生藤山〜陣馬山

June 29 [Wed], 2011, 21:47
この前の日曜日、またも山登りをしてきました。
最近はお天気が悪くサボっておりましたが、山ストレスがたまり友達に声をかけ決行することになりました。
選んだ山は生藤山から陣馬山への縦走ルートです。

さて、現地の駐車場に着くと車は1台も停まっておらず私達の車だけ。


まだ時間が早いからかなと、とりあえずコンビニで買った朝食を食べ始めました。
この日も洩れなく天気は下り。
ご飯を食べ終え駐車場の横の風景を写真におさめました。


茶畑でしょうか。
周りはガスだらけです。

5:50頃のスタート。
登山口までの車道の登りがキツイキツイ…。
登山口まででバテてしまいそうでした。
そんなこんなで登山口到着。


ここから山道に入るのですが…。
何故だろう。
こんなお天気なのに虫が多い!!
ヒラヒラ虫(蛾だか蝶だか分からない虫)と糸虫(糸みたいに細い虫)と蚊が大量発生です。
あ〜もうイヤ!
しかも既に右足の靴ずれ…。
山道に入ると早々に前を歩いている友達が叫びだしました。
何かと思ったら蜘蛛の巣だらけのようです。
「お前が先に歩け!」と言われるが、それは無理!
虫が大嫌いな上に蜘蛛の巣なんて絶対に無理です。
私が前を歩いたら前に進めませんから!
本日1番最初に入山したのが私達のようで、蜘蛛の巣はこの先も続きました。
友達はもうウンザリのご様子…。
少し先へ進んだところで鳥居が現れました。


鬱蒼とした中に現れた鳥居はなんとなく妖しい雰囲気。
この鳥居をくぐり先へ進みます。
道はとても歩きやすく、ゴロゴロとした石もなくゴツゴツとした岩もなく、ノーストレスの山道です。
途中でフクロウの鳴き声でしょうか、「ポーポー」と聞こえ始めました。
探してみたけれどやはり発見できずそのまま進みその鳴き声も遠くに聞こえ始めた時、バサバサと近くの木にとまる鳥からまたも「ポーポー」という鳴き声。
フクロウにストーカーされました(笑)
そしてどんどんと進む中、前を歩いていた友達がひと際大きな叫び声とともに飛び跳ねたことに私は心臓が止まるくらい驚きました。
いったい何が起こったの?
と様子を窺うと…

カワイイ!
蛙さんだぁ〜!

友達が踏み出した足の下に蛙がいたようで、危うく踏んでしまうところだったようです。
踏まれなくて良かったね、蛙さん(笑)
その後も気を許すと友達の叫び声とともに蛙が道を阻んでいました。
その度に私も驚き、心臓がバクバクです。
漸く生藤山手前の三国山の山頂へ登頂です。
ここで見えた景色の写真。


一応、雲海です。
実際に見た景色の方が綺麗です。
やはり写真じゃ伝えられないなぁ。。。
そして三国山からすぐに生藤山へ登頂。


木々で被われ景色は皆無。
なんだかとても残念で山頂にきた喜びが半減です。
生藤山は春の桜が有名らしく、この季節は誰も来ないのでしょうか、ここから先の和田峠まで誰にも会いませんでした。
和田峠までの道のりで私の靴ずれは絶好調とでも言うべきでしょうか、右足はもちろん左足までもかなりの痛みをともなっていました。
何度か靴ひもを結ぶも効果なし。
その痛みに耐え、陣馬山まで最後の我慢を振り絞り漸く登頂。


うわ〜…。
やはりガスってて何も見えませんでした。
前回の陣馬山があまりの快晴で素晴らしい景色だっただけに、本日の山頂が勿体無いですね。
ここで大休憩をとらせていただきました。
かなりゆっくりと過ごした山頂。
お天気は悪かったですが寒くはなく、茶屋のおばちゃんもとても気さくで楽しい時間を過ごせました。
そして下山開始。
良いペースでどんどん下りました。
下りでは靴ずれも痛まないので快適です。
それも鎌沢バス停まで。
そこから駐車場まで最後の緩い登りなのですが、既に疲れている体には結構堪えました。
靴ずれも痛むし…。
そして11:30駐車場ゴール!

アレ。
朝のまま、登山車は私達1台だけ。
今日は生藤山に登ったのは私達だけかな…。

帰りはまたお茶の水と池袋の山ショップを巡り帰宅しました。
今度からは詳細な時間でもメモしておこうかなと思いました。
結局、どのくらいのペースで登っているのか分からないんです。
メモ帳とペンを買って次回の山へチャレンジ!

ではでは。

ラーメン会

June 29 [Wed], 2011, 21:08
最近会社で一緒に帰るメンバーができました。
そのメンバーと私含め4人でラーメン会なるものを開催しだしました。
きっかけは私がラーメンが好きで、メンバーのひとりもラーメンが大好きで、食べに行きたい!と言う思いからでした。
一応、毎週開催と言うことで適当に開催してます。
まだ3回目ですが、美味しく楽しく参加してます。

第1回目は東長崎にある “オリオン食堂” です。
調子にのって量を多めに頼んでしまい、食べきれませんでした。
お店の方々、ゴメンなさい!
かなりの太麺でもちもちしており美味しかったです。
しかしお腹いっぱいでしたね…。

第2回目は池袋にある “九州じゃんがら” です。
原宿のじゃんがらには何回か行ったことがあるのですが、すっかり忘れてた味でした。
懐かしい味。
あの頃は楽しかったな…。
池袋でも食べられる時が来るとは思いませんでした。
もちろん全部のせで、タマゴはあげちゃいました(笑)

第3回目は池袋にある “一蘭” です。
ここは良く行きます。
本当に美味しいです!
とんこつ大好きなのでハマります。
しかしこの日はラーメン屋さんへ行く前に立ち寄ったところが…

池袋にある “千疋屋総本店” です。

この日はパフェがメインだったのでラーメンを食べるよりも先にデザートのパフェを食べました。
6月の季節のパフェ「宮崎産完熟マンゴーパフェ」2,625円(税込)が食べたかったのです。
値は張りますが、それ以上の美味しさで幸せでした。

その後にまだお腹に入りそうだったのでラーメンを食べに行ったのです。
ラーメンも一蘭と決まってましたから。
満足な1日でしたねぇ〜。

そして明日は…

池袋にある “一風堂” へ行く予定です。
楽しみですね♪
また更新しますのでお楽しみに☆

ゴメンなさい!

June 28 [Tue], 2011, 22:02
最近はどうも乗り気がしなくて更新を怠っておりました…

ごめんなさい!!

今日もかなり疲れてまして、予告だけ…

明日はちゃんと更新します!

一昨日行った山、最近ラーメン会を開催してること等々。

お楽しみに〜☆

バニーの容体

June 16 [Thu], 2011, 21:09
昨日までのバニーは日に日に悪くなる一方で、本当に可哀想でした。
お薬をあげるのも苦しそうで、早く良くなってはもらいたいのですが見てるのもつらかったです。
介護ノイローゼになってしまいそうでした。

本日、仕事から帰宅し様子を見てみると、昨日とは大違い。
かなり良くなり元気そうでした。
首の傾きは治っていませんが、目の動きがおさまっていました。
バニーもだいぶ楽になったのか、首を持ち上げることができていました。

良かったぁ〜。。。
本当に良かった。。。

どんどん良くなって完治してくれると嬉しいですね。
またピョンピョン飛び跳ねるバニーが見たいです。
楽しそうにグルグル走り回っている姿が見たいです。

頑張ろうね、バニー。
また一緒に遊ぼうね。

バニーも…

June 07 [Tue], 2011, 22:35
昨夜、バニーもまたベリーと同じ病気になってしまいました。
始めに弟が気付いたのですが…

目が一定のリズムで横に動いてて、その度に首も横に傾いていってしまうのです。
そうです。
斜頚です。

なぜでしょうか。
バニーは体が丈夫だったので今まで病気と言う病気にはなったことが無かったのですが、見ていて可哀想です。
ベリーを思い出してしまいます。
ベリーもかなりの闘病生活を送っていましたから、バニーもこれから辛いのかと思うと見ていていたたまれません。

今日午前中に母が動物病院へ連れて行ってくれ、先ほどお薬を飲ませました。
早く良くなってくれることを祈るだけですが、何にしても心配でなりません。
結局最後までベリーは治らなかった病気でしたから…。

とにかく1日でも早くバニーの病気が治りますように。。。

初八ヶ岳

June 05 [Sun], 2011, 21:26
当初の予定は、大河原峠→蓼科山→北横岳→大河原峠の日帰り周回コースの予定でした。
昨日の夜から車で出発し、とりあえず佐久方面から大河原峠までのドライブですが、もしかしたら通行止めの可能性があり不安になりながら進むと、やはり蓼科スカイラインの途中で通行止めの看板あり。
しかし、端にどけてあるのでその横を通り抜けて進むことにしました。
雪なんて全然ないですし、通行止めにする意味が分かりません。
途中で鹿さん2頭に遭遇。
初めて間近で野生の鹿さんを見ました。
やや興奮気味の私でしたが、かなり睡魔にも襲われていました。
漸く大河原峠に到着すると既に数台の車がありました。
時間は確か午前0時をとっくに回っていたと思います。
着くなりすぐに寝る体制へ。
目標は4時起床。
なんとか寝ようとするも寒さのあまりなかなか眠れず、途中で1枚着こみましたがそれでも寒い。
車のエンジンをかけて暖房をつけてもらい漸く眠りについたのは恐らく3時は過ぎていたかと…。
4時のアラームを無視し、友達に起こされたのは4時半頃でした。
のそのそと起きながら少しボーっとし、前日にコンビニで買った朝食を取り、準備開始。
大河原峠を5時半頃出発しました。



登山口からは笹の道がずっと続きます。

そして暫くの間ガレた登山道を登り続けると、出ました!
残雪です。


中は空洞になってたりするので、トレースを少しでも外れるとズボッと足が雪の中に抜け落ちます。
何度かやりました…。
ですがまだこの時点ではこんな場所はたまに出てくる程度で、ほとんどはぬかるんだ道だったりします。
そんなこんなで6:40頃に将軍平へ到着。



少しの休憩をとりました。
ずっとガスっており、この前行った丹沢と同じです。
この日もかなりのガスが立ち込めていました。
景色は全く見えません。

さて、ここからが本番!
岩塊をせっせこと登ります。
岩塊と雪と氷の道を恐る恐る登っていくことになるのですが、これがまた精神的にも苦痛です。
いつ滑るか恐怖の中登るのですが、雪山(ウィンタースポーツ)で慣れている友達はトントン登って行ってしまうのです。

待って〜。。。
置いて行かないで〜。。。

その先にある矢印が書かれた岩塊。


なんとなく撮ってみましたが、黄色のペンキがなかなか可愛らしいですよね。
この矢印通りに進んでいくと間もなく現れるものは…


大雪渓!!のように見えるがそれほどでもない雪渓です。
アイゼンなしで歩けますが、一応注意しながら恐る恐る進みます。
するとすぐに蓼科山頂ヒュッテです。
その横を少し進んで7:25山頂登頂です。

山頂での写真は自分が写ってしまっているのと、結局ガスで何も見えないので載せることを控えさせていただきます。
広々とした山頂のようなのですが、ガスでどのくらいの広さがあるのか全く分かりませんでした。
この時点で北横岳に向かうのを半分断念しかけていました。
行ったところでまたガスで何も見えないでしょうからね。
山頂で少し待ってみましたが、ガスが晴れそうにないので下山開始。
元来た道を将軍平まで引き返すのですが…

ひぇ〜!!
あの滑りそうな岩塊を下るの〜!?

もう私にとっては必死の何者でもありません。
死ぬか生きるか!くらいの覚悟(ちょっと大袈裟…)でかなりの時間をかけて下りました。
そして将軍平まで戻ってきた頃には完全に北横岳行きは私の中から削除されていました。
疲れていると言うよりは、雪道が怖かったのです。
前の日に調べたところによると、北横岳までも3割〜5割程度の残雪があるとか…。
今の私には少しキツイです。
頑張って行ったところで景色も見えず。
また次回にとっておくことにしました。

ここからはひたすら下り、大河原峠に戻ってきたのは9:45頃ですかね。
下りにかなり時間を要してしまいました。
仕方ないです。
チキンな私ですから…。

そして帰りはお決まりのアウトドアショップへ立ち寄り帰宅。
今回は体力よりも精神的に疲れた山行となりました。
初の八ヶ岳で初の残雪山歩きができ、そこに関しては満喫しました。
今度はお天気の良い日に登りたいです。

ではまた次回。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:MAyumi
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:10月2日
  • アイコン画像 血液型:A型
読者になる
ひとり暮らしのひとり遊びの日記として始めましたが、早くも実家での生活となりました。

と言う訳で、これからは日々のOL日記とさせていただきますので、どうぞ宜しくお願いします☆
2011年06月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像MAyumi
» 山…行きたい… (2012年02月07日)
アイコン画像makoto
» 山…行きたい… (2012年02月07日)
アイコン画像MAyumi
» 山…行きたい… (2012年01月28日)
アイコン画像はりむー
» 山…行きたい… (2012年01月28日)
アイコン画像読者
» バニーも… (2011年06月10日)
アイコン画像MAyumi
» 安否報告 (2011年03月18日)
アイコン画像Goma
» 安否報告 (2011年03月15日)
アイコン画像Goma
» 安達太良山 (2010年10月11日)
アイコン画像MAyumi
» 平日久々の… (2010年08月27日)
アイコン画像aco
» 平日久々の… (2010年08月26日)
Yapme!一覧
読者になる