「チョコレート・ファイター」全て本物の痛い痛いカンフー少女

2009年05月31日(日) 12時09分
「チョコレート・ファイター」★★★☆
ジージャー・ヤーニン、阿部寛、ポンパット・ワチラバンジョン 主演
プラッチャヤー・ピンゲーオ 監督、2008年、タイ、99分




「タイの裏町、病弱な母が以前
貸していたお金の集金の為に
少女は超感覚的な目で覚えたカンフーで
ワルイ奴らをブチのめしていく」



タイから届く映画は
「マッハ!」や「トムヤムクン」など
タイのムエタイとカンフーを混ぜたような
超絶技で悪者をやっつける!という
分かりやすい映画ばかり、
今回は少女が大活躍。

バンコクに旅行中には
必ず映画を見ることにしているが
公開されている映画はもっとバラエティに富んでいる。
ただしアクションの他はホラーや
若い役者がTVドラマののりで
演じているようなものまで
贔屓目にみても出来はよろしくない。

でも中にはかなり出来のいいものもあるが、
そういう映画はなかなか公開されない、
仕方ないとも言えるが、
もっと色々な国の映画も見たいものだ。


で、この映画どうだったかというと、
普通に面白かった、
CGなしのホンモノということだから
どのシーンも生身で痛々しいが、
こんな女の子がよくここまでと
「スゲー」という感嘆を何度も心の中で。


ただし大きな見せ場というものがなく、
小出しに常に戦っているので
飽きてくるというか
見せ方には工夫が欲しかったな。

何故か日本のヤクザとして阿部寛がでていて、
充分に日本も意識した作りなのかもしれない、
どうせなら旅行に行きたくなるような
観光名所を散りばめるとか
より良く出来そうな余地はまだあると感じた。

精肉工場での戦いのシーンは
痛さ満載で、これは目新しかったが
包丁がそこら中に目について
「危ない」「危ない」と何度も繰り返した、
名作と思えるアクション映画は
その戦いまでの悔しさや怒りの
「溜め」が必要で
見てるこっちも「もうここまできたら戦うのも仕方ないだろ」と
思わせてくれないと、
くだらない小さなこだわりだけど
やはり絶対に必要だと思っている、

その部分がこの映画ではまだまだだなと思いつつ、
でも楽しめたことは確か。


すごい女の子が現れたものだ。
次回はトニー・ジャーと競演というのも
面白そうだ。


★100点満点で70点


soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

アクションシーンの連続で満腹でした。

★映画ランキングはこちら
  • URL:https://yaplog.jp/sora2001/archive/1294
トラックバック
トラックバックURL:

生身のアクションのジージャーが凄い。自閉症であるゼンは、技のコピーという特技をもっていて、それが格闘に活かされているのです。これがまた凄い。華奢だけどスピード感のある蹴り、驚異的な身体能力。
母のため、幼なじみの勧めもあってゼンはかつての母の仲間たちから金を取り返そうとするのだけれど、その行く先々でのアクションが格好いい!スタントもワイヤーもCG処理さえもないアクションの数々にはほんと見惚れてしまいます。

てっきりジージャーは15歳くらいかと思ってたら、そうじゃないんですね。それもまたビックリ。とっても可愛らしい顔立ちをしています。
ストーリーは凡々。とにかくアクションだけで引っ張っていく作品ですね。序盤が長いので、もうちょっとコンパクトにしてアクション部分をもっと増やしたら面白くなってたのにな?と思います。
逆さ蹴りや空中回し蹴り、肘打ちの見事なこと!とくに後半30分は凄く良く出来てる。爽快なアクションが堪能できました。
エンドロールの撮影風景をみるに、相当怪我しながら作ったみたいですね、痛々しい。でもその甲斐あって大変素晴らしいアクションになってました。

【概略】
日本ヤクザ...
いやいやえん  2011年08月03日(水) 9時25分
あるとき、公開が迫ったタイ映画の予告編を見た。CGを使わないだのワイヤーアクションを使わないだのと謳...
MESCALINE DRIVE  2009年09月26日(土) 0時36分
世界最強美少女アクション映画、『チョコレート・ファイター』 が公開中です。

 アクションの凄さとかは、撮影現場を経験された阿部 寛さんの熱い語りや、
他の映画雑誌が書いているので、シラタはなるべく素顔に迫ってみました。短いインタビュー時間でしたが、なるべくジージャーの喋りを再現したインタビューです。

 女性自身ブログ(なんと、ブログリニューアルしたばかり)の中の、エンタメコーナー/ジージャー インタビュー(カラー写真つき)

 このインタビューとは別に、『チョコレート・ファイター』に関する、小ネタを書きます、このブログには。知らなくてもいいけど、知ってたらちょっと嬉しいネタです。

? 日本の撮影場所は北九州!

 まず、この映画は日本でも撮影されているんですが、2006年(訂正します)4月に、東京の製作プロダクションと、北九州フィルムコミッションの協力を得て、北九州で撮影されています。2回目以降にこの映画を見直す時は、日本のシーンに注目です。また、北九州の皆さんもエキストラで出演しています。

 北九州フィルムコミッション18年度報告

 撮影現場は、以下の通り(北九州フィルムコミッションサイトをリン...
『常識破りのナチュラル・ファイト』 / 『マッハ!!!!!!!』『トム・ヤム・クン!』に続き、プラッチャヤー・ピンゲーオ監督がスタント・CG・早回しの一切を排して製作したムエタイ・アクション、約2年ぶりに発表された今回の作品『チョコレート・ファイター』は14歳の少女が主人公だ。母親・ジン(“ソム”アマラー・シリポン)は我が子・ゼン(“ジージャー”ヤーニン・ウィサミナタン)を育てるため、マフィアから足を洗う。しかしその母親が...
INTRO  2009年06月11日(木) 11時27分
 『チョコレート・ファイター』主演のジージャーこと、ヤーニン・ウィサミタナンについて調べてみました。
海から始まる!?  2009年06月09日(火) 22時54分
ついに公開になりましたよ[E:sign01]タイで映画を撮ってるらしい。と一報を
ABT@SketchBookA席Blog  2009年06月07日(日) 3時00分
 あ〜手加減を知らないアクションが見て〜。 確かにVFXを駆使したアクションも面
みんなシネマいいのに!  2009年06月06日(土) 23時11分
久しぶりに試写会当選同伴者は早々決定。その前の週に試写会にお呼ばれしたD猫さんへ聞いてみることに。初めは興味なさそうでしたがタイ映画ということと、ありえねーアクションで(c)2008sahamongkolfilminternationalallrightsreserved.designedbypuninternational原題...
たーくん'sシネマカフェ  2009年06月05日(金) 1時30分
製作年:2008年 製作国:タイ 監 督:プラッチャヤー・ピ
いつか深夜特急に乗って  2009年06月04日(木) 21時55分
ママのお金を返して
 日本の大物ヤクザ、マサシとタイ人女性ジンを両親に持つゼン。自閉症の彼女はチョコレートとアクション映画が大好きな女の子。たぐいまれな身体能力で、ビデオで一度観たアクションをすぐに自分の技にしてしまう。
 美しく成長したゼンはある日、最愛の母ジンが白血病に冒されていることを知る。多額の治療費を工面するため、ジンの手帳に記されたリストを頼りに、彼女が金を貸している人々を訪ねて金を回収してまわろうとするゼンだったが。(「allcimema」より)
CINECHANの映画感想  2009年06月03日(水) 22時50分
『マッハ!』の監督が新星ジージャーを主演に繰り出したムエタイ・アクションです。 なんか凄いアクションを見せてくれると話題だったのでチャレンジしてみました。 真面目に命を懸けたアクションシーンの数々は予想以上に圧巻でした〜
とりあえず、コメントです  2009年06月03日(水) 12時51分
GW明けから仕事がモーレツに忙しくてやや疲れ気味・・・。 ここはいっちょ気合いが
はらやんの映画徒然草  2009年06月03日(水) 9時27分
日本ヤクザの大物マサシは、タイ最大マフィアのボスの女、ジンと恋に落ちる。 マサシの帰国後、ジンはゼンという女の子を出産した。 美しく成長したゼンは、自閉症だが見ただけでアクションの技を習得できる並外れた身体能力を持っていた。 病気の母の治療費のため、母が昔お金を貸していた相手に返してくれるよう頼みに行くのだが…。 アクション・スペクタクル。
象のロケット  2009年06月02日(火) 8時11分
5月27日(水) 17:50〜 チネグランデ 料金:1300円(川崎の金券屋で前売りを購入) パンフレット:700円(買っていない) 『チョコレート・ファイター』公式サイト この作品はレジェンドになる。 タイのワイヤー無しアクション映画。 日本のヤクザ阿部ちゃんは、タイのマフィアの情婦を寝取り、娘が生まれる。 阿部ちゃんは帰国し、情婦はマフィアのボスから離れたところで娘と静かに暮らしている。 娘には、発達障害があり、デブの少年が世話役となっている。 元情婦の母親は、重い病気だ。治療するのに金がかかる。 母親の情婦時代の貸付リストを発見したデブ。娘とともに取り立てに。 ここまでの30分くらいが、かなりグダグダで、ちょいと不安になったのだが、ここからアクションが一気呵成になる。 取立てにいく相手は、真人間でないので、簡単に払いやしない。娘が独学クンフーで、大勢の男を叩きのめして金を回収していく。 マフィアのボスは、快く思うはずも無い。母娘に脅しをかける。 阿部ちゃんに助けを請う母親。そのメッセージをとある日本料理屋に持っていてくれとデブに託す。 なんとデブは拉致されてしまい助けに行く母娘。 ここからのアクショ...
ダイターンクラッシュ!!  2009年06月01日(月) 23時00分
原題 CHOCOLATE
製作年度 2008年
製作国 タイ
上映時間 93分 映倫 PG-12
監督 プラッチャヤー・ピンゲーオ
出演 ジージャー/阿部寛/ポンパット・ワチラバン/ジョンアマラー・シリポン/イム・スジョン/タポン・ポップワンディー
{/book_mov/}日本の大物ヤクザ、マサシとタイ人女性ジンを両親に持つゼン。自閉症の彼女はチョコレートとアクション映画が大好きな女の子。たぐいまれな身体能力で、ビデオで一度観たアクションをすぐに自分の技にしてしまう。美しく成長したゼンはある日、最愛の母ジンが白血病に冒されていることを知る。多額の治療費を工面するため、ジンの手帳に記されたリストを頼りに、彼女が金を貸している人々を訪ねて金を回収してまわろうとするゼンだったが…。

「レッドクリフPart?」の2倍以上の興行収入をあげるミラクルヒットになったというタイ映画「チョコレート・ファイター」観て来ました!
とにかく、凄かったー{/m_0160/}

チラシの「スタントなし!」「生傷アクション!」は本当だった{/m_0158/}
主演のジージャーは"バンコク・ユース・テコンドー大会"で金メダルという黒帯3段の実力派でありながら、
4年間もの間、体力、耐久力、...
to Heart  2009年06月01日(月) 9時43分
新宿ピカデリーでタイのアクション映画、チョコレート・ファイターを見てきました。
日本からは阿部寛も出演しています。

あらすじはこんな感じ。
西麻布でランチとか東京散歩とか。  2009年06月01日(月) 0時07分
とんでもない迫力のアクションシーンにを演じているのは弱冠24歳のジージャー。監督プラッチャヤー・ピンゲーオの秘蔵っ子という触れ込みです。共演には『チーム・バチスタの栄光』、『ジェネラル・ルージュの凱旋』の阿部寛。タイの映画を観るのは恐らくこれが初めてですが、古きよきアクション映画の香りが漂ってくる作品です。
LOVE Cinemas 調布  2009年05月31日(日) 20時21分
2009年05月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf