映画「愛する人 」人はきっと繋がっている。

2011年02月13日(日) 21時54分
「愛する人 」★★★★
ナオミ・ワッツ、アネット・ベニング、ケリー・ワシントン、
ジミー・スミッツ、サミュエル・L・ジャクソン出演
ロドリゴ・ガルシア監督、126分 、2011年1月15日公開
2009,アメリカ、スペイン,ファントム・フィルム
(原作:原題:MOTHER & CHILD)





                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい




「14歳で妊娠し、子供を手放した過去が
忘れられないカレン(アネット・ベニング)は、
老いた母の介護と仕事に追われている。
養女となったエリザベス(ナオミ・ワッツ)は
同じ街で弁護士として暮らしている」



重苦しいトーン物語は展開する、
母の介護に明るい話題のない毎日、
家政婦の連れてくる子供の
可愛らしい表情にも笑えない、
眉間にしわが寄り、
自らを「気難しい」と言う。

そんな日々、片時も忘れないのは
幼くして出産した娘、
「後悔して生きる」
それがテーマといえるかもしれない、

起きてしまったことは仕方ない、
その後をどう生きるか
そこにしか救いはないのだ。



誰もが懸命に生きている、
でもどうしようもなく心に傷は出来る、
なにもないように慎重に生きてても
それは突然事故のようにやってくるのだ、
それをどうやり過ごすか
そのくらいしか
出来ないのかもしれないな。

そんなふうに思ったが
でもそれは決してマイナスな感じじゃなく、
そういう自分を自分でどう考えるか
それだけなんじゃないかと感じた。

最近、身近な人が言った、
他の人が何と言おうと
自分たちで頑張ればいいんだ、

他の人たちが助けてくれるわけじゃないから。

なんだか心に染みた、
そうだ他人は関係ない
そんなふうに思っても
なかなか割り切れないのも事実なんだけれど。

映画の中の娘エリザベス(ナオミ・ワッツ)も
自力で人に見下されないように
懸命に鎧を付けるような生き方をしている、
彼女は孤独だったが
最後に「君が一番大事だから」と言われて
それは決して幸せな結末じゃなかったが
救われたことは確かだ。

この張りつめたような緊張感、
非常に練られたセリフ、
地味ながら傑作と言っていい作品

でもこの映画を見て
幸せな気分になれるとか
生きる希望が見えたとか
そんなことはないのだけれど。

★100点満点で85点

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン



ナオミ・ワッツもアネット・ベニングも皺のひとつひとつが
なんだか美しく感じた。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
  • URL:https://yaplog.jp/sora2001/archive/1714
トラックバック
トラックバックURL:
愛する人
養子縁組に纏わる3組の
人間模様が交錯する...

【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞)

原題:Mother and Child(母と子)
cinema-days 映画な日々  2012年01月16日(月) 0時02分
11-8.愛する人■原題:MotherAndChild■製作年・国:2009年、アメリカ・スペイン■上映時間:126分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:1月22日、TOHOシネマズ・シャンテ(日比谷)■料金...
KINTYRE’SDIARY  2011年03月03日(木) 8時32分
この映画も、予告編やあらすじ聞いただけで、なんか
泣けてきて、映画でも泣くだろうと思いましたが、
なんとか、こらえてきました。

原題が「Mother and child」

良いおばさんになったようなアネット・ベニング。
久しぶりにスクリーンで見たような気がしました。
これからはちょっと年をとったお母さん役が増えそうですね。


映画「愛する人」



あらすじ・

老いた母親を介護しつつ、日々忙しく働いているカレン
(アネット・ベニング)。
14歳の時に思わぬ妊娠をするが、やむを得ず生まれた子供を手放す。
37年たった今...
Osaka-cinema-cafe  2011年03月02日(水) 0時43分
ナオミ・ワッツが妊娠中に、大きなお腹で撮影に臨んだことでも話題になっている映画『愛する人』。

原題の『Mother & Child』が示す通り、様々な母と子ども(特に娘)を描いた物語です。

『バベル』、『21グラム』のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥが製作総指揮を手
 日本人は、けっこう“愛”という言葉に弱い。新聞記事や広告にもどっさり砂糖菓子のように使われているけれど、それはもっぱら男女間の感情を表す言葉になっている。でも、仏教や神道が生活の中で重きを置かれていた日本人社会では慈愛なら見つけやすいが、西欧から流入した“愛”の概念は今もどこかぎこちない。
今日の素敵さがし  2011年02月21日(月) 21時42分
 2009年/アメリカ、スペイン
 監督/ロドリゴ・ガルシア
 出演/ナオミ・ワッツ
    アネット・ベニング

 ナオミ・ワッツとアネット・ベニングが共演した作品。

 51歳のカレン(アネット・ベニング)は、14歳の時に妊娠し、娘を養子に出した過去があった。そして、その養子に出された娘・エリザベス(ナオミ・ワッツ)は、弁護士として活躍していたが、家族を持つ気はなく、孤独を抱えていた。そんな時、エリザベスは妊娠する・・・というストーリー。

 最初はカレンもエリザベスも好きになれませんでした。カレンはピリピリしてて、自分に好意を抱いてくれる人に対してあまりにも酷い態...
It's a wonderful cinema  2011年02月19日(土) 2時59分




 MOTHER AND CHILD

 14歳で出産、生まれた娘を母によって養子に出されたカレン(アネット・ベニング)
は、ただ娘を思いながら生きていた。37歳になったその娘エリザベス(ナオミ・ワッ
ツ)は...
真紅のthinkingdays  2011年02月18日(金) 9時33分
生まれてすぐに離れ離れになった母と娘の人生を描いた作品です。 予告編を観て、二人のお互いを想う気持ちはどうなったのだろうと気になっていました。 まるで祈りにも似た命の繋がりへの想いを感じられる物語でした。
とりあえず、コメントです  2011年02月17日(木) 22時09分
14歳の時に産んだ女の子を母親の手で養子に出されてしまったカレンは現在51歳。 年老いた母親と二人暮らしだが、ずっと届くことのない娘への手紙を書き続けている。 一方、養子に出され母親の愛情を知らずに育ったエリザベスは、弁護士として成功。 恋も仕事も自分でコントロールしているつもりだったが、予想外の出来事が起こってしまった…。  PG-12
象のロケット  2011年02月16日(水) 7時36分

<愛する人 を観て来ました>

原題:Mother & Child
製作:2009年アメリカ

←クリックしてね。ランキング参加中♪

シネマカフェさんの試写会にて鑑賞しました。
この日は、ママの為の試写会という事で、子供がいて、普段映画館でゆっくり映画が観れないよ〜というママを優先的にご招待するという試写会でした。
ママたちが映画を観ている間、派遣の保育士さんたちが子供達の面倒をみてくれるというシステム。
ちなみにSUZUは結婚もしてなければ、子供も居なかったので、ちょっと居心地が…
なんてことは全くありませんでした(笑)!

カレンは年老いた母の介護をしながら働く毎日。14歳で妊娠し、出産するが、その子供は養子に出されてしまった。51歳になったカレンは、今でも手放してしまった娘の事を想う…
37歳のエリザベスはやり手の弁護士。幼い頃、自分が養子だったことから、他人と深い関係を持つ事が出来ず、自由に生きてきた…。
しかし、エリザベスはある日、思いがけず妊娠する。
それをきっかけに、今まであまり考えもしなかった実の母親の事を想うようになる…


カレン役をアネット・ベニングが。
14歳で出産し、名前を付けることすら出来...
★紅茶屋ロンド★  2011年02月15日(火) 20時46分
’09年、アメリカ・スペイン 原題:Mother & Child 監督・脚本:ロドリゴ・ガルシア 製作総指揮:アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ 製作:ジュリー・リン、リサ・ファルコン 撮影:グザビエ・ペレス=グロペット 美術:クリストファー・タンドン 音楽:エド・シェアマー ナオミ・ワッツ         : エリザベス アネット・べニング      : カレン ケリー・ワシントン       : ルーシー ジミー・スミッツ        : パコ サミュエル・L・ジャクソ...
レザボアCATs  2011年02月15日(火) 10時30分
ペンダントに受け継がれる想い公式サイト http://aisuru-hito.com製作総指揮: アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ 監督・脚本: ロドリゴ・ガルシア  「彼女を見ればわかること」
風に吹かれて  2011年02月15日(火) 9時27分
試写会で見ました。14歳で娘を産んですぐに養子に出してしまい、後悔しながら自分の
うろうろ日記  2011年02月15日(火) 7時32分
愛する人
スタッフ 監督・脚本: ロドリゴ・ガルシア
キャスト ナオミ・ワッツ アネット・ベニング ケリー・ワシントン ジミー・スミッツ サミュエル・L・ジャクソン
劇場公開日:2011-1-15
...
シネマDVD・映画情報館  2011年02月15日(火) 7時23分
母親になるということとは・・・・・
子供を生めば母親になるというわけではない。
色々な形で、『母になる』ということを見つめた映画だ。
ノルウェー暮らし・イン・London  2011年02月15日(火) 1時49分

カレン(アネット・ベニング)は14歳で妊娠・出産し、やむを得ず赤ん坊を養子に出した。
母親の介護をしながらも、我が子を奪われたことへのわだかまりを捨てきれず、37歳になった実の娘に想いを馳せる日...
心のままに映画の風景  2011年02月14日(月) 23時16分
母となる、いろんなカタチ。
それぞれの後悔と、それぞれの希望。
叶わない願いと、届かない想い。




『愛する人』 MOTHER AND CHILD
2009年/アメリカ、スペイン/126min
監督・脚本:ロドリゴ・ガルシア
出演:ナオミ・ワッツ、アネット・ベニング


『彼女を見
  2011年02月14日(月) 12時28分
年老いた母と2人で生活する51歳のカレンは、14歳の時に産んだもののすぐに養子に出した娘を想って出すあてのない手紙を書き続けていました。養子に出されて孤独を抱えたまま成長した娘、エリザベスは弁護士として成功を収めていましたが、他人と深く関わることを避けてきました。
  2011年02月14日(月) 6時36分
今年の試写会初め@ニッショーホール。
お客の9割が女性。
千趣会の主催でこの銘柄だから納得の男女比か?
入場時に手帳やタイツ、ビスケットなどが詰め合わされたお土産の配布あり。
タダで映画見せていただけるだけで充分にありがたいのに、お土産まで戴いて感謝感激雨あられ。(笑)
あーうぃ だにぇっと  2011年02月14日(月) 5時30分
作品情報
タイトル:愛する人
制作:2009年・アメリカ/スペイン
監督:ロドリゴ・ガルシア
出演:ナオミ・ワッツ、アネット・ベニング、ケリー・ワシントン、ジミー・スミッツ、デヴィッド・モース、サミュエル・L・ジャクソン、
あらすじ:年老いた母親を介護し、毎日忙しく働いているカレン(アネット・ベニング)。そんな彼女には、14歳で妊娠・出産するものの、やむを得ず子どもを手放した過去があった。一方、母を知らずに育ち、弁護士としての輝かしいキャリアを持つ37歳のエリザベス(ナオミ・ワッツ)は、思わぬ妊娠をきっかけに母への慕情を意識し始める。
...
★★むらの映画鑑賞メモ★★  2011年02月14日(月) 1時31分
 14歳で妊娠して母親によって強制的に子供を養子に出され、今ではその母親を介護し
みんなシネマいいのに!  2011年02月14日(月) 0時54分
原題:MOTHERANDCHILD監督:ロドリゴ・ガルシア出演ナオミ・ワッツ、アネット・ベニング 、ケリー・ワシントン 、ジミー・スミッツ 、サミュエル・L・ジャクソン公式サイトはこちら...
NiceOne!!  2011年02月14日(月) 0時40分

 
14歳の時、カレン(アネット・ベニング)は恋人の子供を身籠るが、母親の反対で娘を手放すことになる。36年後。周囲との深いかかわりを避けてきた彼女は、介護をしながら一緒に暮らす年老いた母に対して、素直に接することができないでいた。職場で出会ったパコ(ジミー・スミッツ)はそんな彼女を理解してくれるが、関係はうまくいかない。だた、名前も顔も知らぬわが娘を密かに想い、届く事のない手紙を書き続ける日々。一方、母親の愛情を知らずに育ったエリザベス(ナオミ・ワッツ)は、弁護士として成...
Cartouche  2011年02月13日(日) 23時47分
14歳で子供を産み落とした瞬間にその子を手放さなければならなかった母親とその娘が、37年ぶりに人生の転機を迎え引き付け合う…。『彼女を見ればわかること』のロドリゴ・ガルシア監督が『華麗なる恋の舞台で』のアネット・ベニングと『イースタン・プロミス』のナオミ・ワッツの2人を中心に描くヒューマン・ドラマだ。共演にケリー・ワシントン、サミュエル・L・ジャクソンが出演する。
LOVE Cinemas 調布  2011年02月13日(日) 22時06分
2011年02月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf