気軽に考えよう

April 20 [Wed], 2016, 10:06
病院によって方針も異なりますので、母親学級などで教えてもらうことが出来るのか確認をしましょう。
弛緩法についてですが、こちらは怖いという恐怖心や緊張をしている状態を和らげることが出来ます。
体が硬くなってしまったり、ふらっと倒れてしまいそうになる方もいらっしゃいます。
産まれてくる赤ちゃんの母親となるわけですから、今後の育児のことも考えてしっかりと気持ちを持ちたいですね。
呼吸法については、短く息を2回吸って、長く息を吐くという方法をとります。お産の時だけではなくて、体を動かして息があがってしまったときにも採る方法です。
息があがってしまうと、過呼吸になってしまう危険性もあります。呼吸を自然に行うためにも、呼吸法については取り入れることをおすすめします。母親学級で学ぶなど、事前にラマーズ法について知識を養っておくようにしたいです。
しかし母親学級がないということも考えられます。だからといって、お産をするときに呼吸法などを取り入れてはいけないということではありません。
妊娠10週 貧血は誰かの手を借りる必要もなく、自身で気軽に行える方法なので知っておいて損もないでしょう。
もしくは助産師さんによっては、お産の際に指示をすることも考えられます。
  • URL:https://yaplog.jp/sonoatonokouc/archive/2
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ストイック
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/sonoatonokouc/index1_0.rdf