「バッテリー」一生懸命と言う言葉をふと思い出す

2009年03月05日(木) 8時00分
「バッテリー」★★★
林遣都 、山田健太 、鎗田晟裕 、蓮佛美沙子
天海祐希 、岸谷五朗 、萩原聖人 出演
滝田洋二郎 監督、2006年、118分




「『おくりびと』で話題の滝田監督が、『おくりびと』の
前に監督した作品。
wowowで録画していたものを、やっと見た。」



あさのあつこのベストセラーの映画化、
本好きと自分で書いていながら
実はこの作品は読んでいない、読もうかなと
思った頃は売れすぎてて、
敬遠していた。


そして映画はどうだったかというと、
孤高の天才中学生ピッチャーが
野球を通して周囲との関係を
よりよく築いていくというものだが、
「孤高の天才ピッチャー」というには
気迫というか、圧倒的な存在感というのは
主演の林遣都からは感じられなかった、

たぶん顔が可愛いすぎなんだ。

それでも良いなと感じた所はたくさんある、
バッテリーを組むキャッチャー役の少年の
なんでも包み込む笑顔と
同級生の飾らない姿、
作り込み過ぎてないところがいいのだ。

映画を見ながら常に原作を意識していた、
本で表現するならどうしただろう等々、
映画のように「見せる」ということと、
小説のように読ませて頭の中で「想像させる」ことには
相当な隔たりはあるが、
その「想像」する部分が小説の魅力だ。

映画はそこをきっちりと見せてくれるわけで、
田舎ののどかな風景とは対照的に、
ひとり誰とも親しく交わろうとせず、
自分の野球を押し通そうとする主人公の
かたくなな心と
カメラが主人公から視線を上げて
真っ青な空や広がる森の緑を写すと
そこにも自分達は語られない「何か」を
読み取ろうとする。


そんなことを意識しないでしながら
映画を見ているわけだけど、
見ている最中に様々なシーンで
そういうった語られない部分が活きてくる。

映画自体はドラマでも語りつくされているような
内容だけれど、
溌剌とした俳優達の放つムードが
のんびりとした田舎の風景とあいまって
心癒される映画となっている。

原作も読んでみよう。

★100点満点で70点★

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン


もう地上波では放送されたのか分からないが
放送されるならチェックすると楽しめる。

★映画ランキングはこちら
  • URL:https://yaplog.jp/sora2001/archive/1239
トラックバック
トラックバックURL:
最初の予告観たときに、巧に扮する少年は牧瀬理穂に似てるなぁって思ったんだけどみなさんはどー思ったのかな?(笑)とりあえずは美少年?『バッテリー』の映画観てきました。春休みのレディースディ^^;ものすごい人出だわ、、、汗家族で母の実家のある岡山に越してきた
黒猫のうたた寝  2009年03月15日(日) 22時46分
監督 滝田洋二郎 去年夏の甲子園は作り話のようにドラマチックだった。そんなこともあって少年野球の映画というのは作りにくいだろうなと思い、あまり期待もせずに観た。期待せずに観ると採点が甘くなるものだが、それを割り引いても良い出来だと思う。 たいへんな才能...
ももたろうサブライ  2009年03月08日(日) 9時39分
ピッチャーとしての才能に自信を持つが、同時に他人を寄せ付けない孤独さをあわせ持つ原田巧は、病弱な弟・青波、母・真紀子、父・広、そして甲子園出場校の有名監督だった祖父の洋三らと岡山県で暮らすことに。 同級生・永倉豪は巧の投球に惚れ、バッテリーを組むことを熱望。 二人は、新田東中学野球部に入部するのだが…。 ヒューマンドラマ。 原作:あさのあつこ
象のロケット  2009年03月07日(土) 22時23分
監督:滝田洋二郎
出演:林遣都、山田健太、菅原文太、天海祐希、岸谷五朗


透明感のある繊細なあの原作の世界映像で表現できるのかしら?と恐る恐る観ました。
なんせ原作が同名のあの、あさのあつこさんの大ベストセラーですから〜。
そして文庫ではまだまだ物
日々のつぶやき  2009年03月07日(土) 15時39分
舞台は岡山。瀬戸内で幼少を過ごした僕には大林監督の尾道シリーズ以来の感触でした。
映像と音は言葉にできないけれど  2009年03月07日(土) 6時49分
【鑑賞】試写会
【公開日】2007年3月10日
【製作年/製作国】2007/日本
【監督】滝田洋二郎
【出演】林遣都/山田健太/蓮佛美沙子/萩原聖人/天海祐希/岸谷五郎/菅原文太/岸部一徳
【原作】あさのあつこ「バッテリー」

病弱な弟・青波、青波をいたわるあまり巧に冷たくあたってしまう母・真紀子、野球にあまり関心のない父・広、そして甲子園出場校の有名監督だった祖父洋三を家族に持つ巧は、ピッチャーとしての才能に絶大な自信を持ち、同時に他人を寄せ付けない孤独な面を持っている。
中学入学を控えた春休み、巧は引っ越し先の岡山県で同級生・永倉豪と出会い、バッテリーを組むことになり、共に新田東中学野球部に入部するのだった。
映画とキャラメル*  2009年03月06日(金) 22時16分
映画「バッテリー」見ました。   バッテリー(期間限定)(DVD)◆20%OFF<ストーリー>中学の入学を控えた、天才的なピッチャー・巧(林遣都)は、病弱な弟のために家族で岡山県へ引っ越します。今まで自分のの球を捕れるキャッチャーがいなかったのですが、豪(山田健...
キウイの秘密の話  2009年03月06日(金) 17時02分
 あさのあつこ原作の「バッテリー」が映画になりました。原作は児童文学の枠を超えた名作なわけですが、映画の方はどうでしょうか。なるべくネタバレなしに感想を書きたいと思います。
日々是雑感ブログ  2009年03月06日(金) 16時50分
端正な顔立ち。太くて濃くてつりあがった意志の強そうな黒いまゆ。まさに原田巧だなーっと思うこんな子役をよく見つけたなっと感心しちっゃた。彼のおかげでこの映画はやっと完成したんだ。  協調性第一、チームワークが何よりと思われるスポーツの世界で、その天才ゆえ...
ふつうの生活 ふつうのパラダイス  2009年03月06日(金) 6時55分
「イオン下田TOHOシネタウン」での1日4本鑑賞ですが、1本目が、
欧風  2009年03月06日(金) 6時35分
中学入学を控えた春休み、原田巧は岡山県に家族で引越してくる。巧は、ピッチャーとしての才能に絶大な自信を持ち、同時に他人を寄せ付けない孤独な面を持っている。家族には病弱な弟・青波、青波をいたわるあまり巧に冷たくなってしまう母・真紀子。野球にあまり関心のない
映画な日々。読書な日々。  2009年03月06日(金) 0時55分
 22日、北の丸公園内サイエンスホールにて『バッテリー』を鑑賞した。 今日の主権はTBSパーソナル6。客入りは7?8割くらいで、かなり年少の坊やから制服姿の女子校生、年配の方まで凄く幅広い年齢層。2台の映写機の内1台がピンボケでの上映。 映画の話 中学...
masalaの辛口映画館  2009年03月06日(金) 0時13分
なんだか懐かしいような響きで"おえん"なんて、方言が聞こえてきて、ちょっと方言指導したくなるようなところもあるけど、岡山県が舞台の青春ストーリー・・



新田市というのは架空だけど、岡山県美作市湯郷在住の作家あさのあつこさんの原作によるロケは県内10市
監督、滝田洋二郎。脚本、森下直。原作、あさのあつこ。2007年日本。スポーツドラ
erabu  2009年03月05日(木) 22時10分
あらすじ中学入学を目前に控えた春休み父の転勤で岡山の県境の街に引っ越してきた巧。ピッチャーとしての自分の才能を信じトレーニングに励む巧の前に同級生の豪が現れバッテリーを組むが・・・。感想野球の醍醐味は、バッテリーだけでは語れるものではありませんがバッテ...
近所の映画館で『バッテリー』を観てまいりました。今年9本目。空いてました殮。 もともと原作が好きなのですが、映画化の話を聞いたときは、イメージが崩れそうで嫌だなぁ・・・と思いました(じゃ、観なきゃいいだけですが嶺)。劇場で予告編を眼に..
健康への長い道  2009年03月05日(木) 17時53分
ワーナー・マイカル・シネマズで行われた、「バッテリー」の試写会に行ってきましたあさのあつこの同名ベストセラー小説を「陰陽師」の滝田洋二郎監督が映画化。他人を寄せ付けない中学生ピッチャーが、仲間との出会いや家族とのかかわりを通して成長する姿を描く。ストー...
日々“是”精進!  2009年03月05日(木) 13時32分
2009年03月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf