ヴェトナム旅行中Bホイアン名物料理編 2010/3/18

2010年03月26日(金) 1時09分
ヴェトナム旅行中Aホイアン編 /名物料理を食べる2010/3/18


                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい


2010年3月18日

ヴェトナム料理といえば、ポピュラーなのが
生春巻きやバインセオあたり、
ここホイアンの名物料理を食べようと
レロイ通りからちょっと横にそれた場所にある
チュンバックという店に入った。

古民家を改装した店でいい雰囲気、
店の入り口に大きく「カオ・ラウ」と名物料理の表示があり、
さっそくメニューからそのカオ・ラウと揚げワンタンを注文、
1時を過ぎていたためか客が他にいない、
水を飲みながら待つと割りとすぐに出てきた。

カオ・ラウは太い米粉の麺の上に
チャーシューや揚げワンタンの皮や香草が乗ったもので
汁は底の方に少しだけ、
これをざっくり箸を入れてかき混ぜて食べる、
醤油のような味がきつくするが、
面白いのは食感、揚げたワンタンの皮がバリバリいうし
麺はフォーに比べたら歯ごたえはあるがツルッとしてて
小ぶりの器なのであっという間に完食。



揚げワンタンはこれも小ぶりな皿に
花のように広げて4つ置いてあり、
その上にトマトベースの汁というか、
具が乗っていてピザにも似ている、
バリバリと汁がかかった部分の柔らかい食感で
4枚なんてあっという間。

カオ・ラウは20.000ドン(約100円)
揚げワンタンは30.000ドン(150円)
水のボトルを注文しても会計は300円弱、
ここまでの移動は国内線を使いタクシーで
1時間と結構やっかいだけれど、
300円でこの満足感は幸せ。

向かいの店もかなり古そうな家を改築してあり
建築に詳しくなくても
100年以上も前に現代まで使える家を作るとうことは
とりあえずではなく、
裕福な当時の庶民の家への
こだわりのようなものさえ感じる。

当時の大工さんたちは
100年以上も後に海外から
この町並みを見に来る人たちがいようとは
夢にも思わなかったろう

なんだか自分たちのしていることは
ただ消費しているだけなのかと
ふと考えてしまう、
だからといって残す何かも思いつきもしないけれど。

soramove

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

記事の写真はHISのHPからもらってます、
帰国後自分の写真と貼りかえます。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
  • URL:https://yaplog.jp/sora2001/archive/1509
トラックバック
トラックバックURL:
2010年03月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf