「アンドリュー・ワイエス 創造への道程」愛知県美術館

2009年04月01日(水) 0時09分
「アンドリュー・ワイエス 創造への道程」愛知県美術館



美術館の不自然な静けさは
時々笑ってしまいそうになる、
人間は笑ってはいけないと思うと
余計何でもないことまで笑えてくるのは何故だろう。
とまあ、展覧会とは無関係のことを考えながら。


「館内に入るとワイエスの日本向けの
インタビューが流れていた、
先日亡くなった91歳のおじいちゃんの
生真面目な様子が伝わる」



展覧会のタイトル通り、
「習作」と題されたいくつかの
デッサンや書きかけの絵の横に
出来上がりが置かれている。

出来上がりはどれも
「習作」よりすっきり見える、
「足す」のではなくて削ぎ落として
完成させているようだ。


終わりの場所でビデオが流れている、
ワイエスの制作場所や住んでいた所、
周囲の風景
まさに今見てきたワイエスの絵の世界そのものだ、
こんなのんびりとしたところで
見たものをほぼ忠実に描いただけなのに
自分も含め見る人はそこに
「観念」のような「思想」の
世界観を見たりしている。

不思議だ。

インタビューされている本人は
91歳にして溌剌としているが、
描かれたものは「静かだ」
なにかひとつのものが昇華され、
ある高みに達したのだろうか、
心騒ぐことはないが
この静けさを感じるのは、なかなか無い体験だった。


ただ、ひとつの展覧会として
習作が多く、完成形は展示されてなかったりで
その辺は残念だったな。


soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

大きな絵の前で長くじっと立っている人が
結構居た、そういう気にさせる絵かもしれない。

★映画ランキングはこちら
  • URL:https://yaplog.jp/sora2001/archive/1257
トラックバック
トラックバックURL:
「アンドリュー・ワイエス」福島展2009年3月17日〜5月10日





福島県立美術館で開催されている「アンドリュー・ワイエス――創造の道程」展を観てきました。この展覧会は、昨年2008年11月8日から12月23日までBunkamuraザ・ミュージアムで開催され、次に愛知県美術館を回
とんとん・にっき  2009年04月10日(金) 9時15分
2009年04月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf