映画「ザ・ファイター 」自分の出来ることをやり遂げる人は少ない

2011年04月05日(火) 17時30分
「ザ・ファイター 」★★★★
マーク・ウォールバーグ、クリスチャン・ベイル、
エイミー・アダムス、メリッサ・レオ出演

デヴィッド・O・ラッセル監督、
110分、2011年3月26日公開
2010,アメリカ,ギャガ
(原作:原題:The Fighter )





                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



アカデミー賞の6部門ノミネート、
クリスチャン・ベイルが助演男優賞を
メリッサ・レオは助演女優賞受賞した。
マーク・ウォールバーグはどんなに頑張っても賞に届かないのか。



「1985年にデビューし、2003年に引退するまで
数々の名勝負を残した、
ミッキー・ウォード(マーク・ウォールバーグ)。
彼と彼の兄の元ボクサー、
ディッキー(クリスチャン・ベイル)の
確執や葛藤と大家族の交流を描いた、
ラストの試合はやはり盛り上がり
心を熱くさせてくれた」



ボクサーはボクシングだけに専念出来るのが理想、
けれど現実はそうはいかない、
過去の栄光に縛られる兄、
勝ち始めた主人公のマネジメントを離そうとしない母親、
大家族の姉妹たちが好き放題に
あれこれと口を出す始末。
これでは練習と試合になかなか集中できない、
恋愛もうまくいくように思えたが
なかなか大変そうだ。



彼のそんな状況を映画は一気に見せた後で
そんな状況に悩みつつも
なんとか全部をうまくやろうと
心を砕く父親と主人公をうまく引き出している。



クリスチャン・ベイルはまたまたガリガリになって、
ジャンキーなダメダメ兄貴を熱演、
自分はこういうやり過ぎなのは好きじゃないが
やはり男優賞ってこのくらいやらないと
もらえないようで、
数年前のシャーリーズ・セロンを思い出した。



実在の人物の映画化に熱を入れ
製作にも加わったマーク・ウォールバーグは
心優しいボクサーを等身大で演じていた、
でもこれじゃあ男優賞はもらえない、

そう思うとなかなか難しいものだ、
けれど自分達観客はそんなご褒美はどうでもいい、
主人公が自分の力量を自ら計り、
その中でいかにチャンスを生かすか
そんな成功の瞬間を一緒に見られたらそれで満足だ。


実在の人物を描いているので
結果を変えることはできない、
勝利で終わった映画も
現実は自分達の知るような世界戦からは
ランクが落ちるタイトルらしい、
でもだからと言って価値が下がるものではない、
誰もがそう簡単に自分の望むものを
手に入れられるわけではないと知っているから。


ことさら盛り上げるような
過剰な演出もなく
華々しさから一歩引いたような映画だったが
それが却って清々しい気分を与えた、
さあ、オレもガンバルか、
心をちょっと熱くさせてくれた
やはり映画館通いはやめられない。



★100点満点で85点

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

エイミー・アダムスは結構いろんな役を演じている
これからも楽しみな女優だ。
2008年「魔法にかけられて」 「ダウト〜あるカトリック学校で〜」
2009年「サンシャイン・クリーニング」 「ナイトミュージアム2」 
「ジュリー&ジュリア」


★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
  • URL:https://yaplog.jp/sora2001/archive/1746
トラックバック
トラックバックURL:
この映画、興味なくて忘れてたけど…エイミーちゃんが出てたんだっ!
或る日の出来事  2012年12月14日(金) 8時59分


マーク・ウォールバーグとクリスチャン・ベール共演で、実在のプロボクサーであるミッキー・ウォードの半生を映画化。
小姑たちの煩さも凄かったけれど、やはり、クリスチャン・ベールの肉体改造がまた凄い。
ヤク中になりきり、歯を並び替え、髪を抜き、13kg減量などなど賞をもらうのも納得の演技、怪演しています。マーク・ウォールバーグも筋肉を鍛えて参戦だけど、クリスチャン・ベールには適わなかった…。ここまで改造して元に戻れるの?って思っちゃう。
兄のディッキーは元名ボクサーだけど挫折し、自堕落な生活を送っている。同じくボクサーの弟のミッキーは、マネージャーである母親がお金のためどだい無理な相手を押し付けてくるのでなかなか勝てない。この家族どこか歪んでいるんですね。いや家族だからこそドロドロになっちゃうのかも。
家族姉妹含め恋人であるシャーリーンさえもが正直イライラして鬱陶しかったのだけれど、後半の兄弟愛とファイト場面には力入っちゃったよね!ジャケットを観てわかるとおり(凄いネタバレだな…)になるのはわかってても、つい拳を握っちゃう場面なんかもあったりで。
ヤク中で不遜ながらも兄ディッキーのボクシ...
いやいやえん  2011年10月14日(金) 8時36分
 「スリー・キングス」のデヴィット・O・ラッセル監督最新作。実在のプロボクサーミッキー・ウォードと、その兄ディッキー・エルクンドの半生を、マーク・ウォールバーグ主演で映画化。


 実話がベースとはいえ、どこまで真実かは存じ上げないが、それにしたって素晴らし
新・狂人ブログ〜暁は燃えているか!〜  2011年05月19日(木) 19時01分



 ボクシングには全く興味がないので、スルーしようかと思っていたのですが、評判がいいので見に行く事に。と言うわけで今回の記事はザ・ファイターです。
よしなしごと  2011年05月03日(火) 10時44分
2011年4月1日(金) 18:30〜 丸の内ピカデリー1 料金:1000円(映画サービスデー) パンフレット:700円(買っていない) 『ザ・ファイター』公式サイト ロッキーみたいにホワイト・トラッシュな感じの連中の話は実話がベースだ。実際にはチャンピオンになっていない。 弟の栄光と屑兄貴の再生が描かれる。 マーク・ウォールバーグが30才くらいのボクサーというのは、なかなか厳しいものがあるが、サル顔は童顔に繋がるのか許容範囲ではある。兄役のクリスチャン・ベイルより実年齢上なんですが。 エイミー・アダムスと駄目家族の絡みに、もう少しアクセントが欲しいところだが、正しい盛り上げ方の安心の王道スポーツ映画だ。 お勧め度:☆☆☆★ ホワイト・トラッシュ度:☆☆☆★ 俺度:☆☆☆★
ダイターンクラッシュ!!  2011年04月19日(火) 23時56分
「ザ・ファイター」TOHOシネマズ六本木ヒルズで観賞
2011-034

クリスはこれでオスカーを手にしたのだ!
というので「ザ・ファイター」観てきました。
特にクリスチャン・ベール好きというわけではないのだけれど、マークは大好き。
でも、演技派マークを食ってしまう演技がどんなものかと物凄く気になってました。
クリス、今までの演技はずっとずっとAの線を殆ど崩さなかったのですが、まあ、かぶり物は多少してました。
マークだってかぶりものしてたね。(サル)
しかし、このクリス、一番最初に気が付いたのは後頭部。
??と疑ってからこんなに薄くなった?から、カツラも疑いましたが、...
てんびんthe LIFE  2011年04月19日(火) 21時51分
ザ・ファイター (C)2010 RELATIVITY MEDIA. ALL RIGHTS RESERVED. 丸の内ピカデリーほか全国順次公開中 最初に言っておきますが、実在のボクサーの異兄弟、 ディッキー・エクランドとミッキー・ウォードを描いた 『ザ・ファイター』は、ボクシング映画ではありますが、 それだけじゃありません。 家
Healing   2011年04月19日(火) 10時27分
 街の誇りと云われたボクサーだが、短気でだらしない性格から破綻した日々を送ってい
CINEMA見聞録   2011年04月19日(火) 7時18分


 今回は世のボンクラ男子に圧倒的支持を得ているのではないかと勝手に推測している『ザ・ファイター』の感想です。

 観に行った映画館はTOHOシネマズ六本木ヒルズ。
 アカデミー賞にノミネートされ...
かろうじてインターネット  2011年04月19日(火) 0時42分

<ザ・ファイター を観て来ました>



原題:The Fighter
製作:2011年アメリカ

ヤプログさんの試写会に当選していたんだけど、3月11日の地震の影響で中止になってしまいました。
見たかった作品だったので、公開したら絶対に観に行こう!と決めていたんだけど、いざ公開が始まっても計画停電や節電の関係でレイトショーなどの上映はなし。
中々観に行けず、やあっと鑑賞してきました。しかも、シネコンの大きいスクリーンは「SP」や子供向けアニメに取られてしまって、わずか100席足らずのスクリーンでの上映。

もったいないよ!!
本当、勿体無いと思う!!

さて、普段は避けてるわけじゃないけど、なかなか見る回数の少ないスポーツ映画。
この作品は「ボクシング」を通して、家族との愛情や繋がりを描いたヒューマンドラマになっています。
そう、ボクシング映画と勘違いされそうだけど、実際は人間関係を描いているのよね。

でも、スポーツって、音楽や芸術と一緒で、細かい事は分からなくても、なんかよくわかんないけど、熱意なんかがストレートに伝わってきて、自分の感情にダイレクトに伝わってくるのよね。
だから、言葉とか全然わからなくて...
★紅茶屋ロンド★  2011年04月19日(火) 0時00分
3月末日迄有効の招待チケットを使いたかったので久しぶりに映画館に足を運び、公開し
雑記帳+  2011年04月18日(月) 21時53分
マーク・ウォールバーグは、いい俳優さんになった。
どことなく、兄ちゃんにも似てるし。


男兄弟って、いいな。
殴り合っても、抱き合えばそれで分かり合える。

なんて、単純な兄弟じゃないけれどこの2人は。
今の自分があるのは、ボクシングを教えてくれたのは全部兄だ、という思いから、
酒や薬に溺れ、自分の足を引
*モナミ* SMAP・映画・本  2011年04月18日(月) 20時05分
つい先日、クリスチャン・ベイルとメリッサ・レオがアカデミー賞助演賞をダブル受賞した快作「ザ・ファイター The Fighter」を観てきた。いやはや、久々に観たホームラン・ヒット作品。近々再見し、当館に感想記事を収めるつもりだが、まだこの作品を未見で、なおかつ観ようかどうしようか迷っている人がもしいたら、“とっとと観に行ってこんかーい!”と背中を蹴っ飛ばして差し上げる。
新・豆酢館  2011年04月18日(月) 16時27分
3月26日(土)@丸の内ピカデリー1。
あーうぃ だにぇっと  2011年04月13日(水) 22時46分
  

ここ最近で一番観たかったのがこれ。
上のポスターにもあるように、作品賞こそ逃したものの、
ゴールデングローブ賞に続きアカデミー賞でも助演男優、女優賞共に受賞 

あんまり前情報には触れないようにしてたけど、
実話ベースってことでだいたいは予想ついちゃう
まいふぇいばりっと ゆる日記  2011年04月13日(水) 20時56分
相変わらずのカメレオンぶりのクリスチャン・ベールの怪演と、メリッサ・レオのモンスター・マザーな演技でアカデミー賞助演男優&女優賞獲得の本命とも言われている映画『ザ・ファイター』。
ちなみに、アカデミー賞6部門にて7ノミネートされています。

メリッサ・レオの方が
久しぶりの映画館に行ってきました!アカデミー賞助演男優賞をクリスチャン・ベールが
客道  2011年04月11日(月) 22時29分
上映スクリーン数: 60オープニング土日動員: 1万4655人オープニング土日興
映画コンサルタント日記  2011年04月11日(月) 8時00分
★★★★  貧しい家庭に育った兄弟がボクシングに挑戦して、世界チャンピオンにまで昇り詰めるという、よくあるアメリカンドリーム物話だが、これは実話であり現在も伝説の兄弟は健在だという。 兄ディッキーは才能に恵まれていたが、短気で自堕落な性格のため、途中で挫折
ケントのたそがれ劇場  2011年04月10日(日) 11時18分
実話を元に描いたボクサーと彼の家族の物語です。 アカデミー賞で助演賞2部門を受賞して話題になっていたので楽しみにしていました。 ボクシングシーン以上に、母親をはじめとする家族たちの強烈さが印象に残る作品でした。
とりあえず、コメントです  2011年04月09日(土) 21時40分


 
マサチューセッツ州の労働者の街ローウェルに、性格もファイティングスタイルも全く違うプロボクサーの兄弟がいた。兄のディッキー・エクランド(クリスチャン・ベール)は、かつては実力派ボクサーとして活躍、現在は弟のトレーナーに専念している。外向きにはユーモアとカリスマ性に溢れた男だが、実は傲慢で欲望に弱く、数年前に手を出した麻薬に今ではすっかり溺れていた。一方、父親違いの弟ミッキー・ウォード(マーク・ウォールバーグ)は、ボクシングの全てを兄から教わった。だがミッキーは、兄...
Cartouche  2011年04月09日(土) 10時22分
本作はボクシングを題材にした作品ですが、「ロッキー」のようなサクセスストーリーで
はらやんの映画徒然草  2011年04月09日(土) 8時51分




 THE FIGHTER
 1993年、マサチューセッツ州ローウェル。父親の違う兄弟、ディッキー・エ
クランド(クリスチャン・ベイル)とミッキー・ウォード(マーク・ウォールバーグ)
は、ボクシングとい...
真紅のthinkingdays  2011年04月06日(水) 20時07分

低所得の労働者階級が暮らすマサチューセッツ州、ローウェル。
兄ディッキー(クリスチャン・ベイル)は、天才ボクサーとしてスポットライトを浴びたものの、ドラッグで身を崩し、かつての栄光にしがみつ...
心のままに映画の風景  2011年04月06日(水) 16時09分
2010年。アメリカ。"THE FIGHTER".










  デヴィッド・O・ラッセル監督。マーク・ウォールバーグ製作・主演。










 いまだにあれが一体何だったのか、よくわからない社会科学コメディ、哲学コメディ映画、『ハッカビーズ』の監
映画の感想文日記  2011年04月06日(水) 8時23分
マーク・ウォルバーグ自ら製作と主演をして本格的なトレーニングをしているし、クリスチャン・ベイルにいたっては元ボクサーと薬物中毒という役になりきっている。試合のシーンはボクシング中継を見ているようだし、ウォードの家族の物語はドキュメンタリーのような現実感が
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver  2011年04月06日(水) 0時31分
ザ・ファイター
異母兄弟のディッキーとミッキーは、共にプロボクサー。兄のディッキーは才気溢れるボクサーだが、短期で怠惰な性格から破綻した毎日を送っている。一方、弟のミッキーは、真面目な性格ながら才能に恵まれず、一度も勝利を収めることが出来ない......
シネマDVD・映画情報館  2011年04月05日(火) 23時53分
アメリカ・マサチューセッツ州の労働者の街ローウェル。 異父兄弟のディッキーとミッキーは、共にプロボクサー。 兄のディッキーは街の英雄だが、麻薬に溺れ、怠惰な生活を送っている。 一方、弟のミッキーは真面目だが、一勝もできない。 どん底まで堕ちた天才ボクサーの兄をトレーナーに、三流ボクサーの弟は世界を目指すのだが…。 プロボクサー、ミッキー・ウォード(1965?)と家族の物語。
象のロケット  2011年04月05日(火) 23時10分
映画『ザ・ファイター』は、アメリカ映画らしさをたっぷりしたたらせた上出来のボクシ
大江戸時夫の東京温度  2011年04月05日(火) 22時07分
実在したアイルランド系ボクサー、ミッキー・ウォードの半生を描いたスポーツ伝記ドラマだ。主演に『ディパーテッド』のマーク・ウォールバーグ。共演のクリスチャン・ベイルとメリッサ・レオは今年のアカデミー賞助演男女優賞を受賞し、全体でも6部門にノミネートされた作品だ。監督は『スリー・キングス』のデヴィッド・O・ラッセル。典型的なボクシングドラマだが、その展開が心地良い。
LOVE Cinemas 調布  2011年04月05日(火) 21時44分
「ザ・ファイター」を鑑賞してきました「ディパーテッド」のマーク・ウォールバーグが自ら製作・主演を務め、実在のアイルランド系ボクサー、ミッキー・ウォードの波瀾のボクシング...
日々“是”精進!  2011年04月05日(火) 20時38分
2011年04月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf