書籍「あなたがいる場所」時には立ち止まって、まっすぐ前を見る

2011年08月16日(火) 0時09分
「あなたがいる場所」★★★★
沢木 耕太郎 著 ,
新潮社 、2011/04.初版
( 253ページ, 1,365円)



<リンク:
【送料無料】あなたがいる場所

【送料無料】あなたがいる場所
価格:1,365円(税込、送料別)

>



<リンク:人気ブログランキングへ>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


「沢木 耕太郎の本はたぶん全部持っている、
でも小説は持ってるけれど
読んだことは無かった、
そのうち読む本として順番を待ってもらっている、
『深夜特急』などの紀行文やエッセイは
手にしたらすぐに読むが
なんとなく小説のジャンルは
沢木 耕太郎という人には違うような気がして
敬遠していたが
だいぶ前になるが「週刊ブックレビュー」に登場し
この本についてインタビューを受けた番組を見て
これなら読めそうと思って
それでも手に入れてから4カ月経ってから
やっと読み始めた」



そんなこと無意味だと分かってるが
小説のどこかに作者である沢木を探してる
でもここにも居ない
これでもないと。

かつてバスで長距離の旅をした人の
誰でも体験しそうだけど
やはり彼だけの旅物語を読んで
強烈に惹かれたように
この短編集にも
自分に似た他人がいるだろうと
探していた気がする。


普段はなんてことない毎日の繰り返しだ
少し経って振り返ると
それが先週の事なのか
先月の事なのかだって曖昧に思える、

でも何か困難にぶつかったとき
それをどう解決するか
もしくはやり過ごすか
人それぞれやり方は違う
けれどそれだって過ぎてしまえば
ほとんどは曖昧になっていく。

何で自分だけがこんな目にあわなくては
ならないのか、
理不尽さに怒るが
それでもなんとかしなくちゃいけない
そんな時、少し視線を上げて
自分のいる場所を確認できたら
そして今までを振りかって
目線を変えてみたら
何か違う風景が見えるかもしれない



困難の真っただ中にいたら
実際はそんな悠長なこと言ってられない
そんなことは分かってる
けれどそんな瞬間もかならず過去になる
人間のしなやかさに驚く



短編の全てにバスが登場する
ここから別の場所へと
確実に運んでくれるバスが
何かを象徴しているようだった。


★100点満点で75点
それでもエッセイの方が好きだな。




soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

「沢木耕太郎」は、ペンネームである。
雑誌の取材を受け、「あなたの本名はあらゆる文献を見てもどこにも掲載されていない。なぜなのか」と問われた沢木は、
「ペンネームを使う以上、わざわざ本名を名乗るのなら使う必要がない」と答えている。(Wikipedia より)

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか


  • URL:https://yaplog.jp/sora2001/archive/1834
トラックバック
トラックバックURL:
昨日、気になってた3月末出版の沢木新刊を読みました。9篇からなる短編小説集、先に後記を見たら、わかりやすさ、という事を割と意識したようですが、今まで読んだ沢木作品の中でも、読み易かったのは確かで、思ったより時間かからず読了。

主人公は市井の様々な大人や子供で、

銃を撃つ(女子高生)、迷子(小5の少年)、虹の髪(バス通勤の会社員)、ピアノのある場所(小(か中)学生少女)、天使のおやつ(幼稚園児の父)、音符(老未亡人)、白い鳩(中3の少年)、自分の神様(若いOL)、クリスマス・プレゼント(息子が入所してる寡夫の父)。

3年前の沢木さんの初小説、長編だった「血の味」の少年のよ...
Something Impressive(KYOKOV)  2011年08月17日(水) 9時51分
2011年08月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf