「愛しの座敷わらし」あるかないかわからないものは、あるのかないのか。

2008年09月07日(日) 9時41分
「愛しの座敷わらし」★★★☆
荻原浩著、435ページ、1.890円



この本を読もうと思ったのは
本の雑誌「ダヴィンチ」でその月イチオシの
プレミア本に推薦されていたからだ、
でなければ話題の本でも「座敷わらし」の本は
読まなかった。


父親の転勤で東北地方の
古い民家に住むようになって、
その家についている「座敷わらし」に
家族が出会うことで
変化が生まれていく。

小説世界では犬になったり、
座敷わらしが登場したりと
現実では「ありえねーよ」と思うことを
いかに飲み込んで読めるかが
その作品を楽しめるかどうかの
重要な部分だけれど、
それは発想よりも作者の力量に負うところだ。


「座敷わらし」なんて居ないよ、
そう前提にしてしまったら、この小説は
成り立たないが、なんか居そうなんだよね、

古い大きな田舎の家、
たくさんある部屋、立て付けが悪く
風が吹けば何処かで音が聞こえるような。

本当にあるかないか分からないものを
「ある」と認識した時、
それまで諦めていた家族の絆だったり、
何かを始めたいとおもう気持ちが
なんだか信じられるようになっていく。

家族の形は様々で
いびつだったり、形が失われていたりも
するかもしれないが、
それでも根っこの部分で信じられる、
信じてみようという気持ちに変化するのを
読んでいてすんなりと受け入れることが出来た。

これは小説の力だ。

ただこの、のんびりたリズムは
自分にはまだるっこしく感じた、
しかしこのリズムであるからこそ、ここに
リアルを感じるから、好き嫌いの問題だ。

読んでいる間中の座敷わらしのイメージは
「河童のクゥと夏休み」に出てきた
着物でおかっぱの姿だった。

★100点満点で70点

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

ありえ無いものを主役に置いたら、どこかに
破綻が見えそうだけど、違和感を感じることはなかった

★映画ランキングはこちら
  • URL:https://yaplog.jp/sora2001/archive/1121
トラックバック
トラックバックURL:
愛しの座敷わらしクチコミを見る

# 出版社: 朝日新聞出版 (2008/4/4)
# ISBN-10: 4022504242

評価:88点

著者の本は初めて読んだ。
家族がテーマ。そういうと重松清をすぐに思い出すが、彼の小説と比べると随分と雰囲気はライトで感動もほっこりとした感じだ。悪....
デコ親父はいつも減量中  2009年02月11日(水) 11時51分
内容紹介
生まれてすぐに家族になるわけじゃない。一緒にいるから、家族になるのだ。東京から田舎に引っ越した一家が、座敷わらしとの出会いを機に家族の絆を取り戻してゆく、ささやかな希望と再生の物語。朝日新聞好評連載、待望の単行本化!
OT18-33  2008年09月11日(木) 21時14分

装画は浅賀行雄。装丁は鈴木成一デザイン室。初出「朝日新聞」。
転勤で田舎に引っ越した高橋一家が住むのは古い民家です。
出世を断たれ?...
粋な提案  2008年09月10日(水) 4時11分


(本の内容)

生まれてすぐに家族になるわけじゃない。一緒にいるから、家族になるのだ。
東京から田舎に引っ越した一家が、座敷わらしとの出会いを機に家族の絆を取り戻してゆく、
ささやかな希望と再生の物語。

...
今夜も読書を  2008年09月08日(月) 21時29分
朝日新聞に連載中,チラ見していた作品です。
それで十分だったかも(笑)

★★★☆☆

お父さんが転勤。
田舎暮らしを始めることで,バ?...
日だまりで読書  2008年09月08日(月) 16時09分
 今回の第139回直木賞候補に挙げられた作品だが、これを推した出版社になるのか編集者になるのか、そこらへんの直木賞の仕組みみたいのはよくわからないのだが、これを推した人は駄目である。非常に冗長で、こういう作品が受賞し、多くの読者に読まれるということは、大...
「本のことども」by聖月  2008年09月08日(月) 10時21分
タイトルからも内容が伺え、安心して読める家族小説でした。田舎に移住する東京人の生活への希望や思惑を田舎が裏切ったり、思いがけず助けられたり、ホッとしたり。でもやっぱり田舎暮らしはたいへんですね。出世を半分諦めて、地方転勤を機に田舎暮らしを満喫し家族との...
猛読醉書  2008年09月07日(日) 17時41分
「座敷わらし」がとにかくかわいいです!東京から田舎に引っ越した一家が、座敷わらしとの出会いを機に家族の絆を取り戻してゆく、ささやかな希望と再生の物語。  ― 帯より感動の押しつけがなくて好感を持ちました。ユーモラスなタッチで描かれていて温かい。こういう...
milk pan,milk crown   2008年09月07日(日) 17時03分
2008年09月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf