ちゃんだし、とりあえず観ておくことにした。やっぱ愛菜ちゃんは可愛いいね。それに”ロップイヤーうさぎ”(特に黒)
たいむのひとりごと  2011年08月28日(日) 22時50分
監督、SABU。脚本、林民夫、SABU。原作、宇仁田ゆみ。2011年日本。ヒュー
erabu  2011年08月28日(日) 21時11分



☆☆☆−− (10段階評価で 6)
8月20日(土) 神戸国際松竹 スクリーン2にて 16:05の回を鑑賞。
みはいる・BのB  2011年08月28日(日) 19時46分
&nbsp;

祖父の葬式で久しぶりに実家に訪れていた27歳の独身&彼女なしのダイキチ(松山ケンイチ)は、そこで不思議な6歳の少女・りん(芦田愛菜)と出会う。実は、その少女は祖父の隠し子だった。親族たちはりんを施設に入れようとしていたのだが、ダイキチはそのことに納得できず、自分が引き取ると宣言してしまう。そしてその日から、不器用な男としっかり者の少女とのちょっとおかしな共同生活がはじまった。慣れないながらも一生懸命にりんを育てようとするダイキチ。そんな様子に、次第にりんは心を開いていく。(cinema cafe net)★★★+0.5ダイキチのセリフにもあったけどりんと一緒にいることで 自分が成長し、癒されていく・・・とわたしも 愛菜ちゃんに癒されましたね(笑)りんと一緒に暮らすダイキチ。不器用だけど 一所懸命にがんばるイクメン、ダイキチ。そんなダイキチにだんだんと心を開いていくりん。夜遅く保育園に迎えに来たダイキチに 抱きつくシーンはもう親子。こうきくんとりんちゃんのお墓の前でのシーンには泣かされちゃいましたね。最近の愛菜ちゃんは大人っぽくて 大人顔負けって感じだけど去年、撮影中は6歳だった愛菜ちゃん...
voy's room  2011年08月28日(日) 18時24分
[うさぎドロップ] ブログ村キーワード
 人気大爆発中の芦田愛菜チャンと、新婚で絶好調の松山ケンイチの共演で描く、ハートウォ〜ミング・ストーリー。「うさぎドロップ」(ショウゲート)。大人気コミック原作の実写映画化なんだそうですが…、吾輩やっぱり未読です…(>_<)。


 27歳、独身サラリーマンのダイキチ(松山ケンイチ)は、亡くなった祖父の告別式で、見慣れない1人の女の子と出会う。その6歳の女の子りん(芦田愛菜)は、実は祖父の隠し子だった(血縁関係では、りんはダイキチにとっては叔母に当たる…!)。思いも掛けぬ少女の出現に、困り果てる親族一同。面倒ごとと捉え、りんの扱いをたらい回...
シネマ親父の“日々是妄言”  2011年08月28日(日) 11時18分

27歳、彼女なし。ごくフツーのサラリーマンであるダイキチ(松山ケンイチ)は、祖父の葬儀のために久しぶりに訪れた実家で、一人の不思議な6歳の少女と出会う。孤独で悲しげなその少女りん(芦田愛菜)は、実は祖父の隠し子だった。引き取り手がなく、りんを施設に入れようと言う親族たちの意見に反発したダイキチは、勢いで自分が引き取って育てると宣言してしまう。こうしてその日から、不器用な男としっかり者の少女とのちょっとちぐはぐな共同生活がスタートする。慣れない子育てにアタフタしながらも、一生懸命にりんを...
ぷくの日記  2011年08月28日(日) 10時59分
宇仁田ゆみ著の原作コミックを松山ケンイチ&芦田愛菜主演で映画化した作品です。 この二人が縁側に並んだチラシを観た時から、観たい〜!と思っていました。 二人のクルクル変わる表情と元気な演技に、心がほっこりとするような物語でした。
とりあえず、コメントです  2011年08月28日(日) 9時20分
芦田愛菜ちゃんが反則的にカワイイ。 僕自身は結婚もしてないし、(当然のことながら
はらやんの映画徒然草  2011年08月28日(日) 9時03分
今日は、『うさぎドロップ』 を試写会で鑑賞です。

これは 超お勧め

【ストーリー】
 27歳独身のダイキチ(松山ケンイチ)は、祖父の葬式に出席するため久しぶりに帰省する。彼はその席で6歳の少女りん(芦田愛菜)に目を留めるが、何と彼女は祖父の隠し子だということで親族一同がパニックに陥ってしまう。ダイキチは施設に入れられそうになっていたりんをふびんに思い、つい自分が彼女を引き取って育てると言ってしまい……。


やっと夏映画でお勧めがキターーーーー

芦田愛菜ちゃんを期待して観たのですが、彼女よりも松ケンがなかなかいいですね
この前の『マイ・バック・ページ』は演技が板についてなくて、大げさな感じがして嫌だったんですが、
この作品の松ケンは肩の力が抜けていい感じでしたね。
もちろん芦田愛菜ちゃんもいいですよ。
子供引き取るということは楽なことではない。
分かっちゃいるけど、子供を見離して施設には入れられない、
そんな優しい男と子供の話です。
既定路線の話で進みますが、自然と泣けていい感じです。
泣かせようという意図でない所で泣いた気がします

脇を固める俳優の方もいい感じではまり役です

夏が終わる頃公開です...
気ままな映画生活  2011年08月27日(土) 18時57分
松ケンファンの私はずいぶん前から楽しみにしてました、この作品。

普通の会社員ダイキチは祖父の葬儀で、
祖父の隠し子だという6歳のりんを預かることになってしまう。
子育て経験のない独身の青年が育...
よくばりアンテナ  2011年08月27日(土) 18時53分
『うさぎドロップ』@ヤクルトホール。
今回で最後という、ぴあの三連夜試写会二日目で鑑賞。
雑誌が終わるからといって三連夜試写会までやめることないのに。
意味わかんない。
あーうぃ だにぇっと  2011年08月27日(土) 17時33分
2011年08月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf