「猫を抱いて象と泳ぐ」静かで熱い唯一の物語を読む幸せ

2009年05月03日(日) 0時09分
「猫を抱いて象と泳ぐ」★★★★★満点!
小川洋子著




「タイトルを考える、
猫を抱くことは出来るが
象と泳ぐことはできそうにない、
猫を抱いて泳ぐのも難しそうだ、
しかしこの本を読むと
その不思議な光景が目に浮かんでくる」



主人公は幼い頃、
動かないバスで暮らす友達から
チェスを教えてもらう、
その後、彼は「盤上の詩人」と謳われた
アレクサンドロ・アリョーヒンという
ロシアの伝説のチェスプレイヤーにちなんで
リトル・アリョーヒンと呼ばれるようになる。


とても静かな小説だ。


目の前で起こっていることを目撃しながら、
それら全ては
主人公がチェス盤の下に潜り込んで
チェスをさすように、
妙に現実感から乖離して
思い描くイメージは一枚の絵のよう。

思いもよらぬことが起こり、
次はどうなるんだろうと
そんなドキドキ感はこの小説には無いが
誰にどう思われようと構わない、
自分らしい生き方をした主人公の
唯一無二の物語を
息をひそめるように読み進めた。

めくるページが少なくなると
なんだか胸が締め付けられた、

でもそんなこちらの気持ちに
リトル・アリョーヒンは
「あせらないで」と静かに語ってくれた。

こんな読書体験はなかなか無い、
何にも似ていない、
経験したことのない物語、
でもそこここに自分がこだわる「何か」が
ちゃんと存在しているような
不思議な物語だった。



★100点満点で100点

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

なかなか出会えない素晴らしい本、そして映画
このところ良い出会いが続いている。

★映画ランキングはこちら
  • URL:https://yaplog.jp/sora2001/archive/1279
トラックバック
トラックバックURL:
「猫を抱いて象と泳ぐ」は、幻のチェスプレーヤーが描かれた作品。 本屋大賞2010年の第5位。    猫を抱いて象と泳ぐ (文春文庫) (文庫) / 小川洋子/著価格:620円(税込、送料別) 後に「リトル・アリョーヒン」と呼ばれることになる少年。 彼はプールでの遺体発見…
りゅうちゃん別館  2011年07月06日(水) 10時41分
猫を抱いて象と泳ぐクチコミを見る

# 出版社: 文藝春秋 (2009/1/9)
# ISBN-10: 4163277501

評価:85点

小川洋子の作品はどれもこれも「静謐」という言葉が当てはまるのだが、今回の作品はとりわけ静かで美しい。
それもそのはず、主人公の少年は、唇が閉じた状態....
デコ親父はいつも減量中  2009年10月17日(土) 0時54分


両親を亡くした少年は、弟とともに祖父母に育てられている。
少年は、ある日バス会社の独身寮の裏庭にある古い回送バスに住む「マスター」と出会う。
マスターは少年にチェスを教える。
チェスを愛する人々と、少年を愛する人々と、リトル・アリョーヒンと呼ばれた少年の物語。
デリシャスな本棚  2009年05月15日(金) 17時06分
 ちょっと変わったタイトルのこの本。先月下旬に私に届きました。...
きょうはいい日  2009年05月14日(木) 7時58分
猫を抱いて象と泳ぐposted with amazlet at 09.05.03
Roko's Favorite Things  2009年05月13日(水) 23時15分
猫を抱いて象と泳ぐ 小川 洋子 文藝春秋少年は産声をあげずに生まれた。 上唇と下
ナカムラのおばちゃんの読んだん  2009年05月13日(水) 22時43分
朝起きたら世界は死んでいた、じゃなくて、オカダの身体はものすごく不調だった。やむ
岡田昇の研究室  2009年05月12日(火) 18時32分

タイトルからして、何だかよくわからないし、本の帯に「伝説のチェスプレーヤー、リトル・アリョーヒンの密かな奇跡。触れ合うことも、語り合うことさえできないのに・・・」と書いてあっても、なんのこっちゃ?って 本を手に取った限りでは、全く内容をつかむことはできないけれど・・・
simple x chic  2009年05月11日(月) 8時33分
『猫を抱いて象と泳ぐ』 小川 洋子 (著) 価格: ¥ 1,780 単行本: 3
T-SAITO 読書日記  2009年05月07日(木) 19時17分
伝説のチェスプレーヤー、リトル・アリョーヒンの、ひそやかな奇跡を描き尽くした、せつなく、いとおしい、宝物のような長篇小説。私は子供の頃に大好きな祖父から将棋を教えてもらって少しやっていた事があります。詰め将棋とか少しやってみたりもしたけれど、あまり向いていなかったみたいで、今では駒の動かし方を覚えている程度なんですが。(^^; 本書はチェスの魅力にとりつかれてしまった男性、いや少年のお話です。私はチェスは全くわからなくて、洋風の将棋みたいなものかな??とか将棋に比べると格段にお洒落度はアップするよな?とかそんな程度の知識で読み始めたのですが、読み終えてすっかりチェスに魅了されてしまいました。 少年リトルアリョーヒンは、ある日回送バスを改造し住居にして住み込んでいるマスターと出会い、マスターからチェスの手ほどきを受けてからすっかりチェスの魅力にとりつかれてしまい、毎日マスターの元に通います。 私はチェスってコンピューターと人間が対戦してどちらが勝っただとか、そういうニュースを見たことがあったので、勝ちにこだわるゲームなのかと思っていたのですが、そうではないんですね?もちろん勝負にこだわる人もい...
マロンカフェ ?のんびり読書?  2009年05月06日(水) 16時45分
「小川洋子(おがわようこ)」著作品についての感想文をトラックバックで募集しています。 *主な作品:博士の愛した数式、薬指の標本、揚羽蝶が壊れる時、妊娠カレンダー、ミーナの行進、完璧な病室、凍りついた香り、ホテル・アイリス、やさしい訴え、偶然の祝福、ブラフマ..
読書感想トラックバックセンター  2009年05月06日(水) 15時02分
猫を抱いて象と泳ぐ小川洋子/著【内容情報】(「BOOK」データベースより)伝説のチェスプレーヤー、リトル・アリョーヒンの密やかな奇跡。触れ合うことも、語り合うことさえできないのに…大切な人にそっと囁きかけたくなる物語です。小川さんの久しぶりの新作です。そし...
Lifeisjourney.  2009年05月06日(水) 8時11分
チェス盤の下にもぐりこんで、相手の駒を置く音で位置を判断し、自分の駒を進める、独自のスタイルを貫いた、リトル・アリョーヒン。
彼の数奇な人生が、美しいチェスの棋譜にも似た、優しく輝かしいファンタジーで描かれている。
小川洋子さんは、こういったファンタジー系が好きです、私。
蒼のほとりで書に溺れ。  2009年05月05日(火) 22時06分
2009年05月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf