「引き出しの中のラブレター」本当の気持ちはなかなかうまく伝わらない

2009年10月28日(水) 9時09分
「引き出しの中のラブレター」★★★☆オススメ
常盤貴子、林遣都、中島知子、岩尾望主演
三城真一監督、107分、2009年、2009-10-10公開




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい





「伝えたくても伝えられなかった大切な想い。
誰もが引き出しの奥深くに眠らせていることがある、
ラジオのパーソナリティをしている主人公も
父親と疎遠になったまま亡くしてしまい、
その気持ちを抱えていたが、父親の遺品の中から
自分宛の手紙を受け取り、読めないまま
引き出しにしまっていた」



ラジオの番組の中で北海道の少年(林遣都)から
父親と祖父の仲が悪く、笑わない祖父を
どうしたら笑わせられるでしょうかというハガキが届き、
ラジオのパーソナリティの真生(常盤貴子)は
その解決方法をリスナーに問いかける、
そのあたりの描写は自分の仕事というものに
今のままでいいのかと揺れる心情が伝わる。


主人公の真生が突然、北海道へ行き
ハガキをくれた少年と会い、
彼の祖父を訪ねる行動に出たとき
なんでそこまでするのだろうと思った、
仕事としての関わりと、その行動に
違和感を持ちながら、これからどうなんるんだろうと
見守った。

仕事は自分の時間の多くを使うことを考えたら
本当に大切なものだ、
お金を得ることももちろん、自分を表現する手段でもある、
自分も含め常に今の自分でいいのかと
きっと時々は考えながら毎日を過ごしている、
だから主人公が「今の自分」でいいのかと悩む部分には共感できる、
何かを成し遂げたいと思いつつも
それが「何」なのか分からないのが現実だからだ。

この映画はラスト近くに意外な「落ち」が用意されていて、
それが映画を観終わったと爽やかな気分にさせてくれる、

このシーンを見るだけでもこの映画を見る価値があった。

北海道の海沿いの町、海の様子や
よく整備された教会までのアプローチの林、
そこに鳴り響く鐘、
こんな町も実際に行って見たいなと思った。

派手さはないけれどしみじみ良い映画だった。

★100点満点で70点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

役者じゃない人が演じるのは好きじゃないが、今回の中島知子(オセロ)は良い味を出していた。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
  • URL:https://yaplog.jp/sora2001/archive/1397
トラックバック
トラックバックURL:
常盤貴子さんがラジオのパーソナリティーに挑戦されました10月10日公開の映画『引き出しの中のラブレター』を試写会で観ました。
おぼえ帳 みんなの本棚  2009年11月06日(金) 12時17分
ガラクタを 捨てずに引き出し パンドラの


 東京の六本木の風景と北海道は函館の風景が行ったり来たりする。そんな風景映像はいいのだけれど、ちょっと待ってね、主人公のFMラジオ番組ナビゲーターである常盤貴子演じる真生(まい)は、よくそんな距離を交通費、恐らく自
空想俳人日記  2009年11月04日(水) 8時04分
 FMラジオのパーソナリティー久保田真生は、仕事のことで父親と喧嘩になり、そのま
みんなシネマいいのに!  2009年11月03日(火) 0時05分
ラジオのパーソナリティ・真生(まい)の番組に、北海道の高校生・直樹から「笑わない祖父を笑わせたい。」という手紙が届く。 「お祖父さんを笑わせる方法大募集!」で届いた方法はどれも失敗。 ケンカして仲直りしないまま他界した自分の父の姿が重なり、責任を感じて北海道へ飛んだ真生だったが…。 リスナーそれぞれの“想い”をつないでゆくヒューマン群像劇。 
象のロケット  2009年10月30日(金) 16時08分
[常盤貴子] ブログ村キーワード
 伝えたいのに伝わらない“言葉”。伝えたかったのに、伝えられないままの“言葉”。そんな心の奥にしまったままの“言葉”を伝えていく本作、「引き出しの中のラブレター」(松竹)。ツッコミたいところはイッパイあるのですが、まあイイお話です。


 東京のFM局・J-WAVEでパーソナリティーを務める真生(常盤貴子)は、数年前に自身の将来のことで喧嘩、以来絶縁状態だった父(六平直政)を2か月前に亡くした。仲直りの出来ないままだった父が、生前真生宛に書いて出さないままになっていた手紙を、遺品整理をしていた妹が見付け、真生に届けるが、真生はその手紙を開けること...
シネマ親父の“日々是妄言”  2009年10月30日(金) 1時06分
『3年B組金八先生』や『ブラックジャックによろしく』などで監督を、『白い影』や『花より男子ファイナル』などではプロデューサーを務めた三城真一監督作品。主演は「20世紀少年」の常盤貴子。共演に『DIVE!!』の林遣都、オセロの中島知子、フットボールアワーの岩尾望、仲代達矢、八千草薫、豊原功補など若手からベテランまで豪華な顔ぶれが揃う。複数のエピソードがラジオ放送を中心に絡み合う感動のヒューマンドラマです
LOVE Cinemas 調布  2009年10月29日(木) 0時10分
素直に感動できた作品。常盤貴子が演じるラジオパーソナリティ、久保田真生の番組に、函館から一通の手紙がやってくる。『おじいちゃんが父さんと仲が悪くて全然笑わないんだ』という手紙に真生は「笑わないんなら笑わせようよ」と軽く返す。この手紙の主、高校生の直樹(...
まてぃの徒然映画+雑記  2009年10月28日(水) 21時44分
FMラジオのパーソナリティ、真生(まい)は、ある日、北海道に住む少年から「笑わない祖父を笑わせるにはどうすべきか」というハガキを番組の中で読み上げます。真生は、おじいちゃんを笑わせる方法を番組で募集し、様々な方法が寄せられますが、しばらくして、少年から「もう募集を
監督: 三城真一
キャスト
久保田真生☆常盤貴子
速見直樹☆林遣都
松田由梨☆中島知子
稲村太郎☆岩尾望
中倉晃平☆竹財輝之助
粟島加奈子☆本上まなみ
竹下淳☆吹越満
黒沢留美☆水沢奈子
久保田孝正☆六平直政
龍木雁次郎☆伊東四朗
浦部敦彦☆片岡鶴太郎
中倉謙吾☆西郷輝彦
後藤大介☆萩原聖人
速見健一☆豊原功補
松田晶子☆八千草薫
速見恭三☆仲代達矢

【ストーリー】
ラジオパーソナリティーの久保田真生(常盤貴子...
あーうぃ だにぇっと  2009年10月28日(水) 18時11分
<<ストーリー>>ラジオパーソナリティーの久保田真生(常盤貴子)は、4年前に父親と仕事のことでけんかしたあげくに絶縁し、仲直りをしないまま父親が他界してしまう。ある日、北海道の高校生・直樹(林遣都)から、一通の手書きの手紙が番組に届くが、笑わない祖父を笑わせ
映画君の毎日  2009年10月28日(水) 17時03分
監督:三城真一
出演:常盤貴子、林遣都、仲代達矢、萩原聖人、本上まなみ、豊原功補、中島知子、竹財輝之助、吹越満、八千草薫、片岡鶴太郎

  あなたの言葉を、待っている人がいます。


「ラジオのパーソナリティーをする真生は、函館の少年からのお父さんと
日々のつぶやき  2009年10月28日(水) 14時10分
2009年10月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf