「抱擁のかけら」ペネロペ・クルスの様々な表情に酔いしれる

2010年02月24日(水) 7時25分
「抱擁のかけら」★★★★
ペネロペ・クルス、ルイス・オマール、ブランカ・ポルティージョ主演
ペドロ・アルモドバル監督、128分、 2010年2月13日名古屋公開、2009,スペイン,松竹
(原題:LOS ABRAZOS ROTOS )



                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい


「事故で視覚を失った男(ルイス・オマール)は、
かつて映画監督だったが現在は脚本を執筆している。
ある夜、事故に遭った知人の息子の病室で
一晩過ごすことになったハリーは、
自分の過去を語り始める。
それは情熱的な運命の物語だった」


オレンジ、赤、ピンク、緑と
カラフルな色に包まれた映画、
日本人は選びそうにない原色の壁紙、
使い易そうで形もシンプルな家具は
自分らしさを主張している。

ストーリーを追うよりも、
ペネロペ・クルスを見つめることに尽きる

その場面、場面での様々な表情を見せる
彼女から目が離せない、
監督が好んで彼女を使うことも納得。

そして美しい女の記憶を永遠に
閉じ込めたように
盲目となった脚本家は
現在の生活を存分に楽しんでいることが窺える、
その理由がやがて明らかにされる。

色々な対比や比喩に満ちた映画だ、
けれどそんな深読みするようなことより
画面から溢れだす激しい感情や心の揺れ、
そんなものを受け止めたい。


心に今後ずっと残る映画、
そこまでは言わないが
座り心地の良さそうなソファや
機能的な中にこだわりを感じる家具など
生活の中で同じ様なアイコンを見る時
ふいに鮮やかにペネロペの様々な表情を思い出すだろう。



嫉妬と欲望に翻弄され、
愛に狂った男女の切なくも激しい愛の物語
現実離れと思う部分も多いが、
それでも心を揺さぶられる映画に変わりない。


★100点満点で80点

ペドロ・アルモドバル監督作品
オール・アバウト・マイ・マザー (1998)
トーク・トゥ・ハー (2002)
死ぬまでにしたい10のこと (2003)
バッド・エデュケーション (2004)
ボルベール <帰郷> (2006)


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

「ボルベール」は小品だったが、ペネロペの鮮やかな笑顔は
記憶に残っている。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
  • URL:https://yaplog.jp/sora2001/archive/1488
トラックバック
トラックバックURL:
「抱擁のかけら」とはなんとも巧い題名である。映画監督マテオがその人生を賭けて愛したレナの写真の破片やかけらの場面を見たときに、この日本語題名はぴったりだと思った。物語は、現在はハリーとして生きる主人公がレナのことを思い出しながら、レナと自分との間にあっ...
映画と出会う・世界が変わる  2010年04月04日(日) 22時04分
愛とは抱擁であり、壊された愛は<抱擁のかけら>となる。


『抱擁のかけら』 英題:Broken Embarances
2009年/スペイン/138min
監督・脚本:ペドロ・アルモドバル
出演:ペネロペ・クルス、ルイス・オマール

【introduction】 『オール・アバウト・マイ・マザー』『
シネマな時間に考察を。  2010年03月19日(金) 13時33分
3月は本当に個人的に色々とあって、なかなか映画が観られていないのですがー、どうにかこうにか先日ペドロ・アルモドバル監督作品『抱擁のかけら』を観てきましたー。
今月後半に向けて、少しでも観賞本数増やしたいなーとは思ってるんですが、ちょっと厳しいかもー。

*****
Cinema + Sweets = ∞  2010年03月19日(金) 0時16分


試写会2れんちゃん。{%笑いwebry%}
かるかるかるぴん♪  2010年03月12日(金) 21時44分

新進気鋭の映画監督だったマテオ(ルイス・オマール)は、14年前の事故で視力を失った。
現在は脚本家としてのペンネームであるハリーと名?...
心のままに映画の風景  2010年03月01日(月) 2時32分
今日が上映最終日となっていたので、何とか手前の仕事を片付けて観に行ってきました。ペネロペはキレイで可愛いですね?。18歳位の時の『ハモンハモン』からほとんど変わってないように見えるボディと、キュートな笑顔に色気もたっぷり(笑)素敵な女優さんになったなぁ?...
kaoritalyたる所以  2010年02月28日(日) 1時05分
実はスペイン映画が苦手だ。この『抱擁のかけら』を監督したペドロ・アルモドバルの『アタメ』、ペネロペ・クルスのデビュー作『ハモンハモン』を短い間で観たことがあったのだが、その2本を観て感じたことはスペイン人の思考回路が理解できん!ってこと。映画自体に難解さはなかったのだが、「何でああなったらこうするの?」「何考えてこんなことするの?」と、登場人物の行為に「?」マークの連続。あまりの短絡的な考えや行動に驚かされると同時に、自分とかけ離れた行動基準に大きな隔たりを感じたものだ。もし逆にスペイン人が日本映画を観たら「何てかったるいんだ」とイライラしながら驚くのではなかろうか。で、その2本のお陰ですっかりスペイン映画が苦手になった。もちろんそれ以来全く観ていない訳ではないが、やはり自分にフィットする作品はなかった。今回久しぶりにスペイン映画、実に『アタメ』以来のペドロ・アルモドバル作品を観る気になったのは単なる気まぐれ。いや、ペネちゃんをちょっと観たかったってことなのだ(そんな動機なんです)。盲目の脚本家ハリー・ケイン(ルイス・オマール)はハンデももろともせず、仕事にセックスに励む日々。ある日...
古今東西座  2010年02月26日(金) 19時53分
2008年、スペイン・マドリード。 14年前までマテオ・ブランコという本名で映画監督として活躍していた、目の見えない脚本家ハリー・ケインの元を、ライ・Xと名乗る男が訪ねてくる。 自分が監督する作品の脚本を書いて欲しいというのだ。 彼はハリーが記憶から抹殺した男エルネストの息子だった。 マテオ時代の甘美な恋と、激しい嫉妬に満ちた男女の関係が甦る…。 ラブストーリー。 PG-12
象のロケット  2010年02月26日(金) 18時42分
『ボルベール<帰郷>』でアルモドバル監督への苦手意識はある程度払拭したつもりだったんですが、なかなかどうして。
たとえば冒頭、誰かがスナップ風に撮影風景か何かを撮っている映像に続いて、いきなり主人公(ルイス・オマール)の片方の目がアップで映されるんですね。
こうしたショット、カットのつなぎが度々見られて、自分でもうまく説明できないんですが、こんなところがどうも駄目らしい(笑)。
ですから僕はアルモドバル作品にはあまりふさわしくないレヴュワーなんでしょうけれど、決して「悪い」作品だと思...
weekly? ぱんだnoきぐるみ  2010年02月26日(金) 14時14分



☆☆★−− (10段階評価で 5)
2月13日(土) シネ・リーブル神戸 シネマ2にて 14:25の回を鑑賞。
みはいる・BのB  2010年02月24日(水) 23時05分
 鮮やかな花柄のカーテン、ミントグリーンの壁、オレンジ色のソファ、真っ赤なドレス。とりどりの色。リズミカルな色。ヴィヴィッドな色。豊穣の色彩。モノトーンとか同系色とか、われわれは日ごろ、なんと色についてストイックなんだろう。色はこうやって組み合わせてもいいんだよ、綺麗だよ、楽しいよ。ステキだよ。アルモドバル監督の映画を観ていると、カラード・ハイになってしまいそう。

 視力を失った映画脚本家のハリー・ケイン(ルイス・オマール)の、14年の時を経て語られる封印された恋の記憶。2008年のハリーの「今」と、14年前の過去の物語が、交互に語られていきます。
 何がどうなってハリーが視力を...
キノ2  2010年02月24日(水) 23時01分
『ボルベール<帰郷>』のペドロ・アルモドバル監督とペネロペ・クルスのコンビが贈る4本目の作品。今回は愛と同時に視力までも失った老脚本家が封印してきた過去を紐解き、再び活きる喜びを見出していく様子を描く。共演は『バッド・エデュケーション』のルイス・オマール。他にも『宮廷画家ゴヤは見た』のホセ・ルイス・ゴメス、『チェ 39歳 別れの手紙』のルーベン・オチャンディアーノが出演している。
抱擁のかけら: LOVE Cinemas 調布  2010年02月24日(水) 21時44分
原題:LOSABRAZOSROTOS/BROKENEMBRACES監督・脚本:ペドロ・アルモドバル出演:ペネロペ・クルス、ルイス・オマール、ブランカ・ポルティージョ、ホセ・ルイス・ゴメス、ルベーン・オチャンディアーノ公式サイトはこちら。<Story>盲目の脚本家のハリー・ケイン(ル...
NiceOne!!  2010年02月24日(水) 21時31分
1月28日(木)二回目の観劇@一ツ橋ホール
ゲストは山本モナ。
真っ赤なドレスに身を包んでやって来た。
映画の見所を語る。
KYなこともある彼女だが、今日の話は参考になった。
最後に「すなおさ」についての持論を展開。
すなおになりすぎるのも考え物というようなことを言った気がする。
あーうぃ だにぇっと  2010年02月24日(水) 20時50分
べド口・アルモドバル監督(「オール・アバウト・マイ・マザー」)の新作観てきました。いきなり盲目の男が字を読んでくれた女と戯れるということで、はあやはり一癖も二癖もあるのかなあと思いつつ見ていると、ミステリアスな展開から、男がかつて目が見えていて映画監督だった頃、作っていた作品に主演したとその後分かる女がでてくる。その女の不遇さを利用していく老体の男、そして監督、そしてある「監視」。女の(この映画の中の)愛の処し方と(映画の中の)作中映画でも魅せる可憐さ。彼等の周囲で関わる家族・子息や元愛人。綺麗な映像に、人の姿と時間の推移と罪の告解と新しい世代を巻き込んだ奇蹟。そんなこんなで充実度がある映画でした。主演: ペネロペ・クルス

The Internet Movie Database (IMDb) Penélope Cruz「KIKA」 DVD | しぇんて的風来坊ブログ「ボルベール<帰郷>」 DVD | しぇんて的風来坊ブログ抱擁のかけら@ぴあ映画生活
JUGEMテーマ:映画館で観た映画
しぇんて的風来坊ブログ  2010年02月24日(水) 20時34分
ペドロ・アルモドバル監督が再びペネロペ・クルスを迎えて作り上げた最新作です。 視力を失った脚本家の心に仕舞われていた愛の追憶と共に、 愛のために全てを失った美しい女優の人生が描かれてしました。
とりあえず、コメントです  2010年02月24日(水) 12時42分
監督:ペドロ・アルモドバル
出演:ペネロペ・クルス、ルイス・オマール、ホセ・ルイス・ゴメス

   愛から逃げて、愛と出逢う

「目の見えない脚本家のハリー・ケインの元にある映画の脚本依頼を持ちかけてきた男ライ・X、彼は14年前ハリーが事故に合う前マテオ・
日々のつぶやき  2010年02月24日(水) 10時01分
ある愛の記憶読唇術の女性はプロフェッショナル[E:good]公式サイト http://www.houyou-movie.com2月6日公開監督: ペドロ・アルモドバル盲目の脚本家ハリー・ケイン(ルイス
風に吹かれて  2010年02月24日(水) 9時16分



 LOS ABRAZOS ROTOS

 BROKEN EMBRACES

 盲目の脚本家ハリー・ケイン(ルイス・オマール)は、ある日ライ・Xと名乗る男
から映画を共作しよ?...
真紅のthinkingdays  2010年02月24日(水) 8時27分
2010年02月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf