「サヨナライツカ」いつかサマーセットモームスイートに泊まりたい

2010年01月25日(月) 0時09分
「サヨナライツカ」★★★★
中山美穂、西島秀俊主演
イ・ジェハン監督、134分 、 2010年1月23日、2009年




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



CJ Entertainmentのロゴで始まるこの映画、
日本人監督じゃない「何か」をえ狙ったのだろう、
その試みは成功したのか。


「辻仁成の同名小説を、『私の頭の中の消しゴム』の監督イ・ジェハンが
原作者の夫人である中山美穂を12年ぶりに迎えて映画化したラブストーリー。
最近新刊の出ないダンナの代わりにフランスから出稼ぎに来たのかもしれないが、
この映画でのミポリンは確かに女優だった」



ただひとつの愛を貫きたかった沓子(中山美穂)と
沓子にのめりみながらも
婚約者との結婚を選んだ豊(西島秀俊)、
1975年バンコクで出会った二人、
大好きなバンコクが舞台というだけで
映画がぐっと身近に感じられる。


ただし映画の重要な舞台のひとつの
オリエンタルホテルのサマーセットモームスイートは
全く身近ではないが、その豪華な雰囲気を映画から
感じるだけでも楽しめた。
オリエンタルホテルは憧れのホテルで
一番安いチャオプラヤー川の見える部屋に
2泊だけしたことがある、1泊38.000円くらいだった。


今はどうなんだろうとHPを見たら
今も同じくらいだったが、この映画に出てくる
サマーセットモームスイートの値段は分からなかった、
たぶん1泊30万円くらいはするんだろうな。

当時はバックパッカーもどきだったので
前日は1.000円の部屋に泊っていたので
落差に笑うしかなかったっけ。
短パンやビーサンでのホテルへの出入り禁止など
格式の高さというものを実感した3日間だった。

そんなことを思い出しながら
70年代のバンコクが今とたいして変わってないなとか、
それでも頑張って時代を感じさせる小道具を
所々に配した苦労なんかを思った。

トゥクトゥクで走る町並み、
水上マーケットとミニ観光も挿入されていて
バンコクって確かに何でもあるなーと
二人の物語よりそっちに目が移っていた。



この映画は二人が別れてから25年後という
全く余分なラストのパートが
どうにも邪魔
で、このあたりは小説なら
読み手の想像で美しくできるが
映画の25年後の老け役は、メイクに違和感ありすぎで
物語に入り込めない。

なんとももったいないが
それでも中山美穂の堂々たる女優っぷりは収穫、
婚約者と愛人の対決のシーンなんか
かなり良い演出で見所もあった。



人はいつか別れが来る、
心が離れてしまうことや、
死んでしまうことや。
それでも出会うのなら自分のやり方で
目の前の相手を想うしかできない。

「人間は死ぬ時、愛されたことを思い出すのか、
それとも愛したことを思い出すのか」


映画の中で何度も出てくるフレーズ、
主人公の沓子はその意味で幸せだったんだなと思いたい。

もう一回くらい見ても良いかな。
映画としての出来はもうひとつ、
ただし自分的には満足な映画でしたね。

★100点満点で75点★


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

水上マーケットに行きたくなった。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
  • URL:https://yaplog.jp/sora2001/archive/1467
トラックバック
トラックバックURL:
1975年、バンコクの高級ホテルに暮らしている沓子は、お金に不自由なく、男性から愛される満された日々を送っていた。ある日、沓子はバンコクに赴任してきたエリートビジネスマンの豊と出会い、二人はたちまち惹かれ合うが、実は豊には東京に残してきた光子という婚約者がい
映画な日々。読書な日々。  2010年03月02日(火) 20時10分
誰にでも忘れられない恋がある。
25年間の男女のそこまで人を愛することができるのかと
見ている側に問いかける作品でした。
メインの登場人物は3人
気ままな映画生活  2010年02月20日(土) 16時45分
2009年。韓国/アスミックエース/フジテレビ/その他。








  イ・ジェハン監督・脚本。辻仁成原作。








 中島美嘉が主題歌『ALWAYS』を歌う、それだけで100点満点の映画だと言っても良いはずだ。たとえその歌が中島美嘉の楽曲の中ではいまいち
映画の感想文日記  2010年02月01日(月) 6時40分
映画「サヨナライツカ」を見ました。 主演の中山美穂のご主人辻仁成の小説 「サヨナ
JAZZと映画・本  2010年01月31日(日) 23時11分

39点/100点満点中

中山美穂の12年ぶりとなる主演映画。2010年公開作品。

************************************
バンコク支社に勤務する東垣内豊は、謎の美女・沓子と出会う。日本には数ヶ月後に結婚する予定の光子がいながらも、豊は沓子に惹かれていく。
************************************

ウィキペディアにあった作品情報をまず最初に。当初は、監督・行定勲、音楽・坂本龍一、衣装・ワダエミ、主演が中山美穂と大沢たかおのふたりで、2002年11月に公開される予定だった。が、撮影直前に監督が降板したことにより、白紙状態になる。そこで、原作者の辻仁成の伴侶、中山美穂主演だけはそのままに製作されたのが本作だ。韓国映画『私の頭の中の消しゴム』を大ヒットさせたイ・ジェハンを監督に、まわりのスタッフも韓国勢で固め、主要の俳優陣だけ日本人となる。

公開は来年の1月23日。予告編を見たときからこんな映画に誰が行くのだろうと思っていたのだが、回り回って試写会の案内が手元に届いてしまい、複雑な人間関係に絡め取られて見に行くことになった。


本作...
すばらしくてNICE CHOICE  2010年01月31日(日) 3時03分
一生に一度の燃えるような愛を綴り、多くの男女の心を震わせたベストセラー「サヨナライツカ」。その25年にわたる壮大なラブストーリーを、日本でも興収30億円を超える大ヒットを記...
やっぱり邦画好き…  2010年01月29日(金) 9時05分
主演、中山美穂。
原作は夫の辻仁成さん。

監督が何故か私の頭の中の消しゴムのイ・ジェハン

韓流じゃなくて良かったのでは?
伝えたい?...
単館系  2010年01月28日(木) 23時44分
かなわない恋だとわかってたメディア映画上映時間134分製作国韓国公開情報劇場公開(アスミック・エース)初公開年月2010/01/23ジャンルロマンス映倫R15+【解説とストーリー】辻仁成の同名小説を「私の頭の中の消しゴム」のイ・ジェハン監督が映画化した切ないラブストーリ...
CinemaCollection  2010年01月28日(木) 15時19分
うーむ、わけがわからない。1975年のバンコク。婚約者の光子(石田ゆり子)が3ヶ月後に来ることが決まっているのに、同僚の木下(マギー)が呼び出した沓子(中山美穂)と、狂おしいほどの愛に溺れる豊(西島秀俊)。いやもう、突っ込みどころは山のようにあるわけで。都...
まてぃの徒然映画+雑記  2010年01月27日(水) 23時58分
 楽しみにしてた映画「サヨナライツカ」を公開初日に観に行った。  辻 仁成の原作小説を韓国のイ・ジェハンが監督し、西島秀俊演じる航空会社のエリート社員・豊が中山美穂演じるバンコクで出会った沓子と石田ゆり子演じる豊の婚約者・光子との関係に揺れる大人のラブ・ストーリーで、沓子の出会いから別れ、25年後の
Serendipity !  2010年01月27日(水) 22時15分
監督:イ・ジェハン
出演:中山美穂、西島秀俊、石田ゆり子、加藤雅也
  
  かなわない恋だとわかってた

「1975年バンコク、婚約者のいる豊と出会った沓子、二人は運命の恋をするが長くは続かなかった。」

昔から中山美穂ちゃんが好き。
夫の辻仁成さんの原
日々のつぶやき  2010年01月27日(水) 17時13分
今年1本目の映画は「サヨナライツカ」を観にいってきました。
本当は別の作品を観たかったのですが間に合わず変更
中山美穂さんが本格的にカムバックの作品ですね。
ここのところ宣伝であちらこちらに出ていて「素敵だわ〜」と思ったこともありチョイスです。
ただ、
サヨナライツカ’09:韓国

◆ 監督: イ・ジェハン「私の頭の中の消しゴム」◆出演:中山美穂、西島秀俊、石田ゆり子、加藤雅也、マギー
◆STORY◆1975年、タイ・バンコク。航空会社のエリート社員・豊は婚約者の光子を東京に残し、バンコク支社に赴任。そこで艶やかな....
C'est joli?ここちいい毎日を?  2010年01月27日(水) 15時54分
実際それほど(というかかなり)期待しずに観に行った(天邪鬼的に)。その甲斐あってか(苦笑)細かいところの多くのところ(演技、シチュエーション、シーンの繋ぎの悪さ、タイの描き方、物語の展開、・・・・)に突っ込みを入れたくなる、・・・・・というのに、心に残るものがある。 それは何だろうと思うに、原作は読んでいないが、主人公二人の悲恋、夢がうまく叶わない・・・という個々人の間の人間模様のはずなのに、高度成長、JAPAN as No1が楼閣であったように、日本の失われた25年のように思えるから。 韓国の監督、韓国最大のエンタ会社CJ Enntertainmentの作品という事さえも、この映画に限っていえば、日本というのは何か哀しくさえ思える。 乗り越えていく力は、サヨナライツカ、を越えた何かにあるというとやはり綺麗ごとで、サヨナラはサヨナラ、新世代は新世代。そういうことか・・。監督は日本人の物語のままとして作ったことによって意図せずに加わった意味に自ら気がついたのだろうか・・・?監督 イ・ジェハン「私の頭の中の消しゴム」 作品のテーマで岐路に重きを置いたとしているが、この岐路は岐路だったんだろうかという疑念のある作...
しぇんて的風来坊ブログ  2010年01月27日(水) 0時53分
辻仁成著の原作小説を韓国のイ・ジェハン監督が中山美穂さん主演で描いたラブストーリーです。 原作は未読のままチャレンジしてみました。 25年の年月を経て真実の愛を見つけた男女の姿をじっくりと描いていました。
とりあえず、コメントです  2010年01月26日(火) 12時45分
《サヨナライツカ》 2009年 韓国映画 結婚を控えるエリートサラリーマンの東垣
Diarydiary!   2010年01月25日(月) 19時42分
クリスマスの夜はよみうりホールで「サヨナライツカ」を観た。
有楽町に早く着き、TOHOシネマズ日劇に、「アバター」の予約をしに寄った。
元旦の予約を取ろうと思ったのだが、予約は二日前からだそうだ。
しかたないなあと、今度はヒューマントラストシネマ有楽町に寄る。
「赤と黒」の予約を取ろうと思ったのだ。
そしたら、こちらは当日のみとのこと。
せっかく早く行ったのに、目的は何も果たせなかった。
しかたなく、少々早すぎるが、ビックカメラに17時前に到着し行列に並ぶ。
そんな時間なの...
あーうぃ だにぇっと  2010年01月25日(月) 7時07分
今日は仕事帰りに、なかのZEROホールへ中山美穂のなんと12年ぶりの主演映画「サヨナライツカ」の試写会に行ってきました隠れ中山美穂ファンとしては、超期待作ですとにかく、いまだ健在の美しさでしたとてもアラフォー(39歳)とは思えませんでしたとは言っても、映...
流れ流れて八丈島  2010年01月25日(月) 6時33分
『私の頭の中の消しゴム』のイ・ジェハン監督作品。辻仁成の同名小説の映画化だ。主演は原作者・辻仁成の妻でこれが12年ぶりの映画復帰作となる中山美穂。共演に『蟹工船』や『ゼロの焦点』の西島秀俊、『MW-ムウ-』の石田ゆり子、『新宿インシデント』の加藤雅也が出演している。「人間は死ぬ時、愛されたことを思い出すのか、それとも愛したことを思い出すのか」切ない恋が今始まる―。
サヨナライツカ: LOVE Cinemas 調布  2010年01月25日(月) 0時41分
 辻仁成の同名小説を私の頭の中の消しゴム」のイ・ジェハン監督が映画化。 話題は何
みんなシネマいいのに!  2010年01月25日(月) 0時32分
2010年01月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf