映画「渇き (2009) 」神父がヴァンパイアになると韓国ではこうなる編

2010年04月10日(土) 1時09分
「渇き (2009) 」★★★
ソン・ガンホ、キム・オクビン、シン・ハギュン主演
パク・チャヌク監督、133分 、
2010年2月27日公開、2009,韓国,ファントム・フィルム
(原題:박쥐/BAK-JWI/Thirst )



                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「謎のワクチン開発のため、人体実験に志願した
神父のサンヒョン(ソン・ガンホ)は、
輸血からヴァンパイアになってしまう、
そして彼は幼なじみのガンウの妻、
テジュ(キム・オクビン)と巡り合う。」



さすがとことんやるときは、やる韓国映画、
そして監督が復讐三部作のパク・チャヌクとなれば
ドロドロ、グロい
目をそむけるシーンも何度か、

そんな映画を大スターのソン・ガンホが演じるのも
韓国映画っぽくてさすが。

「死なない」ことに気がついた主人公は
血を求める気持ちと葛藤する、
なにより神父という神に仕える身であることが、
不実な妄想を禁じ、
長い棒を手に自分の股間を叩く様子は
バカバカしくも痛そうだ。

ここに幼なじみの妻という存在が
またしても神父を悩ましい気分にさせる、
どこかだらしない女のしぐさから
目が離せなくなる。

冒頭から1時間くらいは
「これはかなり凄い作品、良い作品になりそう」という
予感をもって見ていた

ただ溢れるようなアイデアを
うまくまとめ切れなかったという印象、
もっと見せたいものを絞ってくれたら
見てるこちらも入り込めたと感じた。

残念。

ただ久し振りに韓国映画らしい
韓国映画を見ることが出来て
濃いこってり豚骨ラーメンで満腹
だけどちょっと胃もたれ気味って処。

キリスト教徒の多い韓国なので
神父さんも身近だろう、
だから国内では余計この映画は
衝撃が大きいかもしれない、

自分たちにはアジア人が神父の格好をしてると
扮装というか作り物っぽく感じるので
こういうことはお国柄というか
文化も知らないと肌で感じるものは
随分違うのだろうな。

発想は面白かったが
出来はもうひとつ。
ただ韓国映画の要素はいっぱい楽しめた。

パク・チャヌク監督作品
★復讐三部作
2004年オールド・ボーイ
2005年復讐者に憐れみを
親切なクムジャさん


★100点満点で65点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

神父を魅了する女の役のキム・オクビンは、子供っぽかったり
かなり老けて見えたりと、驚きがあった。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
  • URL:https://yaplog.jp/sora2001/archive/1525
トラックバック
トラックバックURL:

<渇き を観ました>

原題:Bak-Jwi
製作:2009年韓国・アメリカ合作

←クリックしてね♪ランキング参加中

すごい映画があるという噂を聞きました。
神父がヴァンパイアになって、血が欲しいけど、人を殺す事が出来ないと葛藤する…、そんな内容として伝わってきたんですが、半分当たり、本質はもっともっとすごい物でした。

神父サンヒョンは、病院で患者を看取る事に疲れ果てていた。ただ人助けをしたいと願う彼はアフリカで行われている病気のワクチン開発の実験台になる。
しかし、正体不明の血液を輸血され、奇跡の復活を遂げる。だが人間の血を飲まないと病気が再発してしまう体、ヴァンパイアになってしまい、強靭な生命力と力を手に入れてしまった。
そして、復活したサンヒョンは幼馴染のガンウと再会、その妻テジュに激しく惹かれるようになるのだが…

133分と少し長い映画ですが、こ、これは… なんかすごい映画でした。
韓国映画はすごいですね!発想が大胆というか、生活観を丸出しにしながらえげつない事をする。
役者さんの演技力もあるんでしょうか…私は韓国系は詳しくないので役者さんの事は良くわからないけど、主演のソン・ガンホのう...
★紅茶屋ロンド★  2010年10月20日(水) 22時10分
パク・チャヌク監督のファンなので、かなり楽しみにしていたのですが・・・。


ポコアポコヤ 映画倉庫  2010年08月28日(土) 13時22分

82点/100点満点中

『オールド・ボーイ』のパク・チャヌク監督の最新作。2010年公開作品。

************************************
重病患者たちを看取ることしかできない無力さに絶望した神父サンヒョンは、致死率100%の謎のウイルスに対するワクチン開発に参加。やがて発病し、命を落としたかにみえたサンヒョンだったが、奇跡的に生き返る。信者から病弱な息子の祈祷を請われ、幼なじみのガンウと再会。彼はガンウの妻テジュに心惹かれていく。その一方で彼の肉体は少しずつ変貌していくのだった。
************************************

2004年のナンバーワン映画だった『オールド・ボーイ』は、本来見ようと思っていた映画が満員(『ソウ』だったかな)で、じゃあ仕方ないと選んだ作品だった。今回も似たようなもので、『ハート・ロッカー』目当てで行ったらすでに前列しか空いていないということで、どうしようかとふと脇を見たら『オールド・ボーイ』の監督の最新作が公開中とある。じゃあこれだねとなった。

内容をほとんど知らずに見たので、予想外の展開に度肝を抜かれ...
すばらしくてNICE CHOICE  2010年04月25日(日) 15時06分
2月27日公開予定の映画『渇き Thirst』を観たので
まずは映画『渇き』の感想から。
おぼえ帳 みんなの本棚  2010年04月16日(金) 11時10分
善良まじめ神父がヴァンパイアになっちゃうホラー映画from韓国。ソン・ガンホ、キム・オクビン。監督パク・チャヌク。2009年。
ホラーSHOX [呪]  2010年04月15日(木) 8時06分
 なんとまあ!である。むちゃくちゃ面白かった『オールド・ボーイ』や、日本でもヒットした『JSA』のパク・チャヌク監督の新作は、韓国版バンパイアだ。
今日の素敵さがし  2010年04月13日(火) 22時35分






映画 「渇き」
ようこそMr.G  2010年04月13日(火) 11時19分
» 渇き
謹厳実直なカトリック神父サンヒョンは、ただ人助けをしたいという願いから、アフリカで危険なワクチンの人体実験に志願する。 奇跡の生還を遂げ、ミイラのような姿で帰国した彼は“包帯の聖者”と呼ばれるが、肉体は日光を避け、血を求めるバンパイア(吸血鬼)と化していた。 ある日、幼馴染のガンウの妻、テジュと出会い、心をかき乱されてしまう…。 罪深き愛の物語。
象のロケット  2010年04月12日(月) 14時42分
» 渇き
カンヌ国際映画祭で話題になったパク・チャヌク監督のスリラーです。 吸血鬼になってしまった神父という設定を聞いて、怖そうだなあと思いつつも パク・チャヌク監督作品に初めてチャレンジしてきました。 予想以上に血みどろでドロドロの展開にうわーと思いながら、最後まで固まって観ていました〜
とりあえず、コメントです  2010年04月11日(日) 22時25分
<font size="3"><font face="Arial">みんみんです<img src="/im/emoticon/twinkle2.gif" align="absmiddle">。<br><br><br><br>久しぶりの韓国映画、しかも自分の好きな映画・復讐3部作「オールドボーイ」、「親切なクムジャさん」のパクチャヌク監督の最新作とあって、早く名古屋でも上映が始まらないかと私も「渇き」を覚えてやきもきし、指折り数えていた。<br><br><br><br>ネットインタビューを読むと、チャヌク監督自ら、今までの作品の中で一番良く撮れた作品だという。<br><br><br><br>ストーリー(ネタばれ)は簡単に描くと、<br><br>敬虔な神父があるウィルスに感染したところ、ヴァンパイアになってしまう。<br>人間の血を吸わねば生きて行けないという原罪に<font color="#FF33CC">「吸血の為の殺人だけはしない様に」</font>ストイックに折り合いをつけながら生きてるが、ごく普通の既婚女性と肉体関係を持ったことから肉欲に負けて不倫の果てに夫の殺人まで行ってしまう。<br>ヴァンパイアの仲間となったその女性はもはや歯止めが効かない。<br>欲望のままに人間狩りをして少し血を吸っては捨てる生活。<br><br>神父は女をヴァンパイアにしてしまった責任を...
» 渇き
2010年3月7日(日) 16:20〜 ヒューマントラストシネマ有楽町1 料金:1000円(Club-Cテアトル会員料金) パンフレット:700円(買っていない) 『渇き』公式サイト ヴァンパイアの話なのだが、顔の四角いガンホさんなので、「似合わねぇな。普通じゃないだろう」と思っていたが、その通り、単純なホラーでなく、屈折した訳の判らない作品である。監督が監督だし。 個人的には、デブの範疇に属すると認定していたガンホさんだが、今回10キログラムの減量をしたそうだ。 単純なホラーでないというより、正確にはホラーですらない。 ただし、恐ろしいかと言われると恐ろしい。欲望に落ちていく人間の話。ガンホさんの顔でなく、その心の変遷が。ガンホさんの相手役の人妻の壊れゆく様が。 言うなれば、「レクイエム・フォー・ドリーム」みたいに嫌な話だ。 R15であるが、結構ナニのシーンが多く、意外と長い時間繰り広げられる。何度も、これでもか降参しろと言わんばかりに、ガンホさんの恍惚の表情を見せられる事に関しては、パク・チャヌク監督にクレームをつけたい。 最後のシーンが、どこかで観たものに似ているような気がするのだが、何だっけ? 「30デイズ...
ダイターンクラッシュ!!  2010年04月11日(日) 2時42分
韓国映画界随一の映像テクニシャン、パク・チャヌク監督の最新作「渇き」は、ひょんな事からヴァンパイアになってしまったカソリック神父の?...
ノラネコの呑んで観るシネマ  2010年04月10日(土) 23時14分
 【ネタバレ注意】

 守・破・離(しゅはり)という言葉がある。
 18世紀の茶人、川上不白が『不白筆記』(1794年)に書いたものである(しばしば...
映画のブログ  2010年04月10日(土) 16時08分
ヴァンパイアは相手の首筋に食らいついて血を吸うものと決まってるけど、ヴァンパイア
Days of Books, Films   2010年04月10日(土) 14時21分
『オールドボーイ』のパク・チャンヌク監督の最新作。カンヌ国際映画祭では審査員賞を受賞している作品だ。人体実験でヴァンパイアになってしまった神父が人妻と禁断の恋に堕ち、欲望と信仰の狭間で悩み苦しむさまを描く。主演は『殺人の追憶』等で知られる韓国の名優ソン・ガンホ。共演にキム・オビン、キム・ヘスク。人間の本質を深くえぐった問題作だ。
渇き/??: LOVE Cinemas 調布  2010年04月10日(土) 2時32分
2010年04月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf