「沈まぬ太陽」堂々の大河ドラマ、プライドは捨てないということなのか。

2009年11月01日(日) 0時09分
「沈まぬ太陽」★★★★
渡辺謙、三浦友和、松雪泰子、鈴木京香、石坂浩二
若松節朗監督、202分、2009年、2009-10-24公開



                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「堂々の大河大作、ときにはこのくらい
見ごたえがある映画も良い、
長さは気にならなかったが、強く訴えかけるものは無かった、
戦後の超近代史もそろそろ自分たちは学ぶべき、
主人公の頑なな態度が気になり
何をもって沈まぬ太陽なのか伝わらなかった。」



日本の高度経済成長を支えた企業戦士、
ひとつの会社で定年まで勤め上げ
家庭よりも会社という典型的な男(渡辺謙)は、
国民的航空会社で組合活動をしていたため、
左遷の人事で10年余り、
それでも会社を辞めることなく、
会社にしがみつくが、このあたりの心情がいまひとつ分からない、
ここで描かれるのはプライドをかけた
意地の張り合いのように思えるのだ。


嫌なら辞めてしまえばいい、
そう言えばきっと「そんな時代じゃなかった」と言うだろう、
その時代を生きたひとならそのムードをというものを
なんとなく分かるのだろうが、
映画にしたのならその時代の空気を描かないといけない、
そのあたりが先へ先へと急ぐあまり
丁寧に描けなかったようだ。

折しも日本航空の再生が問題となっている現在、
企業という巨大な怪物が
何の為にそして誰の為に存在しているのか
そんなことが気になった。

人は誰かに認められたい、
そしてやりがいのある仕事をしたい、

主人公は左遷されたアフリカでは支店の開設に
尽力し、休日は狩りをしていて
傍目にはやりがいのある仕事、充実した人生と感じる、
結局自分がどう感じるかが問題なのだ。

作品の主題に自分は近づけた気がしないが、
映画自体は楽しんだ、このくらいしっかりと
お金と時間をかけて作ってくれれば
それだけで楽しめるのだ。

快適に使っている各国の空港の窓口は
これまで頑張ってくれた人たちのおかげだ、
スムーズにいくということは
それだけ苦労もあったのだろう、そんなことを
感じさせないのがサービスというものだ。

映画の終わりに前の席に座っていた
60代の夫婦が「久しぶりに映画見たね」と
話していたのを聞いて嬉しくなった、

アクションやラブストーリーじゃなく
これだけの手応えのある映画が
家からここまでわざわざ足を運ばせたのかと思うと
映画の力を感じた。

★100点満点で75点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

スリリングなシーンも面白かったが、カラチの町並みやアフリカの様子も面白かった。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
  • URL:https://yaplog.jp/sora2001/archive/1401
トラックバック
トラックバックURL:
国民航空の労働組合委員長・恩地(渡辺謙)は職場環境の改善に奔走した結果、海外勤務を命じられてしまう。10年におよぶ孤独な生活に耐え、本社復帰を果たすもジャンボ機墜落事故が起き、救援隊として現地に行...
単館系  2011年02月17日(木) 22時04分
昨夜、映画「沈まぬ太陽」を見ましたので感想など。昨夜はフジテレビ系でR-1グランプリ、ものまね紅白、TBS系でドラマ「LADY 最後の犯罪プロファイル」が放送されると知り、迷ったのですがこの映画「沈まぬ太陽」を観ることにしました。あと、テレビ朝日系では映画「ドラえ
オタクと呼ばないで  2011年02月12日(土) 6時20分
日本アカデミー賞って発表前から予想できて、
しかも予想通りになりますね。( ^ _ ^;
この作品も、作品賞を取るかなと思ったらその通りになりました(爆)
でも受賞の時のケン・渡辺氏の言葉は胸にきました。
観ていないと何もわからないので、
DVDで鑑賞しました。
映画、言いたい放題!  2010年12月04日(土) 20時48分
試写会で見ました。上映時間が3時間超えと長いので、休憩時間があると聞きました。ホ
うろうろ日記  2009年11月30日(月) 11時34分
 太陽、すなわち日章旗を模した鶴のマークが沈みかかっている。

 鶴のマーク(鶴丸)で知られた日本航空は、いま厳しい経営環境にある。そ?...
映画のブログ  2009年11月19日(木) 2時45分
2009年11月15日(日) 14:20〜 TOHOシネマズ スカラ座 料金:0円(1ヶ月フリーパス) パンフレット:未確認 『沈まぬ太陽』公式サイト フリーパス鑑賞14本目。 フィクションで実在の団体、人物とは関係ないなどと申し訳のように終了後に出てくるが、誰もがそんなこと思っていない。ノンフィクションと勘違いしてしまう。現在も賑やかな日本航空の実際の人物をモデルにした山崎豊子の大作小説の映画。 40代と50代の渡辺謙の区別は髪型でしか判断できない。最初、御巣鷹山の事件に係っているのに、委員長の活動をしているように見えてしまった。その後、テロップで時代が示されてやっと時間軸を理解。 まあ、三浦友和は、より一層判断不可能。 逆に、松雪泰子と香川照之が、10年たっても、ちっとも老けていない。 実年齢を考えると、石坂浩二は若く見えて、鈴木京香はかなり危ない。 本編に関係ないことだったが、斯様に物語りは10年以上の長いストーリーである。 3時間30分近い映画で、途中で休憩あり。休憩は10分だけなので、トイレに行くとトイレ渋滞に嵌り、戻ってくる前に後半が始まってしまうので、なるべく行かないですむ工夫をすべきだ。 10年以上、頑固...
ダイターンクラッシュ!!  2009年11月17日(火) 13時29分
3時間22分…事前に10分間の休憩を知っていましたが
長いと思わせるシーンはなくのめり込んで見てしまいました。
ただ、休憩前後で展開が大きく変わったのが残念な部分もあります
気ままな映画生活  2009年11月15日(日) 18時59分
【ストーリー】昭和30年代。巨大企業・国民航空社員の恩地元は、労働組合委員長を務めた結果、会社から10年におよぶ僻地での海外勤務を命じられた。かつて共に闘った同期の行天四郎が組合を抜けてエリートコースを歩みはじめる一方で、恩地は家族との長年にわたる離れ離れの生...
ころちゃんねる  2009年11月14日(土) 19時23分
▼動機
渡辺謙、凱旋
▼感想
この物語こそ3部作でやるべきだったのでは?
▼満足度
★★★★☆☆☆ そこそこ

▼あらすじ
国民航空の労働組合委員長・恩地(渡辺謙)は職場環境の改善に奔走した結果、海外勤務を命じられてしまう。10年におよぶ孤独な生活に耐え、本社復帰を果たすもジャンボ機墜落事故が起き、救援隊として現地に行った彼はさまざまな悲劇を目の当たりにする。そして、組織の建て直しを図るべく就任した国見新会長(石坂浩二)のもとで、恩地は会社の腐敗と闘うのだが……。
▼コメント
この映画を見ながらに感じた違和感から記載。
ひとつめ
「時代に翻弄された一人の男の半生」...
新!やさぐれ日記  2009年11月12日(木) 22時16分

山崎豊子さん原作のドラマ化で
「白い巨塔」「二つの祖国」「華麗なる一族」
「大地の子」
これらは見た作品です。
その中でも「大地の子」は一番感銘を受けたドラマでした。
中国残留孤児の話ですが
当時無名だった上川隆也さんを抜擢して
中国ロケを敢行しドラマの内容、役者の演技に
涙し視聴しましたね。再放送も見たしビデオにとって
何度も見ましたよ。
最初は本木雅弘が主役にとの話があったそうですが…
あの役は上川隆也さんだったからあれだけの
作品になったと思います。

...
JUNの今日もアロマでいい日より  2009年11月08日(日) 20時44分
  原作は 山崎豊子  私はベストセラーというのが  どうもニガ手で原作読んでません。  まぁ ほんの気まぐれで見てみました。  珍しく3時間20分モノだし。。  見終わって、さぁ どうかなぁ。  映画館で見るまでもなかったかな。【あらすじ】昭和30年代。
うたかた日記  2009年11月07日(土) 2時25分
「沈まぬ太陽」 製作:2009年、日本 202分 監督:若松節朗 原作:山崎豊子
映画通の部屋  2009年11月05日(木) 19時18分
監督:若松節朗原作:山崎豊子出演:渡辺謙、三浦友和、石坂浩二、松雪泰子、鈴木京香、山田辰夫、香川照之、木村多江、清水美沙、鶴田真由、柏原崇、戸田恵梨香、大杉漣、西村雅彦、柴俊夫、風間トオル、神山繁、菅田俊、草笛光子、宇津井健、小林稔侍、加藤剛、品川徹、...
再出発日記  2009年11月03日(火) 23時46分
ネットで見られるニュースでは,「始球式には米国のジョージ・ブッシュ前大統領が登場した」とあるだけで,会場でブーイングぐらいはあったのかどうか,分からない.九州にいては,一昨日紹介した「反戦と抵抗のフェスタ」に参加することもできず・・・と言うわけで今日は映画館に行った.(ホントは東京以外のどこでも「戦犯容疑者逮捕」を街頭で呼びかけなければいけないのだけれど)応援のクリック歓迎 (1日1回まで) 見た映画は話題の「沈まぬ太陽」.原作をちょっと手に取ったことはあるのだが,なにしろあの長編,読むまでには行かなかった. 驚いたのは観客の多さ.客席はほとんど満員だった.休日でも,また人気の映画でも,これほどの入りは最近経験したことがない. 途中休憩をはさむ3時間を超える大作で,十分に見応えのあるものだった.もちろん細かく言えば,描写不足,説明不足だったり,説明目的ミエミエの台詞があったり,難点はあるが,主演の渡辺謙のみごとな演技を中心に,よくドラマティックにまとまっていた.労働組合がこのように大きく肯定的に扱われる映画も最近では少ないだろう. 日航123便墜落事故がテーマの大きな柱である.広島,長...
ペガサス・ブログ版  2009年11月03日(火) 23時01分
 待望の映画「沈まぬ太陽」を観た。原作は今何かと話題の“日本航空”(小説では国民
Serendipity !  2009年11月03日(火) 22時07分
映画「沈まぬ太陽」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:渡辺謙、三浦友和、松雪泰子、鈴木京香、石坂浩二、香川照之、木村多江、清水美沙、鶴田真由、柏原崇、戸田恵梨香、大杉漣、西村雅彦、柴俊夫、風間トオル、山田辰夫、菅田俊、神山繁、草笛..
映画レビュー トラックバックセンター  2009年11月03日(火) 11時39分
上映スクリーン数: 403(東宝配給作品としては最大規模)オープニング土日動員:
映画コンサルタント日記  2009年11月03日(火) 0時01分
昭和30年代。 国民航空の労働組合委員長・恩地は海外勤務を命ぜられ、10年を僻地で過ごした。 一方、副委員長だった行天は組合を抜けてエリートコースを歩みはじめる。 やっと本社への復帰を果たした恩地は、御巣鷹山で起こったジャンボ機墜落事故の救援隊として現地に赴き、遺族との交渉窓口となるのだが…。 巨大企業の歩みを描く社会派ヒューマン大河ドラマ。
象のロケット  2009年11月02日(月) 20時24分
この映画の秀逸な面は、史上最大の航空機事故を再現しながら、労働組合運動に熱心だったという理由だけで左遷を強いられた主人公恩地のリアルな描写だ。脚本が非常にいいと思う。今まで報道されなかった舞台裏も見ることができるので、是非お勧めしたい。
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver  2009年11月02日(月) 20時17分
沈まぬ太陽を見てきた。実にいい映画だ。 長年のJALの労働問題が、日航機墜落事故...
hishioh.JP  2009年11月02日(月) 3時35分
 新宿ピカデリーで「沈まぬ太陽」をみた。初回。スタートは9:30。それで終わったのは13:00。 時間的には長い。原作を読んでいたから理解できる。映画だけをみると納得できないシーンも多いのではないだろうか? はじめてインターミッション(休憩)のある映画を体験...
なりゆき散策日記  2009年11月01日(日) 16時03分
上映時間3時間30分、途中休憩あり。 途中休憩がある映画を観たことがあるのは、「
はらやんの映画徒然草  2009年11月01日(日) 14時03分
『白い巨塔』、『華麗なる一族』などで知られる人気作家・山崎豊子の同名ベストセラー小説の映画化。日本航空をモデルにした国民航空を舞台に、権力に翻弄されながらも自らの信念に従って生きる男を壮大なスケールで描いた社会派ヒューマンドラマだ。主演は『硫黄島からの手紙』の渡辺謙。共演は三浦友和、石坂浩二、松雪泰子、鈴木京香を始めとした実力派揃い。監督は『ホワイトアウト』の若松節朗。
LOVE Cinemas 調布  2009年11月01日(日) 12時59分
「白い巨塔」「華麗なる一族」「不毛地帯」「大地の子」など、人間の本質を世に問う長編小説を次々に手がける国民的作家・山崎豊子。その珠玉の原作の中で、未だ映像化されていない...
やっぱり邦画好き…  2009年11月01日(日) 11時02分
監督:若松節朗(ホワイトアウトの監督さん)
出演:渡辺謙(怪物)三浦友和 松雪泰子 鈴木京香 石坂浩二 香川照之 宇津井健 
出演:戸田恵梨香 柏原崇 大杉漣 西村雅彦 小林稔侍 風間トオル 柴俊夫 木村多江 



30年間、企業の不条理に翻弄されても絶対に諦
おそらく見聞録  2009年11月01日(日) 10時56分
沈まぬ太陽は、ずっしりとした社会派大作。山崎豊子に
ネット社会、その光と影を追うー  2009年11月01日(日) 9時57分
「きみがぼくを見つけた日








」も迷ったんだけど。








山崎豊子原作、渡辺謙主演となれば、見ないわけにはいかないだろう、ということで、「沈まぬ太陽








」を鑑賞。
いい加減社長の日記  2009年11月01日(日) 7時27分
監督: 若松節朗
キャスト
恩地元☆渡辺謙
行天四郎☆三浦友和
三井美樹☆松雪泰子
恩地りつ子☆鈴木京香
国見正之☆石坂浩二
利根川☆加藤剛
竹丸☆小林稔侍
堂本☆柴俊夫
桧山☆神山繁
八馬☆西村雅彦
山田辰夫

【ストーリー】
国民航空の労働組合委員長・恩地(渡辺謙)は職場環境の改善に奔走した結果、海外勤務を命じられてしまう。
10年におよぶ孤独な生活に耐え、本社復帰を果たすもジャンボ機墜落事故が起き、救援隊として現地に行った彼はさまざまな悲...
あーうぃ だにぇっと  2009年11月01日(日) 6時38分
若松節朗監督、渡辺謙、三浦友和、松雪泰子、鈴木京香、石坂浩二ほか。

30年間企業の不条理に翻弄されても絶対あきらめなかった男、仕事とは、家庭とは、人生とは、苦悩する現代社会における人間の叙情詩。
3時間を超える日本映画の東宝が日本映画の歴史に残る超大作。
もちろん来年の日本アカデミー賞最有力候補でしょう。
ほんとにはやく見たかった山崎豊子の原作で映画化がある制限で無理と言われた作品。

国民航空の労組の委員長で活躍しただけで会社から嫌がらせを受けるも媚びをせず自分の生き方を貫き家...
Mooovingな日々  2009年11月01日(日) 3時30分
知人のご厚意の恩恵にて、試写会で鑑賞させていただけることになりました。会場に着くまで知らなかったのは上映時間(笑)なんと、3時間20分ですよ、、、インターミッション付き・・・席に着いてから腰が引けてしまいましたが^^;;;気を取り直して鑑賞。『沈まぬ太陽』角川
黒猫のうたた寝  2009年11月01日(日) 2時16分
JAL幹部は恥知らずの最低人間ばかり!!あ、ごめん、NALだっけww腐敗政治家と癒着、金と物欲まみれの畜生ばかり。だからあんな会社になってしまったのですねえ・・タイムリー過ぎて笑えないですよ。あ、あくまでフィクションのNALの話ですからww長くて退屈で...
帰ってきた二次元に愛をこめて☆  2009年11月01日(日) 1時42分
魂が、震える。上映時間202分製作国日本公開情報劇場公開(東宝)初公開年月2009/10/24ジャンルドラマ映倫G【解説】『白い巨塔』『華麗なる一族』の人気作家・山崎豊子が綿密な取材の基に書き上げた渾身のベストセラー巨編を壮大なスケールで映画化した社会派ヒューマン・ド...
CinemaCollection  2009年11月01日(日) 1時19分
何と10分休憩つきの3時間22分映画。しかし、その長さは感じられず。。。衝撃的な事故の映像や、硬質なストーリー、渡辺謙の素晴らしい演技に冒頭からのめり込んでいく。ドラマ「不毛地帯」のおかげで、山崎豊子が嫌いになりそうな貴方。「不毛地帯」1時間が3時間に感じ...
見取り八段・実0段  2009年11月01日(日) 1時19分
2009年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf