映画「クレイジー・ハート」自分の歌を自分らしく歌え

2010年07月29日(木) 18時09分
「クレイジー・ハート」★★★★
ジェフ・ブリッジス、コリン・ファレル、マギー・ギレンホール、ロバート・デュバル出演
スコット・クーパー監督、111分 、2010年6月12日より順次公開、2009,アメリカ,FOX
(原題:CRAZY HEART)




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「昔のヒット曲で酒場やボーリング場で
ライブを行い、なんとか食いつないでいる
カントリーシンガーが主人公、
いつの間にかアルコール依存症をかかえ、
将来に展望なんてもてない崖っぷちだ、
果たして彼は再起できるのか」



ストーリー的には
ミッキー・ロークを復活させた
レスラー」と似ている、
やはり一発逆転のアメリカンドリームが
みんな好きなのだ。


印象的なシーンがある、
インタビューにきたジャーナリストで
主人公と恋に落ちる女性が
主人公が即興で作った歌を聴いて
「才能があるって残酷すぎる、
いつかあなたが私のベッドで
素敵な歌を作ってくれたことを
私はこのベッドで眠る度に思い出すのよ」

歌を作る才能なんて
それはホント、神様が与えたプレゼントのようなもので
誰でも努力すればなんとかなるってものじゃない、
特にジャーナリストのように
文章を書いたりそのほかにも才能のある人と
出会っていれば
持っている人とそうでない人という
現実を何度かは見ているはずだ。

映画はラストにやはり
夢を見させてくれる、

素晴らしい歌を作り上げ
多くの聴衆に聞いてもらうことができるのだ。

確かにこの映画は
甘いハリウッドものとは違い
恋した相手とはうまくいかず、
出来上がった素晴らしい歌も
自分で歌うことはない、
けれどきっとこの後、主人公は
自分の思い描く良き生き方を
しっかりと歩んで行けそうだと思う。

ラストまで見て
「出来すぎ」と思う人も居るだろう、
人生そうそううまくいかないよと、
でもせっかく見に行った映画で
幸せの予感の微塵もない現実を見せられても
それでは自分たちも良く知っている
映画館の外の世界ということになってしまう。

だからハッピーすぎるのも食傷気味だけど
少しは夢も見させて欲しいのだ、
努力しても何も得られないよと
そんな話をわざわざ見たくはないからね。


努力は報われる
それくらいは信じたい、

じゃなかったら日々の暮らしの積み重ねに
何の意味があるかわからないから。

★100点満点で80点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

ジェフ・ブリッジスがこれでアカデミー主演男優賞、
最高の演技というより、なりきり賞って感じです。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
  • URL:https://yaplog.jp/sora2001/archive/1603
トラックバック
トラックバックURL:
クレイジー・ハート
元人気カントリー歌手が
地方女性記者と知り合い
アルコール依存症から再起を図る...

【個人評価:★★★ (3.0P)】 (自宅鑑賞)

原題:Crazy Heart
原作:トーマス・コッブ
cinema-days 映画な日々  2011年12月11日(日) 13時40分


かつて一世を風靡した落ちぶれたカントリー・シンガーが、再起と希望をもつというストーリー。
「カントリー・ストロング」ではグウィネスがこちらの女性版ともいえるカントリー・シンガーを演じていましたね。あちらも曲がなかなか良かったのですが、これもメイン曲が素晴らしく良かったです。
ジェフ・ブリッジスさんが渋い。普段はうだつの上がらないアル中のオヤジなんだけど、歌いだすとこれがとてもいい声をしてて魅力的に変わる(歌うまいなー!)。
マギー・ギレンホールさん演じる女性記者ジーンと恋に落ちるんだけど、酒が原因で離れてしまう。でもこの出会いがあったからこそ、前に進めた。
今や売れっ子になった弟子のトミー・スウィートが歌うバッド作の「The Weary Kind」だけが歌詞があって、哀愁もある素晴らしい曲でした(出来れば他の曲にも歌詞をつけてほしかったけどね)。
コリン・ファレルさん演じるトミーは売れっ子になった今でもバッドを慕っていて、なんだかこの関係いいなあと思っちゃった。マネージャーも彼を見捨てない。
結局、アル中を克服して再起を臨むバッドが作る曲はトミーが歌うのだけど、バッドが歌う姿も観てみたかった...
いやいやえん  2011年10月21日(金) 9時14分
2009年度アカデミー賞でジェフ・ブリッジスが主演男優賞を獲得して、歌曲賞も取った。助演女優賞にはマギー・ギレンホールがノミネートされた。コロラド州・ニューメキシコ州・アリゾナ州・テキサス州と旅をする落ちぶれたミュージシャンが、シングルマザーに出会うことで人
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver  2011年07月28日(木) 23時33分
傷ついた者にしか、歌えない愛がある

Addict allcinema おすすめ映画レビュー  2010年09月25日(土) 23時21分
6/14に観たのはジェフ・ブリッジスがオスカーを獲った映画ということで、楽しみにしてました。渋いオヤジでアル中で、ちょっと情けなかったりするんだけど魅力的なんですねぇ〜...
kaoritalyたる所以  2010年09月05日(日) 20時16分
 何というか青春のはしかみたいなものなのかもしれないけど、中学や高校時代はチョイ
みんなシネマいいのに!  2010年08月18日(水) 0時14分
地方をどさ回りする落ち目のカントリーシンガーを (ジェフ・ブリッジス)が悲哀たっぷりにしみじみと 名演&素敵な歌声を披露してくれてました。 好き勝手に生きて来た主人公”バット・ブレイク”。 4度の離婚を繰り返しその場限りの女と酒に溺れ、 後輩の売れっ子ミュージシャンを疎ましく思いながらも 自分を変えることができずにダラダラと日々を送っていた。 そんな中、ある地方記者の女性と出会ったことがきっかけに 彼女と彼女の息子との居心地に、かつて自分が捨ててしまった 家族を思い出したり、不摂生がたたり心細くなったりで。。。 彼女とまじめに5度目の結婚か?、、、と思いきや 酒引っ掛けて彼女の息子を迷子にして失望されてしまう。あぁぁ。 そんな彼の挫折から再生する話。 しかし、男とはなぜに無様な姿をさらしてまで維持したい プライドがあるのだろう? 這いずるような生活でも人前では強気に格好つけてしまうし でも影ではゲロまみれで寝てしまう。。。 ジェフさんの自然すぎる演技がズキズキものでした。 (世の愛好者の方、お酒もタバコも控えめに☆) そして、彼の心を変えるきっかけをくれた女性“ジーン”。 (マギー・ギレンホー...
暇さえあれば映画ミル  2010年08月09日(月) 1時23分

57歳のカントリー・シンガーソングライターのバッド・ブレイク(ジェフ・ブリッジス)は、かつて一世を風靡したものの、すっかり落ちぶれ、?...
心のままに映画の風景  2010年08月06日(金) 0時25分
久しぶりに鰻を食べました。貧血相変わらず数値上がらないし、ここらで栄養取らなきゃ、やばいんじゃないかと勝手に懸念。鉄分あるかどうかは別に滋養充填しちゃってからの映画鑑賞って、微妙にうたた寝指数上がらないかな?そんなこと思いながら鑑賞始めましたが・・・意外
黒猫のうたた寝  2010年08月05日(木) 12時37分
『クレイジー・ハート』 “CRAZY HEART” (2009・アメリカ) 1h51 製作・監督・脚本 : スコット・クーパー  製作総指揮・出演 : ジェフ・ブリッジス  製作・出演 : ロバート・デュヴァル 出演 : マギー・ギレンホール、コリン・ファレル、ジャック・ネイション 大御所カントリーシンガー、バッド・ブレイクの生き様。 ネタバレ有り。 長年自分の好き勝手にやりたい放題やって来たバッド。現在落ちぶれ真っ最中につき、自分の娘ほどの年齢のシングルマザーに家族の温もりを求めますが。 安直方面の老年ラブストーリーに向かうのかと思いきや。 アルコール依存症のリハビリ施設に入った時には、安直方面一直線かと思った。 長年好き勝手やってきたのだから、今更他人に温もり求めんな。これからも独りで生き独りで老い独りで死ね。と事のほか辛辣で。 でも、それでこそバッド・ブレイク。その生き様を全うしてこそお前はカッコイイのだ。という事なのだろう。 エンドロールまでロバート・デュバルがプロデューサーだとは知りませんでした。 プロデューサー権限なのか、エンドロールの最後の曲はロバート・デュバルが歌って...
映画尻エリカ  2010年08月03日(火) 22時10分
ラストの感じ方


【Story】
カントリー・シンガー、バッド・ブレイク(ジェフ・ブリッジス)は、かつて一世風靡したものの、今では落ちぶれ?...
Memoirs_of_dai  2010年08月01日(日) 23時40分
2010年6月17日(木) 19:30〜 TOHOシネマズ川崎4 料金:0円(シネマイレージカード ポイント使用) パンフレット:未確認 『クレイジー・ハート』公式サイト 一世を風靡したカントリー歌手。今は、アル中でドサ回りの人生だ。 立ち寄ったコンサート先で、シングルマザーの地方新聞記者と懇意になる。 しかしアル中が・・・ 駄目になってしまった初老の男の再生映画だ。 こういうヤッチマッタ奴は嫌いで無い。伊良部のような。 再生映画というのも好きなジャンルである。 しかも本作は、出てくる人物がすべてお人よしの好人物だ。「世界最速のインディアン」級。 とても暖かい感じの作品である。 レコード会社のマネージャーやスターになったかつての弟子なんて、悪役で登場してもおかしくないのだが、皆主人公を助けるのだ。 終わり方も、ベタベタしていなくていい。 無冠の帝王ジェフ・ブリジッスは、目出度くアカデミー主演男優賞を獲得した。 ロバート・デュヴァルが、相変わらずいい仕事をする。 お勧め度:☆☆☆★ アル中度:☆☆☆★ 俺度:☆☆☆☆
ダイターンクラッシュ!!  2010年08月01日(日) 17時57分







映画 「クレイジー・ハート」
ようこそMr.G  2010年08月01日(日) 12時37分

<<ストーリー>>シンガーソングライターとして一世を風靡(ふうび)したものの、57歳になってすっかり落ちぶれたバッド・ブレイク(ジェ?...
ゴリラも寄り道  2010年08月01日(日) 4時02分
かつて一世を風靡した“伝説のシンガーソングライター”バッド・ブレイク。 57歳の今は新曲を書けないスランプ状態で、ドサ回りのカントリー歌手として酒浸りの毎日を送っていた。 サンタフェを訪れた際、地元紙記者ジーンの取材を受け、思いがけないなりゆきで彼女と一夜を共にする。 離婚の痛手に苦しむジーンは、過ちを繰り返すことを恐れていたが…。 音楽ヒューマンドラマ。
象のロケット  2010年07月31日(土) 5時48分
CRAZYHEART傷ついた者にしか、歌えない愛がある上映時間111分製作国アメリカ公開情報劇場公開(FOX)初公開年月2010/06/12ジャンルドラマ/音楽映倫G【解説】「フィッシャー・キング」「ビ...
CinemaCollection  2010年07月31日(土) 0時09分
 なんともダサくて、だらしがない、ダメ親父である。

 でっぷりと太い腹。
 無精ひげ。
 汗臭そうな、よれよれの服。

 いつでも酒?...
映画のブログ  2010年07月31日(土) 0時06分




 CRAZY HEART

 元カントリー界のスターで、今はドサ回りのミュージシャン、バッド・ブレイク
(ジェフ・ブリッジス)、57歳。何年も新?...
真紅のthinkingdays  2010年07月30日(金) 20時29分
 本年アカデミー賞で、ジェフ・ブリッジスの主演男優賞と、主題歌賞に輝いた作品である。アカデミー賞は時々、「えー!ウッソウ?」という場合もあるが、これは正当な評価だと思う。この映画の魅力は多々あるけれど、最も注目すべきが、その2点なのだから。
今日の素敵さがし  2010年07月30日(金) 14時22分
クレイジー・ハートがどうしても早く観たくて一所懸命応募した。
が、残念ながら招待状をゲットすることができなかった。
しかたなく、50円ムービーの掲示板で入手をはかる。
わたしは全然かすりもしなかった。
が、当てて売りに出している人が沢山いる。(笑)
あーうぃ だにぇっと  2010年07月30日(金) 12時42分
アラカンオヤジも出直せる 公式サイト http://movies.foxjapan.com/crazyheart同名小説(トーマス・コップ著)の映画化アカデミー賞主演男優賞・主題歌賞受賞監督は、これが
風に吹かれて  2010年07月30日(金) 12時08分
かつての人気カントリー・ミュージシャンのバッド・ブレイクは57歳。今やアル中で結婚と離婚を繰り返すという自堕落な生活を送っていた。そんな彼のもとに女性ジャーナリストのジーンが訪れ、二人は意気投合して付き合い始める。バッドは音楽を通して再起しようとするのだが・・・。

出演はジェフ・ブリッジス、マギー・ギレンホール、ロバート・デュヴァル、ライアン・ビンガム、コリン・ファレル

トーマス・コッブの同名小説の映画化。
ブリッジスとファレルは実際に本編で歌っているのだがこれがなかなか良い。
...
Mooovingな日々  2010年07月30日(金) 11時44分
原題:CRAZYHEART監督・脚本・製作:スコット・クーパー音楽:T・ボーン・バーネット出演:ジェフ・ブリッジス、マギー・ギレンホール、ロバート・デュバル、コリン・ファレル鑑賞劇...
NiceOne!!  2010年07月30日(金) 7時47分
『クレイジー・ハート』 CRAZY HEART
2009年・アメリカ
トーマス・コッブの小説を俳優スコット・クーパーが映画化。

 カントリー・シンガーの...
猫の毛玉 映画館  2010年07月30日(金) 0時42分
名優ジェフ・ブリッジスがようやくアカデミー賞主演男優賞を獲得し、歌曲賞とあわせて2冠を獲得した作品。共演のマギー・ギレンホールも助演女優賞にノミネートされた。かつての栄光も今はいずことドサ回り営業を続けるカントリー・シンガーが、一人の女性と子供との出会いをきっかけに再起を図る姿を描いたヒューマンドラマだ。監督はスコット・クーパー。
LOVE Cinemas 調布  2010年07月30日(金) 0時26分
2010年07月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf