「ゼロの焦点」戦後は終わったのか、改めて考える

2009年11月18日(水) 0時09分
「ゼロの焦点」★★★☆
広末涼子、中谷美紀、木村多江、西島秀俊主演
犬童一心監督、131分 、2009年(2009-11-14公開)



                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい


夫の失踪、そして続く殺人事件、
これは戦争が引き起こした悲しい物語

「第二次世界大戦が遠くなった現在、
このテーマは身近に心に迫ることはない、
それでも自分の意志とは関係なく、
未来を選ぶことが出来なかった時代を知ることで、
色々あっても現在は幸福なのだと改めて感じる」



結婚してすぐに旦那(西島秀俊)が失踪した、
主人公(広末涼子)は自分で調べたいからと
旦那が住んでいた金沢へ向かう、
戦後間もなくだから移動さえ大変そうだ。


調べるうちに二人の女の過去が浮かび上がる、
戦争の犠牲者は何も戦場で無くなった兵士だけじゃない、
ここにも傷ついた心を抱えながら
それでも明るい未来を信じた人たちがいる。



消せない過去が明るみに出そうになり、
そのことを隠そうと狂気に走る人間、
滑稽でありながらも悲しい、
犯罪を憎めても
誰でもが当事者になったかもしれないと思うと、
ボケボケの平和な現在がいかに
幸せか再認識させられるのだ。

映画は手堅く演出されていて、
冬の北陸の鉛色の空に閉じこめられた
閉塞感が見た目の寒さと相まって
余計と喪失の悲しみを深く感じさせる。


時代が時代なら
こんな悲しい事件は起きなかっただろう、
現代のようにお金に困っているというより、
もっと良い物を手に入れるために
風俗で働く人たちが居るという事実を
この映画の主人公たちはどう思うだろうか。


せっかく手に入れた平和な時代に
自分たちは当然の様に享受しながらも
彼に恥ずかしくない生き方をしているかと言えば
その答えを思わず口ごもってしまいそうだ。

広末涼子よりも中谷美紀の
様々な表情が印象的だった。

それほど大作ではないけど、見応えのある映画だった。

★100点満点で70点

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

「どうかなー」と思いつつ結構込んだ劇場で、
始まってすぐに映画に引き込まれていた。見て損はない。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
  • URL:https://yaplog.jp/sora2001/archive/1417
トラックバック
トラックバックURL:
5月4日 感想192作目 ゼロの焦点

TBアドレス
http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/10879958429/a8440a53
スポーツ瓦版  2011年05月04日(水) 13時11分
松本清張の有名な作品。
たぶん読んでいると思うのだけれど、
全く思いだせません。(>_<)
三人の主演女優の豪華さが話題を呼びましたが、
そんな話だったっけ??
まー、先入観がないことはよいことだ。f(^^;)

見合い結婚で鵜原憲一と結婚した禎子。
結婚式から7日
映画、言いたい放題!  2010年07月29日(木) 0時39分
『ゼロの焦点』

【製作年度】2009年
【製作国】日本
【監督】犬童一心
【出演】広末涼子/中谷美紀/木村多江/杉本哲太/崎本大海/?...
こわいものみたさ  2010年06月20日(日) 15時16分
松本清張生誕100年記念作品として、『ゼロの焦点』を再映画化。
出演は広末涼子、中谷美紀、木村多江の「アカデミー賞に輝く3人の女優(ミューズ)」に、西島秀俊、鹿賀丈史、杉本哲太、崎本大海、野間口徹、黒田福美、本田博太郎ら。
監督は犬童一心。

旧作とはどちらが原作に近いのだろうか?
結末を含めて細部はかなり違っていて、犠牲者も増えているので観ていて若干の違和感が。
しかしながら金沢の景色は美しく、ヒロイン3人も好演。
奇を衒わない演出はやや親切すぎ、伏線というか手掛かりも判り易く見せてくれているが、それ故にじっくり丁寧に撮られた作品だなという印象が残る。
上野耕路の音楽も...
【徒然なるままに・・・】  2010年06月06日(日) 20時30分
禎子は新婚七日目に、社用で金沢へ旅立つ夫・鵜原憲一を上野駅まで送っていった。それが、禎子が夫の姿を見た最後になってしまった。憲一は?...
単館系  2009年12月18日(金) 22時29分
「ゼロの焦点」 製作:2009年、日本 131分 監督:犬童一心 脚本:犬童一心
映画通の部屋  2009年11月30日(月) 19時09分
「ゼロの焦点」を観ました。勝手に評価 ★★★☆☆(3.5)  →「ゼロの焦点」の詳細記事 あらすじ↓(ネタバレを含むので見たい人?...
どんどんいこう  2009年11月30日(月) 15時11分

2009年/東宝/131分
【オフィシャルサイト】
監督:犬童一心
出演:広末涼子、中谷美紀、木村多江、西島秀俊、鹿賀丈史
kuemama。の<ウェブリブログのへや>  2009年11月30日(月) 10時32分
TOHOシネマズデーだったので、TOHOシネマズ市川で松本清張生誕100周年記念映画、アカデミー女優三人(広末涼子、中谷美紀、木村多江)共演のゼロの焦点を見てきました。
西麻布でランチとか東京散歩とか。  2009年11月30日(月) 0時44分
原題:ゼロの焦点 製作:2009年/日本 監督:犬童一心 Isshin Inu...
その映画館、蠍は留守です  2009年11月30日(月) 0時24分
【11月15日特記】 映画『ゼロの焦点』を観てきた。 別に有名な原作ものが悪いと言うつもりはないのだが、僕はオリジナル脚本で注目されてきた人が文芸大作を撮り始めるとちょっと哀しくなるのである。 森田芳
trivialities   2009年11月29日(日) 23時43分
女優さんというと、10人中9人は 皆さん好きになれるのですが(^_^;)
どうにも相性の悪い方もみえて、そのひとりが広末涼子さん。なんで この方が持てはやされるのかが不可解なのですが、そうそう小雪さんも そのひとり。

この映画、主演広末涼子というだけで 不安感持ちつつ あえて臨んだ次第です。

そして、その主演シーンはというと ぼんやりと生気の無い どう転んでも広末涼子さんという結果ではありました。

しかしながらしかしながら、それに眼をつぶれば 確かな手ごたえある良作でありまし...
大当り狸御殿?大当り映画御殿  2009年11月29日(日) 9時10分
結婚式から7日後、仕事の引き継ぎのため金沢に向かった鵜原憲一は帰ってこなかった。夫の消息を追い金沢へと旅立った妻の禎子は、憲一のかつての得意先で、社長夫人の室田佐知子と受付嬢の田沼久子に出会う。一方、憲一の失踪と時を同じくして連続殺人事件が起きるが、事件の
映画な日々。読書な日々。  2009年11月26日(木) 22時14分
ゼロの焦点


監督: 犬童一心
  
出演: 広末涼子、中谷美紀、木村多江、西島秀俊、鹿賀丈史、崎本大海
公開: 2009年11月


原作は松本?...
映画@見取り八段  2009年11月25日(水) 19時16分
ゼロの焦点 (2009)今回の映画は、「ゼロの焦点」です。本作「ゼロの焦点」は、ある男の失踪をきっかけに発生する連続殺人事件を描いたミステリー・ドラマです。監督は、『眉山』『グーグーだって猫である』の犬童一心。結婚したばかりの禎子(広末涼子)の夫・憲一(西...
巡査あがりの広告マンが死亡。その妻が単身捜査にのり出すが…。 松本清張原作ミステリー。
象のロケット  2009年11月21日(土) 7時20分
今日から公開のゼロの焦点を早速鑑賞。

禎子(広末)との結婚の7日後、夫の憲一(西島)が以前の勤務地である金沢に仕事の引継ぎに出かけたまま帰ってこなくなった。
夫の行方を追う禎子は、金沢に渡り、憲一のかつての得意先の社長夫人である佐知子(中谷)や受付嬢の久子(木村)と出会う。
そして、禎子に続いて金沢に来た憲一の兄(杉本)も青酸カリを盛られて殺される。更に憲一の謎を追っていた同僚の本多までもが殺される。
夫は何故失踪したのか?連続殺人犯は誰なのか?

太宰治と同じく、松本清張の生誕100周年という事で製作された映画だが、ゼロの焦点は、清張の代表作と言ってもいいだろう。
原作は1959年に発表され、1961年の映画をはじめ、TVドラマでも何度も製作されている。

そんな作品は、「ネタバレは厳禁で」と言われてはいるが、ネタバレ無しで書くのは難しいので、ズバリ犯人は書かないまでも、ほとんど分かる内容になってしまってるのでご注意を。

まずこの作品の時代背景である昭和32年。
この時代における女性の社会的地位というのが1つのポイントだろう。
映画では、事件と並行して市長選に出馬した女性の姿...
燃える映画軍団【ブログ編】  2009年11月20日(金) 21時56分
《ゼロの焦点》 2009年 日本映画 お見合いで鵜原 憲一と結婚した禎子、しかし
Diarydiary!   2009年11月20日(金) 21時09分
映画「ゼロの焦点」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *2009年、東宝 *出演:広末涼子、中谷美紀、木村多江、杉本哲太、崎本大海、野間口徹、黒田福美、市毛良枝、本田博太郎、西島秀俊、鹿賀丈史、他 *監督:犬童一心 *原作:松本清張 感想・評価・批評..
映画レビュー トラックバックセンター  2009年11月20日(金) 4時15分
試写会で見ました。予告を見たときから、ちょっと見たいナーと思ってたのです。結婚し
うろうろ日記  2009年11月19日(木) 23時43分
昭和33年12月。 結婚式から7日後、仕事の引き継ぎのため以前の勤務地である金沢に戻った夫・鵜原憲一は、そのまま帰ってこなかった。 見合いで結婚したばかりで、夫の過去をほとんど知らない禎子は北陸・金沢へ向かう。 憲一が懇意にしていた得意先の会社へ案内され、社長夫人の室田佐知子と、受付嬢の田沼久子という2人の女性と出会うが…。 社会派ミステリー。
象のロケット  2009年11月19日(木) 1時32分
◆広末涼子さん(のつもり) ◆中谷美紀さん(のつもり) ◆木村多江さん(のつもり) 映画『ゼロの焦点』に広末涼子さんは鵜原禎子 役で、中谷美紀さんは室田佐知子 役で、木村多江さんは田沼久子 役で出演しています。原作は松本清張さんの長編推理小説です。1961年にも野村芳太郎監督によって映画化されていて、今回は、松本清張さんの生誕100年を記念して犬童一心監督によって再映画化された作品です。先日、劇場に観に行きました。●導入部のあらすじと感想
yanajunのイラスト・まんが道  2009年11月18日(水) 17時00分
2009年11月14日(土) 20:10〜 TOHOシネマズ日劇1 料金:0円(1ヶ月フリーパス) パンフレット:未確認 『ゼロの焦点』公式サイト フリーパス鑑賞13本目。 松本清張生誕100年記念作品だそうだ。松本清張の小説は、「点と線」しか読んだことが無い。 松本清張と言えば、地味な刑事が事件の謎を解くという印象があるのだが、これは新婚早々に亭主に失踪された妻が謎を解いていくというもの。 実際は、身勝手な男が周囲の女性に迷惑をかける話だった。 木村多江は、幸薄そうな顔をしているので、まさに適役。 中谷美紀は、能面のような表情が素晴らしい。是非、ホラーの暴れるほうの役を演じてほしい。髪の毛が短いが、座敷女のオファーをしてもいいくらいだ。 広末涼子は、目の下が凄いことになっている。 西島秀俊は、ほとんど活躍なし。 鹿賀丈史演じるエキセントリックな社長のあの行動理由が判らない。何故だ。 最初の一時間が至極退屈なんだが、謎解きの後半は中々面白くなる。 それしても、話との接点が皆目検討がつかないタイトルだ。 お勧め度:☆☆☆ だめんず度:☆☆☆ 俺度:☆☆☆
ダイターンクラッシュ!!  2009年11月18日(水) 16時50分
今年は松本清張の生誕100年ということです。 僕はミステリー好きですが、松本清張
はらやんの映画徒然草  2009年11月18日(水) 16時45分
監督:犬童一心
出演:広末涼子、中谷美紀、木村多江、西島秀俊

  愛する人のすべてを知っていますか?


「禎子と憲一は見合い結婚したばかりだったが、憲一は式の直後から以前の勤務地だった金沢へ引継ぎの業務で向かったまま行方不明になってしまった。
日々のつぶやき  2009年11月18日(水) 12時33分
昨夜は久しぶりにサイエンスホールに出かけた。
初対面の女性と待ち合わせ。
何度も書いているが私は携帯電話を持っていない。
今回もまったく何の問題もなくRendezvousを果たす。
やはり携帯電話は不要。
連絡を取りたいときは必ずといっていいくらい、留守電や「ただいま電話に出ることができません」で用をなさない。
携帯ホタルや携帯ふらふらながら族親父など人に迷惑をかける効用だけは強烈だ。(笑)
で、演しものは、広末の 「ゼロの焦点」。
携帯なんか、影も形も無い時代のおはなしで...
あーうぃ だにぇっと  2009年11月18日(水) 7時10分
松本清張の同名小説を映画化した作品。これまでにも1961年、1983年に映画になっています。かなり前に原作を読みました。

禎子は見合いで憲一と結婚します。結婚式の7日後、憲一は仕事の引継ぎで勤務地だった金沢に出掛けます。引継ぎを済ませ、住居を引き払い、一週間で東京に
史上空前のミステリーブームといわれる近年、松本清張の原作が次々と映像化され、好評を博している。そして清張生誕100年を迎える本年、「砂の器」「点と線」に並び称される不朽の名...
やっぱり邦画好き…  2009年11月18日(水) 6時37分
ゼロの焦点オリジナル・サウンドトラック「ゼロの焦点」を鑑賞してきました松本清張の傑作ミステリーを豪華女優陣の競演で映画化した松本清張生誕100年記念作品。敗戦直後の混乱期を経て復興へと向かう昭和30年代初頭の日本を舞台に、結婚間もない夫の謎の失踪を発端...
日々“是”精進!  2009年11月18日(水) 6時23分
観たい映画が4つも公開された昨日の土曜日。仕方ないので(?)、レイトショーのはしごをすることに。時間を調べて、1本目は「ゼロの焦点



」を鑑賞。










「UCとしまえん



」は、普通の人出かな。



「ゼロの焦点



」は、中スクリ
いい加減社長の日記  2009年11月18日(水) 5時20分
松本清張生誕100年記念作品。新婚間もない夫が謎の失踪、手がかりを求めて夫を追う新妻に襲い掛かる連続殺人の謎――、同名の傑作小説の映画化だ。出演はアカデミー賞作品賞『おくりびと』の広末涼子、『嫌われ松子の一生』の中谷美紀、『ぐるりのこと。』の木村多江の豪華3女優をメインに、杉本哲太、鹿賀丈史、西島秀俊らが脇を固める。監督は『ジョゼと虎と魚たち』、『グーグーだって猫である』の犬童一心。
LOVE Cinemas 調布  2009年11月18日(水) 1時17分
2009年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf