映画「100歳の少年と12通の手紙」クリスマスのほろ苦いおとぎ話

2010年11月26日(金) 21時05分
「100歳の少年と12通の手紙」★★★☆
ミシェル・ラロック、アミール、マックス・フォン・シドー、アミラ・カサール 出演
エリック=エマニュエル・シュミット 監督、105分 、2010年11月6日公開、
2008,フランス,クロックワークス、アルバトロス・フィルム
(原題・作:OSCAR AND THE LADY IN PINK)





                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「主人公の10歳の少年オスカーは
偶然自分の余命を知る、
壊れ物に触るように接する周囲に戸惑い、
そんな時に出会った、あけすけにものを言う
ピンクのスーツの女性に惹かれ
院長にただ一つの願いとして
そのピンクスーツの宅配ピザ屋の女主人ローズに
毎日会いにきてもらうようにしてもらう」



クリスマスも近い頃といえば
クリスチャンでも無い日本でも
街は華やかになり気分が高揚するが
映画の舞台は病院の小児病棟、
主人公の余命はごくわずか、
湿っぽくなりがちなテーマだけれど
オスカーのくるくる変わる表情と
全てを楽しもうとする前向きな姿勢に
笑ってしまうシーンも多い。



彼とローズは1日を10年間と考え
日々を過ごすことにし、
毎日神様に宛て手紙を書くことを約束した。
ローズは一日の終わりにその手紙を
風船に付けて空に放つ、
神様に届くように。


オスカーの持つスノーボールの中には
プロレスのリングがあり
ローズがレスラーとして
これまでの対戦相手や試合内容を
大袈裟に作り話を語るのを
オスカーは楽しみにしていた。

それがあまりにバカバカしい作り話で
それ程楽しめないが
近くに座っていた子供がゲラゲラ笑っていたので
これは子供としては楽しいんだろうな。

荒涼とした風景と
一本のまっすぐな道を走るピンクの車、
降りてくるのはピザをかかえたピンクスーツの女

映画を見てるうちにそれが普通に思えてくる
この映画の素敵なマジックを楽しむ、
自分たちはとかく現実的な手触りを追い求める
けれどこんな映像の魔法も
心地良いことも知っている。


★100点満点で75点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン
この作品はオスカー役の少年の配役に尽きる、
彼のキラキラと輝く瞳に誰もが希望を見るはず。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
  • URL:https://yaplog.jp/sora2001/archive/1672
トラックバック
トラックバックURL:
Oscar et la dame rose フランス 2009 2010年11月公開 劇場鑑賞 近くの劇場に別の作品を観に行った際に、同じスクリーンで2本連続で公開されていて、せっかくの機会なので鑑賞することにしました。 小児病棟に入院中の10歳の少年オスカー(アミール)は、医者が両親に自分の命がそう長くないことを告げているのを聞いてしまい、不自然に彼に気を使う周囲の大人たちに対し心を閉ざし口をきかなくなり、医師(マックス・フォン・シドー)に病院の廊下で出会った気風の良い宅配ピザの女性ローズとな
Andre's Review  2011年03月05日(土) 0時59分
 白血病を患い小児病棟に入院している10歳のオスカーは、もう直らないことがわかっ
みんなシネマいいのに!  2011年01月03日(月) 14時16分
「Oscar et la dame rose」…aka「Oscar and the Lady in Pink」 2009 フランス/ベルギー/カナダ

ピザ屋のオーナーローズに「メルシィ!人生/2000」のミシェル・ラロック。
オスカーにアミール。
デュッセルドルフ医師に「偉大な生涯の物語/1965」「潜水服は蝶の夢を見る/2007」のマックス・フォン・シドー。
ゴメット婦長に「シルヴィア/2003」のアミラ・カサール。
ローズの母に「悲しみよこんにちは/1957」「あるいは裏切りという名の犬/2004」のミレーヌ・ドモンジョ。
監督、原作、脚本に「イブラムおじさんとコーラ...
ヨーロッパ映画を観よう!  2010年12月15日(水) 23時44分



 日本で14館しか上映していない単館系映画100歳の少年と12通の手紙を観てきました。
 自称映画ブログのクセして、映画の記事を書くのは約3週間ぶり!!!
よしなしごと  2010年12月12日(日) 5時04分
現在公開中のフランス映画、「100歳の少年と12通の手紙」(監督:エリック=エマニュエル・シュミット)です。TOHOシネマズシャンテで観賞しました。 なんとなく、タイトルから「いい映画の香り」がして、行ってみようかなと思っていた作品です。難病モノと知って、ちょっとテンションが下がっていたのですが、これは素晴らしい作品でした。スルーしなくてよかった! テンションが下がったと書きましたが、別に難病モノが嫌いというわけではありません。むしろ、最も興味深いテーマを描いているからこそ、アラというか変な意図みた...
Men @ Work  2010年12月08日(水) 1時16分
子供の映画、しかも病気の子供の映画なんて泣く必須だよね。
と思っていたけれど、やっぱり泣いてしまいました。

でも号泣というより、静かな涙、というか。

オスカーも白血病であとわずか、という割には元気だし
(免疫力が落ちてるんだから他の子と隔離されるべきじゃないか、
とか、外出なんかしちゃダメだろ、という現実的でないことも多々)、
思っていたのとは違い、かなりファンタジー色強
*モナミ* SMAP・映画・本  2010年12月06日(月) 17時20分
難病ものは単なるエッセンスのひとつ。死にゆく少年の言葉は深いなぁ・・・『100歳の少年と12通の手紙』観てきました。クリスマスが近づく12月20日・・・少年は偶然担当医が自分の両親に、彼の余命があとわずかだと話している声を聞いてしまう。ショックのあまり、今日は少年
黒猫のうたた寝  2010年12月05日(日) 23時31分
エリック・=エマニュエル・シュミット監督の創り上げた人気舞台劇&小説を自ら映画化した作品です。 予告編だけでも泣けてきそうな物語が見えてくるようで、とても気になっていました。 予想以上にコミカルで楽しい、でも、やっぱり最後は切なさでいっぱいの作品でした。
とりあえず、コメントです  2010年12月04日(土) 23時05分
2010年11月30日(火) 19:15〜 TOHOシネマズシャンテ3 料金:0円(フリーパス) パンフレット:未確認 『100歳の少年と12通の手紙』公式サイト フリーパス25本目。今年のフリーパスもラスト。本数は去年とタイの計25本だった。 白血病の少年の最後の12日間の話。 無菌室にいないし、外出もするので、どっかのケータイ小説みたいだが、それをアレコレ言うのは野暮だ。 この作品は、ファンタジーである。 よってもって、あまり湿っぽくない。 主人公の少年が、達観しているというか、老獪というか、名台詞の数々をはくし。 泣かせよう、泣かせようとしていないところに好感が持てる。 少年の庇護者のオバサンの生活や人となりがクドくなく簡潔に、とても判り易く表現されているのも、上手い演出だ。オバサンと家族の関係なんて、短いながら、よく描けていたね。 プロレスラーだったと思われる推定元亭主には、もう少し活躍して欲しかったが。 配給は、アルバトロス・・・・・・。 お勧め度:☆☆☆★ アルバトロス度:☆ 俺度:☆☆☆★
ダイターンクラッシュ!!  2010年12月02日(木) 20時27分

白血病を患い小児病棟に入院している10歳のオスカー(アミール)は、特別扱いをされることに飽き飽きしていた。
ある日、デリバリーピザのローズ(ミシェル・ラロック)の遠慮ない態度にオスカーは心を掴ま...
心のままに映画の風景  2010年12月01日(水) 18時41分
 白血病で入院中の少年オスカー(アミール)。いたずらをしても、教師も看護婦も彼に気を使い、叱っても笑ってももらえない。そんな中、ピザ配達に来たローズ(ミシェル・ラロック)とぶつかって怒られ、微笑む彼。だが、面会日でない日にこっそり病院にやってきた両親が…
シネマ大好き  2010年11月29日(月) 19時04分
白血病で入院中の10歳の少年オスカーは、自分に気を遣う病院のスタッフや両親に失望していた。 ある日、ピザ屋の女主人ローズに怒鳴られ、唯一正直に接してくれる彼女に心を開くようになる。 院長はピザの宅配を条件に、ローズにオスカーの話し相手になってくれるよう依頼する。 ローズはオスカーに、1日を10年と考えて生きることを提案するが…。 ヒューマン・ドラマ。
象のロケット  2010年11月29日(月) 2時57分
神様に起こしてもらってね 公式サイト http://www.100-12.com同名小説の映画化原作・監督・脚本: エリック=エマニュエル・シュミット白血病で小児病棟に入院中のオスカー(アミール)。彼
風に吹かれて  2010年11月28日(日) 14時32分
僕たちはこの映画の中で、度々クローズアップで映し出される主人公オスカー(アミール)の目に出会うことになります。
その度に僕たちはその人形のようなまつげの長さに嘆息し、彼ほどの長さがあれば僕たちの人生も多少は違ったろう、なんて浅薄な嫉妬を覚えたりするわけですね(笑)。
もちろんそんな愚かな願いなど叶えられるはずもなく、そこで僕たちは、彼の瞳はいったい何を見ているんだろう、と訝ることになります。
weekly? ぱんだnoきぐるみ  2010年11月27日(土) 17時31分
「病気と闘う少年が、10日間で100歳まで駆け抜けた人生。」 [Official]

白血病を患い、病床につく少年オスカー(アミール)、10歳。病と闘う少年に、周りの大人たちは気を遣い、履き違えた優しさと愛情を注ぎます。ある日、オスカーの余命が長くはないことを告げられた両親。
映画 - K'z films -  2010年11月27日(土) 14時05分
原題:OSCARETLADAMEROSE/OSCARANDTHELADYINPINK監督・脚本:エリック=エマニュエル・シュミット音楽:ミシェル・ルグラン出演:ミシェル・ラロック、アミール、アミラ・カサール、ミレーヌ・ド...
NiceOne!!  2010年11月27日(土) 11時30分
『地上5センチの恋心』のエリック・=エマニュエル・シュミット監督が自身の書いた原作を映画化した作品。白血病に冒され余命僅か12日となった少年が、残された1日を10年に見立てて生を全うする感動のドラマだ。主人公オスカーには新人のアミール、主人公と共に残された12日間を共に過ごす心優しい女性ローズを『メルシィ!人生』のミシェル・ラロックが演じた。
LOVE Cinemas 調布  2010年11月26日(金) 21時40分
2010年11月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf