「バンコック・デンジャラス 」ハリウッド的お手軽バンコク観光映画

2009年05月16日(土) 10時51分
「バンコック・デンジャラス 」★★★☆
ニコラス・ケイジ 、シャクリット・ヤムナーム 、チャーリー・ヤン 演
オキサイド・パン 、ダニー・パン 監督、2009年、119分、香港




「引退を考え始めた凄腕の暗殺者が、
最後に選んだ仕事はタイのバンコクでの
4件の殺しの依頼だった、
このシリーズで世界各地で撮れそうな映画」



元ネタはタイの映画「レイン」ということだが、
ほぼ別の映画になっている。


綿密な分単位の計画を立て、
冷静に「暗殺」という仕事をこなす主人公、
バンコクという初めての土地でも
自分の決めた掟にしたがって
仕事の準備をし、
仕事をこなしていく、順調に終えるはずだったが、
少しづつ計画が狂っていく。


かなり綿密に計画したはずなのに
その計画がダメとなれば
水上マーケットで多くの人が居る中でも
銃をぶっ放して、
それまでの姿との落差にビックリする、
これで本当に腕利き?と。

薬局では彼の心を奪う人との出会いも
用意されているが、
展開が急すぎてと
ってつけたような印象を拭えない。

まあそんな細かいことをつつくよりも
そつのない作りの映画をただ楽しむのが
この映画の正しい見方。



バンコクという土地は自分も好きなので
楽しみにしていた、
ボクシングスタジアム、夜のパッポン、
水上マーケット、マーブンクロン、
ちょっとした観光映画っぽい要素もあり、
「休暇の延長でバンコクで映画でも撮ろうか」って
調子で出来上がったような感じだ。

この映画はバンコクじゃなくても
これを東京や上海や
どこに舞台を移してもそれなりに撮れそうな
お手軽映画だけれど、
だからと言って出来の悪い
つまらない映画でもないので
次の大作までのつなぎ的な映画というところか。



見ないと損とまでは言わないので
レンタルまで待ってもいいかな、
バンコクへ行ったことがある人なら
自分の行った場所が映ったりしていて
それだけでも楽しい。

元ネタの「レイン」は聾唖の主人公と
薬局で働く女性との淡い恋と
もっとギリギリの心情が描かれ
ドラマとしては元ネタのほうが面白い。

★100点満点で65点


soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

全体的にタイの人々を定型的に描いていて
まあ、心情を描く映画じゃないけど、もう少し踏み込んで欲しかったな。

★映画ランキングはこちら
  • URL:https://yaplog.jp/sora2001/archive/1286
トラックバック
トラックバックURL:


監督:オキサイド・パン、ダニー・パン(ザ・パン・ブラザーズ)
出演:ニコラス・ケイジ、シャクリット・ヤムナーム、チャーリー・ヤン

評価:68点

会社に、顔が長くてハゲ始めた先輩がいる。
「ひょっとしてニコラス・ケイジを目指しているんですか?」などと....
デコ親父はいつも減量中  2009年09月07日(月) 0時58分
今日は、ニコラス・ケイジ主演最新作、「バンコック・デンジャラス」を見てきました。 ブログを書くならBlogWrite
シネマ名画座  2009年06月03日(水) 0時37分
“暗殺成功率:99%。完全無欠の暗殺者、ジョー。
唯一のミスが、全てを狂わせていく…「the EYE」シリーズのパン兄弟が、2000年のサスペンス・アクション「レイン」をニコラス・ケイジ主演でセルフ・リメイク”

《完璧主義者の冷酷な殺し屋が、引退を目前に自らに課してきた厳格な規律をほんの少しゆるめたばかりに、大きな代償を払うハメになるさまを哀感の中にもスケールアップしたアクションを盛り込み描き出す》

今日は土曜日なのでまずは秋津でお姑さまの妹、大森でお姑さまの様子見をしてから川崎に向かいました[徒歩]

これはニコラス・ケイジ主演のわりには予告編も殆ど目にしてなくて、内容的にもよくわからないまま観ましたが、冷酷な殺し屋ジョーの仕事ぶりやタイの水上マーケットでの臨場感ある撮影など、みどころも満載、ニコラス・ケイジの落ち武者(?)みたいな髪型さえ気にならなければかなり面白いかも[GOOD!]

元の「レイン」は公開時に観てますが、ストーリーは微妙に変えてあるんですね、改めて観直したくなりました[ヒラメイタ!]

原題:Bangkok Dangerous
109シネマズ川崎5 19:45?観客50人程/121席
[画像]
☆☆とりあえずの映画鑑賞メモ☆☆  2009年06月01日(月) 1時11分
木曜レディースデイ
お仕事帰りにユナイテッドで観てきましたっ!
300名ほどのスクリーンに 10人ほどの観客。アラマ。
公開して まだ1週間経っていないのにね・・・
2009 映画観てきましたっ!  2009年05月25日(月) 20時03分

世界で暗躍する凄腕の殺し屋・ジョー。引き際を重んじる彼は、今回のバンコクでの仕事を最後に引退する事を考えていた。4つの暗殺をこなしていく中で、ジョーは助手として雇った若者コンや、薬局の娘フォンとの交流を通して自分の仕事に次第に違和感を感じていく。そして....
5125年映画の旅  2009年05月20日(水) 22時32分
監督:オキサイド・&ダニー・パン
出演:ニコラス・ケイジ、チャーリー・ヤン、シャクリット・ヤムナーム、ペンワード・ハーマニー

   暗殺成功率:99%


「過去成功率100%のプロの暗殺者ジョーは、そろそろ引き際かと引退も考えていた。
4件の依頼を受け
日々のつぶやき  2009年05月20日(水) 16時48分
『バンコック・デンジャラス』を観ました『theEYE』シリーズの監督オキサイド&ダニー・パン兄弟が、初期に手掛けたタイ映画『レイン』をニコラス・ケイジ主演でセルフ・リメイクしたサスペンス・アクションです>>『バンコック・デンジャラス』関連原題: BANGKOKDANGERO...
おきらく楽天 映画生活  2009年05月18日(月) 23時09分
[ガンアクション][暗殺物][人間ドラマ?][乳見せ][実写][洋画][ビスタ][R-15]


ガンアクション:★☆☆☆☆
暗殺者度:★☆☆☆☆


出演:
ニコラス・ケイジ、チャーリー・ヤン、シャクリット・ヤムナーム


完全無欠だった暗殺者の主人公は引退を考えていた。
....
成功率100%の凄腕暗殺者ジョー。 自らに課した“殺しのルール”を守り、仕事ごとに雇うアシスタントすらも殺す完璧主義者。 そろそろ引退を考えていた彼にバンコックでの4件の暗殺依頼が入る。 今までならありえない自分の気持の変化に戸惑いながらも、最後の大仕事を全うしようとするのだが…。 ヒットマン・アクション。 ≪唯一のミスが、全てを狂わせていく。≫
象のロケット  2009年05月18日(月) 1時48分
今日は遅いペースの更新。

なんか今日は肌寒かったね。落ち着かない毎日の天気。不安定な空か…。

4月24日金曜日。

week endです、週末です、終末だ。


本日は遅いペース故に日記調。
試写会行ってきました。
今月2作目。



「バンコック・デンジャラス」


ニコラス刑事、ニコラス慶事、花の慶事、ニコラス啓示主演作。


ニコラス・ケイジって名前はよく聞くけどこの人だったか〜。
何の作品で有名?


。。。
。。


「バンコック・デンジャラス」
タイトルからして微妙だよね。笑


バンコック…
まさかのタイ・バンコクが舞台という…
タイのクライアントから仕事を請け負った暗殺者ニコラスケイジの話。


衝撃のラストに心を撃たれるっていう謡い文句で、
こないだ見た「グラン・トリノ」に通ずるものがあったな。テーマは似てるな。
テーマというか展開もわりと似てるな。
冷徹な暗殺者が少年に出会い人間になっていく、みたいな。

まぁたまたまだろうけど。

何を伝えたかったかよくわからず微妙でしたぁー。


むーん。
俺様blog  2009年05月17日(日) 17時45分
JUGEMテーマ:映画


2009年5月9日 公開

★★*☆☆☆ いやはやなんとも中途半端な感じが 星2つ半


象の絵を飾る時は、鼻を上に向けてね!

しかし、あの絵、逆さまにしたらなんの絵か分からなくなりますね。


うぅ?ん、なんでしょ、この不完全燃焼な感じは。
足を伸ばして梅田ブルク7さんで観てまいりましたが。


ストーリー:プロの暗殺者ジョー(ニコラス・ケイジ)は世界を股にかけて暗躍し、自身で決めたルールを遵守しつつ100パーセントの成功率を誇っていた。プラハでひと仕事を終えた彼はその本能で引退の時期を悟り、最後の仕事場所としてタイの首都バンコクを選ぶ。4件の暗殺を成功させるため、彼は現地のアシスタントにコン(シャクリット・ヤムナーム)を選ぶ。
(シネマトゥデイさんからの引用)


今か今かと面白くなるのを待ってたら終わってしまったというような。

ニコっちは前作『NEXT』も、私はイマイチだったんですよね。

好きな俳優さんではあるのに、ここのところの不作でこのままでは私の中でウィル・スミスとニコっちは"不作俳優"ベスト1位と2位を争いそうです。


なんかね、全てにお...
UkiUkiれいんぼーデイ  2009年05月17日(日) 10時32分
タイ出身の監督パン兄弟が自作(『レイン』)をセルフリメイクしたサスペンス・アクションです。 最近、ちょっと気軽に観られる作品が多かったニコラス・ケイジなので 何気なく見に行ってしまったのですけど、 予想以上にハードボイルドな展開にドキドキさせられてしまいました。 世界を舞台に活躍する暗殺者ジョー(ニコラス・ケイジ)は仕事でバンコクを訪れた。 彼は自分が仕事に使った人間は全て処理し、一般人とは一切関わりを持たないという 徹底した非情主義で自分の身を守っている孤独な男だ。 だが、最近は体力的な衰えを感じ、このバンコクでの仕事を最後にしようと考え始めていた。 いつも仕事先では、お金で何でも従って最後には処理し易そうな男を見つける。 今回も街中で観光客相手にスリをしていたコン(シャクリット・ヤムナーム)に目を付けた。 初めのうち、コンは仕事に厳しい注文をつけるジョーに不満げな顔をしていたが、 ジョーの仕事内容を感づき、彼のことを“悪い奴を倒す正義の人”と思うようになる。 真剣な態度で自分に仕事の技術を教えてくれと言い始めたコンに心を動かされたジョーは 自分の弟子としてコンを育てようと決心する。 だが、そ...
とりあえず、コメントです  2009年05月17日(日) 10時31分
「余命1ヶ月の花嫁




」は、あまりにもお涙頂戴的雰囲気でパス^^;




とすると、残る新規公開は「バンコック・デンジャラス




」しかなく。




こちらもB級の雰囲気が、ぷんぷんだけど、とりあえず鑑賞。


















いい加減社長の日記  2009年05月17日(日) 6時58分
 
暗殺成功率:99%

完全無欠の暗殺者、ジョー。
唯一のミスが、全てを狂わせていく。
 
■世界をまたにかける完全無欠の暗殺者、ジョー(ニコラス・ケイジ)。自らに課した”殺しのルール”を徹底し、仕事ごとに雇うアシスタントすらも殺す、冷酷なまでの完全
唐揚げ大好き!  2009年05月17日(日) 6時33分
今週最後の試写会は、仕事帰りで18時半開映の一ツ橋ホールということで、時間的にギリギリのパターンなんだけど、たまにはということでY花ちゃんを誘って行ってきました案の定、ホール到着は18時25分、ギリギリの駆け込みでした人を誘っておいて間に合わなかったらどうし...
流れ流れて八丈島  2009年05月16日(土) 20時06分
 毎回髪形が特撮だと言われるニコラス・ケイジの最新作はバンコクを舞台に暗躍する殺
みんなシネマいいのに!  2009年05月16日(土) 18時19分
象のお鼻が下を向いているのは不吉なのだそうだ。はじめて知ったゾウ〜[E:catface]タイトル通り、”タイ”のご当地色が色濃く描かれているように思えたが、ハリウッド作品によくある”トンデモニッポン”
たいむのひとりごと  2009年05月16日(土) 15時39分
ニコラス・ケイジ最新作。「the EYE」シリーズのオキサイト&ダニー・パン兄弟が監督。そもそも自身の「レイン」という作品をリメイクした作品だそうです。「the EYE」も『アイズ』としてジェシカ・アルバでセルフリメイクしてますから、リメイク好きな監督なんでしょうか。ともあれ私の大好きな俳優の一人ニコラス主演とあっては外せません。
LOVE Cinemas 調布  2009年05月16日(土) 12時46分
2009年05月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf