映画「アデル/ファラオと復活の秘薬」これは久々の勘違いマンガ映画

2010年07月09日(金) 7時28分
「アデル/ファラオと復活の秘薬」★★★
ルイーズ・ブルゴワン、ジル・ルルーシュ、ジャン=ポール・ルーヴ出演
リュック・ベッソン監督、107分 、2010年7月3日公開、2010,フランス,アスミック・エース
(原題:LES AVENTURES EXTRAORDINAIRES D'ADELE BLANC-SEC )




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「1911年、パリの自然科学博物館。
化石の卵から翼竜プテロダクティルスが孵化、
冒頭から大きな翼を広げて悠然と空を飛ぶ様子は
面白そうな予感をさせた、
この調子で作り物のリアルを見せ切って欲しかったな」



主人公のアデルは
仮死状態となっている妹を救うため、
エジプト王家に伝わる秘薬を求めて冒険の旅へ。

あまりに簡単に秘密の部屋を見つけたり、
脱出できたり、
このあたりは原作がコミックということで
お手軽な展開で
この先こんな軽い調子なのかと不安になったが

コミカルな部分で、
まだアデルの魅力を知るところまで描き切れていないので
どうにも中途半端だった。

インディー・ジョーンズの様な映画かと考えていると、
それにしてはチャチ過ぎるし、
ストーリー展開も強引で、

じゃあ笑えるかというとそれももうひとつと
どうにも消化不良な出来、
ただ「踊る」に似ていると感じた、
それはもっと主人公のキャラを知った上でなら
この映画は全然違った感じに受け取れるのかも。

ミイラがパリの街をヒョコヒョコ歩くシーンに至っては
マンガでしかない、
これってやはり子供向け?


リュック・ベッソン監督作品としては
久々な感じだけど
最近は生彩ないね、
「レオン」や「グランブルー」が懐かしい、
ただし製作者としては
当たり外れはあってもまあまあ健闘、
これからも裏方に徹した方がいいのかも。

★100点満点で60点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

アデル役の女優ルイーズ・ブルゴワンは超美人ってわけじゃないが
親しみがわく感じ良い雰囲気だった。
次はちゃんとした作品で見てみたい。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
  • URL:https://yaplog.jp/sora2001/archive/1590
トラックバック
トラックバックURL:
監督 リュック・ベッソン 主演 ルイーズ・ブルゴワン 2010年 フランス映画 107分 アドベンチャー 採点★★ 小学生の頃、マンガ好きの後藤くんの影響で、「ちょっくら自分でも描いてみるか!」と無謀にもマンガ作りに挑戦してみた私。しかしながら、残念な絵心の持…
Subterranean サブタレイニアン  2011年07月15日(金) 15時41分
満 足 度:★★★☆☆☆☆☆☆☆
   (★×10=満点)
   試写 ヤクルトホールにて鑑賞
   2010年07月03日 公開 

監  督:リュック・ベッソン
キャスト:ルイーズ・ブルゴワン
      ジル・ルルーシュ
      ジャン=ポール・ルーヴ
★試写会中毒★  2010年08月02日(月) 3時09分
『アデル ファラオと復活の秘策』

“ヒロイン×アドベンチャー”なんてコピーが躍るけれど、女性版インディ・ジョーンズなんてイメージで観に行くと、大きく期待を裏切られます。

だって、フレンチコミックが原作の、ドタバタコメディーだもの。
でも主人公アデル役のルイ
ketchup 36oz. on the table 〜新作映画レビュー  2010年07月31日(土) 12時08分
「踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!
」と迷ったけど、混んでいたので、こちらを選択。
新しい女性のヒーロー誕生というキャッチに魅かれて「アデル/ファラオと復活の秘薬
」を、土曜日のレイトショーで鑑賞。


「UCとしまえん
」は、踊る効果か、ちょっと多
いい加減社長の日記  2010年07月24日(土) 19時09分
Les aventures extraordinaires d'Ad?le Blanc-Sec (2010年) 監督:リュック・ベッソン 出演:ルイーズ・ブルゴワン、マチュー・アマルリック、ジル・ルルーシュ、ジャン=ポール・ルーヴ フランスの同名人気コミックの実写映画化で、20世紀初頭のパリを舞台に、重体の妹を救う為、古代エジプトの秘薬を求めて奔走する女性ジャーナリストの活躍を描く。 てっきり、女性版インディ・ジョーンズが「トランスポーター」ばりのアクションを見せてくれるのかと思っていたら、カーチェイス抜きの「TAXI」という感じのゆるいコメディだった。 原題にある“大冒険”と言えるのは、序盤のエジプトのシーンだけで、後は地元パリでのズッコケ・ヒロインによるコント劇の連続といった趣で、きっと原作はギャグ漫画なのだろうと推測される。 もっとも、重体というか仮死状態と言うかゾンビ顔で登場する妹を見れば、ナンセンス・コメディであるという見極めは早々につくので、そうとわかれば、ヒロインの中途半端なサービス・カットも含めて、そこそこ楽しませてくれる。 しかし、わざわざ、映画館に足を運ぶほどの代物ではないのも確かで、かつてのL・ベッソン監督はどこえやらという感...
Movies 1-800  2010年07月21日(水) 22時40分
『インディー・ジョーンズ』『ハムナプトラ』『トゥームレイダー』あたりの美味しいとこどりしたような映画だと思って観ると、似て非なるものでした。アドベンチャー/アクションの要素は少なく、大きく期待ハズレ。良くも悪くもド派手な演出がない分、「ファラオ」も「秘..
RATTLE YOUR GODDAMN HEAD!  2010年07月21日(水) 12時01分
リック・ベンソン、タルディ[原案] バンジャマン・ルグラン 岩澤雅利・浜道貴絵訳
本と映画の雑談室  2010年07月16日(金) 10時38分

【The extraordinary adventures of Adele Blanc-sec】
2010年/仏/アスミック・エース/107分
【オフィシャルサイト】
監督:リュック・ベッソン
出演:ルイーズ・ブルゴワン、ジル・ルルーシュ、ジャン=ポール・ルーヴ、マチュー・アマルリック
kuemama's_webryblog  2010年07月13日(火) 17時02分
今日の朝になって何か映画観ようかなーと思ってネットをいろいろ観てたら昨日公開のベッソンさんの映画がやってるそうじゃないですか。私は?...
生まれてから今まで観てきた映画全部  2010年07月12日(月) 21時36分
リュック・ベッソンが自ら監督を務めた映画『アデル/ファラオと復活の秘薬』は、女流冒険作家アデル・ブラン=セックがフランス〜エジプトを股にかけて活躍するヒロイン・アドベンチャー。

1976年に初めて発表された、フランスの国民的人気コミックを原作にしているそう。
 ジャック・タルディ原作の人気コミックを、鬼才リュック・ベッソン監督が映画化。20世紀初頭のフランスを舞台に、知恵と勇気と美貌を兼ね備えた女性ジャーナリスト・アデルが、...
狂人ブログ 〜旅立ち〜  2010年07月10日(土) 21時58分
この作品はたぶんダメという方が多いでしょうね。 その理由は想像がつきます。 スト
はらやんの映画徒然草  2010年07月10日(土) 20時47分
壮大なフランス版アクション・アドベンチャーだと思っていたら見事に裏切られた。間違ってもインディ・ジョーンズの『失われたアーク』あたりを祖とするような一連のハリウッド作品に通ずるハラハラドキドキワクワクを期待してはいけない。エジプトのシーンなど序盤であっという間に終わってしまう。あくまで本作はパリを舞台にしたコメディ・アドベンチャーなのだ。
SOARのパストラーレ♪  2010年07月10日(土) 17時47分
うぉー すげー ドイツはアルゼンチンに4点取っちゃったよ!クローゼもすごいけどテ
コリちょこ  2010年07月10日(土) 10時26分
原題:LESAVENTURESEXTRAORDINAIRESD'ADELEBLANC-SEC/THEEXTRAODINARYADVENTURESOFADELEBLANC-SEC監督・脚本:リュック・ベッソン出演:ルイーズ・ブルゴワン、マチュー・アマルリック、フィリップ・ナオン、ジ...
NiceOne!!  2010年07月10日(土) 8時08分
アデル/ファラオと復活の秘薬

1911年、妹が仮死状態となっているアデルは、その妹を助けるために、王家に伝わる復活の秘薬を探していた。

そんな折、翼竜・プテロダクティルスが孵化して、事件を起こしていた。
エスペランデュー教授が、よみがえらしていたのだ。

一方アデルは、アデルは、発見した医師のミイラをフランスへ持ち帰えろうとしていたが。

キャスト
ルイーズ・ブルゴワン
マチュー・アマルリック
ジャッキー・ネルセシアン
ニコラス・ジロー
ロール・ド・クレモン
ジ...
映画情報良いとこ撮り!  2010年07月10日(土) 4時11分
■ 試写会にて鑑賞アデル ファラオと復活の秘薬/LES AVENTURES EXTRAORDINAIRES D'ADELE BLANC-SEC
2010年/フランス/107分
監督: リュック・ベッソン
出?...
映画三昧、活字中毒  2010年07月10日(土) 2時07分
映画「アデル/ファラオと復活の秘薬」観に行ってきました。
1911年のフランスを舞台にした作品。
作中に微妙な入浴シーンがあるためか、この作品はPG−12(12歳未満は親または保護者同伴必須)指定され
タナウツネット雑記ブログ  2010年07月10日(土) 1時14分
<<ストーリー>>1911年、エジプト。妹の命を助けたいフランス人ジャーナリストのアデル(ルイーズ・ブルゴワン)は“復活の秘薬”の手掛か?...
ゴリラも寄り道  2010年07月10日(土) 0時16分
リュック・ベッソンが脚本・監督を担当して映画化した。コミックが原作なのであり得ない展開のお話になっているが、案外大人向けのジョークが散りばめられている。最後のシーンはブラックジョークだろうか。
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver  2010年07月10日(土) 0時01分
フランスで人気のコミックス・シリーズをリュック・ベッソン自らが監督し映画化したファンタジー・アドベンチャーだ。エジプトとパリを舞台に、妹の為にエジプト王家・ファラオの侍医の作る秘薬を求める冒険が繰り広げられる。主人公アデルに抜擢されたのはルイーズ・ブルゴワン。そしてその敵役として『潜水服は蝶の夢を見る』のマチュー・アマルリックが出演している。
LOVE Cinemas 調布  2010年07月09日(金) 23時09分
1911年。 ミステリーハンターとして世界中を冒険している美人ジャーナリスト、アデル・ブラン=セックは、双子の妹アガットの命を救うため、エジプトのラムセス2世に仕えた医師のミイラを探していた。 同じ頃、パリでは1億3500年前の怪鳥が空を飛び回り、人々を恐怖に陥れていた。 パリに戻ったアデルは、怪鳥を蘇らせた教授にミイラの復活を依頼しようとするが…。 ヒロイン・アドベンチャー。
象のロケット  2010年07月09日(金) 22時44分
《アデル / ファラオと復活の秘薬》 2010年 フランス映画 − 原題 − L
Diarydiary!   2010年07月09日(金) 20時54分



☆☆★−− (10段階評価で 5)
7月3日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 13:25の回を鑑賞。
みはいる・BのB  2010年07月09日(金) 20時21分
じゃじゃ馬娘:アデルによるドタバタアドベンチャー作品。”ファラオと復活の秘薬”という副題が付いているくらいだから女版”インディ・ジョーンズ”のようなスリルとアクションが楽しめる冒険活劇かと思ったら、単
たいむのひとりごと  2010年07月09日(金) 16時46分
 試写会の主催はラジオ日本「イエスタディポップス・ウィズ・シネマダイヤリー」さんだ。司会は横山明日香さん、映画上映前にスポンサー様からの抽選会が行われた。客席は8〜9割...
masalaの辛口映画館  2010年07月09日(金) 13時17分
 「面白い度☆☆☆☆☆ 好き度☆☆☆☆☆」

 最高のフレンチコメディ映画!

 これはほんっとうに私が考えそうな話。キャラといいギャグといい・・・作風がとっても私好みでこ
HEAVEN INSITE's Blog  2010年07月09日(金) 12時21分
6月8日(火)@ユナイテッドシネマ豊洲
最速試写会?で観てきました。
もう3週間も経ってしまったんだねえ。
会場はユナイテッドシネマ豊洲スクリーン1。
ずいぶん大きな会場に見えましたが、座席数は273席しかないようだ。
開場19時、開映19時30分と遅い。
その上リュック・ベッソンとルイーズ・ブルゴワンの舞台挨拶が予定されている。
帰宅は相当遅くなりそうだ。
あーうぃ だにぇっと  2010年07月09日(金) 12時02分
試写会で見ました。 コピーライターにだまされたー。と思ったのが第一印象です。正直
うろうろ日記  2010年07月09日(金) 9時12分
2010年07月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf