「愛を読む人」高潔で気品ある囚人

2009年07月09日(木) 22時02分
「愛を読む人」★★★★☆オススメ ケイト・ウィンスレット 、レイフ・ファインズ 、デヴィッド・クロス 主演 スティーヴン・ダルドリー 監督、2008年、124分 、アメリカ 、ドイツ                               ★映画のブログ★                               どんなブログが人気なのか知りたい 「ケイト・ウィンスレット が 念願のアカデミー賞主演女優賞を 獲得した作品。 どんな作品なのかタイトルから想像していたが、 こんな気高く、 こんなに痛ましい映画とは思わなかった」 1958年のドイツ。15歳の少年は 21歳年上の女性と知り合い、 彼女に請われるままに始めた本の朗読で、 忘れられない夏を過ごした、 そして次に2人が再会したのは 彼女が裁かれる法廷の場だった。 「どうして真実を言わないのだろう」 「言えば罰から逃れることができるのに」 そんなことばかり考えながら 息を詰めるような感じで画面に見入っていた、 あんなに眩しい美しさが 嘘みたいに、身の回りに構わなくなった女の姿、 そこまでして彼女が守りたかったもの。 「そんなことで、自分の命まで懸けるなんて」 そんなふうに思いながら、 プライドというものについて考えた、 こういうのをプライドというのだなと 軽々しく考えてはいけないもので、 絶対に譲れないものを言うのだと。 それにしても本を読んでもらって それを聞いているときの彼女の顔が輝くのが 本当に美しかった、 瞳に知性のキラメキが見えて そんなふうにわくわくしながら本を読む経験が だんだん少なくなっている自分にも気が付いた、 次はどうなるんだろうと 期待する心と、別の世界を頭で想像する楽しみと。 こんな女性と知り合った主人公も 自分の人生と彼女の人生を重ねて これからどんなふうに生きていったらいいのだろう、 普通に生きたいのにね、 彼女に読んだ本を見かけるたび 甘くそして心を刺す痛みにしばし立ち止まるだろう、 邦題ってしっくりこないのが多いけれど、 この邦題はなかなか良かった。 監督は名作を生む名手だ、 2002年 「めぐりあう時間たち」 2000年「 リトル・ダンサー」 この2本はこれからも多くの人の心に残る作品だ、 そしてこの「愛を読む人」は小粒ながら 心に痛い作品だった。 ★100点満点で90点★ soramove ★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン 「タイタニック」では演技も何も認められなかったケイト・ウィンスレットは その後作品で評価をうけて、等々アカデミーを手にした、ディカプリオはムリだろうな。 ★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
  • URL:https://yaplog.jp/sora2001/archive/1313
トラックバック
トラックバックURL:
ケイト・ウインスレットが嫌いです。(笑)
だって、演技パターンみたいなのが決まっていて
何をやっても一色なんだもの。
しかしこの人、評価されてますよね。
アカデミー賞主演女優賞も取ったらしいし。
一応観ておきますか。

1958年のドイツ。
15歳のマイケルは21歳年上
映画、言いたい放題!  2010年02月18日(木) 14時39分
[愛を読むひと] ブログ村キーワード愛を読むひと(原題:The Reader)キャッチコピー:愛は本に託された製作国:アメリカ、ドイツ製作年:2008年配給:ショウゲートジャンル:ドラマ/ラブ?....
『愛を読むひと』

ケイト・ウィンスレットの、女優としての成長を、
そして、女性としての“成熟”を…
待つ必要があった映画、なのだと思う。




C) 2008 TWCGF Film Services II, LLC. All rights reserved



年上の女性への憧れ、恋、初体験…
ひと夏の思い
ketchup 36oz. on the table 〜新作映画レビュー  2009年08月15日(土) 16時56分
・・・わずか1ページで終わった恋が、永遠の長編になる・・・

CMで予告を見た感じでは、もっと甘ったるい恋の物語なのかなって思った。
観終わって2日たった今夜、文字に落としてみるのだが、いつまでも絡みつく感情との折り合いをなかなかつけられずにいる。

途中から、とにかく号泣だった。
一応、目的は達成かな。
感動で泣いたりするのは、現実逃避にはちょうどいい。
ただ、外国の映画を観たときにはよくその宗教感であるとか、時代背景が十分に理解できないことがあって。
今回もその無知を悔しく思った。
もっと細部までわかりたい、知りたいと思う、とても強く。
共感したい、もっともっと。
帰ってから即座にいろいろなサイトをめぐって、この脚本の原作は小説であることもわかった。
今はそれ(「朗読者」)が読んでみたくてたまらない。


果たして主人公ハンナは不幸だったんだろうか?

文盲だった彼女は獄中で文字が読めるようになる。
もっと早くに着手していれば彼女にふりかかった不運は回避できたのにと思う。
それまでテープを聞くということも思いつかなかったのかもしれない。

文字が読めないことが、どんなに恥ずかし...
こころね*  2009年07月26日(日) 18時24分
ドイツのお話です。21歳年の差でちょっと付き合ったのですが、それが強烈で、ずうっ
urouro日記  2009年07月17日(金) 0時58分
最近の人気映画は「ターミネーター4」「トランスフォーマー」。男性はそれらを「どう
徒然なるままに  2009年07月15日(水) 21時46分
1958年。ドイツ。15歳のマイケルは具合を悪くしていたところをハンナという女性に助けられる。この出会いを機に2人は毎日のように愛し合う。ある日マイケルはハンナから朗読することを求められ、それから彼女のために毎回いろいろな本を読み聞かせる。しかしハンナは突然
★maemixing★  2009年07月14日(火) 22時59分
1958年のドイツ、15歳のマイケルは21歳も年上のハンナと恋に落ち、やがて、ハンナはマイケルに本の朗読を頼むようになり、愛を深めていった。ある日、彼女は突然マイケルの前から姿を消し、数年後、法学専攻の大学生になったマイケルは、無期懲役の判決を受けるハンナと法
映画な日々。読書な日々。  2009年07月14日(火) 12時12分
1958年、ドイツ。 15歳のマイケルは21歳年上のハンナに恋をする。 ハンナの部屋でマイケルが本の朗読をして、その後愛し合うのが日課となった。 突然姿を消した彼女との再会は8年後法廷で。 戦争犯罪人として被告席に立つハンナは、なぜか不利な証言を認め一人だけ無期懲役の判決を受ける。 マイケルだけがその訳に気づくのだが…。 ヒューマン・ラブ・ストーリー。
象のロケット  2009年07月13日(月) 17時16分
15才の少年マイケルは、下校時に具合が悪くなったところを助けられたことから、21歳年上の女性ハンナと知り合い、激しく求め合うようになる。ハンナが本を読んで欲しいといい、マイケルの朗読が二人の儀式になっていく。 学校にチャーミングな転校生がきても、学校が終わ..
シネマ大好き  2009年07月12日(日) 22時37分
 
わずか1ページで
  終わった恋が、
    永遠の長編になる――。
 
■1958年、大戦後のドイツ。15歳のマイケルは、年上の女性ハンナと激しい恋に落ちた。ハンナはマイケルにホンの朗読を頼み、いつしかそれが二人の愛の儀式となる。しかし突然、ハンナは姿を
唐揚げ大好き!  2009年07月12日(日) 5時54分
「愛を読むひと」THE READER/製作:2008年、アメリカ=ドイツ 124
映画通の部屋  2009年07月11日(土) 22時55分
《愛を読む人》 2008年 アメリカ/ドイツ映画 − 原題 − THE READ
Diarydiary!  2009年07月11日(土) 18時04分
6月23日(日) 19:35〜 TOHOシネマズ スカラ座 料金:1250円(チケットフナキで前売りを購入) パンフレット:未確認 『愛を読むひと』公式サイト 例によってドイツ人がドイツで英語を話している。 アメリカとドイツの合作だそうだが、役者はアメリカ人。 「朗読者」という小説が原作で、これはドイツ人の手によるもの。 主人公はマイケルだが、ミハエルとは呼ばないようだ。 ミハエル・シューマッハーでなく、マイケル・シェンカーだな。(意味不明) 少年の恋の手解きをしてくれた中年おばさんが、ナチス戦犯として法学生となった少年の前で裁きを受けて、中年になった主人公は、文学の朗読テープを老婆となった牢獄の彼女に送り、出所の日が来てそして・・・。 中々含蓄のある重たい作品なのだが、前半の「青い体験」なストーリーが、あまりに長い。飽きてくるほど長い。この部分が、もう少しタイトだったら、もっと良い作品になったと思うのだが。 板の切れ端を独占したために、ディカプリオを溺れさせてしまった例の巨大な女性が魅力に乏しいので、退屈だったのかもしれない。顔は細くなったが、二の腕と太ももは健在である。 あの時、船の矛先から二人と...
ダイターンクラッシュ!!  2009年07月11日(土) 15時08分
[愛を読むひと] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:7.5/10点満点 2009年63本目(58作品)です。 1958年ドイツ。 猩紅熱で体調を崩していた15歳のマイケル(デヴィッド・クロス)は、自分を助けてくれた21歳年上のハンナ(ケイト・ウィン..
ナチスとヒトラーが登場する映画で常に描かれるのは彼らを熱狂的に支持する民衆の姿である。ヒトラー率いるナチスが党勢を拡大していったのは決して彼らの独裁的な圧力だけではなく、こうした民衆の熱い支持もまたその大きな要因ではなかったのか。「愛を読むひと」でハン...
映画と出会う・世界が変わる  2009年07月11日(土) 10時15分
この物語の中での最大のポイントはハンナが実は文字を読むことが出来ないということであった。その部分がこの映画で効果的に説明または演出されていたかは疑問が残るのであるが、実はこのことが暗示することは非常に重要ではないか。他人が読んでくれることは理解できるが...
映画と出会う・世界が変わる  2009年07月11日(土) 10時14分
原題:THEREADER監督:スティーヴン・ダルドリー原作:ベルンハルト・シュリンク出演:ケイト・ウィンスレット、レイフ・ファインズ、ブルーノ・ガンツ試写会場 : よみうりホール公式サイトはこちら。<Story>1958年、ドイツ。15歳のマイケル(デヴィッド・クロ...
NiceOne!!  2009年07月11日(土) 9時27分
ベストセラー小説を映画化し、ケイト・ウィンスレットがアカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞した ドイツが舞台の人間ドラマです。 1950年代に生まれたひと夏の恋と、その後に明らかになるナチスの罪の記憶が絡み合って 一言では言い表せないような深くて複雑な想いを描いていました。
とりあえず、コメントです  2009年07月11日(土) 7時54分
 15歳のマイケルはある日、21歳年上のハンナと出会い、彼女と彼女の肉体にどっぷ
みんなシネマいいのに!  2009年07月11日(土) 7時39分
元旦に映画を観ようと映画の時間も、ちゃんと調べて行ったのに、ちょっとした手違いで、観られず仕舞い。。。今年は元旦映画は観られなかった。しかしながら、何とか、ハズがヴァケーションが終わる前に、2つほど映画館で観る事が出来た。ハズと今年最初の映画はどれにし...
犬連れ国際結婚  2009年07月11日(土) 1時56分
ベルンハルト・シュリンクの世界的なベストセラー「朗読者」を映画化した作品。原作は読んでいます。

1958年のドイツ。15歳のマイケルは、21歳のハンナとの情事にのめり込みます。ハンナの部屋に通いつめ、せがまれるままに始めた朗読により、2人は、強く結び付けられますが、
原題:The Reader
ハンナ役を引き受けていたニコール・キッドマンが妊娠発覚により降板したといういわくつきのこの映画、焦点は年上の女性への憧れか親子の断絶か・・・!?



当時15歳のマイケル(デヴィッド・クロス)とハンナ(ケイト・ウィンスレット)が初めて出会うのは
『愛を読むひと』を観ました幼いころに恋に落ち、数年後に劇的な再会を果たした男女が、本の朗読を通じて愛を確かめ合うラブストーリーです>>『愛を読むひと』関連原題: THEREADERジャンル: ドラマ/ロマンス/戦争上映時間: 124分製作国: 2008年・アメリカ/ドイ...
おきらく楽天 映画生活  2009年07月11日(土) 0時21分


THE READER アメリカ/ドイツ
監督:スティーヴン・ダルドリー
出演:ケイト・ウィンスレット、レイフ・ファインズ、デヴィッド・クロス、ブルーノ・ガンツ、

ただの恋愛ドラマではないと知って
興味が湧きました。

なにやら重たい雰囲気が漂ってます。

1958年のドイツ。15歳のマイケルは偶然出会った年上のミステリアスな女性ハンナに心奪われ、うぶな少年は彼女と彼女の肉体の虜となっていく。やがて度重なる情事のなかで、いつしかベッドの上でマイケルが本を朗読することがふたりの日課となる。ところが、ある日突然ハンナは姿を消してしまう。8年後、法学生となったマイケルは、ハンナと思いがけない形で再会を果たす。たまたま傍聴したナチスの戦犯を裁く法廷で被告席に座る彼女を見てしまったのだ。裁判を見守るマイケルは、彼女が自分が不利になるのを承知で、ある“秘密”だけは隠し続けようとしていることに気づく。その秘密を知るただ一人の者として、マイケルは葛藤し、答えを見い出せないまま苦悩を深めていくのだが…。 allcinema ONLINEより

ドイツが舞台なのに全編英語というのは
横の方に置いといて・・・(笑)

さっそく感想...
肩ログ  2009年07月10日(金) 21時49分
少年の日の出会いから、一方的な別れ。そして衝撃的な再会とその後。ナチスドイツの戦争の爪痕がこんな形でも残されているのだと、鑑賞中、何度か堪え切れずに身体を震わせながら泣いてしまった。読書ではなく「朗読
たいむのひとりごと  2009年07月10日(金) 21時22分
監督 スティーヴン・ダルドリー少しあらすじ1958年のドイツ、15歳のマイケルは21歳も年上のハンナ(ケイト・ウィンスレット)と恋に落ち、やがて、ハンナはマイケルに本の朗読を頼むようになり、愛を深めていった。ある日、彼女は突然マイケルの前から姿を消し、数年後、...
ももたろうサブライ  2009年07月10日(金) 21時17分
愛を読むひと    映画館にて鑑賞




監督 スティーブン・ダルドリー


出演 ケイト・ウィンスレット、レイフ・ファインズ、デビッド・クロス、レナ・オリン、ブルーノ・ガンツ


2008年

















学校の帰りに気分が悪くなった1
<花>の本と映画の感想  2009年07月10日(金) 19時38分
     ★★★☆☆  ドイツの小説家Bernhard Schlinkの『朗読者』を Stephen David Daldry 監督が映画化。 第81回アカデミー賞で、Kate Elizabeth Winsletが 主演女優賞を受賞。  原題は「The Reader」。        1958年、ドイツ。 病気の看病をしてくれたことから、 36歳の女性Hanna Schmitz (Kate Winslet )と 恋に落ちた15歳のMichael Berg (David Kross )。 ベッドでHannaはMichaelに、 古典文学の朗読をせがむ。 幸福な一夏は、 市電の車掌をしていたHannaが 事務職への昇進を告げられたことで 終わりを迎える。 Hannaは、Michaelに 何も告げずに失踪してしまったのだ。  やがて法学部の大学生になったMichaelは、 Rohl教授(Bruno Ganz )に連れられて アウシュビッツ裁判を傍聴に行く。 そこでは、Hannaが被告として 裁かれていた。 Hannaは、自分が文盲であることを知られないために、 不当な証言を受け入れ、 無期懲役の判決を受ける。  時はさらに流れ、 Michael(Ralph Fiennes )は、 結婚と離婚を経験した。 やがて、Michaelは、 テープに文学の朗読を吹き込み 刑務所のHannaに送る。 Hannaは、そのテープと刑務所の図書館の本で文字...
富久亭日乗  2009年07月10日(金) 19時18分
本日お休みを取ったので映画館へ。ケイトがアカデミー主演女優賞を取ったということで、こちらを見ておかねばね^^)☆愛を読むひと☆(2008)スティーヴン・ダルドリー監督原作『朗読者』(新潮社刊):ベルンハルト・シュリンクケイト・ウィンスレットレイフ・ファイン...
ぷち てんてん  2009年07月10日(金) 18時41分
監督:スティーヴン・ダルドリー
出演:ケイト・ウィンスレット、レイフ・ファインズ、デヴィッド・クロス、ブルーノ・ガンツ

わずか1ページで終わった恋が、永遠の長編になる ―。


「1958年ドイツ、15歳のマイケルは体調が悪いところを助けてもらったことがき
日々のつぶやき  2009年07月10日(金) 16時45分
監督: スティーヴン・ダルドリー
キャスト
ハンナ・シュミット☆ケイト・ウィンスレット
ミヒャエル・バーグ☆レイフ・ファインズ
ミヒャエル(15歳〜大学生)☆デヴィッド・クロス
ローズ・マザー /イラナ・マザー☆レナ・オリン
イラナ・マザー(若年)☆アレクサンドラ・マリア・ララ
ロウル教授☆ブルーノ・ガンツ
あーうぃ だにぇっと  2009年07月10日(金) 16時31分

現在公開中のアメリカ・ドイツ合作映画、「愛を読むひと」(監督:スティーブン・ダルドリー)です。TOHOシネマズ六本木シアター3で観賞しました。
例によって予備知識ゼロで観た...
Men @ Work  2009年07月10日(金) 15時51分
 人気作品だけに開場後直ぐに多くの座席が埋り立ち見客が出てしまう。その為に主権者が空席探しに時間がかかり開映時刻も10分程送れて上映が開始された。客層はほぼ女性ばかりで小学生位の女子の姿もある。  映画の話 1958年のドイツ、15歳のミヒャエルは21歳も年上...
masalaの辛口映画館  2009年07月10日(金) 13時37分
- 愛は、本に託された -

『愛を読むひと』の試写会へ行ってきました!
原作はドイツの作家ベルンハルト・シュリンクの『朗読者』です。
この本、日本でも随分と話題になったので、当時は私も読んだハズなのですが…残念ながら、核心部分等の記憶はほとんどなかったりします 観ている間に徐々に思い出しましたが…
でも、逆によかったのかもしれません。原作にはないラストが加えられたそうです!
主演は本作でみごとアカデミー賞に輝いたケイト・ウィンスレット! やったね♪
『レボリューショナリー・ロード』は「結婚生活」がテーマでしたが、今回はナチスもの…歴史の重さと淡々と進むストーリーに切なさ倍増でした。私、彼女が大のお気に入りなもので、多少贔屓目で鑑賞してしまいましたけど、ドイツ訛りの英語を始め彼女の演技は素晴らしかったですよ。
Peaceナ、ワタシ!  2009年07月10日(金) 13時04分
金曜日のレイトショーで「愛を読むひと












」を鑑賞。












そんなに趣味といえる感じの作品ではなさそうだけど、アカデミー賞主演女優賞を受賞した作品ということで^^;
いい加減社長の日記  2009年07月10日(金) 12時50分
「愛を読むひと」をみた。ホームページはココ。この作品は性別、年代、好みでかなり感想がばらつきがあるのではと難解な映画だと感じました。 シネコンで、子どもはトランスフォーマーをみて、私がこの作品を選んだときいた夫は「泣いてるんじゃないの?」と想像したそう...
なりゆき散策日記  2009年07月10日(金) 6時54分
ユナイテッド・シネマとしまえんに『愛を読むひと』を観に行ってきました。
今までの役柄とはちょっと異なる、彼女の新境地になってるんじゃないかなーって思います。

********************

ドイツ人作家ベルンハルト・シュリンクの世界的ベストセラー「朗読者」を、『リ
cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー  2009年07月10日(金) 1時37分
この映画は、基本的に戦争の悲劇を描いた悲しい物語だ。第二次世界大戦に関わった国なら、どこでもこういう悲しい話がある。15歳の少年と36歳の女性の肉体関係を、快楽におぼれるような感じで描いているが、付箋が張り巡らされていてロマンチックさはない。間違っても、禁断
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver  2009年07月10日(金) 0時51分
●ストーリー●1958年のドイツ、15歳のマイケルは21歳も年上のハンナ(ケイト・ウィンスレット)と恋に落ち、やがて、ハンナはマイケルに本の朗読を頼むようになり、愛を深めていった。ある日、彼女は突然マイケルの前から姿を消し、数年後、法学専攻の大学生になったマイケル(
映画君の毎日  2009年07月10日(金) 0時40分
ベルンハルト・シュリンクのベストセラー『朗読者』を映画化。監督は『リトル・ダンサー』のスチーブン・ダルドリー。主演はこの作品でアカデミー賞主演女優賞を獲得したケイト・ウィンスレット。そして共演に『ハリーポッター』や『ある公爵夫人の生涯』のレイフ・ファインズと実際にティーンエイジャーのデヴィッド・クロスが出演。オスカー女優となったケイトの作品をようやく観ることが出来ます。
LOVE Cinemas 調布  2009年07月09日(木) 23時15分
2009年07月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf