「カムイ外伝」ストーリーが脆弱、CGはちゃっちい部分多し。

2009年09月29日(火) 15時57分
「カムイ外伝」★★★
松山ケンイチ、小雪、伊藤英明、大後寿々花主演
崔洋一監督、120分、2008年、2009-09-19公開



                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい




「忍びの世界で育ったカムイは
理不尽な殺戮や厳しい掟に縛られた忍びの暮らしを
自ら捨てるが、それは裏切り者として追われる日々の始まり、
器用な松山ケンイチがカムイになりきってます」



何で、イーキン・チェンが口パクで出てるんだ?
それが気になった、
それから素早い動きなどは「忍び」の特質として
面白く見たが、チャチなお城(子供が作ったみたいだ)や
いかにも合成です!って感じの映像が
ストーリーをぶち壊してる。


脚本は宮藤官九郎ということで注目していたが、
別に「らしさ」は全然感じなかった、
それだけ手慣れてきたのかもしれないが、
だったらクドカンで無くてもいいだろうし、
セリフで恥ずかしいいくつかは、疑問だった。


悪くはないけど全体的に70点には届かない
60点あたりという感じ、
なんかあとちょっとどこかが良くなれば
もっと「映画を見たな」という気分にさせてくれたはず、残念。


追われるものの悲しみや
主人公がこれからどうしたいのか
そのあたりをもっと踏みこんで描いて欲しかった、

伊藤英明のラストなんかも、よくOK出したなというくらい
割り切ってって、殺されるならあのくらい壮絶でないとなと
思わせてくれたし、俳優陣はみんな役回りを
頑張っていたように思うが仕上がりがいかんせん
力不足な感じがラストまで、これじゃあ楽しめない。


あれだけの力があれば追ってなんか怖くもなさそうなのに
その圧倒的な組織の力みたいなものをもっと
最初に見せてくれていれば、忍びから抜けるということの
相当な覚悟がもっと伝わったのにな。

なんか色々感じた映画だった、
どこも少しづつ物足りなかったというのが
素直な印象、
カムイはこの後また逃げ続ける旅をするのだろう、
ということは成績次第で続編もあるだろう。

★100点満点で60点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン


大後寿々花は頑張ってたが、その頑張りが伝わりすぎて疲れた。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
  • URL:https://yaplog.jp/sora2001/archive/1376
トラックバック
トラックバックURL:
カムイ外伝は崔洋一&クドカン&松ケンで鑑賞を決めたが
別館ヒガシ日記  2009年12月20日(日) 10時50分



 映画ブログのクセして一ヶ月ぶりの映画の記事です(汗)。最近、見たい映画がなかったもので・・・。と言うわけで久々の映画記事はカムイ外伝です。
よしなしごと  2009年10月22日(木) 5時14分
白土三平の漫画の凄さを再確認!!映画はそれなりに楽しめたが・・何の深みもない。リゾート地みたいな黄色い砂に青い海、木下工務店製らしき粗末なはずなのにいやに頑丈そうな漁師小屋、薄っぺらい馬鹿殿と愛妾の扱い、ありえないへっぴり腰のくの一、あざとく煩いCGテ...
帰ってきた二次元に愛をこめて☆  2009年10月22日(木) 0時10分
 以前ベルサイユのばらの池田理代子さんがカムイ伝のような漫画を少女マンガにしてみ
海を見ていた  2009年10月12日(月) 13時58分
上映スクリーン数: 308オープニング土日動員: 13万2687人オープニング土
映画コンサルタント日記  2009年10月12日(月) 13時40分
白土三平著の同名コミックを映画化したアクション大作です。 原作を未読のままチャレンジして見ました。 役者さんたちのエネルギーが全面に溢れていて、画面から目が離せないような作品でした。
とりあえず、コメントです  2009年10月07日(水) 12時57分
一世を風靡した白土三平の傑作漫画「カムイ外伝」が、崔洋一監督(『クイール』『血と骨』)の手により、ついに実写映画化。忍者の掟を破り、組織を追われた抜忍、カムイ。これは、時...
やっぱり邦画好き…  2009年10月03日(土) 8時32分
「酷い、酷すぎる」 これは劇中で惨殺された村人たちを前にカムイがつぶやいた台詞で
はらやんの映画徒然草  2009年10月03日(土) 8時21分
監督:崔洋一
出演:松山ケンイチ、小雪、伊藤英明、大後寿々花、小林薫、土屋アンナ、佐藤浩市

   カムイは闘う。ただ生き抜くために−。


「忍から抜けた抜け忍、追われるカムイは将軍の馬の足を切り落とした男半兵衛を追って男の村に流れ着いた。そこには
日々のつぶやき  2009年10月02日(金) 12時52分
松ケンはホントすごくて、見事にカムイでした。舞台挨拶後の鑑賞でしたがまるで別人のようでした。衣装やヘアメイクが素晴らしかったです。女優さんでさえ薄汚れた感じがナチュラルでよかったです。個人的に超注目株なのに、あんまりスクリーンで見かけない大後寿々花ちゃんが素晴らしく熱演していて可愛かったです。ただ2人が並ぶとつい『セクシーボイスアンドロボ』を思い出してしまって(笑)サヤカのわかりやすすぎる積極的な恋心に対して今まで周りが敵ばかりだったカムイが、想われ必要とされたことで見えてくる人への想いが可愛かったです。「サヤカ」って呼ぶ声がすごく色っぽくて好きです。悲しい結末だったけどちゃんと気持ちが見えて素敵なシーンでした。小雪さんはもっと主役に並ぶ役かと思いきや『ラスト・ブラッド』に引き続き中途半端なポジションでした(苦笑)いったい何歳から何歳の役だったんでしょうか?カムイがわっぱの頃から大人だったし、大きい子供いるし。。。それよりアンナちゃん…不思議なキャスティングだなぁなんでアンナちゃんなんだろうって感じ。とにかく気になったのは合成のチープさ。。。今時あんなバレバレな合成珍しいと思うので...
MOVIE COMPLEX  2009年10月02日(金) 2時14分
TOHOシネマズ西宮OSにて、19日より上映の『カムイ外伝』。 白土三平の伝説的な名作漫画(最初から最後まできちんと読んだことがない/アニメは全部観たと思う)を、監督・崔洋一、脚本・崔洋一+宮藤官九郎、主演・松山ケンイチで映画化。期待度は高く・・・。 ちなみに..
健康への長い道  2009年10月01日(木) 23時59分
松山ケンイチ、小林薫、小雪。。。みんな素晴らしかった。俳優が作品を作っている。この作品に対する思い入れや意気込みがヒシヒシと感じられた。でもね。。。。。。演技力の拙い俳優が、演出の力でどうにか見れる作品にできる、と言う例は、アイドル俳優が多いドラマの方...
見取り八段・実0段  2009年10月01日(木) 22時59分
【9月23日特記】 映画『カムイ外伝』を観てきた。いや、原作はろくに読んでいない。ただ、崔洋一(監督、脚本)=宮藤官九郎(脚本)=松山ケンイチ(主演)という組合せに惹かれて・・・。 端的に言って、これ
trivialities  2009年09月30日(水) 22時33分
崔洋一監督は白土三平とのスペシャル対談でこのように言っている。「ぼくの前後の世代の多くの映画監督にとって、白土先生の「カムイ伝」はいつかチャレンジしたい高い山なんです。その根底に流れているものを腹のそこに抱えながら。その大河性を基準にして「スガルの島」...
再出発日記  2009年09月30日(水) 17時51分
コレからこの映画を観る方は読まないで下さい。
ネタバレ有ります
そしてこの映画が大好きな方・・・辛口表現になってます。
ぷくの日記  2009年09月30日(水) 8時23分
白土三平原作の傑作コミックを松山ケンイチ主演で実写映画化した作品「カムイ外伝」を見てきました。これもネット等の評判は良く
Wilderlandwandar  2009年09月29日(火) 23時48分
裏切り者として逃亡生活を送る忍者カムイのいつ終わるとも知れぬ追っ手との闘いを描いたアクション時代劇大作。
未完の映画評  2009年09月29日(火) 23時12分
2009年9月25日(金) 20:45〜 TOHOシネマズ川崎5 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:未確認 『カムイ外伝』公式サイト ドラマとしてもアクションとしてもなっとらん!退屈極まりない。「GOEMON」のほうがマシなくらいだ。崔洋一衰えたり。崔洋一と言えば、昔、テアトル新宿で、「豚の報い」の前売りを本人がプレスにサインしたのをおまけで売っていた。それを買ったのだが、感じのいいオッサンだったので、悪くは言いたくないのだが。 酷いのはアクションで、冒頭の忍者の戦いで、「GOEMON」級ありえないジャンプが出てくる。ここは、世界一のワイヤー使いユエン・ウーピン師父にアクション監督をしていただかなくては。はっきり言って、チウ・シントンがアクション監督をやった愚作「どろろ」に負けている。 崔洋一は「ワンチャイ」を観たことがないのか。あれ観ていたら、ツイ・ハークのケツの穴に首隠したくなるほどの本作の不出来っぷりを嘆くはずなのだが。 小雪は兎も角、役者はやり手松ケン筆頭に色々揃えたのになぁ。原作素材もいいはずなのに、残念無念。 続編作る気まんまんな終わり方なんだが、まあ製作されないだろう。 本作、崔洋一...
ダイターンクラッシュ!!  2009年09月29日(火) 21時42分
<<ストーリー>>鉄の意志を持ち、見事な剣の腕前を持つ忍者カムイ(松山ケンイチ)は、おきてにがんじがらめにされた忍びの世界に閉口してそこから抜け出す。かつての仲間、大頭(イーキン・チェン)やミクモ(芦名星)はそんな彼を裏切り者とみなし、執拗(しつよう)にその
映画君の毎日  2009年09月29日(火) 21時35分
原作は白土三平の漫画で、そのスピード感あふれる描写と読者にこびないハードな内容が記憶にある。ただ追われる者と追う者の生死のやり取りと、為政者の犠牲になる庶民の生活が描かれていた。その原作の印象からこの映画を見てしまうと、かなり対象年齢を下げたと考えるしか
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver  2009年09月29日(火) 20時55分
 「カムイ外伝」を鑑賞してきました白土三平の伝説的傑作漫画を「血と骨」の崔洋一監督が「DEATHNOTE デスノート」「デトロイト・メタル・シティ」の松山ケンイチ主演で実写映画化したアクション時代劇。原作の中の『スガルの島』編を基に、抜忍として孤独な逃亡の旅を...
日々“是”精進!  2009年09月29日(火) 20時54分
記事を書くのが、ずいぶん遅れてしまいましたが^^;


シルバーウィーク初日の土曜日レイトショーで「カムイ外伝


」を鑑賞。


松山ケンイチさん、小雪さんの出演作として、期待してたんだけど・・・










「UCとしまえん


」は、かなり人は
いい加減社長の日記  2009年09月29日(火) 20時44分
「カムイ外伝」 製作:2008年、日本 120分 監督:崔洋一 脚本:崔洋一、宮
映画通の部屋  2009年09月29日(火) 20時39分
映画化が発表されたときから、期待していた作品ではあるし予告編で見せてくれたアクションシーンは、どこかハリウッド映画で見たことがあるきがするものの、日本映画の底力
映画感想つれづれ日記  2009年09月29日(火) 19時47分
2009年09月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf