映画「白夜行」私はいつも夜だった・・・でも不幸ではなかった

2011年02月11日(金) 1時17分
「白夜行」★★★☆
堀北真希、高良健吾、船越英一郎、戸田恵子、田中哲司出演
深川栄洋監督、107分、2011年1月29日公開
2010,日本,ギャガ
(原作:原題:白夜行)





                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい




累計180万部を突破した東野圭吾のベストセラーを映画化。


「ひとつの殺人事件に浮かぶ疑惑、
担当刑事は容疑者の自殺で解決とした事件を
ひとりその後も執念深く追っていた、
一見無関係に見えるいくつかの事件が
線を結ぶ時驚くべき事実が明らかになった」



東野圭吾の最近の作品は読んでいるが
この作品は未読、ドラマも見てないので
新鮮な気持ちで見たが
タイトルの「白夜行」の意味は
「私はいつも夜だった・・・」に続く短いセリフから
うかがい知るのみで、
このあたりは突然、主人公の雪穂から語られるので
話し言葉からまるでセリフを読んでるようで
とにかくこの言葉は入れたいといった性急な感じがした。

ただ全体のトーンというか
重苦しくもその中で懸命に生きる二人の
表と裏を丁寧に描かないことで
逆にそのあたりを想像させてくれる作りは
サスペンスと相まって
緊張感ある画面となって胸に迫ってきた。



堀北真希は無表情でセリフも少ないが
内に秘めた想いを
体全体で伝えていて
新しい発見でもあった。
演出の勝利なのか。

主人公の影となって
悪事を働いた青年は
彼女が栄光を掴むことを確認して
それで幸せだったのだろうか?
なんだか先の見えないものに
ここまで献身的になれるのかと
疑問を抱きつつも
そうでしか生きられない宿命に
胸が痛んだ。



もうひとつ心を揺さぶるものがあれば
「容疑者Xの献身」レベルまでいけたが
そこまでじゃあなかった、
でも見ごたえのある映画で満足。


★100点満点で75点

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン



高良健吾はそれ程うまく使われて無かった気がする。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
  • URL:https://yaplog.jp/sora2001/archive/1713
トラックバック
トラックバックURL:
以前の記事でも書いた大晦日の携帯水没事故について追記。
(サブタイトルの携帯電話云々はこの話ではなくて、下のほうの映画鑑賞記録のほうね)
…直ぐに書こうかと思っていたのですが、すでに一月以上前の出来事です

昨年大晦日に携帯をトイレに落としてしまったのは以...
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画  2012年02月07日(火) 22時04分
白夜行


監督: 深川栄洋

  
出演: 堀北真希、高良健吾、船越英一郎、田中哲司、姜暢雄、小池彩夢

公開: 2011年1月29日


               
   



劇場鑑賞です。感...
映画@見取り八段  2011年11月16日(水) 23時36分
今更ながらドラマ『白夜行』を見ました。

白夜行 完全版 DVD-BOX(2006/06/23)山田孝之、綾瀬はるか 他商品詳細を見る

東野圭吾が好きだったのですが、このドラマがやっていた2006年ころはまだあまりよく...
ブログネタ:1人でいるとき何してる?
参加中


ああ、夏も終わってしまいますね。(T^T)
テレビはあまり見ないので、
家に一人でいる時は、やっぱり映画を観てしまいますね。
後は読書とか。
東野圭吾の同名小説が原作で、
面白そうなので図書館で借りたのですが、
映画、言いたい放題!  2011年08月31日(水) 22時44分



 ドラマ版がマジ泣きしてしまった東野圭吾原作の白夜行。今回は映画版を観てきました。
よしなしごと  2011年03月24日(木) 8時00分
東野圭吾好きの友人から薦められてちょっとハマってしまい、小説、ドラマとチェックしてきた「白夜行」が映画になりました。
この「白夜行」、もともとがベストセラー小説ですし、ドラマ化もされていて、ストーリーをご存じの方も多いでしょう。
とはいえ、ネタばれはしない方向
シネプレックスの1000円で観られる割引メールにて観てきました!堀北真希ちゃんが
客道  2011年03月02日(水) 8時56分
【ストーリー】
テレビドラマ化もされたベストセラー作家・東野圭吾の長編ミステリーを、堀北真希主演で映画化。「半分の月がのぼる空」「洋菓子店コアンドル」の深川栄洋監督がメ ...
気ままな映画生活  2011年02月27日(日) 18時55分
映画化されると聞いて、実はその前に原作は読了。最近WOWOWでは『幻夜』がドラマ化されて放送されていました。こっちもドラマの開始の前に読了。なんか東野圭吾づいてる今日この頃ですが(笑)でも映画化で一番楽しみだったのは、深川栄洋監督がメガホンをとるということで・
黒猫のうたた寝  2011年02月15日(火) 22時58分
チーム・ホリキッター・・・それは、ごく一部で流行っているらしい女優・堀北真希さんの愛称【ホリキッター】を、メジャーらしい「ホマキ」「まきまき」を押しのけ、wikipediaに載る ...
|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο  2011年02月15日(火) 19時43分
監督 深川栄洋少しあらすじ昭和55年、廃ビルで質屋の店主が殺されるという事件が起きる。被害者が通いつめていた女が容疑者として浮上する。やがて女がガス中毒死したため被疑者死...
ももたろうサブライ  2011年02月14日(月) 19時43分








映画 「白夜行」
ようこそMr.G  2011年02月14日(月) 11時29分
原作は昭和48年から平成4年にかけての、いわば昭和後期を描ききった大河ドラマだった。もちろんひとつの質屋の店主殺人事件を巡る主人公二人の闇の19年を描くのが縦糸だったか...
再出発日記  2011年02月12日(土) 11時40分
密室の廃ビルで質屋の店主が殺され、決定的な証拠がないまま事件は容疑者死亡によって一応の解決を見る。 しかし担当刑事の笹垣は、加害者の娘・西本雪穂と、被害者の息子・桐原亮司、共に暗い目をした10歳の子どもたちの姿がずっと忘れられないでいた。 やがて成長した雪穂と亮司の周辺で、不可解な事件が立て続けに起こり始めるのだが…。 ミステリー。
象のロケット  2011年02月12日(土) 9時31分
映画「白夜行」観に行ってきました。
東野圭吾原作のサスペンス小説映画版。
質屋の殺人事件から始まる、被害者の息子、容疑者の娘、そして18年もの歳月をかけ真相に迫る刑事の視点で綴られる心理描写ミステリー作品です。
ちなみに私は、原作未読のまま映画を観に行っています。
物語最初の舞台は1980年(昭和5
タナウツネット雑記ブログ  2011年02月12日(土) 1時05分
東野圭吾著の同名小説を映画化した作品です。 テレビドラマにもなって大人気の物語ですけど、ドラマは未見で原作も読まないままチャレンジしてみました。 人の心に潜む闇の深さにひたひたと怖さを感じるような物語でした。
とりあえず、コメントです  2011年02月11日(金) 21時07分
よくもこれだけハードな内容の物語を忠実に映像化したと、製作者に讃辞を送りたい。今年の日本映画を代表する作品になるのは間違いない。人間の欲望の醜い極めが、画面から観客の心に突き刺さる。万人にお勧めできる映画ではないけど、骨のある作品である。
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver  2011年02月11日(金) 20時28分
映画「白夜行」を鑑賞しました。
FREE TIME  2011年02月11日(金) 20時02分
昭和55年、容疑者事故死として処理された殺人事件。しかし担当刑事・笹垣は納得がいかず、容疑者の娘・雪穂と加害者の息子・亮司を気にかけながら、単独で捜査を続けていた。やがて時は流れ、清楚で美しい娘となった雪穂の周辺で不可解な事件が起こり始める。
rambling rose  2011年02月11日(金) 18時24分
 
密室となった廃ビルで、質屋の店主が殺された。決定的な証拠がないまま、事件は容疑者の死亡によって一応解決を見る。しかし、担当刑事の笹垣だけは腑に落ちない。加害者の娘で、子供とは思えない美しさを放つ少女・雪穂と被害者の息子で、どこか暗い目をしたもの静かな少年・亮司の姿がいつまでも目蓋の裏を去らないのだ。やがて、成長した二人の周辺で不可解な事件が立て続けに起こり、意外な関係が姿を現し始める・・・。(TOHO CINEMA)★★★★東野圭吾のベストセラーの映画化。原作の世界観に 忠実に描かれていたと思う。テーマは重く、暗く いつまでも救いようのない二人の思いに胸がしめつけられる。ふたりが子供のときに起きた出来事。それがすべての原点。だからこそ 無邪気に仲良く遊ぶ子供時代の雪穂と亮司の姿が切なくなる。大人になったと雪穂と亮司 二人の一緒のシーンはまったくない。雪穂の前に立ちはだかるものたちは 次々に襲われ 殺されていく。亮二は閉ざされた世界の中で それはまるで白夜のように陽のあたらない裏の世界の中で雪穂の陰で 彼女の幸せだけを願うように生きている。原作も読んでいたし ドラマも見ていたけれど少し...
voy's room  2011年02月11日(金) 15時12分
暗く、不気味。
物音を立てて観てはいけないような雰囲気で、成り行きを静かに見守るようでした。


“あたしの上には太陽なんかなかった。いつも夜。
でも暗くはなかった。太陽に代わるものがあったから...
映画通信みるみる  2011年02月11日(金) 14時10分
東野圭吾さん原作の小説を映画化。
例によって原作は読んでいません。

過去にTBSで早瀬はるかさんと山田孝之さんで
連続ドタマ化されているので記憶にある方も
多いのでは?

ドラマとちょっと比較し...
単館系  2011年02月11日(金) 12時14分

(C) 2011 映画「白夜行」製作委員会
製作年: 2010年
製作国: 日本
日本公開: 2011年1月29日
あーうぃ だにぇっと  2011年02月11日(金) 11時52分
試写会で見ました。幼い時に、父を殺された息子とその容疑者の娘に奇妙な繋がりがある
うろうろ日記  2011年02月11日(金) 11時51分
注・内容に触れています。既にテレビドラマ、韓国版映画、舞台と映像・舞台化されている東野圭吾の人気小説『白夜行』を『60歳のラブレター』『半分の月がのぼる空』の深川栄洋監督が映画化。文庫で850ページに
映画雑記・COLOR of CINEMA  2011年02月11日(金) 11時11分

 昭和55年。廃墟となったビルで、男の死体が発見される。担当刑事の笹垣(船
越英一郎)は、被害者の息子・亮司と、加害者の娘・雪穂の幼い姿に、妙な胸騒
ぎを覚える。

 大人気作家・東野圭吾の代表...
真紅のthinkingdays  2011年02月11日(金) 10時35分
今までにテレビドラマや舞台になってきた東野圭吾の同名人気小説を映画化。ある事件の容疑者の娘と被害者の息子が辿る数奇な運命を、事件を担当した刑事の目線で追う。主演は『誰かが私にキスをした』の堀北真希。共演に『おにいちゃんのハナビ』の高良健吾、『ウルルの森の物語』の船越英一郎が出演している。監督は『60歳のラブレター』の深川栄洋。
LOVE Cinemas 調布  2011年02月11日(金) 1時52分
2011年02月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf