「空気人形 」ワタシのナカミはカラッポです

2009年10月02日(金) 0時19分
「空気人形 」★★★★オススメ
ペ・ドゥナ、ARATA、板尾創路主演
是枝裕和監督、116分、2009年、2009-09-26公開



                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい


久しぶりに心を揺さぶられた。


「孤独な男の性処理の代用品の
空気人形(ダッチワイフ)が、何故か心を持つことで、
人間っぽくなるのだが、
それが何故か悲しい物語、
ペ・ドゥナという女神の存在が命を与えている」



空気人形が心を持ち、
部屋から外へ出て、人間の普段の生活を始める、
彼女は別に人間に憧れていたわけではないが、
せっかく「心」を持ちながらも
体の中が空気だからか、決して埋まらない
漠然とした空虚さを感じるだけ。


出会う人も皆、心に何かを抱え、
多くは孤独だ、
「何か」の代用品でなんとか毎日を送っている、
でも本当に求めているのが何なのか
よく分からない、「カラッポ」だという言葉が心に響く。


是枝裕和監督は言葉の無いカットで
詩のように何かを伝えようとするのが
過去の作品で印象的だが、
そういうのってちょっと面倒くさいなぁと感じてた、
「言いたいことがあれば、せっかくの映画なんだから」
見せて欲しいと。

でも今回は「言いたいこと」のほとんどを
主演のペ・ドゥナが引き受け、
瞬きもしない大きな目で、空気人形をリアルに
感じさせてくれた、
大声も上げない、妙に自分の気持ちを言葉にしない
でも十分に痛みは伝わった。

空気の抜けた体にARATAが息を吹き込むシーンは
エロティックだったが、
そんなふうに自分の好きなもので
体が埋めつくされたら幸せだろうな、
キラキラ光るキレイなものを集めるシーンも
人間は皆似たようなことをしてるよなと
思いながら見入った。

知りたいと思うことと、
知ってしまうこと、
追い求めることと
それを手に入れてしまうこと、
本当なら喜んでいいことなのに
何故それでも心は満たされないのだろう。


★100点満点で80点

@「歩いても歩いても」★★★☆


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

ペ・ドゥナは韓国では大スターだ、結構大胆なシーンの連続にビックリ。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
  • URL:https://yaplog.jp/sora2001/archive/1378
トラックバック
トラックバックURL:
 ゚*::;;;;::*゚o<(*・∀・)b 【Merry Xmas】 d(・∀・*)>o゚*::;;;;::*゚ 皆さん、いかがお過ごしでしょうか。本日紹介する作品は、今日みたいな日に愛する女性と一緒に観て欲しいこちらに
こんな映画観たよ!-あらすじと感想-  2012年12月24日(月) 17時19分
空気人形
ある朝心を持つようになったラブドールは
街に出て、ビデオショップで働くようになる...

【個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞)

原作:業田良家 『ゴーダ哲学堂 空気人形』
『映画な日々』 cinema-days  2010年12月18日(土) 23時27分
空気人形 / AIR DOLL



2009年 日本映画

監督・脚本・編集:是枝裕和
製作:川城和実 重延浩 久松猛朗 豊島雅郎
原作:業田良家
撮影:リー・ピンビン
美術:金子宙生
衣裳デザイ...
RISING STEEL  2010年12月11日(土) 23時35分
総論:みんなが心に感じる”欠如”こそが、他者同士をつなげる可能性。「誰も知らない」「歩いても 歩いても」の是枝裕和監督が、業田良家の短編漫画「ゴーダ哲学堂 空気人 ...
映画批評OX  2010年11月27日(土) 18時45分
あらすじレトロなアパートで秀雄と暮らす空気人形にある日思いがけずに、心が宿ってしまう・・・。感想ダッチワイフに心が宿るってのは、古くから『やけっぱちのマリア』なんてのも...
てっきり、空っぽの身体の中を、温かい空気でいっぱいに満たしてくれる映画だと思っていた。
パンパンに膨らんでいるときは、ふわふわとして楽しいけれど、穴が開いてしまうと、そこから空気はどんどんと抜けていき・・・・・・
こんなに美しい映像なのに。
こんなに可愛いのに。こんなに切ないのに。
胸にぽっかりと開いた穴は、ぐんぐんと大きくなって・・・・・
ノルウェー暮らし・イン・London  2010年06月16日(水) 22時06分
空気人形 豪華版 [DVD]

「空気人形」 感想

私は、「心」を持ってしまいました。
持ってはいけない「心」を持ってしまいました。



すば?...
むーびーふぁんたすてぃっく  2010年04月09日(金) 19時27分
空気人形’09:日本

◆監督・脚本・編集・製作: 是枝裕和「歩いても 歩いても」「誰も知らない」◆出演:ぺ・ドゥナ、ARATA、板尾創路、オダギリジョー、高橋昌也
◆STORY◆古びたアパートで持ち主の秀雄と暮らす空気人形は、ある朝、本来は持ってはいけない「心....
C'est joli?ここちいい毎日を?  2010年01月22日(金) 15時26分
心を持ってしまったお人形さんが主人公のお話。
私は空気人形、性欲処理代用品。

上記のようなせりふが出てきたり。

心を持った主人公は?...
単館系  2009年12月30日(水) 0時06分
やっと浜松に来たので楽しみにして見た。期待通り、一筋縄ではいかない深い作品だった。空気人形が心を持ち人間らしくなる様子と、徐々に本性を見せていく人間の醜さとの対比が切ない。人形が生きた証は、確かに残ったのが救いだ。すばらしい映画だった。
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver  2009年12月28日(月) 18時04分
あなたも あるとき私のための風だったかもしれない
悠雅的生活  2009年12月10日(木) 10時02分
是枝裕和監督の作品が好きです。
いつか作品に出たいと思っています。(マジ)
映画館で予告編を観た時から絶対観ようと思ってました。
業田良家原作の短編コミック「ゴーダ哲学堂 空気人形」も読みました。
映画館は公開されたからちょっと経ってましたが
結構人が入ってまし
映画、言いたい放題!  2009年11月13日(金) 0時47分
『空気人形』

ちょっとUPが遅れてしまいましたが…
公開初日の舞台挨拶初回に、行ってきました。

本年度イチオシの邦画です!

きっとペ・ドゥナに恋をする!きれいで切なくエロティックな、大人のダークファンタジー…。



(c)業田良家/小学館/2009『空気
ketchup 36oz. on the table 〜新作映画レビュー  2009年11月03日(火) 2時41分
▼動機
掘り出し物感
▼感想
絵本のような世界
▼満足度
★★★★★★☆ いいかも

▼あらすじ
レトロなアパートで秀雄(板尾創路)と暮らす空気人形(ペ・ドゥナ)に、ある日思いがけずに心が宿ってしまう。人形は持ち主が仕事に出かけるといそいそと身支度を整え、一人で街歩きを楽しむようになる。やがて彼女はレンタルビデオ店で働く純一(ARATA)にひそかな恋心を抱き、自分も彼と同じ店でアルバイトをすることに決める。
▼コメント
しっとりとした大人のおとぎ話。

いや「絵本」のような映画と言った方がもしかしたら的確かもしれない。

見終わった後でこの映画を振り返ってみる...
新!やさぐれ日記  2009年10月19日(月) 23時01分
空気人形とは・・・
大人のおもちゃ、性欲処理の代用品。
カップルで観賞して言葉を失った女性もいました。
男って人形にあんな事するの?なんて会話もあったり。
あんまりカップルで観ることはお薦めしないかな
気ままな映画生活  2009年10月19日(月) 1時09分
何処かのblogで、オジサンが多かったと書いていましたが場所のせいなのか、若い女性同士とか男同士が多かったです。空気人形役に起用されたペ・ドゥナ。この起用は、いいところを付いていますね。
ゼロから  2009年10月15日(木) 5時29分
前作「歩いても 歩いても」では日常の自然な姿を描いた是枝裕和監督は、今作で心を持ってしまった人形を主人公に見事なお伽話をリリカルに紡ぎ、今を生きる人々の空虚な心を描き出す。ボロ屋の二階で、中年男性(板尾創路)に<のぞみ>と名づけられたビニール製の人形は...
まてぃの徒然映画+雑記  2009年10月13日(火) 17時55分
是枝監督もペ・ドゥナも好きなので楽しみにしていた作品です。 人形になりきったペ・ドゥナの演技の素晴らしさと共に 考えにも及ばなかった展開にびっくりしながら映像を見つめていました。
とりあえず、コメントです  2009年10月11日(日) 11時41分
2009.10.1 公開中の「空気人形」。 監督・プロデューサー・脚本・編集:是...
現代の抒情作家・業田良家さんの短編コミック「空気人形」の映画化です。原作は読んでないのですが、予告編でペ・ドゥナちゃんの説得力ある体型を見て、観たくてたまらなくなった作品です。ペ・ドゥナちゃんは『リンダリンダリンダ』でもスタイルの良さと片言の日本語がチ...
ケルトの夢  2009年10月09日(金) 15時51分
古びたアパートで持ち主である秀雄と暮らす空気人形。ある朝、本来持ってはいけない“心”を持ってしまう。秀雄が仕事に出かけると、洋服を着て、靴を履いて、街へと歩き出す。初めて見る外の世界で、いろいろな人間とすれ違い、つながっていく空気人形。ある日、レンタル
映画な日々。読書な日々。  2009年10月09日(金) 3時16分
《空気人形》 2009年 日本映画 ファミリーレストランで働く秀雄は空気人形と暮
Diarydiary!  2009年10月06日(火) 21時23分
間違っても告っていきなりこの映画を デートムービーに選んではいけない。 ・・・終わったあとホンマに困るからね。 それだけ先に言うとくね。(誰に〜〜???) どうしても男女間で恋愛観って違うじゃないですか。 ラブドールを持つことをどうこう言うつもりはないですが..
ペパーミントの魔術師  2009年10月06日(火) 1時25分
ココロの深部にまで突き刺さるような優しく哀しい映画を作ってくれました。流石です。是枝監督。ダッチワイフの進化系のラブドール=空気人形が主人公。ある時、ココロを持ち、人間世界を探検、恋をし、自分の境遇を哀しむが責任は果たそうとし、恋が破れそうになり、自分の存在を肯定できるか自分探しまでし、自分の一生の最後までも、哀しさだけで終わらせない、そんな人形です。ラブドールの映画なので、以前にだってヌードにはなっているのでその点には出演の障害にはならないない主演のペ・ドゥナは、単にそんな矮小な部分を遥かに超えた演技の素晴らしさでココロを持ったドールの冒険と恋(ARATAとの人間と恥じらいドールの交感が衝撃)、と悲しみと道具製を演じてしまっている。変形や復活はソラリスやバンパイヤのいい意味の後継だ。この映画では人形ではない生身の人間なのに、ココロ或いは境遇の何処かが空虚感のある人物が多く出てくる。それらの人々についても、world's end girlfriendの美哀な無機的で精神的な音楽で絡められ、空気人形の境遇とさえシンクロしてくる。色んな人のエピソードを混ぜ込んで世界を慈しむ作品もやり方によってはまとめ方が難しい場...
しぇんて的風来坊ブログ  2009年10月06日(火) 0時56分
<<ストーリー>>レトロなアパートで秀雄(板尾創路)と暮らす空気人形(ペ・ドゥナ)に、ある日思いがけずに心が宿ってしまう。人形は持ち主が仕事に出かけるといそいそと身支度を整え、一人で街歩きを楽しむようになる。やがて彼女はレンタルビデオ店で働く純一(ARATA)に
映画君の毎日  2009年10月06日(火) 0時40分
【10月4日特記】 映画『空気人形』を観てきた。 是枝裕和監督に関しては1995年のデビュー作『幻の光』を観て(12月10日、十三第七藝術劇場。ちなみに江角マキコと浅野忠信の舞台挨拶も見た)、良い映画
trivialities  2009年10月05日(月) 21時09分
虚空の心に あなたの空気 入ってくる


 是枝裕和監督の「空気人形」を観た。いや、厳密に言えば観てしまった! 私は、この映画が、どんな批評を受けようが、観てしまったという精神的かつ静的感触を受けてしまった限り、言葉の理屈でああだこうだ言いたくはない。とにかく
空想俳人日記  2009年10月05日(月) 7時23分
監督:是枝裕和(昔の作品も観てみようと思いました)
出演:ぺ・ドゥナ(☆)ARATA 板尾創路(◎)高橋昌也(◎)余貴美子(何気に効いていた)
出演:岩松了 星野真里 寺島進 柄本佑 オダギリジョー 丸山智己 奈良木未羽 



中年の男が所持していたラヴドールが
おそらく見聞録  2009年10月04日(日) 0時49分
秀雄はメイド服姿の空気人形と暮らしている。 いつも食事を2人分用意し、一緒に風呂に入り、彼女に語りかけ、ベッドでセックスをする。 ある日そんな「代用品」の空気人形が突然立ち上がり外へ出た。 彼女はレンタルビデオ店で働く純一と出会い、同じ店でアルバイトをすることになったのだが…。 ラブ・ファンタジー。 ≪持ってはいけない「心」を持ってしまいました。≫ R-15
象のロケット  2009年10月03日(土) 21時58分
空気の空は空虚の空、空疎の空?空気は風になり、息になる。人々も街も地球も呼吸をするのだ。2009年の日本映画のベスト1ほぼ確定。今年も是枝!

秀雄と暮らす空気人形ののぞみは、「心」を持ってしまう。
原作は、業田良家の短編コミック「ゴーダ哲学堂空気人形」是枝裕和監督は現代日本の中ではマイ・フェイバリットのNO2に位置する映画監督なので、当然のことながら楽しみにしていた今作なんだけど、期待どおりのとてもステキな映画であった。いつもオリジナルものを手がけていた是枝監督が、今回は初めて原作のあるものに挑んだわけだけど、その着眼点からしてさすがだよね。生き物が人間になったり、人形やロボット...
かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY  2009年10月03日(土) 21時49分
心を持ってしまった空気人形が“孤独”の息づく街・東京で繰り広げるラブ・ファンタジー。
未完の映画評  2009年10月03日(土) 20時08分
織田信長に命じられた安土城建築に命を賭ける職人たちとその家族の三年間を追いかけた歴史ロマン。
未完の映画評  2009年10月03日(土) 20時03分
これまでオリジナルストーリーにこだわってきた是枝裕和監督が、この原作だけは例外と、満を持しての映画化。主人公・空気人形には『リンダ リンダ リンダ』など、国境を越えて活躍...
やっぱり邦画好き…  2009年10月03日(土) 8時35分
公式サイト。業田良家原作、是枝裕和監督、ペ・ドゥナ、ARATA、板尾創路、高橋昌也、余貴美子、岩松了、星野真里、丸山智己、奈良木未羽、柄本佑、寺島進、オダギリジョー、富司純子。もし現代の「蟹工船」に相当する作品があるとしたらこの作品こそふさわしいのかもしれない...
佐藤秀の徒然幻視録  2009年10月02日(金) 22時16分
新宿バルト9での初日舞台挨拶に、昨年の『歩いても歩いても』の時と同じく是枝ファンつながりの友人と出掛けた。ちなみに原作短編コミックを読み終えての鑑賞。
SOARのパストラーレ♪  2009年10月02日(金) 22時12分
監督・脚本・編集、是枝裕和。2009年日本。ファンタジー映画。出演、ペ=ドゥナ(
erabu  2009年10月02日(金) 21時31分
業田良家の短編コミック「ゴーダ哲学堂 空気人形」を映画化した作品です。

ファミリーレストランで働きながら、古びたアパートで単身生活をしている秀雄。職場ではミスが多く叱られっぱなしの秀雄が、唯一、心を慰められる相手は、"のぞみ"と名付けられた空気人形。
ポイントが溜まっていたので、土曜日の9時半の回で、「空気人形


」を鑑賞。


他に観たい映画の公開もなかったので、予告編でちょっと興味を惹かれただけで、あまり期待は大きくなかったんだけど。










「UCとしまえん


」は、普通の人出かな
いい加減社長の日記  2009年10月02日(金) 10時17分
是枝裕和監督の「空気人形



」を見てきた。今回の作品は業田良家原作の同名マンガ作品の映画化である。心をもたない空気人形が心を持つ。それによって、さまざまな苦悩や喜び、嫉妬などの感情をいだいていく。ある種メルヘンチックでもあり、ダー
芸術に恋して★Blog★  2009年10月02日(金) 8時37分
『誰も知らない』、『歩いても歩いても』の是枝裕和監督が業原良家の短編コミック「ゴーダ哲学堂 空気人形」を映画化。主演は『グエムル -漢江の怪物-』のペ・ドゥナ。共演に『ウルトラミラクルラブストーリー』のARATA、『ラッシュライフ』の板尾創路、オダギリジョーといった演技派が出演。ひょんなことから心を持ってしまった空気人形と人間との交流を描いたヒューマンファンタジーです。
LOVE Cinemas 調布  2009年10月02日(金) 2時12分
2009年10月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf