映画「太平洋の奇跡−フォックスと呼ばれた男−」日本人は何処へ向かってきたのか

2011年02月16日(水) 7時04分
「太平洋の奇跡−フォックスと呼ばれた男−」★★★☆
竹野内豊、ショーン・マクゴーウァン、井上真央、
山田孝之、中嶋朋子、岡田義徳出演
平山秀幸監督、128分、2011年2月11日公開
日本,東宝
(原作:原題:太平洋の奇跡)





                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい




「太平洋戦争時のサイパン島で、
わずかな兵力で米軍に抵抗を続けた
大場栄大尉率いる日本人将校たち。
決して自ら降伏はしないと
500日余りを民間人を守りつつ
孤高な戦いを続けた真実の記録」



普段はあまり戦争について考えることは無い、
暑い8月に思いだすが、
開戦の12月に思うことも少ない。

かつて日本中が戦争の真っただ中にあり、
全ての国民がこれを「正義」と
考えていた頃を思うと、
今の自分なら自分の考えで行動したと思いたいが、
当時だったら
皆と同じ方向をまっしぐらに
突き進んでいたに違いない。


その危うさを思う。


この映画は戦争をことさら美化したり
正統性を訴えるものではない。

その当時、死ぬことを潔しとせず、
勝つために生き残ることを選択した
実在の人物、大場栄大尉と彼と共に闘う兵士たち、
闘うというより
逃げ続け隠れて生き延びたって感じだが、
200人近い民間人を監督しつつ
500日あまりを降伏せずに孤高を貫いた人が
どう行動し、いかに生きたか。

今ではバカンスにお気軽に行けるサイパンで
ほんの60年程前
命を懸けた戦いがあったのは、
頭では分かっても
やはり映像の力は凄い、
もしあの場面に自分が居たら・・・
どんなに想像してもそれは
明確な映像を結ばない。



それほど自分は平和ボケボケなのだ。

それを感じ、考えただけで
この映画の意義はあったのだと思う。



映画としての感動的な盛り上がりは無く
その意味で物足りなくも感じるが
事実を描く時、そこまで求めるのは
意味が無いことかもしれない。
是非、実際に見て考えたい作品。

★100点満点で70点★

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン



敵兵にも尊敬や尊厳を認める米軍、
果たして日本軍はどうだったんだろう?

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
  • URL:https://yaplog.jp/sora2001/archive/1715
トラックバック
トラックバックURL:
海外出張の帰りの飛行機の機内で観賞(行きは映画を観る気持ちのゆとりがなかった?)
はらやんの映画徒然草  2011年06月14日(火) 20時29分



 すごく久しぶりに有楽町スバル座に行きました。多分、小学生の頃に親に連れて行かれて依頼だと思います。小さくて汚いイメージだったんですが、だいぶ改装されたんですね。と言うわけで、今さらながら太平洋の奇跡 −フォックスと呼ばれた男を観てきました。
よしなしごと  2011年04月30日(土) 3時43分
 ジョン・ジョーンズ原作の長編実録小説『タッポーチョ「敵ながら天晴」大場隊の勇戦512日』を、竹野内豊主演、「愛を乞う人」「必死剣鳥刺し」の平山秀幸監督で映画化。 第二次世...
狂人ブログ 〜旅立ち〜  2011年03月15日(火) 21時42分
本作が当時の日本人を描くときに用いた基本的な表現方法にまずは言及しておきたいと思います。クリント・イーストウッド監督が「硫黄島の戦い」を2作品をもって描いたのは、戦争を切り取る視点が一方に偏らないようにする配慮によるものということになると思います。本作が日米双方の視点で描かれて
WEBLOG:e97h0017  2011年03月02日(水) 10時07分
本作のレビューを執筆するにあたっては、作品が有するテーマとその表現方法を明確に分けて書く必要があると感じています。プレビューで書いたとおり、私はこの映画は決して「反戦映画」ではないと考えます。実は日本人にとって「反戦」というテーマで映画を作る
WEBLOG:e97h0017  2011年03月02日(水) 10時05分
本日は雪であるにも関わらず、祝日と会員サービスデーが重なった為に、初日ということ
客道  2011年03月02日(水) 8時55分
★★★☆  太平洋戦争の末期、サイパン島で実に500日に亘って、米軍にゲリラ戦を仕掛けていた大場栄大尉たちの実話を映画化したものである。大場大尉は僅か47人の兵士を引き連れ、4万人以上の米軍を翻弄し続けたという。そのために彼は、米軍からフォックスと恐れられ
ケントのたそがれ劇場  2011年02月24日(木) 22時23分
まだまだ知らないあの戦争の歴史がたくさんあることを、改めて強く思った映画でした。敗戦前夜のサイパン島、日本の勢力範囲だったときには民間人2万人、軍人3万人の日本人が暮らし...
まてぃの徒然映画+雑記  2011年02月23日(水) 23時54分



☆☆☆☆− (10段階評価で 8)
2月19日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 16:15の回を鑑賞。
みはいる・BのB  2011年02月22日(火) 22時07分
上映スクリーン数: 300オープニング土日/祝土日動員: 21万6495人/33
映画コンサルタント日記  2011年02月22日(火) 21時17分
太平洋戦争末期、玉砕の島サイパンが舞台となる本作は、実際に日本軍と銃を交えた元ア
たまさんのHR/HM シネマカフェ  2011年02月21日(月) 23時22分
平山秀幸監督、竹野内豊、唐沢寿明、トリートウィリアムズ、ダニエルボールドウィン、ショーンマッゴーワン、井上真央、山田孝之、中嶋朋子、ベンガル、阿部サダヲほか

1944年夏サイパン島の日本軍は、アメリカ軍の圧倒的戦力に最後の突撃を敢行し、玉砕。
この島での戦いの終わりに見えた。
しかし残存する兵力を組織した大場大尉は、民間人を守りながら数少ない兵士と武器でアメリカ軍を翻弄し打撃を与え続けた。
その不屈な戦いぶりは、アメリカ軍の将校ハーマンルイス大尉を感動させフォックスと呼ばれた。
...
Mooovingな日々  2011年02月20日(日) 3時16分
映画「太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男-」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:竹野内豊、ショーン・マッゴーワン、井上真央、山田孝之、中嶋朋子、岡田義徳、板尾創路、光石研、柄本時生、近藤芳正、酒井敏也、ベンガル、トリート・ウィリ…
映画レビュー トラックバックセンター  2011年02月20日(日) 2時42分
『硫黄島からの手紙』では、栗林忠道中将を中心とした、硫黄島の戦いが、『俺は、君のためにこそ死ににゆく』では、鳥濱トメさんと彼女が甲斐甲斐しく世話をした特攻隊隊員が、『男たちのYAMATO』では、戦艦大和に搭乗する若き船員達が、今にも死ぬかもしれない状況の中での彼らの生き様と、そんな身であろうとも尽き果てることのない願い・望みが描かれている。本作は、サイパンの戦いで己の使命と向き合いながら戦ってきた、大場栄大尉の物語だ。
昨今の、太平洋戦争を描いた作品で、主だったものと言えば上記の作品になるが、これ...
Diary of Cyber  2011年02月19日(土) 14時01分
太平洋戦争(第二次世界大戦)末期の1944年6月。 当時日本が統治していたサイパン島にはアメリカ軍が上陸し、捕虜になることを恐れた日本人は次々と“玉砕(戦死)”、“自決(自殺)”していた。 陸軍大尉の大場栄は、仲間の兵士たちや民間人たちとタッポーチョ山に潜伏し、アメリカ軍への抵抗を続けていくのだが…。 実話に基づく名もなき兵士たちの戦場ドラマ。
象のロケット  2011年02月18日(金) 5時36分
誇り高き侍 公式サイト http://www.taiheiyo-no-kiseki.jp2月11日公開実話の映画化原作: 『タッポーチョ「敵ながら天晴」大場隊の勇戦512日』 (ドン・ジョーンズ著)監
風に吹かれて  2011年02月17日(木) 12時28分

監督: 平山秀幸 原作: ドン・ジョーンズ
出演:竹野内豊、ショーン・マッゴーワン、井上真央、山田孝之、中嶋朋子、唐沢寿明


 
 近年じゃ、邦画の戦争モノの英雄譚って滅多にない
(フィクションだろうとそうでなかろうと)。
 大体が悲愴感たっぷりに死んでいく一般兵を描いたものばかり。

 さて、そんななかフォックスと呼ばれた男って何者!?
 と、気になってしまったので、板橋ワーナーにて初日に鑑賞。
 予告編も結構面白そうだったとはいえ、
邦画の戦争映画だから、ダメな事も覚悟の上。

 最強の撃墜王フォックスさんが正々堂々と
アメリカの戦闘機を撃ち落としまくる映画を期待しつつ…。
 

あらすじ:
 1944年、サイパン島を統治していた日本軍だったが、戦況の悪化により、
守備隊の幹部たちは特攻命令を出すだけだして自決。民間人は次々に自決。
 生き残った大場隊(47名?)は孤独な戦いを続けるが、生き残りの民間人達と出会い、
彼らをも守りながら戦う事になる。
 
 他方、アメリカ軍は、絶望的な状況でも投降しない日本軍にいら立ちを覚え、
殲滅を試みるが、大場大尉の巧みな戦略に翻弄されることになる・・・。


満足度:79点
...
しょんぼりしょぼしょぼしょぼくれ記  2011年02月17日(木) 12時26分
映画「太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男」は絶望的な状況の中、最後まで諦めずに生き抜いた名もなき兵士とその仲間たちの実話に基づく真実の物語である。終戦から65年「太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男」の日米スタッフ・キャストが贈る感動の超大作...
やっぱり邦画好き…  2011年02月17日(木) 10時14分
 太平洋戦争末期。日本の重要な軍事拠点だったサイパン島が米軍の手に落ちた後も、山にこもり、少数の兵士を率いて実に512日にも渡って抗戦を続け、米兵たちから“フォックス”と呼ばれ恐れられた日本人がいた...
闘争と逃走の道程  2011年02月16日(水) 23時48分
けっきょく何を描きたかったのか、そもそも何が奇跡なのか、伝わる物があまりに弱くて残念。期待が大き過ぎたか・・・。
SOARのパストラーレ♪  2011年02月16日(水) 22時57分
太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-
スタッフ 監督: 平山秀幸
キャスト 竹野内豊 唐沢寿明 井上真央 山田孝之 中嶋朋子 阿部サダヲ ショーン・マクゴーウァン
劇場公開日:2011-2-11
シネマDVD・映画情報館  2011年02月16日(水) 22時22分
 先日、映画『太平洋の奇跡?フォックスと呼ばれた男?』を観て来ました。この作品は、去年の11月だったかな?『十三人の刺客』を観に行った時に予告編を初めて観まして、久しぶりに予告だけで「観てみたい!」...
続・蛇足帳?blogばん?  2011年02月16日(水) 21時52分
原作はサイパンに従軍した元アメリカ兵のノンフィクションで、竹野内豊演じる大場大尉を主演にした映画だ。イーストウッドの「硫黄島」2作もすばらしい戦争映画だったけど、日本の製作でここまでの戦争映画が出来たことを賞賛したい。最後の行進するシーンでの日本人としての
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver  2011年02月16日(水) 21時33分
太平洋戦争末期。 日本の統治下にあったサイパン島は重要な軍事拠点であるという認識から、その地の日本軍兵士はなんとしても死守する覚悟で戦っていた。
I am invincible !  2011年02月16日(水) 19時19分
出来ることならば、ED前に”その後”を少しでも入れてくれ欲しかったな。米軍士官を唸らせるだけの器量を持った大場大尉だけど、指揮官だったしちょっぴり心配しちゃった。だから帰宅して直ぐにググッってウィキっ
たいむのひとりごと  2011年02月16日(水) 19時16分
太平洋戦争末期のサイパン島で僅か47人の兵を率いてアメリカ軍を翻弄した大場栄大尉の実話を映画化。主演は『さまよう刃』の竹野内豊。共演にショーン・マッゴーワン、唐沢寿明、井上真央、山田孝之ら豪華なキャストがそろう。監督は『必死剣 鳥刺し』の平山秀幸。アメリカ兵メインのシーンはUS監督のチェリン・グラックが演出した。
LOVE Cinemas 調布  2011年02月16日(水) 16時11分








映画 「太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男」
ようこそMr.G  2011年02月16日(水) 12時40分
「太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-」監督平山秀幸原作ドン・ジョーンズ[作家]出演*竹野内豊(大場栄大尉)*ショーン・マッゴーワン(ハーマン・ルイス大尉)*井上真央(青野千...
だめ男のだめ日記  2011年02月16日(水) 12時39分
「太平洋の奇跡フォックスと呼ばれた男」を鑑賞してきました太平洋戦争末期、玉砕の島サイパンで、たった47人で敵に立ち向かい、多くの民間人を守り抜いた実在の軍人、大場栄大尉...
日々“是”精進!  2011年02月16日(水) 12時35分
2月11日(金)公開の邦画2本。
“あしたのジョー” は残念ながらゲットできず。
年代的には、“あしたのジョー” 世代なのだが、漫画もテレビのアニメも私は観たことがない。
親に禁止されて見られなかったのだ。
今となっては考えられない?
この前、実家でケーブルテレビのチャンネルをいろいろいじってようやく目的の “それでも恋するバルセロナ” にたどりついたら親父に「くだらん」とスイッチを消された。(笑)
あーうぃ だにぇっと  2011年02月16日(水) 9時34分
 『椰子の実』の歌を聴きながら、私は涙した。
 この歌を作詞した島崎藤村は、忌み嫌われる戦陣訓の作成にも参画した人物である。にもかかわらず、日本の戦争映画では、しばしば平和を希求する曲として歌わ...
映画のブログ  2011年02月16日(水) 7時35分
2011年02月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf