映画「告白 」原作を超えた、恐るべき作品、傑作誕生!

2010年06月10日(木) 0時09分
「告白 」★★★★☆オススメ
松たか子、岡田将生、木村佳乃出演
中島哲也監督、106分 、2010年6月5日公開、2010,日本,東宝
(原題:告白 )



                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「私の娘が死にました。
警察は事故死と判断しましたが、
娘は事故で死んだのではありません。
このクラスの生徒に殺されたのです」



騒がしかった教室が一瞬にして静まる、
そして犯人探しが始まる、
娘を殺された教師は生徒の心に罠をしかけ
退職してしまう、
次にやってきたのは勘違いの熱血先生だった。

原作がとても良く出来ていたので
映画の出来上がりを心配していた。

原作「告白」湊かなえ著、読んだ時の感想はコチラ ←
本屋大賞の堂々の傑作


でもこの映画は原作を超えている、
映画的な解釈をしそれをスクリーンに映し
徹底的に視覚的に生徒たちの心の動きを見せ切っている、

過剰とも感じるCGを挟みながら
それが却って全体の動揺やインパクトを
一瞬にして伝える、スゴイ。
スゴイ作品を見てしまった。

こんな映画が日本で作れるんじゃん、
そんなことを思いながら
画面に引き込まれる、
もちろん断片的な部分は今までもあった、
けれどそれら先鋭的な断片をつなぎ
危うい揺れる心をもつ13歳の生徒たちの
飾ることのないむき出しの感情が
この映画で、画面で爆発する。


13歳の考えることなんて
幼稚だ、
そんなふうにふと思うこともあるが
大人になり切れていない分
どこか無鉄砲で秩序の枠からはみ出し
それが傷口から
血をダラダラ流しながら叫んでいるようで
痛々しくもでもこんな瞬間は
確かにあるのだとちゃんと納得させてくれている。

原作は傑作だけれど、
破綻の無いどこかお行儀の良い作品だった、
別の場所にポーンと一気に飛ばしてくれるような
そんな熱は無かったが
映画にはそれが描かれていた、
日常を暮らしながら
頭の片隅でとんでもないことを考えたり
人間の思考はそんな理路整然としたものばかりじゃない
そのどうにもコントロールできない
訳の分からないものが
画面から感じられた。


もう一一度見たい。

★100点満点で90点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

松たか子の抑制された演技も良かった、
木村佳乃は女優さんだった。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
  • URL:https://yaplog.jp/sora2001/archive/1571
トラックバック
トラックバックURL:
告白はWOWOWでして6月に観たけども








結論は昨年の話題が納得の凄い復讐劇だった

















内容は中学校の教室で担任である森口が







生徒らにので娘の遺体が発見で
別館ヒガシ日記  2011年07月17日(日) 11時05分
7月17日 告白

TBアドレス
http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/10955203104/188b5f83

さや侍&X?MEN:ファースト・ジェネレーション&
エクスペンダブルズ&ディア・ドクター&
...
スポーツ瓦版  2011年07月17日(日) 11時04分
 

小説は随分前に読みました。
小説はとても面白かったけど、結局誰一人救われないので読後どんより・・・
映画化の話を知った時は「これをどんな風に?」っていうところに興味がわきつました。
小説の映画化という意味では、超完璧・・・というか小説でいまいちリアルに感



 予告編の短い告白だけで惹き付けられてしまった映画、告白を観てきました。
よしなしごと  2010年07月30日(金) 7時53分
予告編から、そのストーリーに惹かれて
これは映画館で観るべき、1800円払っても問題ないと
思いました。元はベストセラー小説ですが、
原作が注目されている事は知っていましたが、
冒頭からラストまで中だるみがなく、釘付け状態でした。
気ままな映画生活  2010年07月26日(月) 17時56分
とある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森口悠子が静かに語り出す。「わたしの娘が死にました。警察は事故死と判断しましたが、娘は事故で死んだのではなくこのクラスの生徒に殺されたのです」教室内は一瞬にして静まりかえり、この衝撃的
映画な日々。読書な日々。  2010年07月18日(日) 10時18分
愛美は事故で死んだのではなく、このクラスの生徒に殺されたからです…はっきりいって、本音が語られてる怖い話です [:ショック:]  一日一回のポチッ、よろしくお願い致します [:next:] 人気blogランキング【あらすじ】我が子を校内で亡くした女性教師が、終業式のHRで犯人である少年を指し示す。ひとつの事件をモノローグ形式で「級友」「犯人」「犯人の家族」から、それぞれ語らせ真相に迫る…警察からは「事故」と判断された中学校で起こった事件。シングルマザーの森口先生の娘がプールで溺死した。ちょっとしたきっかけで…森口先生は、事件の真相を知ることになる。それは、なんと自分のクラスの生徒だった [:びっくり:]彼女は、警察につげることもなく、淡々と復讐劇を演じるだけだった…人はみな、孤独じゃない、ロクでもない世の中だけど、幸せになろうよ。信じよう、ネバーギブアップ!に、隠されてる言葉。決して物語ではありません。一人一人、当事者そして関係者の「心の壊れ」がせつせつと描かれてます。娘を殺された先生、少年法を知っている当事者、事件を知ってしまったクラスメート、クレーマーの親、そして…「憎しみを憎しみで返してはいけない...
じゅずじの旦那  2010年07月16日(金) 18時40分
─ 映画『告白』 ─

本屋大賞第一位を取った湊かなえの衝撃の作品『告白』を、ビビッドでポップなカラーの作風で知られる中島哲也監督が映画化するということで、前からずっと気になってた作品。

だた、時間が取れなくて諦めかけていた頃、ちょうど時間が取れたので「これ....
Prototypeシネマレビュー  2010年07月07日(水) 1時36分
▼動機
バカにしに
▼感想
驚くほど良く出来た映画化
▼満足度
★★★★★★☆ いいかも

▼あらすじ
とある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森口悠子(松たか子)が静かに語り出す。「わたしの娘が死にました。警察は事故死と判断しましたが、娘は事故で死んだのではなくこのクラスの生徒に殺されたのです」教室内は一瞬にして静まりかえり、この衝撃的な告白から物語は始まっていく……。
▼コメント
恐ろしく、良く出来た実写映画化だった。

この原作小説に込められた作者の純然たる悪意を、実写映画では映像化できるわけがないとタカをくくっていたのだ...
新!やさぐれ日記  2010年07月05日(月) 19時39分
» 告白
満 足 度:★★★★★★★★★★
   (★×10=満点)
   試写 ニッショーホールにて鑑賞
   2010年06月05日 公開 

監  督:中島哲也
キャスト:松たか子
      岡田将生
      木村佳乃、他




■内容■

 とある中学校の1
★試写会中毒★  2010年07月05日(月) 1時20分
» 告白
中島哲也監督といえば下妻物語や嫌われ松子の一生ですよね。
この2作品は作りがよく似ていたのでああ、同じ監督だとすぐわかる映画のはずな?...
単館系  2010年06月26日(土) 21時59分
» 告白

★★★★★


今日はみなさんにイジメをしてもらいます


娘を殺された女教師の、他人の心理を巧みに操る復讐劇。
犯人である生徒のトラ?...
» 告白
告白’10:日本 ◆監督:中島哲也「嫌われ松子の一生」「下妻物語」◆出演:松たか子、岡田将生、木村佳乃◆STORY◆女教師・森口悠子の3歳の一人娘・愛美が、森口の勤務する中学校のプールで溺死体にて発見された。数ヵ月後、森口は終業式後のホームルームにて「私の....
C'est joli?ここちいい毎日を?  2010年06月24日(木) 11時17分
» 告白

とある中学校の1年B組。
終業式後のホームルームで、担任の森口悠子(松たか子)が静かに語り出す。
「わたしの娘が死にました。警察は事故...
心のままに映画の風景  2010年06月21日(月) 16時46分
映画『告白』、巷でささやかれているように問題作かつ傑作です。原作は1年以上前に読
大江戸時夫の東京温度  2010年06月20日(日) 22時49分
ほんとすごい作品だと思う。 本作に登場する登場人物は子供から大人までほとんどが自
はらやんの映画徒然草  2010年06月20日(日) 15時24分
映画「告白」を観ました。
またり、すばるくん。  2010年06月19日(土) 23時12分
間違いなく、私の今年度の邦画第1位だろうなあ。ただし、そもそも、観る邦画の数は少ないんだけど。なーんてね。
或る日の出来事  2010年06月19日(土) 19時48分
映画『告白』を本日、TOHOシネマズデーにて鑑賞。千円とは言え、午前中で50名程、半分以上は2〜30代の女性グループ。

採点は、★☆☆☆☆(5点満点で1点)。100点満点なら15点。最後まで演じ切った俳優陣たちには4点以上付けたいですが、脚本、演出、宣伝で各マイナス1点です。

ざっくりストーリー
とある中学校の教師が終業式のホームルームで妙な告白を始める。どうやら数か月前に事故死した我が娘は、実はこのクラスの生徒に殺されたと言う。そんなこと一向に信じずに、ワイワイガヤガヤな生徒たち。し...
ディレクターの目線blog  2010年06月18日(金) 15時30分
» 告白
脚本ゼミのメンバーで観る映画を観る会の今回の作品です。
原作は、2009年の本屋大賞を受賞した湊かなえの同名小説。
メンバーは全員原作を読んでいたので
皆で楽しみにしてました。(^^)
特に私は、
「嫌われ松子の一生
」や「パコと魔法の絵本
」の中島哲也氏が監督
映画、言いたい放題!  2010年06月18日(金) 11時01分
基本、キャストが見られないと映画を見ない人w 今回は、速記というよりただ書き殴ったメモから、エジプトの象形文字を解読するようにしてお届けする、超アナログ式“そんじょそこらの映画サイトやワイドショー、芸能誌、スポーツ新聞より無駄に詳しい舞台挨拶レポート...
|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο  2010年06月18日(金) 0時50分
 作家・湊かなえのデビュー作にして、2009年第6回本屋大賞に選ばれた傑作ミステリー小説を映画化。 自分の生徒に一人娘を殺された中学教師の復讐劇を、様々な視点から淡々と...
狂人ブログ 〜旅立ち〜  2010年06月16日(水) 21時05分
話題の映画「告白」を観てきました。

映画館に置いてあるリーフレットや予告編を観てから、ずっと気になってたんですよ。
テーマからしてちょっと重くて怖そうですし。
原作も話題になってましたしね。

2009年本屋大賞に輝いた、湊かなえのベストセラー小説が原作の....
Thanksgiving Day  2010年06月16日(水) 0時48分
久しぶりに、映画を観て息詰まるような感覚を覚えました。
中島哲也監督の最新作である映画『告白』は、今までとは打って変わった演出手法で、観る者に衝撃を与えます。
主演の松たか子の演技も、凄まじいの一言。
2010年度のキネマ旬報ベスト10、主演女優賞は彼女が受賞するの
映画「告白」の試写会に行ってきました。
To Be Freedom  2010年06月14日(月) 12時12分
                    中島哲也監督の最新作って事で
                    結構前から。雑誌に広告がのってて。
                       気になっていた映画だった
[[attached(0,class=popup_img_1280_960 width=300 height=225)]]

 
原作も知らずに、「面白そう?」そんな軽いノリで
試写会が当たってウキウキで行った。
が。。。
映画...
チワワとアメショー(^0^)  2010年06月13日(日) 9時12分
いやあ、すごいなあ・・・。
すごすぎたなあ・・・。




この作品、もう本当に後味が悪い。
一筋の光もない、ただただ真っ暗な映画。
救?...
うまい棒めんたい味の如く映画を語る  2010年06月13日(日) 7時53分
映画『告白』/forever with you
僕らのドラマ  2010年06月12日(土) 22時36分
話題の映画告白を早速鑑賞。

ある中学校、雑然とした教室。終業式後のホームルーム。1年B組、37人の13歳。
教壇に立つ担任・森口悠子(松)が語り出す。
「私の娘が死にました。警察は事故死と判断しましたが、娘は事故で死んだのではありません。このクラスの生徒に殺されたのです」一瞬、静寂に包まれる教室。
物語は【告白】から始まる。

何とも後味の悪い映画である。
これが「下妻物語」「嫌われ松子の一生」「パコと魔法の絵本」の中島作品かというくらいに衝撃的な作品だ。

冒頭から森口先生の「告白」スタイルで映画は進む。
その後も、人を変えての「告白」というものをベースに進む事から、どこか第三者的な目線での映画であり、淡々とおぞましい出来事を振り返っているようにも見える。
それと同時に、森口も自分のやり方で、静かに淡々と復讐を実行していく。

雑然としている教室。
もはや日常風景と化しているイジメ。
軽々しく幼児を死なせてしまう中学生。
復讐を実行する幼児の母であり担任教師。

映画は、これらの今や異常とは言えないような日常を、誰かの視点を中心にする訳でもなく、誰かに感情移入させる事を狙うでも...
燃える映画軍団【ブログ編】  2010年06月11日(金) 23時30分
» 告白
な?んてね


【Story】
とある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森口悠子(松たか子)が静かに語り出?...
Memoirs_of_dai  2010年06月11日(金) 23時05分
» 告白
これはすごい・・・中島監督!まあもちろん原作もすごかったからね〜。それにしてもそれをこういう形で映像化できたのは、中島監督だからでしょう。☆告白☆(2010)中島哲也監督湊...
ぷち てんてん  2010年06月11日(金) 21時33分
告白


監督: 中島哲也


  
出演: 松たか子、岡田将生、木村佳乃、橋本愛、西井幸人、芦田愛菜
公開: 2010年6月



中島哲也監督は、...
映画@見取り八段  2010年06月11日(金) 19時12分
評価:AA 打ちのめされた。もの凄い映画だ。もうただただ、中島哲也監督にひれ伏す
エンターテイメント日誌   2010年06月11日(金) 14時08分
 
先生の娘を殺したのは、誰?
 
■とある中学校、雑然とした教室。終業式後のホームルーム。1年B組、37人の13歳。教壇に立つ担任・森口悠子が語りだした。私の娘が死にました。警察で事故死と判断しましたが、娘は事故で死んだのではありません。このクラスの生徒に
唐揚げ大好き!  2010年06月11日(金) 4時03分
映画『告白』は、『嫌われ松子の一生』、『パコと魔法の絵本』などで有名な中島哲也監督が、2009年本屋大賞を受賞した湊かなえ氏の同名小説にほれ込んで映画化した作品です。松たか子さんは、主演の教師・森口悠子 役で出演しています。先日、劇場に観に行きました。●導入部のあらすじと感想
yanajun  2010年06月11日(金) 2時04分
» 告白
ある中学校、1年B組の終業式後のホームルームで、担任の森口悠子が語り出す。 「私の娘が死にました。 警察は事故死と判断しましたが、娘は事故で死んだのではありません。 このクラスの生徒に殺されたのです。」 少年法で守られた犯人AとBのことを、決してこのままにはしないと宣言する森口。 物語は【告白】から始まる…。 ミステリー。
象のロケット  2010年06月10日(木) 23時18分
中島哲也の才気が大爆発した様な一本である。
一人の女性教師の「告白」から始まる壮絶な復讐劇。
人間の心が抱える負の情念を、これほどス?...
ノラネコの呑んで観るシネマ  2010年06月10日(木) 22時54分
中島監督というだけで興味津々(笑)その上、実は松たか子は好きな女優のひとりであり楽しみにしてました。試写会で一足早くの鑑賞です。原作読んでいる友人からは、どっぷり、めり込むという情報は入っていました。なんせ、今までカラフルポップな世界を繰り広げてきた作風
黒猫のうたた寝  2010年06月10日(木) 22時48分
» 告白
《告白》 2010年 日本映画 シングルマザーで教師の森口の一人娘が亡くなった、
Diarydiary!   2010年06月10日(木) 22時07分
映画を鑑賞しました。秊 2010-15『告白』(更新:2010/06/06) 評価:★★★★☆ この原作もこんな構成だったのね。 面白かったけど、非常に重い内容だ。 もし、自分がどちらかの立場だったらとか考えることはない。 いや、そ..
はっしぃの映画三昧!  2010年06月10日(木) 22時02分
映画「告白」を鑑賞しました。
FREE TIME  2010年06月10日(木) 21時59分



☆☆☆☆★ (10段階評価で 9)
6月5日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター6にて 13:10の回を鑑賞。
みはいる・BのB  2010年06月10日(木) 21時46分
2009年本屋大賞を受賞した湊かなえの原作を、今年4月の文庫化と同時に手にし数時間で読了した。・・・最悪の読後感だった。何の救いもなく、歪みきった登場人物の誰一人として共感できる者もなく・・・。
SOARのパストラーレ♪  2010年06月10日(木) 21時23分
「殺 人 は ん の し ヨ う た い は 誰 」”寄せ書き”の隠されたメッセージにも戦慄を覚えたけれど、劇場チラシの裏面にもこんな仕掛けがあるとはね。映画を観て初めて気がついた。原作は未読。だから
たいむのひとりごと  2010年06月10日(木) 19時46分

 ある中学校。終業式当日の教室で、1年B組の担任教師・森口悠子(松たか子)
が告白を始める。

 「娘の愛美は事故死などではなく、この?...
真紅のthinkingdays  2010年06月10日(木) 18時42分
» 告白
試写会で見ました。 本を先に読んだので、流れはわかります。ポスターが何しろ強烈で
うろうろ日記  2010年06月10日(木) 17時42分
» 告白
09年、本屋大賞に輝き、上半期単行本フィクション部門第1位(日販調べ)を記録したベストセラー、『告白』(湊かなえ/双葉社)。「生徒に娘を殺された」という女教師の告白から始まり、殺人事件に関わった登場人物たちの独白形式で構成される物語は、虚実入り混じり、驚愕・戦慄・唖然の連続。ショッキングすぎる内容で話題騒然の衝撃作が、なんとこの度!映画化!監督をつとめるのは、独創的な映像感覚と確かな演出力で、『下妻物語』『嫌われ松子の一生』『パコと魔法の絵本』など大傑作を生み出してきた、天才・中島哲也...
やっぱり邦画好き…  2010年06月10日(木) 14時52分
告白「告白」を鑑賞してきました2009年の本屋大賞に輝いた湊かなえの同名ベストセラーを「嫌われ松子の一生」「パコと魔法の絵本」の中島哲也監督が映画化した戦慄のエンタテイ...
日々“是”精進!  2010年06月10日(木) 13時49分
» 告白
湊かなえ著の同名小説を映画化した作品です。 本屋大賞を受賞した話題作で、珍しく本を読んでから映画にチャレンジしてみました。 本を読んでいても改めて怖さを感じるような展開に、最後まで飲み込まれていました。
とりあえず、コメントです  2010年06月10日(木) 12時47分
私の娘が死にました。
警察は事故死と判断しましたが、娘は事故で死んだのではありません。
このクラスの生徒に殺されたのです.....。

衝撃作。『下妻物語』『パコと魔法の絵本』の中島哲也監督・脚本、松たか子主演。「2008年度 このミステリーがすごい!」で4位に、そ
映画 - K'z films -  2010年06月10日(木) 12時34分
 客入りはほぼ満席、女性客が多い。    映画の話 とある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森口悠子(松たか子)が静かに語り出す。「わ...
masalaの辛口映画館  2010年06月10日(木) 12時06分
» 告白

<<ストーリー>>とある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森口悠子(松たか子)が静かに語り出す。?...
ゴリラも寄り道  2010年06月10日(木) 12時01分








映画 「告白」
ようこそMr.G  2010年06月10日(木) 11時55分
自分の3歳になる娘を担任する中学生に殺されたシングルマザーである教師の命の授業は、あまりにも冷酷に計算された復讐だった。緊張感溢れる映像から感じる興奮を日本映画では久しぶりに味わった。世界配給も可能な出来栄えだ。
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver  2010年06月10日(木) 11時27分
» 告白
2010/06/05公開 日本 R15+ 106分監督:中島哲也出演:松たか子、岡田将生、木村佳乃告白が、あなたの命につきささる。ある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森口悠子(松たか子)が静かに語り出す。「わたしの娘が死にました。警察は事....
映画鑑賞★日記・・・  2010年06月10日(木) 11時09分
中島哲也監督が松たか子主演で淡々と描く、幼い娘を生徒に殺された女教師の復讐劇。
未完の映画評  2010年06月10日(木) 11時09分
“13歳”という人格。
それに対する責任のありかを問いかけて。
命の重さは、果たして同じく等しいのだろうか。




『告白』 2010年/日本/106min
監督:中島哲也
出演:松たか子、岡田将生、木村佳乃

命の重さだなんて、問いかければ問いかける程にますます軽んじら
シネマな時間に考察を。  2010年06月10日(木) 11時01分
映画「告白」の試写会に行って来ちゃいました♪
【題名】      「告白」
 
【出演者】 
松たか子 、 岡田将生 、 木村佳乃 、 芦田愛菜
【監督・脚本】 中島哲也
【原作】 湊かなえ
【あらすじ】とある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森口悠子(松たか子)が静かに語り出す。「わたしの娘が死にました。警察は事故死と判断しましたが、娘は事故で死んだのではなくこのクラスの生徒に殺されたのです」教室...
モコモコ雲を探しに♪  2010年06月10日(木) 9時44分
映画「告白」を見てきました。同じシーンを違う視点で繰り返すことによってどうして犯罪が起こったのか、なぜ少年は殺人を犯したのかなどの動機が明らかになっていったので個人的に...
MAGI☆の日記  2010年06月10日(木) 9時34分
監督・脚本、中島哲也。原作、湊かなえ。2010年日本。R15 指定。ヒューマンサ
erabu  2010年06月10日(木) 9時30分
 「私には判っている。」

 『告白』の登場人物たちが、何度か口にするセリフだ。
 「私には判っている。」
 そう云いながら、判ってい...
映画のブログ  2010年06月10日(木) 8時37分
» 告白
2009年の本屋大賞・湊かなえの同名ベストセラー小説を映画化。自分の教え子に愛娘を殺されたとある中学校の女教師がそれをクラスで発表し徐々に復讐をを始める…。主演は『ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜』の松たか子。共演に『重力ピエロ』の岡田将生と『キラー・ヴァージンロード』の木村佳乃が出演している。監督は『パコと魔法の絵本』の中島哲也。独特の映像表現にも注目だ。
LOVE Cinemas 調布  2010年06月10日(木) 0時21分
2010年06月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf